エントリー

2022年01月25日の記事は以下のとおりです。

現職警察官の、交通事故傷害事件加害者が、違法な傷害事件捜査是正の求め潰しにも

  • 2022/01/25 16:59

弁護士費用、訴えの費用共「損保が加入者から集めた資金を使って、加害者警察官は”警察用犯罪診断記載診断書や、自賠責犯罪診断を武器で使い、自分が起こした追突傷害事件で、被害者が負った怪我は、実は極めて軽い怪我だ”重い怪我を負い、長期治療しているが、虚偽の怪我で、不当に賠償金偉いして居るんだ」

加害者とされた自分の責任を、雇用して居る道警に対して問う訴えを起こされて居る、不当行為だ、正当な訴えを止めさせて下さい、と言った訴えも、損保が加入者から集めた保険料で支出、でしょうね。

ですが「刑事一課強行犯による、重過失傷害事件刑事捜査と、人身交通事故傷害事件捜査が、同じ傷害事件の捜査で無ければならないのに、全く異なる捜査だと、実例証拠で公式立証もした事も有り」

事故日から7日しか、追突で負った怪我の治療は必要無い、警察提出診断書の記述が、実際の治療期間の、損保が不払いで、治療を中止させた期間でも7カ月半有る事等、事実と全く不整合と証明されており、追加の傷害事件で治療を受けた内容等の医証を、補充捜査の為に出す事となりました。

この求めは「刑事訴訟法手続き、傷害事件を正しく証明する、それを持ち、補充捜査を行う為に必要な医証の作成、提出の求めです、加害者警察官、損保、弁護士、裁判官が、強制的に潰す訳には行きません」

この、傷害事件の証拠で出す医証には「主治医ら作成医証と、自賠責に主治医が出した医証に、自賠責診断書面、これらを証拠で出します、これ等の医証全てに付いて”合法と見做せる医証と、違法な医証とに分ける必要が有ります”傷害事件の補充捜査等、刑事訴訟法手続き遂行には、合法な医証を証拠で使う事が必須です」

で「違法な医証の扱い、この問題も、当然浮き彫りとなります、自賠責事業、損保事業で、犯罪医証が作られて、公務所に提供されて居る、犯罪診断を付ける”証拠”でも悪用されて居る、この事実の、犯罪の証拠ですから」

刑法第160条を、故意に不適用と仕組んだ、裁判所販売マニュアル記載でも証明

  • 2022/01/25 16:39

警察用診断書は、常に7日~10日の治療に留めるようにして居ます、弁護士に聞いたのですが、治療期間が一カ月を超えると、正式に事件で扱う事になる、との事で、ずばり”加害者の点数の配慮です”~~

この警察用診断書は”行政用の書類なので”表に出さないようにさせて居ます、実際の交通事故の治療は、警察用診断書とは違い、一応ちゃんと行って居ます、警察用診断書は表に出さない、この点では(加害者への)教育が必要です、あくまでも行政用の診断書だと、教育が必要です。

この記載内容、東京地裁地下書店で販売、交通事故医療を巡る諸問題、損保職員、共犯の医師が、身分と顔を晒して、この連通で座談会で話した内容を、書籍に纏めた、と言う書籍の内容抜粋です。

この記述でも「刑法第160条、公務所に提出した診断書、検案書、死亡診断書に虚偽の記載を行った医師は、禁固3年以下、30万円以下の罰金に処す、この刑法規定、適用しない事を、警察、司法、法務省等で、闇で決めて、主治医に手を汚させて有る事も証明して居ますよね」

この(治療期間、短く捏造常時)警察用診断書は「あくまでも行政用の書類なので”加害者側は、表に出さない事”刑事事件で、傷害事件加害責任は軽い等、証拠として使わない事、この点は(加害者側の)教育が必要です、確信犯罪と自白して居ます」

まあ「この犯罪診断で統一なので”常に軽微な怪我、上のお達しで、軽微な怪我であれば、人身交通事故傷害事件は、刑事事件で扱わなくて良い”とお達しが出されており、不起訴で逃がされて居るからね、この捏造警察用診断書、刑事事件では、加害者側、刑を逃れる目論見で使う事も先ず無い訳だ」

ですが「対人賠償潰しの武器で使って居るしね、後遺症却下の武器でも有るし、この警察用診断書に虚偽記載犯罪、対人賠償踏み倒しが目的の犯罪だから」

この、警察用診断書と、自賠責医証、自賠責事業診断が、主治医による交通事故傷害事件治療、診断、主治医は二枚舌診断ですが、の主治医の医療行為、診断をつぶせて居る訳です、常に自賠責診断が、主治医の診断は虚偽と潰せて居ます、医師法第17条違反診断が、常に勝って居る訳です。

自分が傷害事件の被害者で、交通二課と刑事一課強行犯による、全く異なる捜査事実を体験、誰が納得する

  • 2022/01/25 15:50

刑事一課強行犯による、傷害事件の刑事捜査と、交通二課による、車が絡む傷害事件の刑事捜査は、法律規定上は共に「過失致死傷罪が適用なので、基本同じ捜査が必要ですが”交通事故傷害事件、犯罪で構成されて居るから”刑事一課強行犯による、正しいに近い傷害事件刑事捜査とは、全く異なった、傷害事件事実隠ぺい、抹殺で仕組まれて居る、犯罪捜査なのです」

刑事一課強行犯による、傷害事件の刑事捜査は、ここまでの医証偽造で、傷害被害を思いっきり軽く捏造、傷害事件犯人を逃がす目論見で、等は、一応無いと言う、まあ、程度問題と?でも、ここ迄の警察、司法、主治医ら犯罪では無いから”日常生活賠償適用傷害事件となると”大差無くなったり、の実例が、、。

要するに人身交通事故傷害事件、この刑事事件捜査の狙いは「対人賠償を、犯罪によって踏み倒す事を果たす事、これを目論みとさせて有る、傷害事件被害者の、警察用診断書からして”実際に負わせた怪我は無視で、一律7日しか治療は必要ない”と、主治医に国中で捏造診断記載、警察用診断書作成、発行させて有ります、この医証捏造犯罪により、正しく対人賠償せず、常に通せて居る訳です」

この、数十年も続けて来て居る、対人賠償犯罪により、踏み倒し自由成立の武器は「刑法第160条が適用されると、出来ない犯罪なのですが”東京地裁書店でも販売、交通事故医療を巡る諸問題に記載、警察用診断書は、加害者保護の為7日~10日に留めて有る”交通事故の怪我の治療は、この警察用診断書とは別に、もっと長期行って居るが、この警察用診断書は、行政用の診断書で有り、表で使わない事、この点は、加害者教育が必要である、刑法第160条適用の犯罪だ、等認めている記述です、警察、司法ぐるみの犯罪を、刑法第160条不適用、権力犯罪により成功させて有る、と言う自供です」

※ここに書かれて居る”加害者教育が必要”の意味は”加害者保護の為?被害者が負った怪我は、一律7日~10日の治療のみ”と捏造して有るが、加害者とすれば、この捏造警察用診断書を使い、傷害事件加害責任、実際に負わせた怪我が重いなら、軽い怪我だ!と刑事事件でも公式にさせて、罪を逃れたい訳です”この、傷害事件加害責任逃れに、捏造警察用診断書を、傷害事件の罪を逃れる武器で、加害者に使われると拙い、実際の、この犯罪理由は。

「対人賠償踏み倒しが目的で、加害者の刑事責任逃れ等、結果なだけで、加害者がどうなろうと知った事では無いが”この、捏造短期治療記載警察用診断書を、加害者が自分の罪を逃れる武器で、先ず刑事事件手続きで使われると”捏造診断常時の主治医も、拙い事態に陥る訳です」

だって「実際には、この捏造で短期治療、警察用診断書記載治療日数を、多くの傷害事件で、大きく超えて治療を続けて居る訳で”加害者が、霜害罪責任逃れの為、検事相手にこの捏造診断書を、責任逃れ出来る武器で使われたなら、主治医は”警察用捏造短期治療診断書記載日数、完全に虚偽とばれますから」

何しろ「加害者が、傷害事件加害責任を逃れる為、この警察用診断書を武器で使うのは”送致後です”主治医が警察用診断書に記載した治療日数は、7日~10日ですが、送致されて、加害者が検事に対して、被害者が負った怪我は、7日~10日程度の治療の怪我だ!自分に傷害事件刑事、民事責任はほぼ無い、警察に出された診断書が証拠だ」

こう言う使い方をするのは「10日を大きく超えた、カ月後です”検事は、主治医に補充捜査が必要となります”補充の医療捜査を行えば、警察用、傷害事件被害受傷治療期間、思いっきり短く虚偽記載診断書、主治医は説明が付きません、この警察、司法、主治医、国交省自賠事業、損保事業共謀犯罪、破綻するから、加害者は、警察用診断書を盾に取り、傷害事件加害責任はほぼ無い!と突っ張るだろうし」

加害者は警察官、刑事一課強行犯による、傷害事件捜査と全く違う詐欺捜査は

  • 2022/01/25 09:26

一昨年8月11日昼過ぎに起きた一方的追突傷害事件、加害者は現職の、北海道警察所属警察官です。

この、傷害事件加害者警察官は「自分はほぼ?傷害事件加害責任は無い、自賠責診断で”実際の怪我は、過去に負った怪我だ、重い怪我も無いし、後遺症も、主治医複数が、頚椎、視力激減等が有る”と診断しているが、自賠責診断で、この診断は虚偽、そんな症状等無い、と、医師法第17条違反診断を付けて、主治医が虚偽診断した、と断じても居るから

「この自賠責診断が、被害者と主治医複数が、一昨年8月11日昼過ぎに、加害者警察官が一方的追突傷害事件の受傷を、虚偽で重い怪我だと申告、診断した証拠だ!加害者こそ、冤罪被害者だ!」

こう言った主張を、民亊で被害者を訴えて、主張して居ます「幸いにも、この傷害事件、違法な事件で捜査を終えて送致、不起訴処理なので”違法な事件捜査、送致受け、不起訴処理”が証明されたし、実際に負った傷害に付いて、全ての医証を、追加証拠で捜査機関に提供する、事となって居ます、刑事一課強行犯の、傷害事件捜査と同様の捜査が、元々必須でしたから、ようやく正しい傷害事件の捜査から始まる実例が出来ています」

で「人身交通事故傷害事件の場合”怪我は軽微だと、偽造の警察用診断書が常時作成、発行と、闇で仕組まれて居る”この事実、証拠が有る上で”自賠責事業に対して、月々こっそりと、自賠責用診断書、レセプトが主治医によって作成されて居て、自賠責事業に流されて居ます”警察用偽造、虚偽記載診断書は、7日しか治療を要せず、虚偽記載ですが、この後もヵ月~年、自賠責事業用診断書、レセプトが作成、発行され続けている、傷害事件で負わされた怪我の治療を続けて居る、証拠医証なのです」

今までは、この記載犯罪、主治医ぐるみも含めて、複数の受傷治療期間証明医証が、主治医、自賠事業、損保事業で付けて出されて、主治医の医療行為、診断が、常に虚偽、違法、自賠責、損保犯罪診断が適法と、法の規定破壊で強制的に、判決等で決めて通されて居ます、が。

これからは「主治医の医療行為、診断と、自賠責事業、損保事業犯罪診断とが”刑事、民事訴訟法事件手続きで、どっちが合法か、真っ向対決して、合否が出されて行く訳です”」

医者と石屋も、双方診断を付けて、合法診断だ、主張すれば「石屋診断が、主治医の医療行為、診断が虚偽だ、と判決、決定が下る事もざら、これの実現もなされるでしょう?」

さて、現職道警所属警察官の、追突傷害事件加害者と、共栄顧問弁護士、札幌地裁、裁判官、自賠事業「刑事、民事訴訟法手続きで共に”自賠責診断が正しい、主治医の医療行為、診断は虚偽だ”賠償金欲しさに被害者と偽って居る事に、主治医も組して居るんだ”この、既に公に行って居る主張、合法な自賠責事業診断で有り、主治医らが虚偽診断を付けた悪人、摘発しろ!と、今後公式に訴えるから始めるでしょう、これをしなければ、自賠責事業ぐるみの犯罪行為者、と、事実通りに」

どちらが合法な医療行為、診断なのか

  • 2022/01/25 09:03

遂に公式実例として「人身交通事故傷害事件の医証、主治医による医療行為と、自賠責(交通事故労災は、労災事業も)診断、任意自動車保険診断のどっちが合法な医療、診断なのか”刑法第160条、医師法第17条違反行為責任が、刑事罰則適用事件で扱われる”この事実も組み合わされて、刑事訴訟法、民事訴訟法手続き共、公式に、法により、白黒を争い、どちらが合法医療、診断か、公式に、法律の合否共々、答えを出す状況に持ち込めました」

今後は「人身交通事故傷害事件、交通事故労災傷害事件、他労災傷害事件も”主治医による医療行為、診断”と、自賠責、労災、損保診断と、どっちが合法な医療行為、診断か”主治医作成、行政用診断書等、自賠等事業へ提供も含めて”と、自賠責、労災、損保診断共、警察、司法、行政各機関で、白黒が付けられて行きます」

自賠責、労災事業へ提供診断書、違法発行自由診療で診療報酬明細書も作成、発行に関しては「被害患者を通して、自賠責、労災事業へ渡させる、この手続きとしなければ、もう駄目ですよね”これ等の診断書、診療報酬明細書も”傷害事件で傷害被害を負わされた患者、被害者が、まだ治療を続けて居る、医証であるから、捜査機関に毎月、写しを渡し続けて、治療を中止したら、傷害事件受傷被害の部位と経過、治療全てに係る医証が揃い、正しく傷害事件を、刑事訴訟法手続きでも、罰条の軽重の適用も含め、決めて訴追等出来ます」

この、合法に近づけた、公務所に発行医証全てを、公式な傷害事件受傷被害立証医証として、刑事、民事訴訟法手続き証拠でも扱う、相当の合法化の実現実例が出来た事により「東京地裁書店でも犯罪、交通事故医療を巡る諸問題、損保担当者様の為に、医療調査・照会の留意点、犯罪の手口列記等マニュアル書籍の記載の手口犯罪が、恒常的に凶行されて通されて居る、国家権力犯罪」

人身交通事故傷害事件で、加害者の刑事、民亊責任違法手段で抹殺が目論見「自賠責、労災事業、損保事業が、犯罪を成功させて、合法対人賠償を踏み倒す事が実際は目的、の権力共謀犯罪の最大の武器、主治医に違法な診断を付けさせてある、自賠責、労災事業、損保ぐるみ犯罪診断をでっち上げて、主治医の医療行為、診断を、常に違法だと否定して勝たせて有る、刑事、民事訴訟法犯罪事実の合法、犯罪も、刑事、民事訴訟法手続きでも、次々法の破壊が勝つか、合法が通るか、答えが出だすでしょう」

犯罪で構成、人身交通事故事件刑事、民亊共、訴訟に乗せた実例

  • 2022/01/25 07:55

@一昨年8月11日昼過ぎ発生、道警所属警察官が、意識を飛ばして追突傷害事件”定番である、債務不存在確認訴訟提起”で、軽症で重い怪我偽装、根拠は自賠責診断、等で訴えて来た訴訟に、今までの立証事実、経緯を記載して、準備書面で出しました”加害警察官、共栄火災辯護士は、自賠責診断こそ正しいと、民亊、刑事共、公式主張で戦う訳です”なお、刑法第160条、医師法第17条違反適用”も出た事で?主治医は診断書作成から逃げ出す事態も生まれています

                                  令和3年1月25日

                          本件追突傷害事件被害者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504
※国交省、自賠資金も使用、第三機関?損保リサーチによる、自賠事業、料率算出機構、調査事務所、自賠窓口損保が、医師法、医療法、健康保険法違反の可否調査要求に、必ず調査回答させる事”これ等法令違反が正しく有れば、国が犯罪行為者”

斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村、前任上中調査官
TEL03-5253-8586,FAX03-5253-1638
金融庁保険局保険課、損保係池田課長、古村係長
FAX03-3506-6699 犯罪事業隠蔽、加入者も詐欺被害者
森田祐司会計検査院院長、健保詐欺は重罪、承知でこの詐欺に加担
TEL03-3581-3251,FAX03-3593-2530
損保ジャパン社長、上記法令違反、健保詐欺事実に回答を
FAX03-3349-1875
東京海上日動社長、同じく回答を求める、札幌支店経由
FAX011-271-7379 札幌永井啓太課長経由
後藤茂之厚生労働大臣、自賠事業、労災事業、損保事業は上記法令違反
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
道労働局長、各労基署長
FAX011-737-1211 中央労基経由、隠蔽も有り
石川禎久法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 違法診断で主治医の診断否定が常
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、交通部深野担当
FAX011-222-7357 医師法違反診断自体刑事事件
扇沢明宏道警本部長、交通課、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌市保健所所長、医療政策課上野他担当
TEL011-622-5162,FAX011-622-5168
秋元札幌市長、市議会へも、保険企画課松本係長他
TEL011-211-2341、FAX011-218-5182

1、別紙の通り、一昨年8月11日昼過ぎに起きた、道警所属警察官が、私の乗るトラック後部に追突傷害事件、加害者、損保、弁護士、裁判官の定番である、債務不存在確認訴訟提起で、私が虚偽の重い怪我でっち上げで、不当に対人賠償狙いに走った、自賠責診断が証拠、で訴えて来て居る民事事件にも、今までの証明事実も列記して、自賠責診断と、主治医の医療行為、診断どちらが合法か、この民事訴訟でも、加害者警察官、共栄火災提携弁護士と、裁判官に、法の枠外で証明、判決を出させる為、準備書面に記載し、提出しました、刑事、民亊共、この医師法違反等犯罪診断合否が、証拠医証違法と主治医作成共を証拠で争われ、答えが出ます。

2,なお「刑法第160条、医師法第17条違反共今後正しく適用が伝わり、主治医らから、公務所用診断書が出て来なくなって居ます”この法律が適用となる、公務所宛、虚偽記載医証作成、行使が常時、は摘発対象と正しくなった故でしょう”医療機関、損保顧問弁護士も、複数関わった事例が出ており、もう医療機関、損保顧問弁護士で、医師法違反共謀行為、医師と医療機関を罠に落とす訳にも行かなくなっても居ます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561106
ユニークアクセス:5726796
今日
ページビュー:1486
ユニークアクセス:1474
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed