エントリー

2022年05月03日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪診断、何処にも合憲、合法無し、死亡交通事故事件でもはっきり

  • 2022/05/03 16:04

白石警察署勤務の警察官、道路に蹲って居た人を撥ねて「解剖もして居ないのに、死亡者を出した嫌疑?で逮捕されて、実名報道されて居ます、が」

損保の下僕司法、行政が、対人賠償踏み倒しを目的とさせて「加害者の刑事、民事責任を犯罪診断を武器とさせて、軽減、抹殺を成功させて有る、犯罪マニュアルにも記載の、この犯罪が常!傷害致死傷罪を立証する為の、主治医の医証は”このように、偽造発行が常なのだから”この警察官の扱いも、おかしいと言うより、間違いでしょう」

人身交通事故加害者は「被害者の医証を、加害者の刑事、民事責任抹殺目論見で、軽い怪我、怪我の原因は別にあると、嘘で偽造が常、を武器とさせて、加害者こそ被害者である、被害者保護こそ、日本の司法の実務だ!被害者を医証偽造から手掛けて、陥れて、加害者保護を果たしている、実際は」

この極悪犯罪によって、対人賠償を司法、行政も共謀犯罪に常時走り、踏み倒せて居る、二本の司法、行政の、これが事実、実例証拠の通りの事実だ、公開されている国家権力犯罪、の通りです。

ここまでの事実、司法、行政、医師他犯罪が、公に実例証拠も揃って公開されて、言い逃れ不可能状態になって居るのに「旧態依然の”志望者を出した交通事故加害者だ、悪人を実名で表に出して、叩き捲れ!”に走るのは、間違って居ますよね」

傷害致死傷罪適用事件、加害者の刑事、民事責任を、医証偽造犯罪を武器とさせて常時免責、減免させて有る、実例証拠の通りなのだから「少なくても”この警察官、実名報道は不当でしょう”合法な医学的証拠、もうそんな医学的証拠は、存在せずですが、を、刑事訴訟法手続きで、正しく揃えた事を、警察、検事は、厚生労働省にも、揃えた医証も提供して、証明して貰えたら”」

ようやく「業務上過失致死罪で扱える、訳です、が”司法医証強制偽造犯罪”これ、どうするかでしょうね”言い逃れは不可能の、司法テロ犯罪が有るから」

賠償を踏み倒す目論見で、傷害罪の証拠の医証を、闇マニュアルに沿わせて主治医に偽造強要、根本の証拠が破綻

  • 2022/05/03 15:41

白石警察署勤務の警察官、110通報を受けて、現場に向かう途中、道路に蹲って居た?寝ていた?人を撥ねてしまった、この被害者?さんは、亡くなっている。

こう言うと何ですが「極普通の?人身交通事故傷害致死傷事件、のケースに該当でしょうが”特に車が絡む事故であれば、人身事故であれば、合法な対人賠償を踏み倒す”これを常時果たす為だと言って、損保、司法犯罪マニュアルででっち上げて有る、加害者の刑事、民事責任を抹殺、犯罪で軽減する目論見による、被害者の医証偽造が、日常的に凶行されて、合法と偽り、通されて居るのです」

この事実、実例証拠が有る通りですから「この事件でも”司法解剖も行い、亡くなった原因を特定が必須ですが、医証強制偽造しか認めない、合法な対人賠償を、常に潰す目論見で”この、今では公式犯罪で有る、この医師法から破壊して有る事実が聳えてる訳で、大元の傷害致死傷罪立証証拠の筈、の医証は、損保の下僕司法、行政が、主治医に闇で命じて、常時凶行させてしか通させない、加害者の刑事、民事責任抹殺目論見、捜査機関用医証を、加害者責任抹殺目論見で、軽微な怪我だと、常時偽造させてしか通させない、この司法他犯罪が有るのだから」

傷害致死傷罪適用の犯罪、と、立証は出来ない訳です、強制偽造させて、合法医証と嘘を承知で常に正しい証拠で使って居る、司法他、国家権力犯罪事実がばれて居ますから、偽造させて通す以外、実際には司法、行政が認めない、公務所宛発行医証、刑法第160条適用犯罪、が実際なのだから。

この死亡事件でも「損保、自賠責国の事業犯罪診断を、闇で常時凶行、事実通りに、公に刑事訴訟法手続きに、今こそ表で”損保、提携弁護士から、傷害致死傷罪の、正しい適用逃れ目論見だ、と宣言して、犯罪診断をでっち上げて、刑事事件破壊工作に打って出るのが筋です”」

北新病院河野医師、札幌医大付属村上医師を担ぎ出す事も行い、損保、国交省自賠責事業が先ず、合法賠償潰しが目的だ、と宣言して、加害者責任抹殺目論見、犯罪診断をでっち上げて、白石警察署交通二課、札幌地検交通部に、加害者責任は無い!偽造の医証をでっち上げて、加害責任を消した、これが正しい診断だ!とやって通すのが筋です。

人身交通事故事件、せいぜい略式起訴だから、詐欺訴訟で通る

  • 2022/05/03 08:56

人身交通事故事件は、死亡事件でも多くの場合「せいぜい略式起訴だから”加害者責任を、法を犯して減じる目論見による、医証常時偽造、この司法犯罪、損保の下僕に堕ち切った法曹資格者、司法犯罪が、常に成功させられて居るのです”」

略式起訴で有れば「正式な口頭弁論は開かれませんので”でっち上げた傷害致死傷事件用、医証で十分、略式裁判用の、偽造医証を用いての、警察、検事調書がでっち上げで作られて、送致を受けて、略式起訴実施と出来ます”」

正式な公判には「実はこんな詐欺証拠刑事記録、使って通る筈が有りません、公務所用診断書から”加害者責任を、法に背いて軽減させる為に、司法が損保の命を受けて、主治医に医証偽造も、の代物なのだから”司法犯罪、傷害致死傷罪適用犯罪事件、が真実なのだから」

私が傷害事件被害者とされた、一昨年8月11日の、山本巡査が加害者の、一方的追突傷害事件、送致はされている事件でも、医証偽造が複数、公に手掛けられている通りです、昨年3月29日の、重過失傷害事件、まだ送致は受けられて居ない模様の事件では、医証偽造が起きないように、主治医への、担当刑事による、医療捜査も行われている通りです。

あらかじめ、傷害致死傷罪犯罪加害者の、傷害罪犯罪責任を軽減させる目論見を持ち、損保、司法、警察、国交省、金融庁、厚労省が、主治医に「公務所宛発行医証、軽微な怪我だと常時偽造させて有る、極悪非道な権力犯罪が、損保が合法に、対人賠償をせず逃がされるように、仕組まれて有る訳です、国家権力共謀の、極悪犯罪が仕組んで有り、凶行されて、通されて居ます。

この一連の、司法他国家権力犯罪ででっち上げて有る、警察、検事による、傷害致死傷罪適用刑事事件捜査記録、偽造医証を正しい証拠と、虚偽採用から犯罪で作った捜査記録で、裁判官は「多くの事件で、まともな捜査記録では無いし”初めから不起訴、せいぜい略式起訴”で逃げて通す事も仕組まれて居るんです、司法犯罪の大きな代物なのです。

窯業系縦張サイディング、施工方法によっては

  • 2022/05/03 08:31

窯業系縦張サイディング、施工の方法によっては、下地の木材が横に施工されて居る事で、サイディングを留めて有る、釘の部分の木が腐り、釘が利かなくなって、サイディングが浮いてしまうんですね。

近所の家の、縦張り窯業系サイディングが、この状態に見舞われて居るんですよね、家中あちこちの、縦張りサイディングが、下地木材の腐食により、サイディングを留めて有る釘が利かなくなり、そこら中サイディングが浮いて居ます、強風が吹くと、サイディングが剝がれてもおかしく有りません。

危険ですし、家にも良く有りません、施工会社、何故放置して居るのか?疑問です、リハビリの為、近隣を隈なく?歩き回って居て、気付いた事です、初め、ん?と思い、確認して見て、縦張サイディングの、横の下地の木材が腐食した事で、サイディングを留めて有る釘が利かなくなり、そこら中のサイディングが浮き上がる、ブラブラになって居る事が分かりました。

こうなる事を、窯業系縦張サイディングの施工家屋からの、クレーム多数出た事を受けて、施工会社も知る事となり、縦張サイディング、窯業系の場合、横に施工する、下地木材の壁側の胴縁材、厚さの半分位、切り欠いて、壁体内に侵入して来た水を、下まで流せる施工とした訳です、が。

まあ、サイディングの裏の、壁体通気層部分、侵入した水も下に流すスペースに、雨水を侵入させてりゃ、下地木材が腐食しますからねえ、プラスチック系の胴縁でも使う以外、対策は無いでしょうから。

窯業系サイディング、縦張施工の最大の問題点、でしょうね、相掛け施工製品なので、鋼板サイディングのような、実施工で無いから、簡単にサイディングの合わせ目から、サイディングの裏側に、水が浸入する結果です、サイディング下地木材の施工が、横下地なのですから、サイディングの裏に侵入し続ける水は、木を腐食させる道理です。

雪害の凄まじさ

  • 2022/05/03 08:04

損保ジャパンだけでも、この冬の、大雪の被害が凄まじくて、カーポート、カスケードガレージの損壊、崩壊件数で、札幌圏分だけで、数百件の被害が出ている、との事です。

何時の間にか、こう言った被害にも、最上位クラスの火災保険で有れば、こう言った、家屋と外部で離れた構築物等でも、火災保険が適用されるようになったんですね、切りがない気がしますが?

又、家と離れた物置も、雪害で潰れる等すれば、やはり火災保険の対象とも、との事です「積雪仕様でも無い物置、、で有れば、と、思うこの頃です、が、、どうなのでしょうね?

まあ「聞いた話ですと、家屋内のテレビ等も”自然に壊れて、火災保険異請求を行った事例でも、実際火災保険が支払われても”と聞いて居ますが、限度が無いにも程が、と、思うんですが」

構築物損壊被害、も、ほぼ火災保険が適用と言う、事でしょうね、この話と実際で有れば、成程、どんどん多くの雪害等被害に対応、の範囲が広がり捲って居る訳でしょう。

これであれば「自分の敷地内の、構築物凍雪害も含めた、自然災害被害には”特約内容に拠るでしょうが、最上位の火災保険契約で有れば、雪害被害、風水害被害は特に、ほぼ適用の範囲”と言う設定らしいですね」

と言う事なら、構築物関係の雪害罹災も、先ずは火災保険への請求が通るか否か、加入損保、共済に確認が大切と言う事でしょうね。

カスケードガレージの、雪害による倒壊被害は、壊れた部分のスパンの交換、が基本らしいです、順番に組み上げて有るから、結局「被せて行った側方向、基本シャッターの逆側、全て一旦分解して,中の潰れた部分のスパンを交換して、残りの元のスパンを、再度組む方法らしいです、当社は過去、潰れた部分のスパンだけ、苦労して入れ替えましたけれど、大変でした、一旦組んで行った方向で仮に解体して、壊れた部分を交換して、再度組み上げないと」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561197
ユニークアクセス:5726887
今日
ページビュー:1577
ユニークアクセス:1565
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed