エントリー

2022年01月27日の記事は以下のとおりです。

国の強制保険事業だぞ

  • 2022/01/27 16:22

@国土交通省、国の強制保険事業である、自賠責事業で取得、審査、診断等して居る筈の、被保険者の医証、国の責任で正しく取得、原本保管、国による謄本発行して居ません、よって”国の事業医証では使えません”刑事、民事訴訟法の証拠等使えません、国の事業で原本は何処?国の事業等本発行不可能が事実です、刑事課、傷害事件証拠医証、入手を諦めました

                                  令和4年1月28日

                     人身交通事故事件、重過失傷害事件被害者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村専門官他
TEL03-5253-8586,FAX03-5253-1638
後藤茂之厚生労働大臣
FAX03-3581-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
道労働局長、各労基署長、中央労基後藤副所長経由、隠蔽有り
FAX011-737-1211
石川禎久法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
TEL03-3580-4111、FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官 国の事業です、国発行等本以外証拠不可
FAX03-3264-5691
森田祐司会計検査院院長 自賠事業は強制保険、会計検査で手心は
TEL03-3581-3251,FAX03-3593-2530
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 国の事業でコピーを証拠使用、詐欺
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357
札幌市保健所所長、医療政策上野他
TEL011-622-5162,FAX011-622-5168
札幌市国保企画課松本係長他
TEL011-211-2341,FAX011-218-5182
扇沢明宏道警本部長、生活経済、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110
損保ジャパン本社社長
FAX03-3349-1875 国の事業で原本は?コピーが証拠は
東京海上日動社長、札幌支店、永井啓太課長経由
FAX011-271-7379 自賠医証コピーは不可、合法謄本を

1,国の強制保険事業、自賠責事業で「国交省は被保険者の自賠責用他、医証取得、原本国の責任で保管、謄本発行せず、国の賠償事業で審査、診断に使って居るのは、コピー、の紙切れ、国交省は、原本が何処に有るか知らない、当然、国として,原本から写しを取り、原本と相違無しとの証明も不可能、こんな紙切れ、国の強制保険事業診査、診断、刑事、民事訴訟法証拠で使用は不可能です、この事実を、一昨年8月11日、一方的追突傷害事件加害者が、言い掛かりで訴えている訴訟にも、別紙準備書面で出して、自賠責医証なるコピーの紙切れ、民亊、刑事共、証拠にならず、と出して有ります、当然の事です、国交省も認める事実で、国の事業なのに、原本保管せず、当然国は、謄本発行等証明出来ていません、唯の紙切れです」

2、当然ですが、この傷害事件の医証で証拠提出しますが「東京海上が送って来た、自賠用医証にも”国の強制保険事業発行、原本照合済み謄本、国交省認定等証明無し”只の紙切れで、刑事事件証拠医証にはなりません、こんな紙切れ、証拠採用したなら、証拠価値無しと異議が出されて終わりです」

3、昨年3月29日、刑事一課強行犯扱い傷害事件、主治医、貞仁会医師から”傷害事件受傷に関して、詳細な診断書が出る気配が無く”患者の自己申告療養期間?で、取りあえず送致するとの事、検事がどう扱うか?加害側から、傷害事実立証が無い、と異議が出るでしょうから、送致を見送るか、受けて地検が補充捜査か?既存の合法無し診断書で傷害事件扱い、崩壊ですね。

証拠に対する異議

  • 2022/01/27 11:05

札幌地方裁判所 令和3年(ワ)第2349号
債務不存在確認訴訟
原告 山本孝一
被告 山本弘明

                                  令和4年1月27日

〒060-0042 札幌市中央区大通西11丁目
札幌地方裁判所
民亊第5部4係 松林諒書記官 御中
TEL011-290-2368
FAX011-272-9277

                                  被告 
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            TEL011-784-4060
                            FAX011-784-5504

               被告準備書面 第五回

1、本訴訟に、原告から出されて居る、甲第2号証~甲第10号証までの証拠写しは、単なるコピーの紙切れで有り、自賠責事業に係る証拠と見做せず、証拠価値無し故却下せよ、と求める。

2,自賠責事業、国土交通省による、国の自賠責強制保険事業で取得医証は、国土交通省として、国土交通省の事業実施者責任を正しく負って居る事から証明出来て、これを踏まえた上で、自賠責保険適用被保険者主治医から合法に取得し、国の強制保険事業として、これら自賠責取得医証を、公文書として合法に、医師法、医療法、健康保険法も遵守した上で、公文書として原本を保管して、国土交通省責任で、関係機関、関係者の求めを受けて、謄本を正しく、原本と謄本に相違無し、と、国交省が公印を押印して証明して居なければ、自賠責事業で取得医証とはみなされないが、これ等公文書謄本との立証は、甲第2号証~甲第10号証には、一切存在しておらず、公文書謄本では無いので、証拠として認められない。

3、なお、国土交通省補償制度参事官室、西村主査は、この合法な公文書原本保管、謄本合法発行にあらず、との問いに対して「言う事はその通りですが、自賠責事業用で取得医証は、どの自賠責保険適用事件で、何処が原本を所持して居るか、コピーをどこが発行して居るかから、国土交通省は公式把握等出来ていません、この現実なので”一般に出回り、審査、民亊、刑事裁判等に使われて居る、自賠責用医証のコピーは、国の強制保険事業に係る、公文書医証謄本とは、確かに認められません、国交省は、国交省自賠責事業取得威容謄本とは、確かに認めていません、唯のコピー紙です”国交省の強制保険事業で取得、公文書医証の謄本では有りません」と認めている事実が有る、よってこれら甲号証は、証拠価値の無い代物、原告は国交省から、国交省取得自賠事業用医証の謄本、これを正しく証明した、国交省が謄本と証明医証謄本を取り、正しい証拠で提出せよ。

4、又、国土交通省補償制度参事官室、西村専門官は「これらの自賠責用医証、単なるコピー紙を使い、自賠責後遺症審査を民間が行い、診断等を下している事実も認めているし、自賠責用医証の取得、保管、写し発行が、国交省責任で行われてもおらず、公文書原本、謄本で扱われても居ない上に、医師法違反等診断なので、自賠法の遵守もなされて居ないのも事実、国交省が事業者責任で、合法にこれらを行わせて居ない故」とも認めている、つまり、国交省としてこれら医証、審査、診断、結果を合法とは証明出来ない、これらを認めている。

5,つまり「原告が主張する、訴訟原因追突傷害事件受傷は軽微、後遺症も蹴られた等が証拠、との主張からして、全く合法根拠も無い、言い掛かりと言う事である、当然だが、原告が起こした傷害事件、今後の補充捜査に証拠で出す、自賠責用を謳うが、国交省が合法と一切証明出来ない医証、審査、診断文書は、全てまがい物、医証として一切証拠価値は無い、と言う事である」

6,よって、医師法の正しい規定により、主治医らの治療証拠、診断等のみが、傷害事件を証明した医証である、医師法規定上当然であり、自賠責用なる、まがい物コピー紙、怪文書審査、診断記載書面には、一切証拠となる法的根拠無し、と言う事である。

7,昨年3月29日、重過失傷害事件に関して、補充事実証明で記載するが「札幌禎心会病院主治医”も”刑法第160条の正しい適用が、今後行われるとの、道警、札幌検察庁回答も出た事で、今までのような、医学根拠の無い、見込み、予想、いい加減な診断を、公務所宛診断書に記載出来なくなった事により、東署刑事一課担当刑事も、もう合法を守った診断書、発行が望めない、治療が終わるまで待つしか無いので、止むなく、被害者の自己申告、日常生活程度に復帰出来そうな機関?調書を添えて、先ず地検に送致して見て、検事の指示を待ちます」との事である。

8,恐らく検事は「傷害事件を正しく立証した医証が揃わない以上、加害者から”傷害の立証がなされて居ない”と反論されるのは見えており”合法な治療終わりの証明を揃えて送致、出なければ、不起訴しか無い故”と求める、と思って居る」

海底ケーブル

  • 2022/01/27 08:51

トンガの火山噴火による、世界的な大災害の中に、海底ケーブル破損?も有りますが、多くの人、海底ケーブルが世界各国を繋いで居る事も知らないのだとか?年代に拠るんでしょうけれどね。

なお「初めて知りましたが”一旦衛星を中継になって居た、通信も、現在は光ケーブルが生まれた事で、ほぼ海底ケーブル通信に、再度置き換わったのだとか”これは知りませんでした、テーマが出る都度、調べると様々な知識が加えられますね」

でも、海底ケーブル破損に関連した記事のコメント欄にも書かれて居るけれど「これだけ情報網が発達して、必要な情報を、様々検索して、情報入手出来る時代になっても”自分で疑義を調べて、出来るだけ疑念を晴らす事すら、しようともしない人間”本当に多いんですね」

物事、不整合が見出されれば、そこに偽り、不正等が有ります、その先に付いて、疑義に付いて調べ続けて、不正、虚偽を持った悪事、特に国家権力等権力犯罪に付いて、疑義が生じて居る理由を洗い出して、悪を表に正しく証拠共々出して、糾弾して、正しい方向に戻させる、こう言った、公共の利益の為の行動も、不正義権力が多数を占めており、悪と捻じ曲げられて、叩き潰しに走られる日本ですけれどね。

アンと言う名の少女でも描かれて居る「特に下僕と蔑む相手に対して、不都合な周りと強制隔絶させて、暴力も用いて、疑念を一切持たさないように恐怖洗脳を施し、隷属させる、権力テロの手口は、この時代も基本変わらないのです、国家権力構成員も、低俗な我欲のみの、が体制なのだから、国民が多くこうなったのだから、当たり前ですけれど」

我欲を満たす事がほぼ、但し、自分より上の権力には、疑義等持たず無条件で隷属、国民の多くを、こう言う思考、行為者に仕立て上げて来た、狂育が大きく功を奏して、それの成果で「子供でも分かる不整合、疑義すら、見事なまで調べる事もせず、隷属のみの国民ばかり、となった日本です」

自賠責、労災、損保犯罪診断が絶対、主治医の合法医療行為、診断を、この犯罪診断で虚偽と叩き潰せて居る、合法根拠等微塵も有りませんが「医師法違反でこの犯罪を考えれば、子供でも根本から虚偽、でっち上げ、犯罪と理解する事ですけれどね”犯罪診断、行為責任者不明、合法と言う根拠無し、なのだから先ず”」

NHK日曜夜の放映、アンと言う名の少女

  • 2022/01/27 08:24

地上波のNHK夜9時~でしたか、アンと言う名の少女と言う、連続ドラマが放映されて居ます、アメリカが舞台、開拓時代の後、が舞台のようです。

このドラマで「先住民の子供達を、寄宿舎に纏めて入れて、外部、肉親、道民族の外部者との接触を、強制的に断たせて”キリスト教徒に強制改宗させる、疑念を持つ、民族の誇りを守る、先住民族の子供には、体罰を加えて、恐怖で自己を失わせて、キリスト教に強制帰依させる”愚かな先住民を、白人に近づける善行だとして”これも現在進行形で、行われて居るドラマです」

まるで「x族は現人神、次以降は”多民族の血が色濃いわ、正当な血統か?神道等微塵も信仰せず、キリスト教に帰依”の現実の一家と言う現実に、強権を行使して疑義を挟まさせず、現人神の一家である、次の次は、レオナルドダビンチを超える天才なのだ”等、常軌を逸した洗脳に走り捲り、異、疑義を”何処にも正しい事実証明無し”故唱える輩を、言論封殺等で弾圧も」

先日までは「色狂いが、ひもに狂って”ひもは天才的頭の持ち主、素晴らしい人間性も持ち合わせた人間”だの、法螺を喧伝し捲り、外国も巻き込んだこの法螺だったが、無い頭、能力は発揮される筈も無く、ほぼ受かるニューヨーク州弁護士試験も、落ちたのか、元々受験資格自体無かった故、合格も有り得なかったのか」

国際的にも「x族なる連中と、取り巻き国家権力、報道カルト等、オカルト集団でしか無い事等を、正しく晒し捲って居る訳で、黒い莫大な資金を闇の中で、も重ね放題で」

アンと言う名の少女で描かれて居る、先住民族を、愚かな原住民と蔑み、身柄を騙して拘束して、暴力、恐怖で支配して、キリスト教に無条件で帰依、隷属させるべく、このドラマに描かれて居る行為と、x族と取り巻き国家権力による「独裁国家権力発動、疑義を正しく唱えると、弾圧も次々、言論弾圧は序章が、見事にシンクロして居ると、アンと言う名の少女のドラマの推移と合わせて、見ています」

人間一人一人が、自分が憲法、法律では認められて居る個人の権利、自主性、自身の誇りにより、自己の権利、誇りを守る為、不当にこれらを奪おうとする、独裁テロ権力と対決しなければ、何時の時代でも、奴隷化されるだけなのです。

権力を手に出来れば、憲法、法律蹂躙もし放題、x族も含めて

  • 2022/01/27 07:55

この国の国家権力も、他国と変わらず、国家権力を手に出来れば、私利私欲を満たす事に狂奔、人間の資質等、殆どの人間は、この程度なのです。

色々洗脳されて来ただけ、x族なる一族の現実も、我欲を満たす事のみに狂奔が現実、インターネットが、皇族の実際もこうだと、民族の象徴として、神の依り代の血統一族として、大和の国と民族の安寧を願い、祖伸に祈りを捧げる、崇高な一族だのと言う、現実と全く異なる洗脳も、インターネットが虚構と暴いて居る訳です。

たかが人間如きを「何の世間知にも触れず、独裁王族として、古代、中世の支配者集団と同様に、他の国家権力が手を貸して、好き勝手に独裁権力を発揮出来て通せて居る生活をさせて、まともな人間が出来上がる訳が無いんです」

挙句が「純粋な大和民族の血統、この法螺ももう、虚偽そのものと公にされて居るし、神道の惣領ゆえの、独裁国家支配権力に君臨、の筈が”キリスト教徒や、カルト教団に属した”連中に置き換わり続けている、どうにもこうにももう、単なる我欲に囚われた独裁支配者集団と、黒い思惑により、こんな輩を、本心では馬鹿に仕切りながら、神の一族と持ち上げ、担いでいる国家権力集団、東京オリンピック開会式でも、この事もはっきりさせた総理、都知事、バッハ、971庁、報道カルト、の通りです」

現行一家にしても「大差は実際、有るとも思えません、現在の、次男一家と先代夫婦の憲法、法律蹂躙し放題、血税の私物化、散財し放題、不都合な言論強制弾圧に付いて”見て見ぬ振りなのか、同調してと言う姿勢か”全く総帥等でも無い現実ですから、傀儡、操り人形と揶揄されても居る、当たり前でしょうね」

この先もう、神道の頭、祖伸の依り代、神に日々、国家と民族の安寧を願い、祭祀を行う等、表向きも出来なくなります、下手すりゃ”キリスト教のxxとか、カルト教団に変わる?”等も、無いとは言えない、次以降がこれなのだから。

この国の国家権力、平民も、憲法、法律の正しい遵守の意味から「人間のまともさ喪失、必要な資質欠落、公徳心意味すら分からない、我欲を満たす事のみの生き方がほぼ、となり果て切り、理解も不可能の現実に凋落してしまって居ます」

国を破滅させる最も良い方法は「民族の団結の徹底破壊、公徳心を奪い去る、私利私欲が全ての、国際的に軽蔑される民族性とさせる、内部で足を引っ張りあい、自壊させられるから、英雄行為者を、言い掛かりで徹底して地の底に落とし捲る、こう言った手が最良です」

ウクライナ情勢で、核兵器所持が決め手だったと

  • 2022/01/27 07:32

ソビエト連邦自壊により、ようやく手に入れられた自主独立国家を、西側諸国に騙された結果、再度ロシアに全土を強制支配される危機に瀕して居る、ウクライナ情勢の今です。

ユーロ圏に加盟したくて、加盟条件を打診?した所「核兵器所持を止める事が、ユーロ圏加盟の条件だと言われて、恐らく、核兵器を全廃しても、欧米各国で国を守るから、とか、口先だけで騙されたんでしょうけれど、言われるがまま、核兵器全てを手放した訳です。

その結果が「先ず、クリミア半島を、ロシアに武力で奪われる結果を生み出しました、核が無いウクライナでは、ロシアへの核攻撃が無いから、通常兵器での戦争で有れば、ウクライナがロシアに勝てる訳が無い、当然です」

で、今の情勢が「欧米各国が、ウクライナに居る自国民を避難させる、ロシアガウルら否全土を、武力で制圧に動く恐れが極めて強いからと、核兵器全廃すれば、ユーロ圏に加盟出来ますよ、と言われて、言うがまま、圧倒的な武力差を埋められる、核兵器を手放した結果が、独立国破滅の危機を招いた訳です、恐らくもう、ウクライナはロシアに武力で制圧、支配されるんでしょうね、通常兵器での戦闘だから、武力差は圧倒的だから」

北朝鮮が、次々大陸間弾道ミサイル開発を重ねて居るのも「北朝鮮に攻撃を仕掛ければ、核を撃ち込むぞ、と出来るからですし、どんな理不尽な要求でも、核攻撃されたいか、と脅せば、言いなりにさせられるからです」

ウクライナで起きて居る現実で「自国を守るには、敵国に核を撃ち込める攻撃力が、最も良い防御態勢だ、これが現実として、分かる訳です」

日本国を支配する為、攻撃を受ければ、全国に造って有る、原発の冷却を出来なくすれば、自国から先ず、破滅はさせられて、侵略は防げますけれど、自国は破滅です。

どうやって自国と国民を、侵略国から護れば良いのか、この辺り前からして、憲法第9条が有るから武力は不要だ、恒久平和が日本だけ護られるだの、カルト集団と、で固まったままですが、皇族からして、憲法等守れる頭も、人間性も何も持って居ないから、憲法破り、我欲を満たす為の憲法、法律破りし捲りで、不都合な言論弾圧もまっしぐら国家です、まして他国にすれば、皇族も守れもしない日本国憲法等、何の意味も効力も無いから。

そして「この国の法曹資格者、司法権力、法務省他行政機関、報道カルト、売国教育機関と構成員、日本国憲法、関係法律等、守る気も無いと公言、実行に走り捲りです、この現実が有る訳で、日本国の国家権力もこんな憲法破壊、テロに邁進なのに、敵国に、日本国憲法等何の意味も無いです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561105
ユニークアクセス:5726795
今日
ページビュー:1485
ユニークアクセス:1473
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed