エントリー

2022年05月11日の記事は以下のとおりです。

捏造、犯罪医証すら使わず、まで、須川氏裁判で実現、審理せず結審、判決と言う

  • 2022/05/11 07:49

司法なる、独裁テロ犯罪国家権力、国家独裁機関はいよいよ「傷害致死傷罪加害者責任抹殺、を常に成功させて来て居る武器、被害者の主治医の医証、国交省宛発行、名目だが、民間損保に差し出して、コピーが流通している、犯罪の積み重ね医証証拠、これすら民事訴訟法手続きから、使用せず、を実現させて居ます、須川氏を、言い掛かりで民事裁判で訴えた事件で、このコピー公務所宛名目、民間損保に提供医証すら、不使用で対人賠償裁判を、合憲、合法破壊で強引に終わりとさせて、判決を下す暴挙に走って居ます」

人身交通事故事件の、被害者相手の損害賠償金確定裁判、との言い訳ですが「出して来た証拠って”交通事故証明書一枚だけ”ですよ、人身交通事故事件共、一切証明せず、口頭弁論潰しで結審、判決です、テロ、訴訟詐欺処では無い、憲法第29条から蹂躙、司法テロです」

もう、傷害致死傷罪加害者責任軽減、抹殺を目的とさせて、主治医に医証偽造、偽造医証を公務所にも発行で、加害者の刑事、民事責任を、不法に軽減、抹殺させて有る、事実証拠を公にされたから「コピーの公務所宛偽り医証?も何も、使う必要も無くなったんでしょう、どうせ訴訟詐欺なのだから、元々が、医証を偽造させて、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させて、合法対人賠償潰しも成功させて有る、ここまで詳細に、事実立証されたから」

もう損保提携弁護士、裁判官、居直るしか出来なくなったんでしょうね、コピー医証を出したって「コピーが証拠になるのか!と突っ込まれるし、自賠責審査用なら、国交省に医証謄本を出させろ!民業損保がコピーを出して証拠になるか‼と糾弾されるし、偽造も証明されている、カルテ、診断書だし」

もうこの犯罪法曹権力に、強行突破で言い逃れられる物が亡くなった訳でしょうね、ここまで公に、医証偽造から公の犯罪、に格上げとされたのでは、偽造の医証を証拠、は訴訟詐欺だぞ!腐り切った司法なる国家権力だ、他者の預金、遺産預金泥棒でも「泥棒が、預金契約者と偽造した引き出し、解約書類で預金泥棒して、正しい預金者による、預金引き出しだ判決、決定ばかり下しても来た裁判官だし、正しい他者の預金泥棒だ、これを常に主張で、裁判官共々の犯罪で勝って来た辯護士、だからね」

司法犯罪を成功に持ちこむべく、国家権力こぞって職権悪用を、傷害致死傷罪加害者責任抹殺、軽減テロもこれ

  • 2022/05/11 07:31

須川氏が、バイクを運転して居て、S氏運転車両にぶつけられて、重い後遺症も残る怪我を負わされた、傷害事件では「須川氏の主治医の一人である、札医大付属病院、村上医師が、三井住友札幌支店、緒方職員から命じられて”医証偽造、行使に、司法犯罪マニュアルに沿い、走った訳です”」

この犯罪事実、証拠は「三井住友顧問、小寺・松田法律事務所の熊谷弁護士から”緒方氏の架電記録録取書、で出て来ました”緒方職員が、医証捏造、偽造作成、発行を、村上医師宛に、札医大付属病院職員に指示を出して、村上医師が従った、と言う、医師法第17条違反が先ず適用、の犯罪事実です」

国土交通省自賠責事業、後遺症審査用、名目の医証の偽造、国交省自賠事業診査用、と謳うが「民間損保三井住友宛、国の賠償保険事業診査用、と言う、虚偽の公務所宛医証発行です、刑法第160条適用、の犯罪行為です」

この「国の強制保険事業で、後遺症審査を行う為の医証、と言う虚偽設定後遺症診断書には”カルテに記載の無い、感覚検査実施”も記載されて居て”保険所は、カルテに記載なく、検査実施と診断書に、でっち上げ記載しても、違法にならず”と、日常的、損保、司法命令による、医証偽造、公務所にも行使、の恒常化に付いて、医師法、医療法等蹂躙し放題で、違法責任を負わせる事無し!公式実例作りも果たして居ます」

この、札幌市保健所も認めた「診療録、診断書偽造、公務所に偽造医証発行も常、犯罪を処断せず、幾ら偽造して、公務所宛等発行して、悪用させても構わない、実例、証拠事実も有るんだから”先ずは白石署勤務警部補さん、死亡交通事故事件加害者との、公式事実証拠無し!”で逮捕、実名報道は、人権犯罪で有ると、報道を訴えて、道警本部にも”事実立証の無い、交通事故死亡事件加害者との、不当扱いを是正させて、人権犯罪責任を、正しく取って頂くべきです」

傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任抹殺、軽減を目的とした、この医証偽造恒常実行犯罪事実、証拠の山、公開犯罪、が有ります、どんどん活用するべきです、損保、司法独占、は認められません。

白石署勤務警部補さん、その後どうなった?人身交通事故事件加害者?で逮捕後

  • 2022/05/11 07:11

函館の医師は「実父の死去を知り”遺産となった預金を引き出す都合が有るからと、実父の死亡日を、最低で7日後に、事実と違う死亡日記載、死亡診断書を作成、行使したら”刑法第160条では無くて”虚偽公文書作成、行使の罪を適用と言う扱いで、逮捕、実名報道されて居ます”更に」

司法指揮極悪犯罪、他者の預金泥棒、遺産預金泥棒は正しい犯罪だ!他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入っている預金は、盗めた分全て泥棒が、無税で所有権を得た、と,司法、警察、金融屋、監督官庁犯罪公認決定、判決で確定させて居る!を踏襲してこの医師は。

実父から頼まれた、と金融機関、北洋銀行でしたか?に出向いて告げて「300万円程”横領を成功させた角で再逮捕”されて、報道されると言う、不当極まる人権犯罪を重ねられて居ます、妻の身内らの同様の犯罪も、他の同様犯罪も”司法指揮犯罪だ、正しい他者の預金、遺産預金泥棒だ”と、強行突破刑事、民事事件判決、決定のみで暴走し放題、事実、証拠と全く整合性が有りません」

司法神の無謬?嘘も極まり切って居ます、只の極悪犯罪「他者の財産泥棒は、憲法第29条から、おおっぴらに蹂躙しており、ウクライナ侵略ロシア軍と傭兵部隊の強盗他、と同じく犯罪だし、医証を主治医に偽造させて、傷害致死傷罪犯罪者責任、刑事,民事責任を抹殺、軽減の悪行、憲法第11条蹂躙から、のテロ行為も、ロシア軍と傭兵部隊による、一方的ウクライナへの侵略攻撃、無差別殺戮(市街地も攻撃すれば、無差別殺戮になるに決まって居ます)を、ウクライナ軍、アゾフが自国民を殺戮して居る、と虚偽を喧伝し捲って居る、所業と同様です」

これ等の司法指揮テロ、犯罪だけでも「何処にも法曹資格者、司法に正義も何も存在せず、テロ犯罪国家権力で有り、悪の限りを尽くし捲って居る、許されざる国家テロ集団、との答えしか」

と言う現実も、公開証明、実例証明されて居るのだから「白石署の、人身交通事故死亡事件加害者だと”何が証拠か?死亡診断書も含めて、医証は証拠価値無し故、自賠、損保診断が証拠なのか?”傷害致死傷罪適用公式合法証拠、医証は偽造が常で強制、である以上、傷害致死傷罪適用自体、不可能なのに”山本巡査もこの医証偽造他、司法、損保犯罪医証偽造等、の恩恵を受けられて居る加害者、だし」

死亡者発生らしい、人身交通事故事件日に”自賠責、損保犯罪診断、流石に出て居ないでしょう”何故実名報道して、逮捕されて居るんだ?

損保、医療機関顧問弁護士も、ずっと沈黙続き、傷害致死傷犯罪軽減、抹殺用、医証偽造事実にも

  • 2022/05/11 06:46

司法の無謬、絶対正義等、絵空事に過ぎません、たかが人間如きで、独裁国家支配権力、裸の王様が実際のこの連中です「王様、裸だよ(子供の指摘)を実現されれば、即刻一族郎党粛清対象!司法冤罪で抹殺も!の連中です、この国家独裁支配権力、日本でこの連中だけが”死刑制度により、人殺しが認められても居る”冤罪でも死刑に落とせる、生殺与奪強権を持てて居ます”」

しかも「合憲、合法破壊が、公に司法犯罪公認と言う、憲法から破壊させた特権まで持てて居ます、但しこの憲法破壊特権、こいつらと法務省他、国家権力が共謀して、犯罪行使特権を、司法カルトと眷属、支配する損保、金融屋等に、闇で与えて有るから、合憲、合法根こそぎ破壊独裁者特権!が持てて、テロ行為、犯罪し放題出来ています」

この、司法独裁国家権力創出、の武器である、あらゆる犯罪行使、犯罪適法化捏造特権の行使、テロ行為の一つが「傷害致死傷罪軽減、抹殺を常時成功させて有る、被害者の主治医に、傷害致死傷罪責任抹殺、軽減を果たせるように、医証の偽造を、公務所も含めて行い、発行する、悪魔の特権なのです、他者に対する、傷害致死傷罪負適用犯罪責任、刑事、民事責任違法免責特権を、被害者の主治医に医証の偽造、行使を命じており、自由に果たせて居ます」

主治医が、この司法極悪犯罪、傷害致死傷罪適用犯罪責任軽減、抹殺目論見による、医証偽造、行使を先ず捜査機関相手に行う、に応じなければ「逆らう医師と医療機関相手に”監督機関が司法、損保の命を受けて、逆らうとどうなるか、見せしめ監査を行い、徹底的に嫌がらせ等を行い、司法に逆らうとどうなるか、見せしめ”と!」

それと「損保犯罪診断を、自動車人身事故なら、自賠責事業も犯罪診断をでっち上げます”傷害致死傷罪適用事件が起きたとしても”自賠事業、損保事業犯罪診断をでっち上げて、主治医の医療行為、診断を、虚偽、詐欺用診断と決めた!とすれば」

司法、警察、厚生労働省、自賠責事業ぐるみ「自賠、損保犯罪診断が絶対である、主治医の医療行為、診断は虚偽、賠償金詐欺狙いで捏造した、傷害致死傷罪被害が重い、との、虚偽診断だ!こう、更なる国家権力共謀テロ、犯罪決定、判決を出して、犯罪を成功させて有ります」

反対方向から見れば「傷害致死傷罪適用行為者は”被害者の主治医も、対人賠償潰し目論見、刑事責任毎潰せるように、軽微な受傷と、受傷は無しと、偽造医証を捜査機関から宛発行を常”としており、偽造医証で加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺成功も常、とされて居るのだから、まっとうな刑事、民事責任を負わされる謂れは全く無い!と言う事です」

この司法他、テロ犯罪事実、証拠は公開されている、公の犯罪です、どうして損保、医療機関顧問弁護士連中、日弁連、この手口をあらゆる傷害致死傷罪事件で、公に使わないのでしょうね?国民に広く告知しないんでしょうね?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561191
ユニークアクセス:5726881
今日
ページビュー:1571
ユニークアクセス:1559
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed