エントリー

2022年05月08日の記事は以下のとおりです。

医証偽造を武器とさせて、傷害致死傷犯罪責任減免、抹殺恒常実行、司法他犯罪

  • 2022/05/08 14:36

いよいよ「医証の偽造と言う、正気を疑う司法極悪犯罪、この犯罪を武器とさせて”傷害致死傷罪犯罪行為者の救済、刑事、民事責任抹殺、減免と言う、狂った司法他テロ!を日常化させて有る”実例、証拠を、どんどん同様の犯罪事件発生後、使う段階に移され出しました」

この司法極悪犯罪、山のように「傷害致死傷罪犯罪被害者も出続けて来ているし、特に人身交通事故傷害致死傷事件加害者が、この犯罪で刑事、民事責任逃れさせて貰えて来て居る訳ですから、良くもまあ今まで、広く一般的に、誰もが活用し放題、とならず来たものだと、呆れ果てるばかりです」

医証を偽造する犯罪、が武器で、傷害致死傷罪加害責任者の刑事、民事責任を減じる、免責で逃がす訳だから、司法他、国家権力犯罪だから「傷害致死傷罪減免、抹殺目論見で、医証偽造、行使犯罪を、日常的に医師に手掛けさせてある、司法、損保、国交省自賠責事業、厚労省労災事業も含めた犯罪、が成功させられて来て居るのだけれど、極悪非道を超えた、司法他国家権力テロ犯罪、ですよ、まともさの欠片も見出せませんし」

公の犯罪、な訳です、事実として、でも「損保、司法、警察。国交省自賠責事業、厚労省労災事業限定?の犯罪で成功させて来てある事から、思考せず、の国民、踏み出させる事も無く来たので、広く万人がこの犯罪を活用、とならなかっただけです、が」

犯罪マニュアル本迄作って、裁判所でも販売して、公立図書館にも保管して有り、使えて居る訳で「だれでも自由に活用して、通る犯罪手法なんですから、この犯罪用の武器、傷害致死傷罪減免、抹殺を、日常的に成功させて有る、医証の偽造で傷害致死傷罪免責、減免を成功させて有る、司法他犯罪、どんどん誰でも活用して当然なのです、医師も先を争い、医証偽造、公務所から宛発行三昧なのだし、保健所も共謀犯でこの犯罪公認、ですし」

今後、医証等「傷害致死傷事件の正しい証拠には出来ません、司法、行政が、傷害致死傷犯罪者が負う、刑事、民事責任減免、抹殺用に、医師に命じて行わせて、合法医証証拠、と嘘を承知で決定、判決を下して正当化、ここまで公開証明、実例でも公開証明済みの、国家権力共謀テロ犯罪なのだから」

本当の指揮は、損保、共済が、司法他国家権力を下僕で支配下に置き、合法な対人賠償を、この犯罪で常時叩き潰す為、手を汚させて有る犯罪と言う「山本巡査も、この犯罪の恩恵を受けて居る、傷害事件加害者、人身交通事故事件加害者の一人です、同じ警察官である、白石署勤務警部補さんも、死亡交通事故事件被疑者となって居ます、早急な加害者責任減免、抹殺目論見、医証、死亡診断書偽造から、山本巡査が医証偽造で、刑事、民事責任減免、抹殺で逃がされた、この事実と同様、白石署の警部補も、同じ医証偽造による、傷害致死傷罪責任減免、抹殺の恩恵を受けられる事が必須なのです」

今日の相手方ら、全て直接行為者です、公式に医証偽造、加害者の刑事、民事責任減免、抹殺を成功させる為、公式に打って出なければならない立場でしょう。

司法犯罪は、主眼が弁護士が犯罪でしのげるように、弁護士用の犯罪です、医証偽造から、も同じ

  • 2022/05/08 08:58

さて「公に、先ずは警察官による、人身交通事故傷害致死傷事件複数を持ち、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺目論見、医証偽造、行使犯罪が最大の武器、主治医による、医師法第17条違反行為者による、医証偽造が武器の犯罪を、共に”加害者警察官の、刑事、民事責任抹殺、軽減用、医証偽造、行使実行、公にこの犯罪証拠捏造から”を、山本巡査と同様に、白石署勤務警部補、死亡交通事故事件でも、司法、警察が指揮して行うべく、正しい犯罪らしいので」

今日記載した、送信先医療機関、医師等、弁護士連中も、直接実行犯側で有り「公式に加担、医証偽造で加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺実行が正しい、と打って出なければならない立場です、実行犯として」

医証偽造、行使で加害者刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させて有る、犯罪司法ぐるみマニュアル迄書籍に書いて発行販売、悪用三昧、司法が頭で販売、悪用に狂奔、狂い切って居ます、オウムにどっぷり首まで浸かって居た、青山弁護士他、と同じ構図ですよね。

傷害致死傷罪刑事、民事責任の軽減、抹殺を、公に謳い、犯罪行為の犯罪目的を明確にさせた上で、被害者の主治医に医証を偽造させ、警察、司法、自賠事業、労災事業、損保事業に発行させて有る、公開司法他、テロ犯罪です、ここまで極悪非道な国際的犯罪国家権力が、司法だの、本気で神様ごっこに狂奔、テロ犯罪国家権力なのに。

公に医証を公式偽造させて、傷害致死傷罪加賀者責任軽減、抹殺を成功させて、被害者が正しく対人賠償されないようにも謀っている現実、プーチン、ロシアのジェノサイド、犯罪そのものの所業の実態、と同種の国家権力犯罪ですよね、極悪非道が極まって居ます。

司法のここまでの極悪テロ権力犯罪を、現実に平民は「確信犯ででも見逃す事だけに狂奔して、この国を司法犯罪充満テロ国家化、を共に推し進めている状況です、最大の目論見が「弁護士用の極悪犯罪行為の強制正当化、と来ています、狂い切って居ますよね」

傷害致死傷罪行為加害者保護目的?で、被害患者の主治医と、損保職員に、犯罪診断を下させて有る、極悪非道以外答えが有りません、公開司法他、国家権力テロ犯罪に格上げもっされて居ると言う。

司法犯罪だから正しい、公式主張証拠が出て来ないが?

  • 2022/05/08 08:38

司法極悪犯罪の定番、弁護士、裁判官から「司法犯罪だから正しい犯罪だ!公式主張、判決、出て来ないですね?傷害致死傷罪軽減、抹殺目論見の、医証偽造、行使犯罪と、医師法第17条違反診断が正しくて、主治医の医療行為、診断が虚偽、捏造犯罪だ、との公式主張、判決が出ませんね?今の所」

主治医の医療行為、診断は虚偽だ、医者が虚偽診断した、こう書いて有る書面は「自賠責事業、損保事業からは出て居ます、当然ですが”医師法第17条違反、犯罪行為です”国交省、損保、提携弁護士犯罪証拠です、まあ」

医者連中、医療機関がそもそも「傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任軽減、抹殺目論見で、公務所宛から医証偽造、行使が常!この医証偽造が常、を当然とさせた、傷害事件受傷被害者への、対人賠償犯罪踏み倒し恒常化!司法、損保、提携弁護士が、公の犯罪賠償踏み倒し制度常に成功、とさせて来ている現実ですしね」

今ではもう、この司法他犯罪も「公の権力犯罪に格上げされて、堂々と凶行され捲って居ます、傷害致死傷罪加害者責任、刑事、民亊共抹殺が目論見の犯罪だ!これの公言状態までに発展させられて”居直り強盗司法、損保状態で、狂気の医証偽造から犯罪、公開実行”され捲って居ます」

白石警察署所属の警部補さん、亡くなった方には気の毒ですが「山本巡査の実例も有るように”傷害致死傷罪刑事、民事責任軽減、抹殺が目論見、医証偽造、行使が行われて、犯罪責任軽減、抹殺成功”は、国家権力の犯罪制度で、この罪状行為犯罪者全てが、等しく公に、被害者の医証を偽造されて、刑事、民事責任軽減、抹殺の恩恵を受けられるのですから」

日本国の国家権力が、損保の下僕に堕ち切って居て、傷害致死傷罪加害者保護目的で?被害者の医証偽造、行使、偽造と承知で正し医証、証拠と決定して、傷害致死傷罪加害者責任軽減、抹殺常時成功、として有るんだから。

この国際国家権力テロ犯罪、司法他が、損保、自賠事業、労災事業が、合法な損害保険金支払いせず、踏み倒せて常時通るように、司法独裁権力悪用で仕組み、でっち上げて成功させて有る代物です。

対人賠償金踏み倒し、が目論見のテロ犯罪、聴覚障碍者偽装により、障碍者年金詐取、と、構図は同じです、法に沿うと、司法ぐるみ処断が必須の国際テロ犯罪です。

医証偽造で刑事、民亊罰軽減、免責、同じ罪を犯した人全員、同じ恩恵をが当然

  • 2022/05/08 08:13

医証を偽造する手口で、傷害致死傷罪行為者の刑事、民事責任を軽減、抹殺出来て、合法な対人賠償踏み倒しも成功させて有る、当然指揮するは「弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事、裁判所、検察庁、厚生労働省、法務省、国交省、金融庁等に警察他、国家独裁犯罪権力に決まって居ます、極悪非道を体現、まあ、他にも幾つも、同様の手口の司法犯罪が有る訳だし」

しかしまあ、毎度の司法極悪犯罪だけれど「司法犯罪は、根本が犯罪を、犯罪によって事実、証拠を捏造して、犯罪が正しかったと、でっち上げの判決、決定を重ねる手を常とさせて”同じ行為で、犯罪のまま扱う事件と、合法な犯罪だ、とでっち上げで強制判決、決定の事件”と、諜報並行で通して有る訳です」

この司法、警察主導の「法に沿い、犯罪で処断実例と、司法ぐるみの犯罪だから、適法犯罪だ、と嘘で強制決定、判決で成功させて有る事件と、両方とも正しいで、永遠に並立で成功は、情報化が加速の一途のこの時代、無理に決まって居るんです、他者の預金泥棒、遺産預金泥棒司法犯罪も、法に沿っていきなり、令和2年1月から犯罪だ!と、それ以前から犯罪だったのに、合法犯罪だ、で押し通す事が潰された通りです」

司法犯罪は、どれも「同じ所業を犯罪、で処断して居るのと、司法犯罪だ、正しい犯罪だ、よって刑事、民事責任は無い、犯罪、不法行為としてある、根幹法律が間違って居るんだ!判決、決定を武器で成功させて有る実例、公式な司法他犯罪実例証拠が有る訳です」

医証を軽微、傷害罪による傷病では無い、と偽造作成、公務所宛から発行して、加害者の傷害致死傷罪犯罪刑事、民事責任潰しを成功させて有る、司法公式、公開犯罪、事実証拠の公式化も果たされて居る訳で「同じ犯罪行為者全てが、刑事、民事責任軽減、抹殺目論見での、医証偽造制度の恩恵を受けられて当然です」

傷害致死傷罪行為責任者になれば「司法、警察、厚労省、保健所他公権力が、損保の下僕に堕ちて、医証偽造命令を、なので、被害者の主治医に、加害者責任抹殺の為、医証を偽造して発行しろ!命令が常に下り、阿吽の呼吸で、この医証偽造に走る、が実際で”常時医証偽造、行使、傷害致死傷罪行為者刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させて有るんです」

公開医証偽造が武器、犯罪です、傷害致死傷罪適用加害行為者はもう、医証偽造と言う絶対の武器が有るから、正しく刑事、民事責任を問われる訳も、謂れも無いと言う事でしょう。

医証偽造で刑事、民事責任逃れが成功、公式活用開始

  • 2022/05/08 07:04

@傷害致死傷罪責任逃れが目論見、医証を偽造する事で、この犯罪責任軽減、免責を成功させて有る、司法ぐるみの極悪犯罪、警察官加害者死亡事故で、公式活用開始実例作りして、詐欺賠償裁判、詐欺後遺症審査にも、正しく反映させて行って居ます、是非実行者責任で、医証偽造の適法さ、実行実例開示等で、加害者保護に直接打って出るべき、事実なのですし

                                   令和4年5月8日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

札幌禎心会病院院長、医師各位
FAX011-751-0239
札幌北新病院院長、医師各位
FAX011-792-1220
中村記念病院院長、医師各位 受傷原因不明、当事者でも無く当然、わざ
FAX011-231-8385 わざカルテに記載は、損保擁護目的?
手稲渓流仁会クリニック院長、医師各位
FAX011-685-3817
おおがゆ法律事務所 禎心会顧問
TEL011-271-8255,FAX011-271-1386
小寺・松田法律事務所 三井住友顧問 トステムカーポート欠陥言い掛り
TEL011-281-5011,FAX011-281-5060
岩本・佐藤法律事務所 損保ジャパン顧問 そんじゃが対抗事案、宜しく
TEL011-281-3001,FAX011-281-4139
弁護士法人佐々木法律事務所 北新病院顧問、河野医師、告訴予定
TEL011-261-8455,FAX011-261-9188
廣部・八木法律事務所 東京海上日動顧問、東海医師法違反で告発予定
TEL011-271-9669,FAX011-271-0796

1,公式な医証偽造を武器とさせての、傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任軽減、抹殺、司法、行政他共謀犯罪「公の公権力犯罪で有り、全ての傷害致死傷罪加害者が、この医証偽造で加害者責任減免、抹殺の恩恵を受けられて、被害者への合法賠償叩き潰し、地獄に不当に突き落とし捲って居る悪行を成功させられるべき、記載先全てが実行犯側故、この意志で統一されて居る事、当然理解致しております、司法、行政、医師が共謀犯であれば、傷害致死傷罪立証から不可能、このテロに日々狂奔、凄い事実です」

2、この、全ての傷害致死傷罪行為加害者擁護犯罪で、加害者救済実例として「今月1日、白石署勤務警部補が、パトカーで市民を撥ね、被害者死亡事件に、公式に警部補も、山本巡査他同様、医証偽造で刑事、民亊罰軽減、抹殺されるべき、と、公式に、道警、白石署他、実行犯、共謀犯公権力に、証拠も添えて申し入れしました、法の下の平等、憲法の原則です、記載先、正しく協力が得られる事疑う余地無しだと」

3、報道からの指摘として「この医証偽造からの犯罪、聴覚障碍者偽装、障碍者年金詐欺事件と同じ構図ですよね、医証を偽造して、詐欺で利を得て居る(合法対人賠償踏み倒しも常時成功)訳ですから、と指摘があり、前田医師、香田社労士8年の実刑事実と不整合、も出して有ります、河野医師を刑法第160条適用で告訴、東京海上日動を、医師法第17条違反、医師法第31条1適用で告発予定として居ます、記載先全て実行犯、証拠提出、証言が必須でしょう」

4,一昨年8月11日昼発生、山本巡査一方的追突傷害事件、担当検事は他部へ移動だが、この事件は引き続いて担当、異例の措置では、との事、事件からじき二年、まだ捜査から継続して居ます「まあ、正しい立証、起訴は難しいでしょうね、白石署事件も含めて、昨年3月29日、高温焼却炉転倒、重過失傷害事件も、未だ検事は送致不受理との事、医証偽造で刑事、民事責任抹殺実例証拠も使う以上、立証も無理では?」

5、別紙の通り「山本巡査追突傷害事件による、後遺症認定審査再度請求も、別紙内容で行って有ります”東海は、医療機関の検査、主治医の診断で、資格急激低下、頚椎変形診断は虚偽、自賠診断で、検査結果から異常無し、主治医が虚偽診断(主治医全員、医証偽造、賠償詐欺未遂で摘発すべき?)と、医師法第17条違反診断を付け、賠償潰しして居ますが”自賠窓口そんじゃは”詐欺民事裁判で、審理せず弁護士の言うがまま判決、被告に訴えられた事の立証責任が有る(刑事、民亊共、訴えた側に立証責任が鉄則)等、訴訟詐欺判決が有る、等詭弁で後遺症却下、医師法違反主治医と検査技師が詐欺行為、と不整合他”に陥って居ます、国の賠償事業で有り、ここまでの不整合は、犯罪行為の積み重ねです」

6、山本巡査も含めて今後「警察官他公務員は”人身交通事故等、傷害致死傷罪加害行為を行った場合、地方公務員は地方公務員法第49条2により、公平委員会に、処分不当と訴えて、医証偽造他証拠で戦う、国家公務員は、人事院に同様の訴えを出して戦い、勝てる訳ですから、山本巡査は共栄火災、斉田弁護士共々、公平委員会に、医証偽造で傷害罪責任抹殺させて、加害責任を消させるよう”正しく一例目の訴えを提起する必要が有ります、記載先も公式協力必須」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6224958
ユニークアクセス:5392851
今日
ページビュー:842
ユニークアクセス:827
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed