エントリー

2022年05月01日の記事は以下のとおりです。

当事者間で、責任の所在がはっきりさせて有るにも関わらず

  • 2022/05/01 17:04

司法カルト、損保の下僕、愚かな操り人形が実際、理由は「無知無能、思考、判断能力欠落が事実なのに、全能神と設定されて居るから”損保様に傅いて、損害保険絡み系統の事件は、損保様に指示等を行って頂かなければ”何もこの連中、分からないので、答えもどきも出せない、意味不明だから」

こう言う手合いの損保、法曹資格者ですからね、損害保険が絡む事件で、物理的、医学的、法律的に、加害者過失100%とはっきりして居て、被害も公式に、被害事実、内容がはっきり証明されて居るにも拘らず、損害賠償保険金を、法を犯す行為を武器とさせ、不法に踏み倒す目論見で、犯罪によって言い掛かりを付けて、不払い、不法踏み倒しに、日常的に走り、犯罪によって法を犯した踏み倒し、を果たすべく、悪行の限りを日々尽くし捲って居ます。

現在も、私が一方的に受けた、二件の傷害罪被害事件で、この損保指揮、司法ぐるみの、犯罪を凶行しての、不法を重ねた不払い被害を受けさせられているし、経営する会社の請負工事でも、やはり損保、任意自動車保険、日常生活事故賠償特約で、当事者間で、物理的にも疑義が無い、落雪、氷塊車庫屋根から滑って隣家に落下、隣のカーポート、物置、灯油タンク、太陽光発電設備の機器が入った盤のカバーを損壊させた事故、火災保険が被害者側、こっちは加害者全過失で疑義は無し、でも。

加害者は、自己過失100%と認めているのに、加入している、任意自動車保険、日常生活事故賠償特約、三井住友と、提携弁護士が「言い掛かりを付けて、不払いを通してやる!目にもの見せてやる!に、例によって走る暴挙を、やはり繰り出して来ておりまして。

これだと又、当事者間正しい合意にも、言い掛かりを持って両当事者間の争いを、強引に生み出させる恐れが強いですからね、事前の対策を撮って置くべきです、と言う事で、前持った手を又打ちました、と言う。

ここまでの司法犯罪事実、証拠を、表に出されて、組んで使われる想定を持たずで

  • 2022/05/01 09:23

東京地裁書店でも発行、人身交通事故受傷患者、傷害事件被害者の主治医に、損保、厚労省、司法が実は命じて有る犯罪。

損保、医師ー傷害事件加害者の加害責任を軽くして、対人賠償を踏み倒す目論見で”交通事故受傷の治療期間が、3週間を超えて診断すれば、正式に刑事事件で扱われる恐れが強いと、弁護士が言って居るから、一律7日~10日の治療と偽造診断記載、捜査機関用診断書のみ発行して有る、最長でも3週間の治療に留めて有る”警察も含めて、この捜査機関用診断書は、誰も信用して居ない、医師法第17条違反、刑法第160条違反犯罪を、主治医に強制実行させて有る、と言う事。

損保、医師-この(思いっきり軽い怪我だと偽造居て、捜査機関に発行、加害者不起訴で逃がして有る)偽造の捜査機関用診断書の写しを使い”被害患者(と主治医)に対して、長期治療して居る事を糾弾して、合法な対人賠償潰しを成功も。

国家権力テロです、何処にも合憲、合法は有りません、国民は、ここ迄法曹資格者、司法、行政、頭を張る損保連中に、憲法、法令破壊までされて、舐められて、服従させられて居る、と言う事です。

ここまでの事実、証拠を、私は揃えており、司法テロを証明して、糾弾し続けて居ます、何故にここまではっきり公開証明して有る、司法指揮国際テロ犯罪を、おとなしく受け入れさせられなければならないのか、独裁国家でも有るまいし、でしょう。

こんな、偽造を常とさせて、何通りも偽造されて、悪事に司法が指揮して用いている、犯罪医証複数の現実で、偉そうに「法曹資格者が、司法が、自賠責事業名目、民業が、民間損保が犯罪者なのにでっち上げた、犯罪診断を受けりれて泣き寝入りしろ、被害者、加害者さん、医証偽造で刑事事件責任から、ほぼ抹殺して置きましたよ((´∀`))ケラケラ」

で通されてなく筋合いは、私には無いです、本当に極悪非道の極みだ、これが司法なる、国際テロ犯罪国家権力の実態なのです、医証の強制偽造が武器、狂い切って居ます、波及が限度無しとなる事も理解出来ない、オウム連中より極悪です。

傷害罪の証拠医証が、全く異なる診断?で出される現実、刑事訴訟法手続きで白黒決着が先ず必要

  • 2022/05/01 08:51

日弁連と、東京地裁民事27部、厚生労働省らが共謀犯で「傷害事件加害者の刑事、民事責任を、被害患者の医証偽造と言う、最悪の国家権力テロで常時、主治医に命じて、医証偽造と言う犯罪に走る事で、医師の国家資格に背かせて、手を汚させて有る」

結果「刑事訴訟法手続き用の、受傷程度を実際より、思いっきり軽いと偽造した、公務所用診断書偽造、行使から、主治医に走らせて有る、これが一つ目の、公務所用偽造医証作成、発行常時事実です、重い怪我でも常に、普通は?7日~10日で治療を終えられる診断書、重症の怪我であれば、3週間の治療の怪我、これ以上長期の治療の怪我とは、医師の国家資格業務破りで、診断しない不文律と、闇でして有ります」

で「じゃあ”実際の傷害事件被害受傷の治療事実は”と言うと長期治療を要する、重い怪我の場合”損保、提携弁護士が、7カ月を限度で治療費他、賠償、人身傷害補償を打ち切りだ”こう強要して、打ち切ります、で二通り目の医証が作られて居ます」

この先も、事実として、交通事故で負わされた怪我の治療を要する時は「一般傷病による治療だ、と、違法な傷病原因を、損保、提携弁護士、裁判官が、患者と主治医に命じて、どうせ加害者責任を潰すから、自己負担と健康保険医療費詐欺に手を染めて、本当は交通事故で負わされた怪我の治療だが、被害患者と主治医が共謀して、一般傷病の治療を嘘を吐き、治療継続しろ!自己負担と健保詐欺で、これを強要して、通させて有る、で三通り目です」

これ以外にも「国交省自賠責事業の審査用、名目、公文書医証と言う設定で作成している医証”民間損保宛発行なので、公文書医証と偽った作成、発行の代物でして、これで又、偽造医証が発行されて居る訳です”」

更に「民間損保、料率算出機構、調査事務所なる、只の医師法違反犯罪行為集団が”国の自賠責事業での、医療情報を違法に取得して、違法診断をでっち上げで下した”医証?が出されて居る訳です、これで四通り目」

これに加えて更に「司法犯罪、でっち上げただけの裁判官診断、が出されても来ます、これで5~6通り目の診断?(刑事、民亊で)が出されるのですよ」

ここまで出鱈目なのです、傷害事件の合法成立、傷害罪の合法立証など、有る訳が有りませんよね、詐欺犯罪でしか有りません、これが司法、法曹資格者指揮、傷害致死傷罪を、医証を軽い法に偽造、犯罪証拠で抹殺、軽い怪我だ等と、司法指揮、医証偽造犯罪で軽減国家テロの裏事実です。

法曹資格を取った後、必要な実践知識を身に付ける努力も何もしていないから、

  • 2022/05/01 08:22

弁護士事務所に関わった(まあ、実務ほぼ指揮した、止むなく、なので、経験値が異常に高い)経験も合わせて、法曹資格者、司法機関(他の行政機関職員も)の連中も「世の中をまともに保てている、普遍的な社会規範、社会のあるべき常識から、欠落し切って居る、無知無能さが尋常を超えている構成員が、特に法曹資格者は、顕著と言うか」

現在の身分、資格取得後、国家公務員になった後、社会を正しく司って居る、規範、正しい社会常識、各仕事の正しい在り方等を、まるで自身の実務知識として、取り入れて適用させる為の、日々自身で疑問点を纏めて、必要な知識取得を果たして、実戦に活用すると言う、本来求められている、正しい努力もせず、手にした巨大な国家権力を、合憲、合法から遵守する為の必須実務知識、と言う思考も持てず、各々が自分は国家権力独裁者の一角だ、と錯覚だけに走り続ける輩ばかり、が実際だと。

この連中「物事全てに付いて、正しく、深く突っ込んで確認、糾弾すると”多くの国家権力構成員、逆上逆恨み、脅し、法に背いた、逆恨みを晴らそうとの権力テロ攻撃”に走るのです、正しく必要な、実務知識を身に付けて、自己研鑽を日々重ねて、正しく社会貢献を果たそうとの意識等、微塵も持ち合わせて居ません、こう言った、必須の実務知識取得の為の行為から、独善性の権化で、自分がほぼ何も、扱う事件、揉め事の根本問題の、国家権力としての関係当事者の一角、との事実も含めて、無知過ぎて理解にも至れ無い訳です。

こう言う「学業で優秀な成績を上げて、法曹資格を得た、公務員職の身分を得られた、の先を備える事もしない、傲慢で人に教えを乞う、知らない事は他者にも聞いて、正しい知識を自身で日々取得し続けて、刑事、民事訴訟法手続きに、公務に正しく適用させて、正しい社会規範を守る事に努める、必要事項から、意味も理解不可能な、独裁テロ国家権力集団化してしまって居ると」

この手合いは「馬鹿げた国家権力犯罪マニュアルを、合憲、合法破壊ででっち上げて、犯罪まにゅあうの記載が正しい、犯罪マニュアルに反した、正しい事実は間違い、犯罪だ、司法犯罪制度適用事件は常にこれだ、犯罪マニュアル記載以外、絶対に成功させないからな、国家権力悪用の威力を思い知れ!に走るばかり故」

日弁連、東京地裁民事27部、厚労省らが共謀犯「対人賠償犯罪で踏み倒しを常に、目論見の、犯罪の制度化マニュアルが常に正しい犯罪だ!だけを成功させるべく、テロ犯罪三昧に暴走し捲り、なのです」

合法破壊が、実はとっくに成功して居た医証偽造を司法、国の行政機関の指揮で

  • 2022/05/01 07:52

傷害致死傷罪が適用となる、恐ろしい犯罪、なのに「医証を軽い怪我、怪我は虚偽と、国交省自賠責事業、司法が主治医を指揮して、常時偽造作成、発行させており、加害者の刑事、民事責任抹殺を、日常的に成功させて有る、これでは”国の行政機関、司法共、全く公権力たる資格も有りませんよね”詐欺処では無いから」

良くもまあ、こんな極悪非道な、国家権力犯罪等でっち上げて、長年に渡って凶行し捲って来た物です、呆れ果てるばかりですよね、証拠を公権力が、権力犯罪を制度化させる為に偽造させて通して居る、正気の沙汰では有りません。

この権力共謀犯罪、厚生労働省、保健所も直接共謀犯ですから、おおっぴらに成功させられて居ます、医師法破壊犯罪ですからね、厚生労働省、保健所が共謀せず、公の犯罪の制度化は、成功する訳が無いのですから。

しかも「裁判官、裁判所に至っては”この一連の犯罪を、市販マニュアル本に記載して、販売して来て居るんです、日弁連と東京地裁民事27部共謀、赤本ある犯罪司法マニュアル、これが正しい、唯一の犯罪診断、犯罪賠償だ、と強制でっち上げだけ、常に通す為の、必要な犯罪手法を本にした、極悪マニュアルまでし繁茂して来て”犯罪の手引きを施すまで、この国の法曹資格者、司法カルト、国交省、金融庁、厚労省は、腐敗の極に達して居ます」

この犯罪の手口を「公に”加害者が自身で積極的に駆使すれば”傷害致死傷罪犯罪事件の場合、主治医に医証を、軽微な怪我だ、怪我は虚偽だと偽造させる事が、国交省、司法、厚労省の常なる犯罪診断、なのだから、傷害致死傷罪に関わる、正しい刑事訴訟法事件扱いから、出来る道理が無くさせる事も、任意自動車保険特約、弁護士特約を活用する事で、弁護士費用も自己負担せず、国交省、厚労省、司法犯罪テロ、被害者の医証を、軽微な怪我だと偽造させて、司法が偽造は正しい、傷害事件加害責任は免責で終わらせた、に持ち込める確率が非常に」

第一「同じ傷害事件で”医証の内容が全く違う”複数の受傷の程度、内容に関する診断等が存在して居る、これが常なのだから、こんなばったもん医証、証拠価値は無いに決まって居ます、損保、自賠事業による、医師法違反犯罪診断でっち上げで、主治医の医証、医療行為をでっち上げ、偽造と断じて通って居る訳だし」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225332
ユニークアクセス:5393224
今日
ページビュー:1216
ユニークアクセス:1200
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed