エントリー

2022年01月23日の記事は以下のとおりです。

自賠責と刑事事件証拠、共通の傷害事件医証に、刑法第160条も適用二か所

  • 2022/01/23 17:00

昨年3月29日に起きた、重過失傷害事件に”も”証拠で出す、昨年12月28日の受診時までの、経過診断書が、もう一カ月(この日よりだいぶ前に頼んで有る)を超えているが、未だ届く気配も有りません。

この診断書、頼んだ時には、別の用途に使う予定でしたが、警察、刑事一課から「傷害事件の医証、長期治療を続けて居るこの事件で、中間?の医証としたい、提供頼む、と求められたので、傷害事件用の医証にしました、捜査機関に原本が有るから、他の公的機関等には、写し提供で良いし」

と言う状況ですが、未だにこの、警察用、傷害事件の医証に出す診断書、出て来ません、まあ「一昨年8月11日の、警察官一方的追突傷害事件にしても”この傷害事件で負わされた怪我に関して、加害当時から、損保が脅して治療を止めた期間”の概要記載、警察用診断書の発行も、北新病院は、拒否したから、事件当日から7日しか、治療を要しない、との、捏造診断書”は”勝手にこうでっち上げて、発行した癖に」

どうやら「公務所に発行した診断書に、虚偽記載が見出された場合、3年以下の禁固刑、30万円以下の罰金刑に処す、この刑法規定が、今後正しく適用されると、検察庁、警察が答えて居る事により、今までのでっち上げ、出鱈目記載診断書、怖くて発行出来なくなり出して?」

今までずっと「虚偽の、短期治療のみの傷害事件被害受傷、こう虚偽診断記載診断書だけを、捏造と主治医、警察、司法が、損保の下僕で、この犯罪指揮を受けて凶行に走る事にのみ暴走三昧、これで統一されて、この犯罪凶行、犯罪診断が正しいと、虚偽判決、決定、こう闇で決めて有るが、今後もう、この権力犯罪が、常に成功する保証も無くなっている事と合わせて、この虚偽診断のみ記載、刑法第160条が適用の恐れ、損保と共謀して、この犯罪も、これも、医師法第17条違反適用も」

こう言った、合法が通り出す変化、を知らされて、怯えてしまっているのでは?今までずっと、犯罪ばかりで来たけれど、合法が通るとなれば、手が後ろに回る恐れが物凄く(;'∀')と言う事によって?

自賠責診断と、主治医の診断で

  • 2022/01/23 09:32

@一昨年8月11日昼に発生、札幌方面東警察署勤務警察官が、意識を飛ばして一方的追突、重い怪我を負わせた傷害事件、こう言う事実となって居ます。

(1)主治医複数の、治療事実、検査結果を持った診断は”治療した期間は、損保が支払いを打ち切るまでの分で、7カ月半、この傷害事件で治療を続けた”整形外科、主治医の証明。

(2)ここで分からなかった症状が複数有り、検査の為受診した、複数の医療機関の検査を受けた診断は”頚椎二か所変形、急激な視力低下”の検査結果、診断が出ています。

(3)一方”加害者警察官、加入損保共栄火災、提携弁護士斉田の主張は、自賠責医師法違反診断が有る、軽微な怪我だ”との主張となって居ます、自賠窓口損保ジャパン、人身傷害東京海上日動も同じ、自賠責犯罪診断が正しい、重い怪我、頚椎変形、急激な視力低下は認めぬ、こう犯罪で決めています。

(4)この傷害事件でも”東署交通二課、小笠原警部補、札幌検察庁交通部、検事も、上記治療月数等と承知の上で、7日だけ治療が必要と、実際の怪我、治療期間等無視ででっち上げた診断のみ”で、軽微な怪我だと虚偽で事件を纏め、送致、不起訴処理して居ます。

(5)この事件の、出鱈目な纏め、送致と受理、不起訴決定に付いて、小笠原警部補は”長期治療を要する怪我だと、7日以降に調書取り、送致、不起訴決定して居て、長期治療して居る事を、私からの訴えでも、警察、検事も承知で、この詐欺事件扱いした、等認めており、治療中の医証を、追加証拠で出して下さい、等求められて居ます。

(6)昨年3月29日、重過失傷害事件、刑事一課強行犯扱い事件では”未だ治療中止も見えず、送致は不可能、受傷の重さが証明出来ない故、罰条も決められない故”と扱われて居ます、人身交通事故傷害事件と、同じ傷害事件なのに、ここまで違う合法根拠は無い、交通二課、刑事課の答えです。

(7)加害者と共謀犯が主張する”自賠責犯罪診断で、軽微な怪我だと診断が出ている、よって軽微な怪我だ”この主張には、何処にも合法診断との根拠、法律証明が有りません、一方、主治医の検査結果と自覚症状等を受けての医療行為、所見は、上記の通り、重い怪我を負って治療となって居ます。

(8)これらの事実、証拠を持ち、今後は”他の人身交通事故事件も含めて、自賠責犯罪診断証拠と、主治医による医証共、傷害事件を証明する医証で、刑事訴訟法手続きでも、共に扱われる訳です、自賠責犯罪から出ている医証、診断、原本、カルテ?照合も出来ませんが?”犯罪取得、犯罪扱い、犯罪者診断だから。

遂に本格的に、医療機関、医師に付いて居る弁護士の、医師法破壊に加担等も立証、損保顧問と同じ犯罪行為にと

  • 2022/01/23 08:47

;札幌禎心会病院は”おおがゆ弁護士が顧問弁護士で”昨年3月29日の、重過失傷害事件に係る、医療捜査に立ち合いで出ました、見込み診断等、医学上も証拠価値無し、症状固定は医学では無い、治療継続中等に、後遺症審査の為、治療打ち切りでは無く、便宜的に付けた名称、後遺症審査事項を証明する目的”治療終わり、中止は、患者の自覚症状の訴えと、主治医による多角的所見をすり合わせて、治療を中止、終わりとした時が、治療を中止、終えた時期、予想、見込みは合法証拠にならない、これらを、今年1月11日の、医療捜査で確認した、おおがゆ弁護士も確認した、事実です。

;北新病院は”佐々木法律事務所所属、福田友洋弁護士が顧問弁護士、と私に伝えて、担ぎ出すと宣告したのですが”福田弁護士、顧問先が自分を担ぎ出す理由、原因を、私に文書に記載して、この弁護士に送って欲しいと言うので、急遽まとめて書いて送ったら、北新病院、福田弁護士共に、医師法違反等が正しい、等打って出る事を止めたようで、カルテ開示するので、と、医師法違反を損保命令で、常時行って何が悪い、と打って出るんじゃ?医師法違反も認めて、対抗要件が見当たらなくなり?

この事実二件で「医療機関、医師が、顧問弁護士で、医師法問題の委任弁護士で使って居る弁護士連中”も”損保、司法、警察共謀犯罪、国交省、金融庁、法務省、厚労省他共謀犯、医師法、主治医の医療行為、診断を、犯罪者診断で強制叩き潰しが常に成功、この国際的テロ犯罪行為者の一角、との現実も、言い逃れの余地無く、事実であると証明されて居ますよね?」

損保の顧問弁護士連中、傷害事件を扱う検事、検察庁、傷害事件を扱う、刑事、民亊とも扱う裁判官、裁判所、警察による、医師法破壊犯罪常に正しいと捏造されて、通して有る犯罪には「医療機関、医師が使う弁護士も、この犯罪共謀資格者、委任先を守らず、医師法違反等犯罪が正しいと偽られ、勝てるように画策等、委任者相手の重大な裏切り法曹資格者、弁護士会、弁護士全員?この類の犯罪への加担、が実際と言う」

今後はもう「医療機関、医師が委任した弁護士”医師法違反犯罪が正しくて、主治医の医療行為、診断が違法、虚偽です、医師法規定も間違いです、損保、司法、警察、行政から命じられて、法を犯して診療録、診断書、レセプト偽造して居る事こそ正しい医療行為です”これを、受任辯護士も、医療機関、医師共々認める事は出来ません、元々医療機関、医師が委任した弁護士も、犯罪診断が正しいんですよと、委任者を騙して裏切り、陥れて来た立場、と言う?」

医療機関の今

  • 2022/01/23 08:21

損保と絡んだ、人身交通事故傷害事件、被害患者の医療行為の当事者医療機関、主治医複数の、今の状況です。

;瀬川氏の事件、瀬川氏が受診した、札幌医科大学附属病院、主治医は”顧問弁護士が出て来る事も無く”現実逃避し続けています、居直る事も、無理でしょうからねえ、共謀犯の三井住友札幌、顧問弁護士を担ぎ出して来て居て、法に反した、損保の指揮で診断書違法作成、発行、悪用を認めた文書も出して居る訳だから、札医大で顧問弁護士を担ぎ出したって”医師法第17条違反を、主治医と三井住友が共謀犯で行った”事実の確認以外無いから、主治医を追い込むだけしか出来ない訳だ。

;一昨年8月11日、東署勤務警察官、一方的追突傷害事件では”加害者には、共栄火災顧問弁護士が付き、医師法違反他犯罪が正しい、と主張して居ます”自賠責事業犯罪診断、結果が正しいんだ、主治医による医療行為、診断は虚偽だ、とも主張して居ます、主治医らの医療行為、診断では”7カ月半治療、損保不払いで、健康保険詐欺使用で治療継続しろ!これを成功?させて居る訳です、で”軽微な怪我だ”と主張して居ます。

;治療先医療機関複数は”主たる治療先、北新病院は、7カ月半の、治療の記録カルテを開示しました”出すと告げた、ここの顧問弁護士は、逃げてしまったようです?顧問先、勤務医を陥れて来た現実、暴かれて言い訳の余地も?

;中村記念病院は”検査結果と経緯を、事実のみ記載した、後遺症診断書、脳神経外科、眼科主治医が書いて、刑事事件捜査用と合わせて、発行するとの事、カルテ開示も、多分行うようです”頚椎二か所変形、視力急激低下、この検査結果による診断です。

;渓仁会クリニック、主治医は”回答せず逃げ回るばかり”顧問弁護士も出て来ないですね?普段から医師法違反を、損保、自賠事業、労災事業の下僕に堕ち切って、の現実”故?

;そして”損保顧問弁護士連中、人身交通事故傷害事件、刑事、民事事件扱いは、主治医の医療行為、診断を、犯罪者診断で、医師法他の規定破壊で強制叩き潰し成功”医師法違反、短期の治療と警察用診断書、常時偽造は、刑法第160条適用犯罪、これ等の公式立証に対抗出来ないようで、犯罪診断が唯一合法だ、と、今までのように打って出て来ないです、出て来いよ、今までと同様に、刑事、民事手続きとも出て来い、医療機関、主治医、顧問、受任辯護士は、もう犯罪診断が唯一正しい、犯罪に与出来ない訳だから。

医療機関の顧問弁護士、顧問先を裏切って居るよね

  • 2022/01/23 07:59

医療機関の顧問弁護士、完全に顧問先、医師を裏切って居ますよね、司法犯罪人身交通事故賠償論、この犯罪の手だけに乗っかり、顧問先の医療機関、医師を裏切って居ます。

何が「素因の競合だ、症状固定だ、赤本犯罪診断だ、賠償論だよねえ、犯罪そのものの虚言、でっち上げでしか有りません」

自賠責、労災事業でっち上げ、主治医の正しい医療行為、診断を、強権発動で潰せて居る、絶対の診断、何処にも医学、医師法遵守、合法の無い、犯罪そのものの、出鱈目診断ですから。

犯罪診断で、主治医による医療行為、診断を、強制的に叩き潰せて通されて居ます、当たり前ですが「この犯罪行為で、第三者行為障害が、一般傷病に変わる訳が無いし、治療継続が必要な傷病が、治療不要に変わる事も有りません、単なる第三者後遺傷害受傷と言う事実を、この犯罪診断が正しいと、国権力犯罪によって、唯一正しい診断だ、主治医が医師免許、医師法規定によって行って居る、合法な医療行為、診断は、犯罪行為だ、出鱈目だ、こう、公権力が共謀して、でっち上げて確定させて有る、テロ犯罪行為です」

これ等の犯罪そのもの、でっち上げただけの診断?には、合法は何処にも存在して居ません、当然ですが「医療機関の顧問弁護士も含めて”これ等犯罪者による、極悪犯罪診断こそ正しい診断だと”顧問先医療機関、医師を欺き、陥れてだけ居る訳です、顧問料、委任料を取って、顧問先医療機関、医師を、犯罪者診断が正しいんですよ、医師には、司法他犯罪者診断に対抗出来る法の根拠も無いんですよ、等、騙して隷属させて来ている、事実が証明して居る事は、こう言う事ですよね」

二件の傷害事件に絡み、禎心会病院顧問弁護士、北新病院顧問弁護士が、医療機関顧問弁護士として出て来ているし、三井住友、東京海上日動、共栄火災顧問弁護士も、公式に表に出て来ていて「医師の国家資格者業務、診断潰し、でっち上げた診断が、日常的に正しい診断だと、法の根拠ゼロで通されて居る司法他犯罪、国際テロ診断が常に通って居る日本、この現実を、公に証明、公式確認等に動いて居ます」

医療機関、医師側の弁護士”も”損保用主治医の医療行為、診断を、法の破壊で否定犯罪診断、犯罪診断のみ常に適法と、犯罪判決が常、これの追認、支援のみを重ねて来て居る、弁護士業務、法律家業務に、完全に反している所業と、ですよね、これを指摘されて、逃げるばかりですし。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561108
ユニークアクセス:5726798
今日
ページビュー:1488
ユニークアクセス:1476
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed