エントリー

2022年01月08日の記事は以下のとおりです。

違法な診断記載、傷害受傷抹殺用、極悪極まる司法犯罪

  • 2022/01/08 17:54

赤本基準、傷害事件受傷、治療がまだまだ必要なのに、診断偽造で抹殺、刑事、民事事件でも常態化の犯罪です。

この犯罪、労災事業も、自賠責共々、公に凶行三昧して、通して居ます、極悪な医証偽造の手で、第三者行為傷害受傷の治療、賠償潰しが、警察、司法、損保、監督官庁らの手で、凶行三昧されて居ます。

この犯罪診断でっち上げで、第三者行為傷害受傷を、一般傷病の治療だ、と、おおっぴらに捏造、国保、生保医療費詐欺を、当たり前とさせて、犯罪を重ね捲って居るんです。

刑法第160条を、故意に不適用とだけさせて、上記犯罪やり放題、日本国の現実を、公式に成り立たせて有るんです、警察、司法、行政、報道カルト等が、表立って犯罪を手掛けて、認めて居ます。

この極悪犯罪も、ようやく「札幌市保健所の協力も得られるようになり、犯罪と、正しく扱われるように変えられて居ます、合法が通せるように、公に合法化に舵を切って下さっている、札幌市保健所も」

今、連絡を入れている医療機関は「症状固定、素因の競合、加重等と言う、居医学蹂躙テロ診断が、もう出来なくさせた事から伝えられて、大いに焦って居るようです、は・ん・ざ・・イですしね」

ここまで合法化を実現させた事で、損保、司法のみに犯罪で組して、合法治療、診断させず、賠償金を不正に踏み倒し捲って来て居る、警察、司法他の犯罪に対して、公式に対抗も出来ます、損保、警察、司法には、合法等、意味も分からないから、正しく扱える訳も無いでしょう。

雪に埋もれた作業場

  • 2022/01/08 17:29

昨日、xxが、作業場近くに行った折に「作業場近くに来て、作業場を見ていますが、雪に埋もれていますよ、50センチ以上は、黙って雪が積もって居ますよ、と教えて下さいました」

それは色々拙い、と言う事で、複数人を頼み、作業場の敷地、屋根の雪を処理して貰いました、50センチ処では全く無かった、と、雪の量が。

ここ数年、十年近く、ここまでの積雪が、1月初めに有った事は有りませんでしたから、油断して居ました、やはり雪国札幌です。

この先、一気にここまでの降雪、無いと思いたいです(;'∀')お願いですから、こんなに重い雪が、大量に積もる事が無いように願います、、(´;ω;`)ウゥゥ

下の屋根、昨年暮れに造った屋根、面積で14平方メートル位有るんで、積雪の重量は2~4トン位でしょうか?結構な重量です。

本屋の積雪は、さほど無いと言う事で、多分下の屋根、隣の作業場が、壁を建てて有る(高い物を置く場所に)ので、雪が巻いて、積雪が多いんだと思います。

取り敢えずは、積雪の処理を終えたので、暫くは安心でしょう、出来るだけ長い期間、積雪が無ければ良いと思って居ます、願い、ですけれどね。

作業場の積雪状態、教えて呉れて有難う御座います、感謝です( ´艸`)

 

損保が賠償踏み倒し出来るように、警察、司法、行政、報道ぐるみ犯罪を

  • 2022/01/08 16:50

自賠責事業、損保事業が、犯罪を凶行する事で、合法な対人賠償踏み倒し、詐欺を、常時成功させられて居ます、警察、司法が先ず「傷害事件が起きたら、診療録、診断書等を、軽微な怪我だ、と常時偽造で、医証の捏造飲みさせて、通して居ます」

;交通事故医療を巡る諸問題、東京地裁書店でも販売、全てが合法と、司法が決定して、販売して居た書籍に、加害者が刑事罰を逃れられるように、違反点数を引かれないように、警察用診断書を、常時実際の怪我はどうであろうと、治療期間を7日~10日の怪我と、偽造警察提出、行政用診断書の偽造、行使を行って有る、とも書かれており、実際この犯罪のみ、行われて居ます。

刑法第160条、公務所に提出する診断書、検案書、死亡診断書に、虚偽記載した医師は、3年以下の禁固刑、30万円以下の罰金刑に処す、この刑法適用犯罪を、司法が公に、凶行させて居る事も認めています、実際この犯罪診断書のみ、が人身交通事故で使われる医証ですから。

この犯罪が、常時強制実行されるので「損保、提携弁護士は”人身交通事故で、重い怪我を負う被害者は居ない、長期治療する交通事故受傷と言う被害者は、全員賠償金狙いの詐欺犯だ!こう、公に公言して、好きなように賠償保険金詐欺犯、と捏造、冤罪に落とし放題も出来て居る訳です”警察、司法が先に立ち、傷害事件を証明する医証を、軽微な怪我だと、主治医に偽造させて、重い怪我人も、片っ端から継承被害者、長期治療者は賠償金偉いの詐欺犯、と、陥れ捲れて居ます。

この犯罪も、ようやく「素因の競合診断、赤本診断、加重診断、素因の競合診断全て、医師法違反犯罪と、公式になりました、ようやくです」

公務所に、この犯罪診断を記載して提出は、刑法第160条が正しく適用されます、この刑法条文も、ようやく、正しく適用が始まりました、始めさせられました、上記犯罪診断も、医師法違反、刑法第160条適用、国保医療費詐欺で悪用、摘発が当然、札幌市保健所は、この犯罪診断でっち上げ、国保医療費詐欺実例を、先ず国保に洗い出させ、情報提供の求めを出して行くのです。

札幌市保健所と、函館の医師逮捕事件

  • 2022/01/08 07:08

@札幌市保健所医療政策課に”医学に無い、症状固定診断、素因の競合、加重診断”等を医師が診断で付けて、傷害事件での受傷治療を、一般傷病へとカルテ他偽造、健康保険、保護費医療費詐欺治療の事例、先ず札幌市国保(保護は色々面倒、確信犯なので)に対し、カルテ偽造で一般傷病偽装、国保医療費詐欺実例から洗い出し、市保健所に情報提供して貰う”事を了解頂きました、多重犯罪です
@函館の医師が、父親の死亡診断書偽造と、死去した父親の遺産預金窃盗事件”刑法第160条適用が必須、人身交通事故事件は、警察等公務所提出診断書等、偽造が常”これと”司法ぐるみが事実、遺産預金窃盗は、令和元年11月まで、完全に司法他が、適法犯罪以外通さず”裏付け捜査要求しました

                                   令和4年1月8日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村専門官他
FAX03-5253-1638 上記犯罪診断、公金詐欺責任も
金融庁監督局保険課、損保係池田課長、古村係長
FAX03-3506-6699 上記悪事、多重犯罪、国会承認無し
森田祐司会計検査院院長 上記犯罪は公式犯罪、会計検査も詐欺
FAX03-3593-2530 市保健所の合法公務と、違法監査
札幌市長、保険企画課松本係長他 保健所と協議して、情報提供必須
TEL011-211-2341、FAX011-218-5182
※札医大村上医師だけが、違法診断、診断書発行責任を負う訳なし
札幌北新病院理事、医師殿
FAX011-792-1220
貞心会病院理事、医師殿
FAX011-751-0239
中村記念病院理事、医師殿
FAX011-231-8385
渓仁会病院理事、医師殿
FAX011-685-3817
賠償は打ち切る、以後は症状固定、一般傷病偽装で自費と健保治療せよ
命令常時、一昨年の事故は、共栄火災、東海からこの命令が出た
損害保険ジャパン本社自賠、任意部署 御社の実例は、公文書も出され
FAX03-3349-1875 市保護3課とカルテ偽造保護費詐欺
東京海上日動本社自賠、任意部署、札幌支店経由
FAX011-271-7379 傷病名偽装、健保詐欺は犯罪
後藤茂之厚生労働大臣、労災も同じ犯罪日常、医師に犯罪強要責任は
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488労災補償課5463)
道労働局長、札幌労基署長 診療録偽造させ、労災打ち切りも犯罪
FAX011-737-1211 その後は健保詐欺、厚労省が
石川禎久法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 カルテ、レセプト偽造公金詐欺共犯
大谷直人最高裁長官 症状固定、素因の競合、加重、オカルト診断のみ
FAX03-3264-5691 医師潰し、刑事、民事訴訟法手続きで
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456犯罪診断適法判決後、正しい治療方法は
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357傷害事件、捜査中に診断書偽造立証常時
小島裕史道警本部長、生活経済、捜査1,2,3課
TEL,FAX011-251-0110

1、昨日、市保健所医療政策課と話して、函館の医師が、死亡診断書に虚偽記載した他で逮捕と、症状固定、素因の競合、加重等、医学に無いオカルト診断を、警察、刑事、民事事件、自賠責、労災保険、生活保護、健保等に出す診断書にも記載の現実は、共に刑法第160条適用、医師法違反、この後一般傷病偽装で健保、保護で医療費詐欺は健康保険法、保護法違反、札医大村上医師と、函館の医師のみ法を犯した嫌疑で扱われる訳無し、公務で行われている犯罪故、を確認しました。

2、これを踏まえて、札幌市保健所医療政策課から「先ずは市内部の違法洗い出し、合法化が必須と言う事で、国保事業(協議して保護も)から先ず、第三者行為傷害受傷治療を、症状固定として、国保医療費詐欺に移行実例を洗い出して、市保健所に情報を提供させる、これで合意が出来ました、国保も応じる、との事、法に沿い当然です」

※厚労省、札幌市の労基も、同様の国保詐欺に移行実例情報を、保健所に提供に応じるよう求める。

3、函館中央警察署に電話を入れて「逮捕した医師の罰条は、刑法第160条適用が先ず必須、人身交通事故事件は特に、司法が公マニュアルも作り、日常的に警察用、刑事、民事訴訟法用他で、虚偽記載診断書等を、合法と偽り使用、先ずネット検索せよ、後日証拠も送ります、等伝えると共に、この医師が、親の遺産預金窃盗で逮捕も司法他犯罪、令和顔面11月まで、強制合法犯罪判決、決定のみ、令和2年から、預金窃盗を、相続以外特殊詐欺として摘発、函館の医師が初の、銀行(北洋銀行)から、死人の遺産預金窃盗で逮捕、函館地検に令和2年、山本直人行政書士、受任事件で預金窃盗で逮捕事件に絡み、証拠等送付済み、最高裁ぐるみは、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、原審平成27年大阪高裁(許)第11号事件をネット検索で証明出来ます、等も伝えて有ります」

4、他者の預金窃盗も、弁護士、司法書士利権目的で、警察、司法、金融機関、監督官庁、国税、報道ぐるみででっち上げた、公権力犯罪です、これを立証したのも私で、お蔭で合法を通す犯罪者、と札弁連、警察、裁判官、裁判所から、公式に冤罪を着せられ、粛清されそうにもされて居ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377938
ユニークアクセス:5544591
今日
ページビュー:3438
ユニークアクセス:3411
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed