エントリー

2021年11月05日の記事は以下のとおりです。

窒息し掛けた(;^_^A

  • 2021/11/05 16:39

西洋山葵を畑から撤去して、凄い量、畑で生育して居たので、大怪我を重ねて、畑を放り出して有った結果です、、( ;∀;)

で、掘り出した西洋山葵の内、大きいのだけ選んで持って来て貰い、せっせと摩り下ろしたんですが、、、あまりに山葵の刺激成分が強過ぎて、本当に窒息し掛けました(;^ω^)本当に息が出来なくなったんです、、、西洋山葵、恐ろしや、、。

春先と、冬前の西洋山葵、物凄く山葵成分が強いんですよね、、それを大量に摩り下ろした事で、窒息状態に見舞われたと言う、西洋山葵成分って、窒息死させられるんじゃあ、、無いでしょうか、、。

今まで、本当に窒息した経験、西洋山葵で窒息した経験は無かったです、、ちなみに、密封容器に、醬油と味醂を混ぜた上で保存して、数日置くと、それなりにご飯のお供に出来ます、が、摩り下ろして二~三日は、刺激が強過ぎて、ほぼ白飯のお供には、きつ過ぎます、、(´;ω;`)ウゥゥ

今年は、昨年8月11日以降からずっとですが、ほぼ稼働出来ない期間で来て居ます、それでも、仕事も有るんですよ、自分は動けないけれど、、。

本当は私、今年3月末から、二回、二カ月ずつ入院だったんです、合わせて四カ月、本当は入院と、医師から言われたんですが、入院して居る訳に行かないので、23日しか入院せず、自宅療養して来て居ます、入院四カ月してりゃ、どんな目に遭ったやら、これだから、主治医が絶対安静と伝えて来ても、入院出来ないんです。

主治医は、8,9月も、最低入院と強い指示を出したんですけれど、下手するともっと入院、絶対安静だったんですけれど、自宅療養で押し通しました、偉い目に遭ったけれど、激痛にも見舞われるが一カ月半、流石?治癒まで数年の怪我だと実感させられて居ます、、(´;ω;`)

病は気から、、病、では無くて、直接の大怪我だしなあ、、気の持ちようでどうにも、はならない筈です、は・は・は(〃艸〃)ムフッ

じき雪の季節です、除雪機が使えなければ困るから、どうにかリハビリを、ある程度までと思ってはいます、コロナワクチン接種後、大怪我の部位に結構な痛みが来て、歩行困難に見舞われて、どうなるかとも、でしたし。

司法犯罪は、事実の摩り替え、合法強制破壊、証拠等捏造が武器

  • 2021/11/05 08:58

司法極悪犯罪、犯罪を司法権限で、適法だと捏造決定、判決、当然、憲法、法律蹂躙テロです、これが実際の上で「合法の方を、強制力行使で、犯罪が適法で、合法が犯罪だと、事実を作り変えさせて、合法を証明して、立ち向かう贄は、司法、警察テロで粛清までし捲って来て居る、事実がこうなって居ます」

合法な遺産相続のみしか認めない、遺産金、遺産預金泥棒は犯罪、犯罪は禁止、再犯防止に動いた、この合法行為も「警察、司法テロ権力ぐるみ”犯罪だ、とでっち上げて”粛清にも走って来た通りです、警察、司法犯罪を成功させる為には、合法な相続、遺産金、遺産預金泥棒法律で潰されるのは、拙いからです、弁護士、司法書士用の犯罪司法制度だから」

しかしまあ「この、妻の両親の遺産相続、警察、司法犯罪事件も”使い道は多様です”何しろ”警察、司法が、犯罪を強制的に、犯罪では無いと、合法無く決定した事件ですから”」

この司法、警察共謀犯罪事実、証拠は「負債建物、遺産処理物品を、法の外側で”放置して通せるのと、相続せず、処理請負出来る”良い実例、司法、警察テロ証拠です」

司法、警察が「相続に関する法律破壊を凶行、で、相続外で”相続されたらしい?”もでっち上げた事件です、利用方法は、多岐に渡っています」

今後この実例、証拠も「事業に生かして行きます”司法手続きで、強制除外された遺産建物、物品”実例です、まあ、除外と言うより、法に拠らずに、相続人を強制決定ですけれど、法律手続きを経ず、相続が完遂と強制でっちげ決定、遺産金、遺産預金泥棒強制適法化と、根は同じです」

これが司法の、司法決定、判決の現実です「合憲、合法に拠って居ない、それを果たす常識、知識、資質、実務法律知識もなにも持ち合わせて居ない、これが理由と言う、最悪の現実が生み出して来て居る、司法犯罪実例です」

司法犯罪により、起きている重大犯罪

  • 2021/11/05 08:38

損保、司法犯罪の一つ、赤本犯罪診断、素因の競合なる、医学破壊犯罪診断以外「医師法破壊を持ち、認めて居ない、司法テロ診断の現実です、当然ですが”遺産、遺産預金泥棒、司法犯罪相続遺産分割除外説でっち上げで、この司法極悪犯罪も、強制的に、医師が行った医療行為、診断が犯罪だ、と捏造判決を下して”強制決定を押し通すテロを重ねて居ます」

この医師法蹂躙犯罪”も”相続遺産分割除外説適法捏造と同じで”事実を作り変えて、犯罪を適法と、強制偽って有ります。

赤本、素因の競合犯罪診断常に適法判決、確定の後「この犯罪診断適法判決を武器で使い、主治医に犯罪診断適法判決通り、診療録、診断書を偽造、行使させて、第三者行為傷害の治療を、一般傷病の治療へと、強制偽造させて、司法犯罪が正しいと偽って有る」

相続遺産分割除外説が正しい決定、判決を確定させる、、これが通る理由「遺産泥棒、遺産預金泥棒の証拠隠滅、隠匿に走って適法と捏造、上手く遺産を盗めれば、泥棒と委任弁護士で、盗めた遺産を次々、遺産目録偽造して抹殺、この犯罪証拠作りを、裁判官が、正しく遺産は滅失した、遺産は盗めた分、遺産から消えた、とどんどん法の破壊で決定、泥棒の正当化と言う、司法テロ凶行」

こう言うからくりが、司法犯罪適法化成功の理由、手口です、極悪非道を超えた、司法犯罪の手口、証拠隠滅、偽造で、絵に描いた犯罪を、適法犯罪だ、と捏造して通して居ます。

診療録、診断書偽造、行使、理由は「赤本診断、素因の競合診断、犯罪診断のみ、司法、警察が、合法と法の破壊で強制決定、判決を下して、主治医に犯罪診断が正しいとなるように、診療録、診断書偽造、行使させて有るから、設定だけの万能神が、ここまでの国際テロに走って通して居ます」

当たり前ですが「この司法、警察、監督官庁、国交省、金融庁、厚生労働省、法務省も共謀犯、医師法破壊テロ診断のみ強制適法化、この犯罪が正しくなるように、主治医に診療録、診断書偽造、行使させて有るテロ行為は「傷害事件でも”この手を行使させられる、被害者の主治医に、第三者行為傷害治療、証明潰しさせられる訳で”もう立件不可能です、一事が万事と言う事」

損保、法曹資格者には「診断等付けられる権限も無いから、医師法違反です、完全に、熊谷弁護士らも言う通り、医師法違反犯罪です」

今更もう、後戻りも無理

  • 2021/11/05 07:45

司法犯罪により、もう後始末も出来ない状況に陥って居ます、事前に予告して有った訳で、予告通りが起きて居る、愚かしい法曹資格者、これに尽きます。

遺産金はもう、きちんと?分配相続が終わって居る訳で「こちらがずっと言い続けた”負債分類の建物、残置物の撤去処理先行”を、司法、警察テロで、強制叩き潰ししました、相続遺産である、土地建物は、相続手続きすら果たされて居ないのに、青森県警が、司法と共謀犯で、次男と長女が相続した不動産だ、4男と妻が足を踏み入れると、住居侵入で逮捕だ、妻が実家に残して来た、アルバム等の引き取りも、犯罪で禁止だ!」

ここまで公式に、青森県警で、強制力行使で宣告も重ねた訳だし、この事実も、法務省、東北町役場、裁判官、弁護士に伝えて有ります。

今更「実家の建物、残置物をどうするんだ、両親が嘆いているだの、愚かしい泣き言、愚痴をぶつけて来ても、法律手続きできちんと、次男と長女の相続、責任とはっきりさせて有るから”司法手続き、行政手続きで、公式に証明済みの事です”」

両親の位牌に手を合わせて居ない、おいおい、お前が「4男が引き取ると言った位牌、遺影、墓を”遺産を狙っているな、誰が渡すか”と大騒ぎして、自分が供養するんだ、と騒いで、結局実家に放置して、知らんと言ったから、位牌に手を合わせるも何も、妻は不可能とされただけだろ」

4男は「位牌と遺影を、自分が供養する、と言うので伝えたけれど、次男、長女、委任弁護士、裁判官、青森県警は”次男と長女が相続した、権利を持つ実家に入ると逮捕だ!と公式通告等したんですしね」

信教の自由の蹂躙、ですが「憲法破壊が現実の、法曹資格者、司法、法務省です、あ”x族もそうだったか”もうこの国のx族、法曹権力、法務省に、憲法、法律規定等通じません、無知故知らない強みでです」

後の始末は「次男が子の代も含めて、自己責任で負うだけだ、自業自得の結果です、司法、警察ぐるみのテロが、欲しかった遺産不動産、物品独り占めも果たした訳だし」

法律全の無知無能、常識外が生む、予想出来る争いの拡大発生

  • 2021/11/05 07:22

平成29年11月7日以降の書き込みの中の「妻の両親の相続問題を見ると分かるように”4男と妻はずっと、遺産金が有るのだから,先ずは建物と残置物を処理して、残れば分配すれば良い”遺産金を次男が独り占めして使い、建物、残置物は放り出す、次男と長女の言い草を飲むと、負債の処理が巨額残る、これを言い続けて来ましたし」

まともさの欠片も見出せない、次男と長女委任弁護士と事務所、狂った遺産泥棒に狂奔三昧裁判官、裁判所にも「先ずは負債遺産、建物解体、残置物処理が先行で有る、遺産預金泥棒は犯罪、禁止しなければならない、これを伝えて居たけれど”まともの対局の法曹権力です、全く通じる事等無く”相続遺産分割除外説に沿い?遺産預金泥棒の支持、再発防止に動いた私を、でっち上げた犯罪で粛清に狂奔、これだけに暴走し捲った通りです」

で「平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説は、民法第896条(1031条他にも)反して居たんで、過去の、最高裁小法廷決定、この説を正しいと採用した、小法廷決定と、判例f事強制力行使で、以後採用禁止最高裁大法廷最終決定も、私が正しく駆使したし」

新民法第909条2、遺産預金一部仮支払いを認める法律新設、に付いても「妻の相続権を、この法律規定により、日本で初適用させて”次男と長女による、遺産預金泥棒、義父の生前の、預金泥棒が、当然犯罪だ、とも”金融機関自白証拠も取り、当然の立証もなした訳です」

で「令和元年11月末頃”遺産、遺産預金泥棒が強制禁止と、ようやく命令が出たようで”又”遺産相続を定めた法律規定通り、正しく相続決定せよ、と、通達でも出たようで」

妻の両親の相続決定は「遺産金で証明された分を4等分せよ、でも”次男が自分の相続分を超えて、遺産金を、法に背いて私した事で”共謀行為者の長女の相続分は、次男が全部、二名分相続と言う、論外決定でした」

で「負債建物、残置物は”亜補国家資格者連中ですから、次男が欲しくて”は認めたが、正しく負債遺産相続等せず、まあ、4男と妻は、敷地に入ると住居侵入で逮捕、次男と長女が所有権者故、強制通告も出て居る訳で、知った事では有りませんが」

次男は「相続決定から1年半経過の今”予定通り?妻が正しく相続した、遺産金は自分の金だ、だの、実家をどうする気だ、両親が嘆いて居るだの、ぐだぐだ手紙を寄越して居ます”こいつら、位牌も何も、実家に、供養したくなくて放り出したんです、供養も何も、実家に入ると逮捕です、知るかよ」

このように、法曹資格者、司法決定、判決が神による、絶対合憲、合法な決定、判決だ等、法螺ですから、予告通りの、次男と長女の言動再開です、事前に手を打ってある意味が分かるでしょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5949564
ユニークアクセス:5121151
今日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1441
昨日
ページビュー:2328
ユニークアクセス:2269

Feed