エントリー

2022年04月の記事は以下のとおりです。

医証偽造が常、じゃあ何が根拠なのか

  • 2022/04/30 18:47

傷害致死傷事件、被害者の主治医は、司法、損保、国交省自賠事業、労災事業からの命令、犯罪指示を受けて、医証偽造を日常の犯罪、として有ります、傷害致死傷罪犯罪を、思いっきり軽かったと捏造する目論見でです。

この医証の偽造犯罪制度で、日常的に傷害致死傷罪犯罪軽減、抹殺、偽造医証証拠で「傷害致死傷罪に関わる、刑事、民事訴訟法手続き、名目の司法詐欺公務も行われて居ます、医証は常に偽造させられた代物、であるから当然、訴訟詐欺ですよ、詐欺訴訟を日常行為とさせて有る、法曹資格者、司法なる機関の実態です」

強制偽造させて、偽造させた事を問わない司法犯罪証拠で「加害者の刑事、民事責任思いっきり軽減、抹殺、こんな詐欺訴訟に、正しい訴訟の根拠等、微塵も存在しません、犯罪ですから当然です」

司法犯罪国家権力は、犯罪を制度とでっち上げて、犯罪を重ねて、司法でっち上げの、犯罪の制度化実現、として有るが「犯罪で合法を潰して、犯罪こそ適法だ、と強制でっち上げ判決、決定を下す事を常とさせて有る、テロ国家権力なのです」

x族なる、時代錯誤の極みの、独裁王侯貴族気取りで、血税浪費し捲り、憲法、法律蹂躙を重ね放題の、カルト集団としかの、あの”血統も繋がって居るのか?”の連中の言動、憲法、法律蹂躙を常態化集団と同様です。

何が正しく立証されているか、これにより、正しい答えを導き出す、当然の事ですが、上記カルト国家独裁権力構成員には、全く出来もして居ません、外道、餓鬼と言うべき、我欲の権化集団が真実で、合憲、合法を正しく理解する事から、全く出来ない輩、無能無知な外道テロ権力と。

傷害致死傷罪適用の犯罪行為責任、刑事、民事責任を、被害者の医証を事実無視で、思い切り軽い怪我だ、と、常時強制偽造させて有る、司法極悪犯罪集団が指揮して、損保共々、x族なる、神の係累だ等、冗談で無いから恐ろしい連中共々、社会を狂った方向に誘導しているテロ国家権力でしょうね。

あの公務所宛医証、原本は何処に有るのか?

  • 2022/04/30 07:35

自賠責事業用の医証、実際には「事業を所管する、国土交通省は、全く関与せず、民業損保、共済に、好き勝手に”国土交通省として、公務で自賠責事業を行って居る、と、嘘の設定で”公務所宛発行、公文書偽造医証を取得、悪用し捲って居ます」

当然ですが「この公務所宛医証”違法な医証だから、証拠価値自体存在しませんしね”つまり、債務不存在確認なる訴訟、訴訟詐欺と言う事ですよ、こんな犯罪医証、そもそも裁判所に出せる訳が有りませんし、偽造、違法だから」

この意味では、須川氏を訴えた訴訟に、加害側は「この公務所宛、偽造医証の更にコピー、一枚も出して居ない訳です、まだ良かった、か?ですが”この事実通り、詐欺賠償潰し訴訟、訴訟詐欺が正解です”証拠を揃えられもせず、訴訟詐欺を起こせば、犯罪裁判官が、正しい証拠の医証だ、と、法を犯して認めるからくりと言う」

そもそもですが「何処に”この訴訟詐欺、正しい訴訟提起、提起根拠が有るのだ?どれもこれも、犯罪で構成して有るだけだろう”」

犯罪を軸とさせて有るから、次々犯罪を重ねるばかりと言う、狂い切った現実ですよね、正気の欠片も見出せないです。

この一連の、損保の下僕司法他犯罪集団の犯罪シリーズ、大元が犯罪だと、司法犯罪マニュアルも証拠で揃えて出されて、立証された以上、全部犯罪だから、合憲、合法も何も無い訳だ。

そもそも論で「何処に判決を正しく下せる根拠が有るんだ?全部犯罪だと暴かれただろう、合憲、合法は何も存在せず、これが真実で、正しく立証された事ですから」

司法カルトの実際は、このレベルと言う事なのですよ、加害者は警察官、犯罪の質が悪過ぎます。

司法犯罪マニュアル迄でっち上げて有り、関係する所を、犯罪マニュアルが正しくなるようにと、犯罪を強要

  • 2022/04/30 06:59

考えるに「今まで実態として、司法犯罪マニュアルが唯一正しい事で”刑事、民事訴訟法手続きまでが、司法、警察、厚生労働省、国土交通省等の手で仕組まれて来て居る”狂った現実が、現実に通せるだけ出来た訳ですよね」

阿吽の呼吸と言うあれです、表立って「傷害致死傷事件加害者が負った、傷害致死傷犯罪加害者責任を、この司法極悪犯罪マニュアルにでっち上げ記載しただけ!の手を、関係者に犯罪を強要する事で、傷害致死傷罪をほぼ抹殺させられるから、加害者責任ほぼ抹殺、これを常時成功させて来れた、堅気のする事では全く有りません」

傷害致死傷罪適用犯罪行為者は「実はほぼ無罪である、被害患者の怪我は、ほぼ虚偽と言うべき軽い怪我である!この司法でっち上げ診断が、根本の司法テロの武器とされて居ます、どんなに重い怪我であろうとも”主治医に軽微な怪我だ!”と、捜査機関用診断書から、虚偽で診断を付けさせる以外認めない、が常に成功させて有る、結果」

傷害致死傷罪適用刑事訴訟法手続きから「詐欺で成立させて有る、と言う事です”一昨年8月11日に起こされた、一方的追突傷害事件”は、加害者が現職の道警所属警察官です、こいつが加入している、任意損保共栄火災も共謀犯で、怪我の治療は7日で終わる、この司法犯罪診断規定通りの、捜査機関用偽造診断書、作って発行したのでは?」

当然ですが「加害者である警察官”も”裁判所に、コピーの自賠責用医証?を、証拠として出して居るから、元が自賠責事業用、公務所宛医証なのに、実際は民間の損保に発行です、偽造した、公文書と偽った医証の、更に公文書医証謄本捏造犯罪と言う”」

根本が「偽造した、公務所宛発行医証ですから、更にこれをコピーして、公文書医証謄本ですよ、って訴訟に出して居るから、この警察官も、間違いなく、虚偽公文書作成、行使の罪が適用です、告訴提起だな、うんうん(〃艸〃)ムフッ」

無能無知を糊塗して、全能神と虚偽喧伝、司法なる、国家独裁権力の真実

  • 2022/04/30 06:33

辯護士、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察「何処が”全能神”なのでしょうか?司法極悪闇マニュアルで、犯罪の限りを尽くして、司法犯罪制度を”適法な憲法、法律蹂躙悪行だ”と、判決を下す手が最終手段で、犯罪を正しい事と、何処にも根拠も無しで、強制的に通す極悪集団、が実際なのに」

赤本なる、日弁連、東京地裁民事27部で犯罪談合ででっち上げただけ、の司法極悪犯罪マニュアルに書いたから、これを正しい事とする為に、合憲、合法に背いた司法でっち上げマニュアルが、唯一正しい事と、強盗の居直りでする為に、幾つもの犯罪を凶行して、司法犯罪が正しい!と、強引に捏造が必要なのだと言う。

靴に足を合わせろ!って、正にこれの踏襲です、司法犯罪が正しい事は、犯罪なのだから絶対有りません、日弁連の弁護士と、東京地裁民事27部の裁判官が共謀して、只でっち上げたに過ぎない、人身交通事故犯罪診断、恐喝賠償制度、論?893でもここまで極悪非道な、国家権力犯罪は、そもそも出来ないですから。

この司法でっち上げの、犯罪診断、犯罪賠償論!が常時正解だと「本気で自分達だけで狂信、が実際だと思える、法曹資格者、司法カルト、国土交通省、金融庁、法務省と言う現実、憲法、法律に即した公務、法律業務遂行など、この連中に果たせる頭も無い結果です、こんな犯罪闇マニュアルをでっち上げて”関係する相手に、犯罪を強要して通させて有る、司法、警察、行政が共謀犯で”医師に、傷害事件被害患者の診療記録、診断書を、犯罪診断に合わせて偽造させる手から始めて、となっている」

医師は、この司法犯罪診断に逆らうと「自賠責詐欺等冤罪で粛清される、言い掛かりの裁判で攻撃される訳です、狂い切った実態ですが、現実なのですよね」

これ等司法他、国家テロ権力極悪犯罪事実、証拠証明を、私によってほぼ完遂されて、逆上逆恨みを募らせている、法曹なるテロ国家権力は「矛盾を現出させ捲り続けて居ます、整合性等取れる訳が全く無い”大っぴらに司法極悪犯罪を、実例証拠を公式に表に出して、正しい悪行、犯罪だごっこに興じて来て居ますので”」

損じゃ委任弁護士による、十和田労基恐喝事件では「交通事故労災を、平成21年からずっと支給し続けている現実があるのに”債務不存在裁判を、詐欺訴訟を提起、判決は、事件から8カ月で交通事故受傷を認めるのは終わりだ”判決だと、何処に根拠が有るんだ、も理解出来ず、損保ジャパン、提携弁護士は、十和田労基直接恐喝に暴走までした訳だ、狂い切った事業者と法曹カルトと言う」

今後の対応策も

  • 2022/04/29 19:24

三井住友は結局、提携弁護士と共謀して、加害者側が全責任を負って居る、自宅車庫屋根から、隣家の敷地に、大量の雪、氷塊が斜めに滑り落ちて、隣家のカーポートの足をへし折り、屋根に数トン雪を載せた、カーポートを倒壊させて、倒壊したカーポートによって、下の物置、自宅の壁面等も損壊させた、第三者行為の責任を持った、加害責任者が負った復旧費負債の補填支払いを拒否して通して居ます。

言い掛かりで不払いに走って居る、訳です、不払いを言い出した理由が「被害者の過失が有る、筈だ、根拠は”三井の提携弁護士である、小寺・松田法律事務所の弁護士の誰かが、争える、と言ったからだ”争える根拠は”弁護士の意見書が、争う根拠だ、これで不払いに走って、通って居るんです、893がまともと思えます」

所で、自賠責用診断書って「公務所宛発行の、公文書診断書なのですよ”民間の損保職員、料率算出機構、調査事務所とやらの誰かが、公文書診断書の記載診断を、出鱈目な公文書診断書の記載だ等、法律的に行える訳が先ず有りません”」

つまり「現在”自賠責用診断書、自賠責用後遺症診断書に記載された、後遺症に該当する受傷診断”を、こいつら身分隠蔽、民間の犯罪者が、おおっぴらに詐欺犯罪診断だ等、医師法違反犯罪診断をでっち上げて、否定して通る訳が無いのです」

多重の犯罪と言う事です、犯罪を今までも、今も、公式に犯罪凶行見逃し続きの現実は、ロシアと変わらない、テロ国家と言う事の証明です。

司法を下僕で従えている、警察も監督官庁も下僕で支配下に置いている、犯罪事業者損保、提携弁護士、裁判官カルト、狂い切った国家実態です、日本が近代法治国家だ等、大嘘ですからね、自浄作用も全く働く土壌も無い、f杯国家ですから。

今回は、損保ジャパンがまともだった

  • 2022/04/29 08:22

今回は、損保ジャパンがまともな対応に動いて下さったと言う、成程、共栄火災は除外で、損保も担当次第で大きく違う訳ですね、共栄火災は「まともが無い方で統一されて居るから、長年札幌の顧問で、悪の限り損保共々、田中燈一も、現在懲戒処分を食い、業務停止中の筈、同じ類いですからねえ」

今回まともな対応、で動いて下さった、損保ジャパン火災保険部署「やはり、自動車保険、日常生活賠償特約や、個人賠償、第三者行為損害保険商品の類いの適用事件となれば”被害者に過失が有る筈だ!理由は不要で、被害者を提携弁護士を出して争う!”に走るのでは?」

この損害保険商品、元から「大きな支払いが生じる事故の場合”払う気など持って居ない、恐らく全損保、共済の、これが、だろうと思って居ます」

まあ、今回の事件では「損保ジャパンが補償の範囲で、に動いて、で、三井住友、提携弁護士?は”被害者に過失上がるから払わない、理由はこれからでっち上げる”兎に角、定番としているように、言い掛かりを付けて不払いで通せて居る、金x庁共々のだから、幾らでも言い掛りで踏み倒せて通って居る、自分達損保は、司法を下僕で従えて居るから、法の順守等、意味も知らず故の強みで、蹂躙し放題して通せてある現実通り」

国家権力が、狂気のテロ独裁国家支配者集団、まともな近代法治国家では全く無い、ロシア、北朝鮮、中国と同種の国家実態です。

司法が損保、提携弁護士の下僕に堕ち切っている現実、これを正しく指弾して、事実立証を果たした事に、こいつらテロ独裁集団、反論も何も出来なくなり、犯罪合法強制抹殺国家権力、カルトの、集団は、逆上、逆恨みを晴らそう、に暴走し続けて、もう止める事も出来なくなっています、無能無知が、ここまでの事態に発展させられたと。

事実のありかの調査に

  • 2022/04/29 08:05

調査委任も受けたと言う事で、三井住友第一サービスと、委任状も無いのに出て来て居る、っ小寺・松田法律事務所の熊谷健吾弁護士に「委任を受けた調査を掛けて有るんですが、前回の調査実施へも含めて、全く回答が返って来ません、困るんですよね”雪と氷塊を、斜め下に滑られて、カーポートの足をへし折った事故は、カーポートに設計上有る筈の強度が無い事が原因だ、被害を受けた側に、過失が有ると、三井住友と、ここの名を秘す弁護士が、根拠は文書で証明する内容で?決めたから、日常生活事故賠償保険金は踏み倒しだ!」

こう、文書で根拠も出さずに言い掛り、不払いで逃げて居るんで、根拠を出せと言っても『弁護士が決めた、争えると言ったからだ、争う理由は、今弁護士に探がさせて居る、弁護士共々、文書で争う理由、被害者過失の根拠を示すから、待って居ろ!」

もう随分待って居る、直き三週間も待ち続けているが、全く被害者過失の理由も出ず、カーポートが欠陥品、と言いがかる科学的証明も出せず、只の言い掛り故です、893がまだまともと、実体験で教えられて居ます。

恐らくこの詐欺集団、何時まででも「只の言い掛りですから、被害者の過失理由も、欠陥カーポートとの証明も、出せず逃げ続けるでしょうね、普段通りの「最後は損保、提携弁護士の下僕、裁判官、裁判所が”損保様が、提携弁護士殿を通じて、被害者過失有り、欠陥カーポートだ!と、根拠無く主張して居るから”被害者に過失が有るし、カーポートは積載限度が捏造、実際には半分位しか、積載強度が無い、欠陥カーポートである!この事故で発生した損壊に付いて、三井住友は、日常生活事故特約から、損害保険金支払い責任無し、か」

裁判官ー三井住友様、提携弁護士殿「被害者過失設定、何割とすれば宜しいでしょうか?ご指導願います、指示通りの判決以外、出さない決まりですから、へっへっへ、平民は馬鹿だから、こんな司法犯罪談合のみ、も分からないままなんだよな、自分達現人神と、平民ではレベルが比べようもないからな(〃艸〃)ムフッ

こう言う「今後もこれが実際ほぼ全て、損保、提携弁護士も含めた辯護士以上に、裁判官カルトは、なにもほぼ、だから実際には」

司法の無謬、、崩壊続々、とっくにですけれど

  • 2022/04/29 07:42

司法の無謬、恐らく昔から、そんな事は無かったんでしょうね、大マス塵が、大本営発表を常とさせて「現人神法曹資格者だの、国民に寄り添い、つましく暮らす、国民と国家の安寧を、日々天照に願う天X、x族と、只の民間の伴侶、まあ、連れ合いも、天照の血脈だの、万世一系だの、神主の総領だの、現実と全く違うし、今の現状で分かる通り、カルト狂信ですよ、どっちも同じで」

たかが人間如き、神の領域におわしめす存在、等有る訳が有りません、只の「プーチンとかと同類の、独裁国家支配者気取りの輩です、実際には我欲の塊、自己抑制がまるで効かない、そういう類いの、ですよ、自分は全能で、自分が命じれば、何でも通る、叶う、国民と国家を独裁支配出来る存在だ!」

これが本音、本性なのです、我欲以外無い、他者を慮れるまともな人間性など、ですし、自己を日々高める意識も行為も、何も備えて居ません、自分が独裁国家支配者だ、逆らう平民は、粛清対象だ!全能の自分の真実を表で証明した、許して堪るか!が実際の生き物で、他の国家権力が、こんな連中に傅いて、カルト神の命令、指示、求める事の忖度で、茶坊主として、合憲、合法破壊に狂奔し捲り、現人神が常に正しい、事実捏造を成功させて有るだけです。

ロシア、プーチンと言う、物の見事な、この国でも狂気の独裁者ぶりを発揮し放題「法曹資格者、司法独裁テロ犯竿国家権力、公的機関、x族なる、血統からして正しい等、この連中が合否証明から逃げ回り、憲法、法律蹂躙,血税づ製浪費三昧への、会計検査拒否等等、プーチンの同類、が、共に同類と、対比でと言う、一番分かり易い形で、事実通り証明されて居る訳です」

たかが人間如きの上に「表向きだけでも”現人神の一員、と言う設定なのだから”らしく振舞えるように、形を取れるような知識の習得、人間性の発露、公徳心の発揮を、表向きだけでも出せるようになるべきなのに、狂った我欲のみの独裁国家権力では、求めるだけ無駄、資質も能力も何も持って居ないから、と言う現実です」

自己責任逃れが全て、無様で卑劣で姑息で、恥知らずな、世の中の人間の中でも、人の資質、素養等で判断すれば、最下層以下と?公に沿うものが微塵も無い、x道ですから?

三角山で、羆親子冬眠、を、良く分からないNPOが、札幌市役人と邪魔して、攻撃を受けた事件も、私の助言が

  • 2022/04/28 15:55

先日、札幌市西区、だったか?三角山の住宅地近くで、羆の冬眠している、巣穴が有るようだと、地域住民から通報を受けた、札幌市の部署が、良く実態も分からないNPOとやらに、羆の巣穴?の調査を、税金で委任、札幌市職員二名、NPOの人間一名、通報した市民一人、合計五人で、羆の冬眠して居る、かも?の巣穴を調べに行った、警察官も、猟師も同行せず、、(;'∀')

で「愚かと言うか、思考、判断能力欠落と言うか”羆の巣穴の可能性が、ゼロでは無いと思うのであれば、猟師と猟犬を頼んで、警察にも連絡して、素人の独断で、近隣住民に、羆が居る可能性もある、外に出ないで欲しい、と広報もせず”素人のNPO職員二名が、札幌市の素人役人から求められて、羆の巣穴、か?を、雪の中を覗き込んだと言う、愚かしいにも程が有ります、で」

二頭の子熊を育てている、母親羆だった、母親羆を、素人の独善、何も考えても居ない、が事実でしょうけれど、で刺激したから、羆母に攻撃された、NPOの二人が、この二人、必死にクマよけスプレーで反撃、人の命は助かった事件、私から、羆撃ち猟師と、猟犬と、警察官を同行させて、素人は羆に関わらない事、羆猟師と、猟犬に任せるのが鉄則、素人は、窓に網等を張った車の中等で待機も絶対、とか、必要な対応策を伝えて置いた訳でして。

今日の北海道新聞でも、二の記事で、羆に関わる場合の、札幌市としての、被害を再度起こさせない対策、も含めた生地が出て居ます。

この事件でも、私の助言が役立って居ます、良かったです「素人だけで、地上最強と言われても居る、羆と対峙しようと、無知、思考、判断力欠落故の蛮行日は、呆れる以上の、自覚も無理な自爆行為者としか」

羆とわざわざ、素人の浅い思慮で、直接対峙しようと考えるだけで無く、実行する事がまあ、私には理解出来ません、野生動物ですよ、羆は、成獣は基本、野生動物には、本当の羆捕食獣は居ないと言う、ほぼ無敵の野獣ですから、羆猟師と猟犬に頼むのが当たり前、これすら理解も出来ないと言う、殺されず済んだのは幸運、子がいる羆母を、愚かに刺激したんだから、今後羆猟師と猟犬、同行させて、任せるべきだと。

司法極悪犯罪、行政も直接共謀犯犯罪を、言い逃れられ無いまで公開立証されて

  • 2022/04/28 09:14

昨年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件ですが「高温焼却炉に関する、転倒防止対策の有無を確認する為の、捜査必要事項調査は、既に回答も出ている、との事ですが」

担当の検事から、まだ送致を受ける、捜査を更に求める、どっちになるか、答えが出されて居ないとの事です、私の予想では「又何か、補充捜査の要求でも?とか、大丈夫でしょうか?今までこんな、まともな傷害致死傷事件の必要捜査項目捜査、、、、、なのにねえ?」

辯護士、裁判官、検事同士で「自分達の頭の、だけで、神様ごっこに興じて来たに過ぎない、が、ですから”あそこまで詳細な、重過失傷害事件と立証する、必要事項を満たした捜査は、今まで行って来ても?”違いますか?弁護士の意見書が根拠だ、は、ねえ」

司法極悪犯罪の実態、傷害事件事実を、医証を軽微な受傷だ、と偽造を常にさせて有るのと「事故状況も、実際の事故状況を、大きく軽微な事故だ、と偽造捜査も組み込んで有り、を組み合わせて有るから」

重大な事故事実が、軽い事故と捏造捜査されて居て、重い怪我なのに、軽い怪我だと偽造で偽られて有って、この犯罪事件捜査作りで送致を受けて、不起訴と違法な処分逃れで逃がして、この刑事記録も、対人賠償犯罪踏み倒しの武器で活用三昧、が常と来ている、司法極悪犯罪事実です。

人身交通事故傷害事件、医証が先ず「刑事事件を科さないように、軽い怪我だと偽造がスタート、これで上記、違法な不起訴処理が常で、実際の怪我が重いと、一定期間は治療させるが、損保、司法でっち上げの、強制打ち切りと決めて有る治療の期間で、強制打ち切り、これ等犯罪医証、刑事記録を武器とさせて、後遺症あり診断も却下、犯罪些少賠償を強制的に決めて、合法賠償を常に潰されて有る」

この一連の犯罪、人身交通事故傷害事件以外の、刑事一課強行犯扱い、傷害致死傷事件へも波及させようと謀略が仕組まれているが、この正しく詳細な、傷害事件捜査実施実例が、物を言うのではと?

ページ移動

ユーティリティ

2022年04月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225459
ユニークアクセス:5393351
今日
ページビュー:1343
ユニークアクセス:1327
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed