エントリー

2022年01月28日の記事は以下のとおりです。

自賠で違法取得、扱いして居る、自賠用診断書、診療報酬明細書の写しを刑事捜査証拠に全部出す事です

  • 2022/01/28 17:27

自賠責事業が取得、実際には、民間事業の損保が、法を幾つも蹂躙して、医証捏造、違法な診断内容で、診断書作成、公務所宛発行させて居ます。

自賠責事業は「公務所が事業母体で有り、自賠責用医証は、国土交通省が、国として正しく取得、原本保管、謄本発行しなければならないのですが、実際には”民間事業者の損保、共済、提携弁護士に、国の強制賠償保険事業を、法に違反し放題も認めて、行わせて有るのが真実です”」

合法な対人賠償を、医証偽造の手で潰し捲れて居る、これで国の強制保険事業と言うのだから、司法、警察ぐるみの犯罪と言う現実で。

この、犯罪自賠責用診断書、診療報酬明細書は「国交省は合法な国の事業実施、をとっくに止めていて、民間事業の損保、共済、提携弁護士に”合法に対人賠償支払いせず、逃げられるように、主治医に怪我は軽い、ほぼ治療は必要無い”と、捏造を記載させて発行させるよう、国の行政機関なのに、行わせて居ます、司法、警察も共謀犯です」

この、犯罪で作成、公務所に発行診断書「謄本等作って発行出来ない、民間損保が、法を犯して主治医に命じて、違法作成させて、送らせて、後はコピーの紙切れを、国の強制保険事業の審査に使うわ、コピーの紙切れでです」

この現実な訳です「人身交通事故傷害事件の捜査担当警察署、検察庁交通部担当検事に、違法な作成、発行、自賠責用診断書、診療報酬明細書の謄本?出た事の無い謄本”を、被害者に毎月出させて、捜査機関に次々送るべきです”」

あんなコピーの紙切れ「刑事訴訟法手続きでも”正しい証拠で使える訳が有りません”正しい医証だ、と、裁判官が弁護士の下僕、傀儡と言う現実ですが、刑事事件証拠で出されたら、さてどう言い逃れに走るか、どんどん、毎月警察、検察庁交通部に、この違法な自賠用医証謄本?証拠ですから、治療を中止まで、せっせと”自賠では無く、任意損保特権の損保から被害者に送らせて、札幌方面白石警察署、札幌地検交通部に送りましょう、破滅まっしぐら、を加速させるべきでしょう?」

報告事項幾つか

  • 2022/01/28 17:09

;札幌禎心会病院は”主治医に警察用診断書”の作成をさせる事を止めて、医師を派遣して居る医局、禎心会病院上層部が、警察用診断書の作成に付いて、未だ協議中との事”お金は払ったのに、警察用診断書、出来上がる目途も全く立って居ません”刑法第160条の適用を、今後正しく行うとの、道警、中央署、札幌検察庁の答えが、物凄く拙いんでしょうね。

;困り果てている、札幌東警察署刑事一課は”取り敢えず、警察用診断書が出る時期等全く不明”により、被害者の私の、自己診断?記載調書で送検します、との事なので”xxさん、でもね、検事、それで送致を受けますか?追加捜査する事、と、送致を受けない可能性が大きいんでは?今の状況では、事件を纏められないから、と思うんですけれど、と伝えました。

;札幌医大付属、村上医師が、交通事故加害者が加入して居る、三井住友の指示を受けて、患者に無断で、診察もせず、後遺症診断書捏造発行、国交省自賠責事業で、違法な後遺症審査を行った事件、加害者名で三井住友が、債務不存在確認訴訟を起こしている事件”司法犯罪ですし、今日二回目の口頭弁論が有ったそうですが、理由は一切答えず、被告の証拠却下、次回判決”と、札幌地裁、裁判官が、強制的に決めたとの事、司法犯罪が暴かれて、逆上に走り、の、定番裁判官、司法テロです、司法犯罪を、詳細に表で証明されると、何時もこれに走る、裁判官なるテロ独裁権力の定番行為です。

;昨年12月、商業施設の駐車場で、車に轢かれた須川さん、骨にヒビが入って居たとの事で、先ずは警察用診断書、3週間の治療と書かれて居たとか、ですが”交通事故扱い白石警察署、この警察用診断書、受理を止めているとの事”理由は?

;須川氏には”警察用診断書は、札幌検察庁、警察の指示が有る通り、警察用診断書の治療期間を超えて、治療継続なら、次々警察用診断書を書いて貰い、警察に追加で証拠提出しましょうね”と伝えて有ります。

;又”この人身交通事故事件、加害者加入任意損保は、東京海上日動との事なので”東海自賠部署にはまず、電話で伝えましたけれど”自賠責事業で取得、自賠用診断書、診療報酬明細書は、毎月被害者に、写し、謄本を提出の事”刑事事件捜査医証で、捜査機関に次々渡すから、コピーの紙切れが、刑事事件の証拠医証で通るか否か、この事件でも答えが出るから。

 

人身交通事故j兼、警察用診断書短く捏造発行、不起訴常時の理由

  • 2022/01/28 08:01

人身交通事故事件、傷害事件被害者の警察用診断書「刑法第160条を、故意に強制不適用を闇で仕組み、司法、警察ぐるみでこう仕組んで有り、常時実際に負わされた怪我を飛ばして”7日~10日の加療を要する”と、捏造虚偽診断記載の、警察用、公務所宛発行診断書で統一して有る」

この極悪犯罪、自賠責事業と言う、国の強制保険事業と、民間損保、警察、司法、厚労省、法務省が共謀で仕組んだ犯罪、理由の根本は「合法に、交通事故対人賠償せず、おおっぴらに主治医の治療、診断は虚偽と否定して、賠償を踏み倒せる為の犯罪」

と言う事です「常時怪我は軽微だと、主治医に警察用診断書の偽造、行使だけさせて有り”常時不起訴で処理して、加害者は実質、傷害罪責任は無い”と、警察、検事、裁判官、弁護士共謀刑事訴訟法詐欺手続きを通させても有る訳で」

これ等犯罪診断、犯罪による、傷害事件加害者責任実質無し、刑事訴訟法手続き証拠が作られて居る訳だから「重い傷害事件被害と、実際の治療、診断が幾ら出ようとも”別の怪我だろう?人身交通事故傷害事件では、ほぼ怪我等負って居ないと、主治医発行警察用診断書と、刑事事件捜査記録、不起訴処理で決まって居るんだ”」

これで常時、勝てて来て居る訳です、この犯罪が前提で仕組まれて居るので「自賠責事業、任意自動車保険事業、合法な対人賠償常時踏み倒しのみ、債務不存在確認訴訟全てで”医証偽造、医証原本出鱈目取得、民間損保で所持、コピー発行、国の強制賠償保険事業の謄本だと、嘘で塗り固めて、刑事、民亊共通せて来た”」

ここまでの権力ぐるみ犯罪により「絶対に、実は重い怪我を負わせた傷害事件だ、この事実証拠を採用して、不起訴事件だから、追加医証と、加害者は何も反省せず、加害者責任は無いと主張で、合法賠償拒否、被害者と主治医を追い込み捲り、治療も潰そうと凶行三昧事実が出されても、絶対に刑事一課強行犯の、傷害事件捜査と違い、軽い怪我だと虚偽事件纏め、不起訴処理を変えない、これ以外する訳に行かないまで」

犯罪で構成されてしまって居る訳です「実は重い怪我を負わせて居た、加害者に反省無く、合法な対人賠償、合法治療継続共、する気無し、これ等事実、証拠を出されても、補充捜査となれば”自賠責事業で偽造記載等させ、取得した医証、原本は恐らく民間損保が持って居て、国が謄本発行不可能だから、民間損保がコピーして配布、この国の強制保険事業事実も、主治医の出す医証と対抗する医証で使われるから、非常に拙い事態が生まれる訳です」

この、自賠責事業、民間損保自動車保険事業の犯罪実態が暴かれた今「この犯罪医証”先ず、国交省責任で、原本から謄本を作成、原本に相違無しの謄本証明から、出来ない訳だから”又、主治医は、警察用診断書、虚偽で短い治療期間と診断書に記載、警察に発行、でも、実際の怪我に応じて、長期治療実施、打ち切りも、損保指示で偽造打ち切り、主治医はこの事実を、医師の国家資格者責任で、刑事訴訟法手続きでも、合法証明も必要となる訳です」

刑法第160条が、主治医に適用される、虚偽記載公務所宛発行診断書です、合法証明、主治医は出来ないから、刑事事件の証拠で、自賠用医証も使われると、主事だけで無く、国交省、損保、共済、金融庁、法務省、厚労省、労災事業、警察、司法揃って爆死です。

追突傷害事件、加害者は警察官、自賠用コピー医証、証拠になるか?

  • 2022/01/28 07:35

昨日、定番の司法ぐるみ犯罪、債務不存在確認訴訟、加害者である警察官が「自賠責事業犯罪診断等を証拠とさせて、傷害事件が重いと言う、被害者の治療等事実は虚偽だ、実は軽微な怪我か、過去に負って居る怪我の治療が事実だ、加害者の自分は、対人賠償詐欺の被害者だ、自賠用医証と、自賠責診断が証拠だ」

こう言う、定番の内容で、傷害事件被害者の私を、札幌地裁に訴えている民事裁判に「自賠責取得医証”と証拠で出して主張するが、民間損保が出した、コピーの紙切れ”で、国の強制保険事業、自賠責事業で取得した、自賠責用診断書、診療報酬明細書の謄本では無いから、証拠価値は無いから、このコピー紙、証拠として認めなから、却下せよ、と、準備書面に書いて出した訳です」

この訴訟詐欺、加害者側から「単なるコピーの紙切れが”自賠責事業取得の、自賠用診断書、診療報酬明細書の謄本?と言う設定で出されて居るけれど”この紙切れ、民間損保がコピー紙を発行しただけ、の代物で有り、国の強制保険事業で取得した、公文書医証の謄本では全く有りません、紛い物証拠です」

良くもまあ今まで、こんな民間損保が発行しただけの、コピー紙きれを「国の強制保険事業、自賠責事業が取得した医証の謄本、公式証拠だと、偽りのみ、司法も何処も共謀して、通して来た物だ」

この犯罪「傷害事件刑事訴訟法手続きにも”主治医の医療行為、診断を否定もして居る、国の強制保険事業取得、謄本発行医証で有り、加害者の傷害事件加害責任は、主治医の医療行為、診断と、自賠責事業取得医証、診断と、どっちが合法な医証、診断か”これを公式に問わない、闇の権力談合で、常時成功させて来ただけです」

民事の賠償は、刑事と違い、国の強制保険事業で、医証偽造、怪我が軽微と捏造からしていても、違法としないんだ、裁判官権限だ、医師による合法な医療行為、診断は、医師法第17条違反、犯罪診断で虚偽と否定判決を下して、正しい診断は違法診断だ、と確定させられるんだ『但し”この自賠用医証、警察、国交省自賠事業等、公務所宛に発行は、刑法第160条から、主治医に科せられるんで、この刑法と、医師法第17条違反の適用を、故意に除外で常時通して有る”司法、警察共謀犯罪でだ」

と、ここまでの国家権力テロ、犯罪が仕組まれて有ると、この国家権力ぐるみ犯罪「警察官が追突傷害事件加害者の事件で、自賠責犯罪医証、コピー紙で謄本では無い紙切れが、刑事、民事訴訟法手続きの証拠で正しく使い、通るか?も、実際問うてあります」

コピー紙の医証で、偽造記載がされて居て、違法取得と来ている、こんな紙切れ、どの法律で、合法な国の強制保険事業で取得、合法な原本総統の謄本で、記載内容等全て合法だ、と出来るんでしょうか?見ものですよね、司法なる独裁権力の扱い等。

債務不存在確認訴訟、証拠提出、自賠責医証はコピーで証拠価値無し

  • 2022/01/28 07:11

自賠責事業は、国の強制保険事業で有り、国交省が法を全て護り、法による事業運営責任を負って居ます「どんな犯罪を、この事業に組み込もうとも”法令違反、刑事罰適用行為を組み込もうとも、合法な法令違反、合法な犯罪には、出来る訳が有りません”」

@人身交通事故受傷被害者の場合、主治医は常に”7日~10日の加療を要する”と、実際に負った怪我は無視で”加害者保護目的で、警察用診断書を偽造発行する”実際の治療は、もっと長く行うが、警察も、警察用診断書は信用して居ない~~交通事故医療を巡る諸問題記載犯罪、常時これが行われて居る、事実証拠の通り。

;この医証捏造、公務所に発行常時は”刑法第160条が適用される、医師の犯罪ですが、この司法、警察ぐるみ犯罪を、常に成功させる目論見により”この刑法規定、適用除外させて有ります、警察、司法が共謀の犯罪だからです。

@損保が五月蠅いから、交通事故受傷とした治療を止める気にさせましょう、後の治療は、自己負担と健康保険使用で、ずっと交通事故受傷の治療を続ければ良い事です~~損保担当者様の為に、医療調査・照会の留意点、犯罪マニュアル記載、実際に行われて居る、診療録から偽造、行使犯罪。

;札医大付属、北新病院実例、証言でも”損保が人身交通事故医療を支配、診断、治療の可否決定権を行使出来て居る”これも証明されて居ます、主治医、主治医に医療行為指示損保、共に医師法第17条違反、共犯者です。

@損保が主治医、患者を指揮、命令して”交通事故が原因で負った怪我の治療を、症状固定だのと言う、医学に無いでっち上げ診断を付けさせて、止めた事と偽らせ”一般傷病の治療ですと、診療録から捏造させて、自己負担と健康保険で、詐欺治療継続させて居ます、医師法第17条違反、健康保険医療費詐欺ですし”この犯罪診断記載医証を、自賠責事業と言う、公務所事業に発行させて居る訳で、主治医は刑法第160条が適用となります”

自賠責事業を、国の強制保険事業なのに、法を犯し捲って実務運営損保、提携弁護士、裁判官、裁判所等は”自賠責事業用医証の原本国による管理せず、原本から謄本作成、発行せず”民間損保が、コピーを取り捲って配り”原本総統国の強制保険事業医証だと、詐欺犯罪も、常時成功させて有ると言う現実です。

何処の近代法治国家が「民間の損保発行のコピーが、国の強制保険事業取得、公文書謄本だと出来て通して居るんだ、腐敗の度がもう、常軌を逸し過ぎています」

こんな犯罪国の強制保険事業の現実が有り、民間損保が、国の事業用医証、偽造も有る医証を取得して、コピーして配り、原本総統で実際通って居るけれど「傷害事件を証明する、国発行公文書医証謄本だとして、刑事事件証拠で使って通りますか?違法事業運営で有り、民間がコピーを発行しただけの紙切れです」

何処が司法だ、コピーも公式証拠で通って居るレベルで

  • 2022/01/28 06:45

国土交通省が所管、自賠責保険、国の強制賠償保険事業は「実態として”国交省はほぼ何もせず、民間の損保、共済、提携弁護士に、国の業務を丸投げして、法令遵守も除外特権まで与えています”」この特権は。

国の強制保険事業の実務を担う民間事業者、イコール、法令遵守等不要特権を、損保、共済、提携弁護士は、得られたと言う事、こう言う発想と現実を生み出して居るのです。

結果「自賠責事業、国の強制賠償保険事業は”犯罪で構成されており、法の蹂躙特権を使い放題出来て居るから”自賠用の医証?は、損保が指揮して、軽微な怪我だと、実際に負って居る怪我の事実等無視で、常に主治医は、捏造医証作成、発行に走るばかり、医師法違反、刑法第160条適用の、犯罪が状態化されて居ます」

ですが「国の強制賠償保険事業だから?医証を、合法な対人賠償潰し目的で、軽微な怪我だと常に主治医に捏造させて有る、この根本犯罪により、常に合法な対人賠償潰しに成功して居るし」

傷害事件加害者も「刑事、民事責任を、ほぼ逃れられて居る、傷害事件被害者は、重い怪我だと、主治医と共謀して、いや”主治医も騙されて”対人賠償金詐欺を働いて居る、被害者を名乗る犯罪者だ、こう、責任転嫁まで常時成功させて有る訳です」

それはそうですよね「合法な対人賠償を、常時逃れる目論見で、自賠責事業、国の強制賠償保険事業が、傷害事件被害患者の主治医に命じて”常時虚偽でも、軽微な怪我しか負って居ない”と、捏造、でっち上げ、事実に拠らない診断のみ付けた、公務所用診断書発行だけして居るのだから」

この犯罪は「東京地裁地下書店でも販売”交通事故医療を巡る諸問題””損保担当者様の為に、医療調査・照会の留意点”犯罪の手口記載マニュアルに、詳しく犯行手口が記載されて居ます」

この犯罪マニュアルには「交通事故による受傷は、加害者保護の為、常時7日~10日の加療を要する、と、事実に拠らず、警察用診断書に記載、発行して居る、実際の交通事故受傷の治療は、もっと長く行うけれど、この警察用診断書は、行政用の書類なので、加害者は表で使わないように、加入者教育が必要(主治医が刑法第160条適用となる訳で)とも記載されて居ます」

それだけでは無くて「そもそも、犯罪で構成して有る自賠責事業、任意自動車保険事業なので”自賠用の医証、国交省は原本保管せず、謄本発行せず、民間損保らに自賠用医証を、好き放題取得させて居て、コピーを公式証拠医証だ、と、でっち上げで勝手に決めて、コピーを配り捲らせて居て”公文書謄本、公式証拠と、法を犯して使わせて、警察、司法も共謀して、通しており、損保らが、主治医の医療行為、診断潰しさせ捲る為の犯罪診断が常時正しい判決、決定だけ下し捲って居ます」

この犯罪診断適法も「コピーの自賠用医証、捏造記載医証が証拠です、腐敗し切った国の強制賠償保険事業、司法、警察、行政なのです」

ここまでの犯罪が仕組まれて居る訳で「裁判で合法が通る、訳が無いんです、犯罪診断が正しいと、常時でっち上げた判決、決定を下す、法の破壊国家権力なのだから、合法根拠は一切無しで、犯罪診断が合法、主治医の医療行為、診断が犯罪だ、判決のみ常時下して居るんだから、合憲、合法破壊恒常実行、勝てる訳が無いでしょう」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年01月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561208
ユニークアクセス:5726898
今日
ページビュー:7
ユニークアクセス:7
昨日
ページビュー:1581
ユニークアクセス:1569

Feed