エントリー

2021年10月29日の記事は以下のとおりです。

高額賠償が見えたからと

  • 2021/10/29 17:55

年単位の重い怪我を負った、とても高額の損害賠償金支払いとなる、良し「詐欺事件だ、と、根拠証拠無しで言い掛り、保険金支払いを踏み倒そう!

で、今まで突っ走って来て居る訳ですが、何か、保険加入者、被保険者さんに電話が来まして「支払いに関して、被保険者と被害者に、話を聞きたいんですが(;'∀')」

とか、先ず電話が来たそうです、、、詐欺事件だ、支払いは拒否だ!は?事件被害者への調査は止めた、もう関係無い、は?

二度と私とは、関わる必要も無い!と、言われたんだけど、、話を聞く等、全く不要、と言われた話は?

あれだけ偉そうに「もうお前とは関わる必要も無い、二度と関係も無い」と言われたんだけど。

何か「調査したいので、とか、書いた文書も送ったとか、二度と関わりを持たない、もうお前と接触は不要だ、宣言したでしょう、何が起きたんでしょうね?多分、、でしょうけれど」

カルテ、後遺症診断書偽造、違法に後遺症審査実施、後遺症認定不可決定、国土交通省所管、自賠責強制保険!でこれが行われて、犯罪が公式にばれて証明された、重大な犯罪が、公式に立証されてしまった。

主治医、医療機関は「監査される事に、損保に言われるがまま、診療録、診断書偽造発行などするからです、犯罪行為ですから、そして」

国土交通省、所管する自賠責事業、偽造後遺症診断書で、後遺症審査実施、不認定決定、、前提が犯罪診断書、よって、詐欺犯罪後遺症審査を、国の強制保険事業で凶行が立証確定済み、と。

同種の犯罪は、第三者行為傷害加害側賠償、損保、共済、司法犯罪、医師法蹂躙での犯罪で、国中で凶行され捲って居るんです、一事が万事、一件医療監査実施が、となった以上、同様の犯罪で、犯罪賠償踏み倒しを成功させて居る訳で、ほぼ全滅と言う、同じ監査を実施が必要だから、これを果たせばね。

日本初の、損保、司法犯罪債務不存在確認訴訟、医師法違反後遺症審査が俎上に

  • 2021/10/29 09:03

日本初でしょうね「人身交通事故対人賠償裁判、定番の訴訟詐欺、債務不存在確認訴訟で”後遺症診断書偽造、行使、自賠責料率算出機構が、医師法違反、偽造後遺症診断書で、国として後遺症詐欺審査実施”この事件が、公式に提示された訳です」

今後、裁判上でも「後遺症診断書偽造、行使、偽造診断書で、国の自賠責事業が詐欺後遺症審査実施、不認定、これも審理?もされると言う”ようやくこの損保、司法犯罪も、公式に実例、証拠を持ち”司法の場でも、正しく扱われる実例作りが実現したんです」

第一ですよ「医療機関が休院日を”後遺症作成日、患者が主治医の診察を受けて、後遺症診断書作成委任した日”と捏造する愚かしさ、馬鹿を超えて居ます」

当然ですが、受診はしておらず、後遺症診断書は偽造作成です「元々の、後遺症診断書の作成日は、平成28年3月30日でしたが、損保から医療機関に、平成29年12月31日に、後遺症診断書作成日を変えて欲しいと求めが来たからと、偽造後遺症診断書作成日”だけ”この日に書き換えた診断書です」

当然ですが「カルテの記載には”後遺症診断書の内容は同じとして、作成日を、平成28年3月30日から、平成29年12月31日に、偽造で書き換えた、とのカルテ記載は有りません”カルテ、後遺症診断書共に、偽造と言う事です」

この犯罪、札幌地裁民事訴訟にも、公に持ち出されて居るから、もう闇に葬る事も出来ません、医師法違反行為事実も、もう公式に、実例証拠で残ります、犯罪行為事実は、公文書記録に残ります。

当然ですが、主治医は最高位で、医師法違反行為者責任を問われます、愚かしい事をまあ、国家資格者業務の意味も、まるで理解出来て居ない結果でしょう。

同様の犯罪、カルテ、診断書偽造、行使事実証拠も、山のように裁判所、裁判資料も含めて揃って居るから「こう言う形で、民事裁判上の、診療録、診断書偽造、国の賠償事業でも、偽造診断書で後遺症審査実施、賠償詐欺が、公式に表で取り扱われた事件、が出来た事は、今後様々に、損保指揮、司法犯罪糾弾等に、となります」

嘘吐き相手には

  • 2021/10/29 08:29

嘘吐き相手の対話?は「相手の嘘の狙いから、きちんと探り出す事が、先ず最大の目的としなければなりません、嘘吐きは”黒い目論見”が、常に嘘の裏に有るからです」

小樽に環境犯罪、不動産侵奪、農水省、北海道庁、今では小樽市役所も、直接共謀権力犯罪組織、の事件でも、道庁、後志振興局、小樽市役所が、嘘の羅列に狂奔し捲って居ます、目視で判別出来る、国有農地、民有地への「廃棄物土砂大量投棄犯罪、違法な国道造成、不特定多数の使用に、法を犯して供させて居る、この一連の、行政犯罪を糊塗しようと、行政権限悪用で、嘘の羅列を重ねて居ます」

この狙いが、当社によって暴かれて「腐り切った権力者達は”話し合いを”と、馬鹿の一つ覚えで吐くだけを重ねているが、要するに、難の理解力も無い、解決能力も無い事の吐露、が事実です」

話し合いと言うのは「問題点の、双方の理解の程度の把握、どう言う現実逃避を狙って居るか?有る程度、正しく解決しようと思って居るのか?これらを、協議しながら探り当てて、虚言、責任転嫁で逃げる気と分かれば、法による、公式解決に動けば良い事です」

小樽の行政ぐるみ、環境犯罪、不動産侵奪犯罪は「農水省、北海道庁、小樽市役所が、今では公に共謀犯となっており”地元住民ぐるみのこの犯罪を糊塗しようと、住民と共謀して、でっち上げた、廃棄物土砂での宅地造成行為、建物建設工事凶行”と言う、虚偽そのものの犯罪を捏造にまで、公に走った訳です」

根本の、農水省、北海道庁と、地域住民共謀環境犯罪、土地侵奪犯罪が証明されてしまった事を、虚偽の犯罪捏造で、自分達の悪行の隠蔽工作目論見で、嘘で塗り固めた、違法な建設残土での宅地造成、違法な建物建築工事目的犯罪、をでっち上げたと言う事です。

この嘘を武器とさせて、農水省、北海道庁、小樽市役所共謀犯罪を、虚偽告発で抹殺に走って居る訳です。

話し合いで解決は「不法行為者が、ある程度協議に応じる場合だけで有り、嘘と法破り責任不当転嫁、自分達の法を犯した責任を、不都合な相手に不法転嫁の連中は、話し合いで解決の相手では無いから」

物理的に、動かせない事実が存在する、法を犯した行為は「法に反した側が”まともで無いなら、虚偽を吐き、不当な責任転嫁で、その場だけ逃げに走る”司法犯罪、x族テロ行為と同様に、です」

x族らも、法曹資格者連中と基本同様で、当たり前からほぼ理解すら、が実際の結果では

  • 2021/10/29 07:39

x族、ひもを血税で飼い、虚構の華々しい経歴で、虚構の飾り立てに必死、と親、x族達、971庁、政府ぐるみ、血税不正、憲法第1,4,8,88,99条蹂躙、確信的憲法違反に加担も、何も備えて居ない、単なるxxな権力者集団故、憲法から公然と蹂躙も何も、揃って理解の他、何に対しても、正しく本質を先ず理解して、出来るだけ深手を負わない解決、処理策を、無数に想定して、状況の変化により、解決、処理策を当て嵌めて等、司法カルトと同様に、無い資質、実務知識、判断能力故、全く出来ない結果でしょう。

多分この国家権力集団、ひもに狂って居るあれの所業、両親、妹の所業に付いても「憲法第1,4,8,99,99条違反から凶行事実も何も、きちんと理解も出来ないまま、なのだと?決意税法を犯した流用も、理解にも至れ無い、恐らく、祖父母も同様に?」

憲法にも定めて、手厚く保護されて居るが”独裁国家支配権限は、憲法上も持たせられて居ない”けれど、この事実も含めて、揃って理解もさせられておらず又「独裁国家、国民恐怖支配権力で通せるように、実は闇で仕組んでだと、国際的に発信された通り、ですし、憲法規定公式蹂躙、も通せて居るように」

国民、民族統合の象徴、これが存在出来る理由、根拠なのですが「合憲、合法破壊、国家、国民は、独裁者の自分達の下僕、憲法、法律、社会正義に背いた自分達、を糾弾は、敵と見做して国際発信実行、血税不正流用他、x族憲法違反特権で」

合憲、合法の破壊、テロに狂奔出来て通る理由がこれ、司法犯罪制度と同じ手で成功、設定だけの神集団は「平民が正しく、この独裁権力を、合憲、合法に背いたら、公式に、責任を正しく課させなければならない、議会制民主主義が憲法の原則、国民の権利なのだから、この鉄則を、先ず叩き潰そうと、恐怖独裁国家、民族支配、贄如きが憲法、法律蹂躙行為により糾弾など認めぬ、宣戦布告だ!にも走ったと言う」

x族、971庁、政府による、憲法違反テロの凶行、これを認めない平民、贄は、敵と宣戦布告を国際発信、国民を「設定だけの神に、贄として無条件で服従、支配される者と、合憲、合法、社会正義に背くx族は認めない平民、逆らう贄に宣戦布告、フランス革命前夜の再現状態と?虚構の、憲法規定上だけの、国民統合の象徴の、公式実態、恐怖独裁支配権力に逆らう贄に、宣戦布告迄行えて、通されて居ると言う」

司法犯罪制度を暴き、合憲、合法を通そうとする平民は、冤罪粛清テロの餌食、と同様の、x族他の、恐怖独裁支配実現!への暴走です。

嘘吐きは、その場だけの嘘を重ねる”司法犯罪制度、x族国民と敵対理由”もこれ

  • 2021/10/29 07:14

嘘吐きは、その場しのぎの嘘を、連続性を偽装する頭も持たず、重ね続けます、根っからの嘘吐きは、嘘に整合性を持たせる頭も、思考力も持ち合わせません、嘘の根本理由は、ここからきちんと理解も出来ません。

司法犯罪制度も、これで強制成立に持ち込んで有るだけ、の代物です、根本の合法を、きちんとまず理解する頭もなにも持ち合わせて居ない故、でっち上げた”犯罪を制度化させて居る”この真実すら、無知故分かりません、ですから「司法犯罪制度は”こう言う法律根拠、事実証拠により、単なる犯罪だ、と公式立証されて、正しい反論等出来ないのです、で、反論?対抗策?が、常に”憲法、法律が間違いだ、議員立法も間違いだ”この狂った言い逃れ、に常に走ります、これでしか、言い逃れ出来ないからです、合憲、合法論、正論の対局が司法犯罪、と立証されてしまった結果」

医師法破壊、損保、共済用司法他犯罪、医師が医師免許により、医療行為を行い、診断した、国家資格者業務を、犯罪診断、損保が合法賠償せず、逃げられるように、診療録、診断書を、第三者行為傷害受傷の治療が事実なのを、一般傷病が原因、の傷病が理由の治療、と、医師にカルテ、診断書偽造、行使命令を出して、従わせて通して有る「債務不存在確認訴訟なる、この医師法蹂躙犯罪用、訴訟詐欺も仕組まれている通りです」

債務不存在確認訴訟提起→この詐欺訴訟には”後遺症診断書が作成されて、自賠責料率算出機構が、後遺症審査を実施したが、後遺症不認定となった”とも、訴え事実で書いて有りますが→後遺症診断書の作成日は、平成28年3月30日でしたが、横線で年月日が消されて、平成29年12月31日の日付へと変わって居ます→この、後遺症診断書作成日”だけ”1年9ヵ月後にずらされた事実は、カルテの記載には無いと言う?カルテも偽造と言う→つまり、国土交通省は、自賠責事業と言う、国の強制保険事業で、偽造診断書等を悪用して、詐欺後遺症審査を、国が国の保険事業で行った訳です。

それと「平成29年12月31日、札幌医大付属病院、正月休みだろう、受診して居る訳が無いからと、1年9カ月経過したのに、全く内容が同じ、後遺症診断書は無いから、訴訟詐欺の追加証拠実例です」

x族逆切れ、逆恨みのあれとひも、971庁、x族、政府共謀、国民相手に、憲法蹂躙テロ実行宣言もで、合憲、合法蹂躙行為事実を指弾された逆恨みで、対国民に対する、宣戦布告国際発信も「場当たりの嘘の積み重ねで、正当と偽ろうと黒い目論見が、破綻による、逆恨み逆上での、合憲、合法に背いた事実による糾弾が、逆恨みを持ち、国民相手の宣戦布告、と」

そう言えば又「ひもの経歴が変わったとか”JFK財団主催の賞の受傷履歴記載が、いきなり履歴から消えたそうですね”嘘がばれる都度、の一例と?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949276
ユニークアクセス:5120870
今日
ページビュー:1169
ユニークアクセス:1160
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed