エントリー

2022年01月17日の記事は以下のとおりです。

傷害事件、正しい傷害の程度証明等、実は無い、受傷証明も出鱈目と言う

  • 2022/01/17 18:19

事実として、傷害事件として扱われて居る、と、民衆は信じて居るけれど「損保対人賠償、自賠事業、労災事業の現実は、司法、警察も同じくですが”実際の傷害事件として居る、怪我の実認定、損保、司法が、闇ででっち上げて有る、医師が医学を正しく踏まえて、では全く無いと言う”主治医は、この連中の傀儡が実際で、特に損保の命令、指示を受けて、医学でも、医師の国家資格業務を正しく踏まえて、でも無い訳です」

更に「じゃあ”傷害事件である事と、傷害の部位、傷害がどの程度の期間、遅漏を必要として居て、どのくらいの期間で、普通の生活は送れる程度まで、怪我が回復するのか?”この期間も、実は出鱈目、医学無視ででっち上げられて居ると」

傷害事件被害者は、こう言った、詐欺医療、詐欺診断の餌食に落とされ捲って居ます、合法な医学的根拠も、傷害事件発生の後、傷害の部位、程度、一定社会生活は、送れるようになるまでの期間を決めて有る、警察、司法による、医師による?診断?にも、実は正しい根拠、合法な医学的根拠も、無いのです。

ですから「損保が傷害事件被害者に付いての、医学?主治医への、傷害の部位、程度、治療を認める期間?を決めて、主治医が唯々諾々と、損保からの”診断等の指示、命令に沿い、でっち上げ、出鱈目診断を下し捲って居る”現実だけが、極悪非道な、医師の行って居る医療、医学破壊、と言う事でも無いと言う事です」

傷害事件で怪我を負わされた被害者は、犯罪診断の餌食にされ捲って居る、損保犯罪医学,診断だけでは無く、労災適用受傷も大差無し、刑事事件捜査で使われる、捜査機関用医証も似たり寄ったり、正しい医学的根拠証明、証拠等、実は作られて居ない、使われて居ません。

傷害事件被害者は、主治医も含めて、出来る限り正しい、負わされた怪我に付いての診断等、付けられて居ない訳です、実際に負わされた怪我の程度は無視で、軽い怪我、よって加害者は、刑事、民事責任等無いに等しいように、日常的に捏造で決定されて居るんです。

この犯罪診断常時、により、自賠事業、労災事業、損保対人賠償事業は、合法な対人賠償支払い逃れが、常に、大掛かりに成功させられて居ます。

初めから合法を証明させた、傷害事件被害者相手の対人賠償支払い等、する訳が無い、犯罪で合法賠償叩き潰し、これ以外行って居ない、これが真実です。

主治医に、合法な対人賠償叩き潰し成功、を目論み、医証偽造、軽微な怪我と偽造のみさせて有る、本当に極悪非道な現実です。

国交省、自賠事業診断が、加害者と弁護士、損保、裁判官の武器

  • 2022/01/17 08:10

今後、加害者警察官、弁護士、各損保、裁判官は「国土交通省、自賠責事業による”行政犯罪人身交通事故受傷診断、主治医らの医療行為、診断は虚偽、でっち上げと断じた、犯罪診断、行為者も、医学、法律根拠も不明の、行政犯罪診断”これを絶対の武器だとして」

一方的追突傷害事件、補充捜査にも、刑事訴訟法手続きに対しても、公に対抗する訳です、公式に、刑事訴訟法手続きに係る医証?なのですから「国土交通大臣の責任で、この、主治医の医療行為、診断を、捏造、でっち上げ、偽造と断じた診断の責任を負う必要が有るのです、国交大臣は」

国土交通省が、主治医の医療行為、診断は虚偽、でっち上げ、偽造と診断を付けた、国土交通大臣の責任を、きちんと明記した、公式刑事訴訟法用の診断書作成、発行が行われなければ「加害者、弁護士、各損保、裁判官、裁判所は”主治医による医療行為、診断は偽造、でっち上げだと、公式対抗出来ません”国交省、自賠責事業、国交大臣も同じです」

今出てる、自賠責事業、国土交通省責任での、主治医による医療行為、診断は虚偽だ「警察用に偽造発行した、怪我の治療は7日だけ」偽造診断書には、異議は無いようだけど、共謀犯、犯罪式権力だから。

でも「事件後7日以後の、追突傷害事件が原因と、被害者と主治医がして居る、7日以後の怪我の治療行為、検査、診断は”偽造、賠償金詐欺狙いの犯罪行為だ”と、公式主張して、行動に移して居るのだから、自賠責事業、国土交通省公式責任での、主治医による医療行為、診断を否定して通そうとしている、犯罪診断が正しい事を、国交大臣、国交省は、診断文書に正しく記載して、国交大臣、国交省として、犯罪診断が正しい事で、医師法、医療行為と対決を、共謀犯共々実行から必要です」

日本初でしょうね「傷害事件被害者の主治医が行って居る”偽造で無い方の、第三者行為傷害受傷の治療、診断を偽造、犯罪と国交省、自賠責事業、窓口損保、提携弁護士、裁判官、裁判所が決め付けて否定、認定”この事実に付いて、根拠を”国交大臣も誰も、正しい医師の医療行為、診断を否定した、国交省診断だ”とも記載して居ない、犯罪診断?怪文書で公式否定”これで公式対抗事件は」

この問題を、先ず最初に「医師法,医師による医療行為医学が合法か、国交省、自賠責事業、窓口損保犯罪診断が、主治医の医療行為、診断を偽造、犯罪と断じて合法か?決着を付けなければ、傷害事件は立証から不可能です、当たり前の事です、どっちの医証が合法か?医師が正しいのか、犯罪診断が正しいのか?実際にこの立証が一番に必須なのに、故意に無い証明で逃げて来て居る訳だ」

主治医にこれから伝える事、医事課からの

  • 2022/01/17 07:49

一昨年8月11日の昼間に、東署勤務警察官が、意識を飛ばした運転で、一方的に私が運転するトラック後部に激突して、私に重い怪我を負わせた傷害事件、定番である、事件後7日しか、治療を要しないとの、事実無根の、でっち上げた警察、捜査証拠用診断書、定番通りの、この偽造診断書です。

この、定番とされて有る、傷害事件は軽微、被害者に負わせた怪我も軽微だと「被害者の主治医に、常に偽造作成、公務所に発行させて有る診断書に付いて、医事課から主治医に対して”東京地裁書店でも販売、人身交通事故受傷の時、警察、捜査機関用発行診断書は、加害者が刑事、民事責任逃れ出来るように、常に7日~10日の軽い怪我だ、と偽造させて有る”とかを、医事課から主治医に、この犯罪マニュアルも見せて、伝えると言う」

その上で「刑法第160条の正しい適用を、今後果たすと、道警、検察庁は約束して居る訳だから”補充刑事事件捜査用医証、合わせて、自賠責国の賠償事業用医証”は、もう偽造作成、発行出来ませんから、先ずは医師”どう言う理由で、警察用に7日だけ治療、と診断書を発行しながら、実際には長期治療を行い、損保が賠償をもうしない、自己負担と健康保険で、治療を続けろ命令を受けて、虚偽、医学に無い、症状固定なる診断も付けて、自賠事業、国交省の公務事業に提供したのか?」

この事実に付いて、医師の国家資格と、医学、医師法により、合法行為と証明した、公式証明書の作成、発行が必須です「刑事訴訟法手続きに係る、傷害事件事実立証医証です、もう偽造は出来ませんし、損保に救いを求めたって、もう無理です、損保、提携弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、自賠事業、国交省、交通事故労災は厚労省、労災事業、全部犯罪行為者だから」

医師はもう、医師免許と、医師法規定と、医学的根拠証明により、この巨大診療記録偽造、行使犯罪に付いて、行為者として、合法証明が求められて居ます、又「国土交通省、自賠責事業、窓口損保は”医師法違反、医学で無いオカルト診断を、誰が行為者で、何の医学的合法根拠なのか、一切何も証明せず付けて、主治医の医療行為、診断を、強制否定して通せて居る”この国家権力犯罪事実が、誰の行為責任で合法なのか、公式立証が必須となって居ます」

普通に考えても、国家権力共謀テロ犯罪、同じ手口だけなのだから

  • 2022/01/17 07:24

何度も人身交通事故事件被害者とされて居るし、例の「東京地裁書店でも販売”司法が、損保社員と医師が、身分と顔も晒して、座談会の内容を書籍に纏めた、警察用、人身交通事故被害者の負った怪我を、実際の怪我は無視で、加害者が刑事、民事責任を逃れられるようにと企み、思いっきり短く偽造、公務所提出診断書は、常にこの偽造作成、発行としてある”犯罪事実も記載マニュアル通りに」

実際、人身交通事故で怪我を負わされると”常に事故日から7日だけ、治療を要する軽微な怪我”この警察用診断書”だけが作成、発行されて居ます”この偽造診断書で、軽微な傷害事件で有り、不起訴で刑事事件処理は終わり、この刑事記録、結果を最大級の武器とさせて、被害者への対人賠償も、好き放題踏み倒し捲れて居る訳だ”最早テロです、定番の司法他、テロ犯罪制度と言う事です。

人身交通事故事件では「大半の事件で主治医は”事故後7日だけ、治療を要する”この診断書のみ、事実無視ででっち上げ作成、警察用発行して居ます、警察、法曹権力、国交省自賠責事業、交通事故労災では、労災事業も、国交省、厚労省も承知の犯罪事実です」

この、警察、刑事事件、傷害事件用の医証ですが、偽造、行使が常、と仕組まれて有る、偽造診断記載診断書が、常に主治医から出て居る訳だし、一方で「司法ぐるみ犯罪マニュアル記載通りに”傷害事件受傷被害患者に対する、傷害事件で負わされた怪我の治療等は、重い怪我の場合、カ月治療が続けられて居ます”」

この、矛盾処では無い、傷害事件を軽微と捏造で終わらせて、加害者を免責して居る、軽微な怪我偽装公務所提出医証と、損保が指揮する期間だけ、傷害事件が原因の怪我に付いての医療行為、治療だ、こうしてある医証、治療継続事実、証拠を、警察(犯罪賠償傷害事件証人でも、時々出廷している警察官連中)弁護士、裁判官、検事、損保の連中も、自賠事業、交通事故労災事件では、労災事業も、正しく熟知した上で、この一連の、矛盾以外無い権力犯罪を、故意に闇に消す事ばかりに走って来て居る訳です。

これで通って居る理由は「傷害事件で負わされた怪我は、実は虚偽か、極めて軽い怪我で、加害者に刑事、民事責任は、実質無い!と、刑事事件証拠診断書で偽って、正しい医証と虚偽で通して有る故です」

実際の、傷害事件で負わされた怪我の治療等を証明した医証は「でっち上げ、偽造した代物、対人賠償金詐欺が事実、絶対に偽造診断書で、不起訴処理して有る刑事訴訟法違反犯罪に付いて、補充捜査からしない不文律、もでっち上げて有り、常に、正しい傷害事件を証明する医証等、使う事も認めていないから、偽造医証で軽微な怪我、不起訴で決定、これ以外通させないと言う、警察、司法、関係行政機関、医師ぐるみ、損保の下僕に堕ち切って手を汚して居る、権力犯罪なのです」

医証の偽造、損保、警察、司法、行政犯罪、これでは傷害事件等正しい立件不可能

  • 2022/01/17 07:01

一昨年8月11日昼過ぎ発生、一方的な”東所勤務警察官による、意識を飛ばした運転で、突っ込んで、相手の運転手、私に重い怪我を負わせた傷害事件”も”損保、司法、警察、医師が共謀、事件後7日だけ、治療を要する、この、闇ででっち上げて有る、実際に負った怪我を無視で、軽微な怪我、加害者には、傷害事件加害者責任、実質無し、これで常時、加害者が負った、刑事、民事責任を抹殺して、通されて居る、権力共謀犯罪が行われており。

この連中の共謀犯罪で「軽い怪我だ、過去に負った怪我を、この事故で負った怪我と偽って居る、賠償金詐欺だ、加害者こそ被害者だ、加害者には、傷害事件刑事、民事責任等無い!こう、公に行為に移して、主張して、通そうとされて居ます、が」

種々状況を変えられた事で「この、偽造診断書から、主治医に、次の事実を記載、証明からして、新たな警察、司法提出医証を作成、発行させる手筈ともなって居ます。

追加の行政用、刑事事件証拠の診断書の記載は”何故に、事故から7日だけの治療しか不要と診断しながら、損保が支払い拒否、以後の治療は、自己負担と健康保険医療費詐欺で治療しろ!”と命じられた、事故から7カ月半迄、追突傷害事件で負った怪我の治療を続けたのか、医師法、医学的根拠を明記して、診断文書にと、後遺症診断書に記載の上発効する事、ここから行われます。

絵に描いた「実際には重い怪我だと、患者の自覚症状告知を受けてもおり、主治医は”医師として、医学的に認めて、これだけの期間、治療を継続した訳ですし”その後も治療を要するけれど、損保が一方的不払い通告して来て、以後は自己負担と健康保険で、治療を継続しろ、この損保の要求も、呑んだ訳だ」

つまり「医師は、医学根拠も無視、医師の国家資格者事業遂行責任も破壊して、損保の指示通り、医療行為を常に行って居ると言う事で、傷害事件患者の”行政用作成、発行診断書も、実際の受傷は無視で、軽微な怪我だ、と常にして通せるように、が狙いの、軽微な怪我である、偽造診断書だけを、常に偽造で作成して、捜査機関、国交省自賠事業に提出して居ると言う事で”刑法第160条、医師法第17条違反が適用される、刑法犯罪行為者と言う、これが事実の一端です」

もう傷害事件にしても「主治医作成、発行、行政用も含めた診断書、正しい証拠価値は無い訳です、完全な偽造、行使、実際に負った怪我は無視で、常時軽微な怪我だと偽造作成、発行が常、この犯罪事実が、公にばれて居ますから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6152341
ユニークアクセス:5320886
今日
ページビュー:775
ユニークアクセス:774
昨日
ページビュー:2228
ユニークアクセス:2210

Feed