エントリー

2022年05月12日の記事は以下のとおりです。

日常生活事故賠償、三井住友が加害側損保事件、ケリが付きました、無事に終わりを

  • 2022/05/12 17:33

今年3月6日午後3時頃に起きた、隣家の敷地に自宅車庫の屋根から、大量の雪と氷塊を滑り落ちさせて、カーポート、自宅壁、物置他を損壊させた、建造物、器物損壊事件、加害責任者側が加入している,三井住友任意自動車保険特約、日常生活事故賠償から”も”被害者が加入している、損保ジャパン火災保険で仮支払いしてくれた工事金額で、不足して居て、加害側が不足分の支払いを終えている、この状況の事件で、損保との問題は、全て解決されました」

三井住友任意自動車保険、対物部署、日常生活事故賠償担当部署は「被保険者が既払い済みの、被害者加入火災保険では、規約により支払い出来ない分を、被保険者、加賀責任者が、当社に復旧工事金ですから、で支払い済みの分を、きちんと支払って下さる、との事で、被保険者さんにも、昨日伝えて有るとか」

これで取り敢えず「全額工事金が、二の損保から支出されました、事故両方の当事者達、自己負担は有りませんでした、現状を見る限り、良かったです、どっちにしても、揉め事は御免fです、本当に、工事金全額支払いしてくれれば、後は損保間で何をしようと、無関係ですからね」

要約当事者同士と、当社とすれば、ケリが付いたと言う事です、結局二カ月掛かりましたが、良い結果を出せて、損保に感謝です。

三井住友の誰かが、故意に、被害者に過失が有る、筈だ!訴えてやるぞ、と、日常の光景っぽい言い掛かりを付けて来て居る事実の踏襲、は、未遂で終わった訳です、

結局「泰山鼓動して鼠一匹、と言う言葉通りと、愚かしい司法テロ権力、本当に深く正しく、事実検証、証拠証明を果たせば、司法犯罪は成功せず、当然ですが、偽造証拠で刑事、民事事件を”犯罪が仕組まれて、無罪で逃がそう、、。」

池袋死傷事件、プリウスの欠陥でっち上げでは無くて、医証偽造司法犯罪、で刑事裁判を戦うべきだった

  • 2022/05/12 07:47

池袋死傷交通事故事件、あれの刑事、民事裁判ごっこの経緯を見て居ても「事実に拠らず、車に欠陥が有るから事故が起きたんだと”加害者の弁護士が、言い掛かりを付ければ、言いがかった側では無く、言いがかられた側に、言い掛かりの合否証明しろ!と、違法な訴訟指揮を執る事に邁進して居ます」

トヨタも情けない「少なくても”プリウスの何処に欠陥が有るのか?言いがかった側が立証せよ”と言うべきだろうに、無様な」

この傷害致死傷事件でも「加害者弁護士、持ち出すべきなのは”傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任軽減、抹殺目論見による、医証の偽造、行使犯罪、これを持ち出すべきだった訳です”」

何処に車の事故で、人が死傷した、但し医学的証拠が有るんだ!司法ぐるみで、傷害致死傷罪加害者責任抹殺、軽減を目論み、医証偽造、行使を常とさせて有る訳だし。

損保、共済、自賠責事業も「犯罪診断で、医師法破壊、主治医の医療行為、診断強制叩き潰しが常に成功させられて居る、提携弁護士、裁判官によって、この事実も有る「車の事故で、人が死傷するとの、但し医学的証拠自体存在して居ない、そうだよな、裁判官、検事!」

これで戦うべきでしたが?何故これで戦わないんだ?なお「今後弁護士特約は”傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任軽減、抹殺目論見で、医証偽造、行使犯罪が状態化させて有る、司法ぐるみの犯罪で”この事実、実例証拠を、損保、提携弁護士に、正しく持ち出させて、責任を逃れられるようにすればよい訳です」

これが真実です、正しく責任を負う必要も何も、これでは有りません、司法が頭を張り、傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任逃れを、医証偽造、偽造医証が正しい、主治医の正しい医療行為、診断が犯罪だ、自賠事業、損保、提携弁護士診断が、絶対の診断だ!正しいでっち上げ診断だ、こう判決を常に下して有るんだ!これで打って出させましょう、損保、提携弁護士に。

道警、白石署からも、損保、医療機関顧問弁護士からも、未だ音沙汰が

  • 2022/05/12 07:29

公式な事実、証拠も公開されており、公の司法犯罪制度、と、元からされて居る「傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任軽減、抹殺目論見での、被害者の主治医に医証を、軽い怪我、怪我は負って居ないと”事実無視で常時偽造させ、捜査機関他に発行させている”司法、厚労省、保健所も直接共謀犯罪者、だから常時成功させられている極悪犯罪、事実証拠を」

私は「実行犯なのだから”この一連の国家権力テロ犯罪行為者連中にも、きちんと、念の為、事実相互確認目的も持ち、提供して有ります、が”犯罪行為者国家権力は、誰もこれ等、正しいと偽りでして有る、司法他国家権力テロ、犯罪に付いても含めて、反応なし、合法犯罪だ、と打って出る、事もして来ません、目論見は、損保、提携弁護士が、合法な対人賠償を、この犯罪を武器とさせて踏み倒して逃げる事とも、はっきり公に、こいつらでしてあるのにね」

もうこの司法他共謀の、国際テロ犯罪、傷害致死傷罪加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺目論見、損保、自賠責事業がこの一連の犯罪で「合法な対人賠償支払いを叩き潰せるように、ここまでの国家権力犯罪を仕組み、手を汚し捲って居る、公式な事実だから、国民に対して、このテロ犯罪事実、証拠を振り翳して、正しい司法他犯罪だ、傷害致死傷罪適用犯罪行為者は、被害者の医証偽造、加害者責任軽減、抹殺が果たせるように、軽微な怪我、傷害致死傷事件で死傷は虚偽‼と、被害者主治医に常時偽造発行させて有る、傷害致死傷罪加害責任者は今後、この加害者責任軽減、抹殺用の医証偽造から、司法他犯罪制度を、どんどん活用するべきだ」

こう広報すべきですし「今後必ず”傷害致死傷事件だと、被害者の医証は加害者刑事、民事責任抹殺、軽減目的で偽造が常、なのに立証出来るのか”加害者扱いされた、傷害致死傷罪適用を受けたら、これで対抗すれば良いのです、偽造させて有る医証、証拠になる訳が有りません」

池袋暴走死傷事件、あの事件の経緯を見ても「刑事訴訟法手続きごっこも、民事裁判ごっこも、出鱈目ですよね”プリウスの欠陥が事故原因だ、被疑者の弁護士の言い草だったが、本人が、ペダルのふみ間違いが事故原因”と認めて、控訴せず禁固刑に服した、詐欺刑事裁判と言う事」

で「民事で真実を明らかにする、だの、刑が確定してしまい、収監されたし、ペダルのふみ間違いと認めたのに、被害者の弁護士とやら、記者会見で、と、何でしょうかこの惨状、これで近代法治国家の刑事、民事裁判と言う」

損保、提携弁護士が、司法、警察等と捏造、損害保険金詐欺、こいつらが詐欺犯罪者と

  • 2022/05/12 07:10

損保、法曹権力、警察が共謀犯で仕組む、損害保険金詐欺冤罪を見ても「こいつらが犯罪を恒常実行して、犯罪、言い掛かりで合法支払い潰し、傷害致死傷罪加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺を、日常的に成功させている、犯罪者集団です」

合法破壊を、事実捏造、証拠偽造、真実は、証拠も含めて抹殺、犯罪が正しいと決定、判決常時、これが真実です「山本巡査も、傷害罪加害行為者ですが”損保、自賠事業、司法犯罪が重ねられており、正しく刑事、民事責任を負わされる事から、公式に、犯罪で逃がされて居ます”司法警察員、でこれですよ」

同じ「人身交通事故加害容疑者、となった、白石署勤務の警部補は、次の司法他、医証偽造で加害者責任減免、抹殺が常、の制度が踏襲されて居ません”医証は偽造が日常、傷害致死傷罪加害者の刑事、民事責任減免、抹殺が目論見により、で、刑法第160条不適用を、司法、警察が共謀犯で実現させて有る、医師法だ17条違反責任共々、免責とさせて通して有る”司法、損保、医師、医療機関、監督官庁も直接共謀犯罪行為者で、ここまでのテロ、犯罪を国中で凶行し捲って居る、が実態なのに?」

一方で「函館の医師は”正しい預金泥棒目論見で、死去した実父の死亡診断書の死亡日を、死去した日より7日は、最低でも先とした、死亡診断書を公務所に出した事と、実父が生きて居て、父の預金を引き出して欲しいと頼まれた”と、北洋銀行に行き、嘘を吐いて、遺産預金を着服した角でも逮捕されて居ます、おかしいですよね、共に司法犯罪の踏襲で有り、犯罪行為責任は、強制免責、の設定で来ているのに?」

この警部補さん、人身交通事故事件加害容疑者とされて、実名報道されて、逮捕された事が「上記他、司法極悪犯罪事実、証拠多数を鑑みれば”不当な傷害致死傷事件容疑者扱いで、人権蹂躙により、実名報道された、と言う事ですよ”医証は司法犯罪で、偽造が正しくて、傷害致死傷罪容疑者は、この司法犯罪の恩恵を正しく受けられて、刑事、民亊とも免責!が合法行為、手続きと、司法テロで設定されて居るのだから」

この司法犯罪の恩恵は、山本巡査も受けて通されている通りです、山本巡査、地方公務員法第49条2、正しく適用させて、公平委員会に不当な傷害事件加害者扱いからされて居る、調査から求めると、正しく手続きを取れよ、偽造医証で傷害罪加害者嫌疑、不当と言うべきだから。

日本の司法なる、憲法から理解不能故蹂躙し放題、の独裁国家権力の真実、の一端

  • 2022/05/12 06:50

日本の法曹資格者、司法機関、法務省には「憲法、法律規定を正しく理解して、憲法、法律規定を正しく踏襲して、社会秩序を正しく守る行動、意志、知識、常識は、皆無状態が真実です」

x族連中、中でも「先代二名の思考と振る舞いの実際、次男一家の所業、言動や、プーチンの言動、行動と基本同じですよね”設定と大違いで、只の我欲塗れ国家独裁権力”巨大な国家権力を持って居る事が、そもそも間違って、と言う、人間如きが絶対神、独裁者皇帝に君臨出来ている、こう自己狂信してだけいる、が」

話を戻しますが「法曹資格者、司法機関、法務省の連中らに”合憲でなければならない、合法が正しい答え、と言う思考、知識、行為事実は、無いに等しい訳です”その現実が有る故、司法犯罪で国家を支配、司法テロが常国家日本、を現出させて有ります」

物事を多面方向から見る資質、思考力、常識、想像力、事件に関わる正しい事実、証拠、違法、犯罪を区別出来る、必要な知識と能力の欠如が極まり切っている故「法曹資格者、法務省他役人連中が”司法犯罪こそ正しい、合憲、合法が間違い、犯罪だ”と、正気の欠片も無い、カルトテロ司法犯罪正当化、に暴走し捲れて居ます」

本当にこの連中、世の中の正しい事柄、答えも何も、理解出来ないのです、恐ろしい事ですが、これが真実です。

損保、共済、自賠責事業が、正しい事実、証拠、合憲、合法に沿い、損害保険金支払いを果たす事を叩き潰す目論見で「犯罪の限りを尽くして、合法破壊を果たさせて、損害保険金踏み倒しし放題を成功させて有る、言い掛かりを付ければ良い、事実証拠を、不払いが正しいように、真実を証明する証拠、法理論踏み潰し、犯罪が正しいと、事実証拠偽造捏造、詭弁で合法こそ犯罪、判決、決定、狂った司法テロが、国中で凶行され捲って通されている、司法テロにより」

正しい事は「常に正しいままで有り、合憲、合法が犯罪だった、とは、まあ、なりませんしね”しかも、弁護士用の合憲、合法破壊テロ、司法犯罪でっち上げで、正しい法を犯罪だ、と判決、決定を下し捲って正当化”同じ行為で犯罪、違法と判決も下している、決定して通しているし」

傷害致死傷罪加害者刑事、民事責任減免、抹殺常時成功は、医証偽造から仕組んで有るから、刑事事件から実質加害者責任を負わせず、は、労災も同じ構図です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561079
ユニークアクセス:5726769
今日
ページビュー:1459
ユニークアクセス:1447
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed