エントリー

2022年05月13日の記事は以下のとおりです。

話し合いで解決だの、言い張る連中が話の他、司法カルトが典型

  • 2022/05/13 17:52

話し合いで解決だ!橋下も得意になって、話し合いで解決出来るんだ!一方的侵略されたんだ、無条件降伏しろ!話し合いで解決せず、ロシア様に侵略された、ウクライナが悪いんだ!と喚くばかり、自分で話し合いで、何か解決出来て来たのか?こいつでは無理だろうと(;^_^A

こいつもそうなように「己では話し合いも何も、他者の正しい指摘、助言、発言全てに付いて、大声で遮り、こいつの虚言、どんどん言う事が変わる言い訳に終始、目を血走らせて、自分が常に正しい!を押し通そうと、整合性の欠片も無い、どんどん言う事が変わる、訳の分からない詭弁を捲し立て、ばかりのこいつと同類達、話し合い等論外、ですよ」

法曹資格者、司法機関構成員に『正しい事実を持った、司法犯罪を撲滅するべく、の話し合いは絶対受け付けません、どの事件でもこのカルト独裁国家権力達、事を話し合いで納める能力、知識も持って居ません、何に付けても、このカルトテロ行為国家権力構成員”普通に事実を下敷きとさせて、話し合いで事を納める事等、受け付けられませんしね、司法犯罪制度凶行行為集団は特に」

話し合いで何でも解決出来るんだ!これを喚くだけの連中、絶対に話し合い等成立自体しませんから、こう言う手合いは「自分が独善で狂信して居る戯言のみを、誰にでも説く?事しか出来ません、他者の正しい指摘や、正しく解決した事の内容、方法論に、聞く耳等微塵も備わって居ませんから、そんな事を話せば、拙い事態も?

話し合い、力が強大な側の、一方的要求、でっち上げ決定の事でしょうけれど「合法に背いて居る、我欲のみの独裁国家犯罪権力、話し合いを受け付ける事からも、逃げ回るだけですよ、ロシア、プーチン同様」 

日本国憲法にも、個人の財産所有権を定めて有るのに、司法犯罪で強制蹂躙

  • 2022/05/13 07:48

日本国は「実際の運営が”社会主義国家制度”を踏襲させて、個人が正しく財産を、憲法第29条規定からきちんと適用されて、所有、保全される扱いとはされて居ません、司法無差別詐取、泥棒、強盗適法決定、判決が最終の武器!が理由です」

;他者の預金、遺産預金は”預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、公式に入っているお金を、盗めた分泥棒が所有権を得た、とされて通って来て居る”最後は裁判官判決、決定でも、他者の預金、遺産預金泥棒取得が正しい!決定、判決ばかりでっち上げられ、泥棒を利させて来ています、一番はっきりしている、司法この犯罪事実証拠は”平成28年12月19日、原審大阪高裁平成27年(許)第11号、相続遺産分割除外説採用で、他相続人が相続出来る、遺産預金の大半を横領した事が正しく、横領被害者相続人は、横領された遺産の相続権を失った、決定に対する、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反だった、以後強制力行使で、この説採用禁止、最高裁大法廷最終決定で、差し戻した事件です。

この司法極悪犯罪だけでも「憲法第29条の意味自体から、本当に法曹資格者、法務省職員、金融機関の連中、監督官庁、警察、国税庁らぐるみ、何の事かも何も、理解不可能だと分かります”社会主義が強制的に、司法独裁テロで通されている、国家権力と結託すれば、憲法第29条の規定も、強制破壊で通されて、犯罪で得た利得を、無税で犯罪者が手に入れられて、通されている通りです”」

同様の泥棒犯罪、司法他国家権力共謀の泥棒制度には「ファイナンス貸金と共謀しての”物品購入代金融資契約を”ファイナンス貸金が、持っても居ない物品を、リースで貸し出して居る”と法螺を吐き、融資詐欺、利息不当詐取、対象物品、貸金が所有と偽って窃盗、詐取、この司法ぐるみ泥棒も有る通りです」

司法の無謬、絶対正義、何処にもそんな事実も有りません、只の職業犯罪者国家権力集団です、自由主義経済、の意味も全く理解出来ても居ないとんでも職業犯罪者集団、が真実です。

言い掛かりを付ければ、常時正しい言いがかりだ判決も、常識外の外道

  • 2022/05/13 07:28

言い掛かりを付ければ、裁判官カルトが無条件で、弁護士が代理行為者、の形態をとり、吐いた言い掛りが、合憲、合法無く正しい、と常時判決が実際、司法犯罪状態化国家樹立実現。

いい掛りだから「当然ですが”正しい筈は有りません、只の言い掛りだから”法曹資格者なる、独裁国家支配者集団、と自己狂信、法務省らが、法曹権力は、憲法、法の頸木を外して有る、絶対の独裁国家恐怖支配権力集団!と、闇で憲法、法律規定破壊実現、も果たして居て、絶対神法曹資格者、司法カルト国家権力、を、強引に演出して居るんです」

何しろ「憲法、法律規定の破壊特権、まで闇で与えられて居る、現実がこれの法曹資格者、司法機関他共謀犯機関が、司法犯罪正当化の為、必要な犯罪全て公認、加担で、司法カルトが凶行する、テロ行為、犯罪を、正しいテロ、犯罪だ、と擁護まで日常的に、合憲、合法こそテロ行為、犯罪だ!ここ迄狂った、司法犯罪強制適法化実現です」

犯罪も、好き放題凶行して、刑事犯罪者責任抹殺、減免制度も「常時成功させられて居ます、犯罪を凶行して”正しく、傷害致死傷罪加害行為者、加害行為責任者が負うべき、刑事、民事責任大きく減じさせてある、免責で逃がして有るんです、司法犯罪を、こうして常時、合法犯罪だ、で押し通して有ります、司法が指揮したテロ犯罪行為で」

この、事実通りの司法指揮、合憲、合法根こそぎ破壊で成功させて有る、司法犯罪を正しく暴き、犯罪の詳細も暴いて公開して、糾弾されると、司法極悪テロ犯罪者国家権力集団、犯罪者責任逃れに突っ走るが『正しい司法犯罪だ、で押し通している事実、実例証拠を突き付けられるが、全く合憲、合法が犯罪で、犯罪が合憲、合法だ、と公式も何も、証明出来たためしが有りません」

医証を偽造させて、公務所他に発行させて有る「自賠事業を名乗る、公務犯罪、刑事訴訟法詐欺手続き制度、この犯罪を武器とさせて、傷害致死傷罪加害者責任、刑事、民事責任を大きく減じる、無責と決める、判決を、犯罪こそ正しい、と言う答えをでっち上げて、犯罪が正しい事の証明、説明無しで、判決を犯罪者擁護犯罪が正しい、と下すばかり、テロ以外の正解は有りません」

ロシアの蛮行と、日本の司法テロ犯罪と

  • 2022/05/13 07:07

ロシア軍は、ウクライナから強盗して居る、大量の穀物を、主中東各国や、アフリカ諸国等に「盗品穀物輸出、に走って居るが、ウクライナからの通報を受けた、輸出予定先各国は、輸入を拒んでいる、との事です、只の国家ぐるみの強盗団、と言う事でしょう、ネオナチ殲滅、とかいう、表向きの設定も何も、本性発揮ですよね」

表向きは、正しく優秀で、とかの設定だけど「実際の所業は”職業犯罪者、これが行為事実で出る正解、x族(DNA鑑定される訳に?)なる連中と連れ合い(本当の部外者)の、実際の程度、人間性、行為事実と根本から相似形と”嘘の大々的喧伝で、正しい国家権力、を偽装して居るだけ、が真実ですよね、報道カルトぐるみ、信用性ゼロと」

そして、この国の司法犯罪国家資格者、組織の、表と裏の、と同種と「大義名分を掲げているが、実際の構成員の資質は、職業三流はxx、この事実、証拠、と公徳心の完全欠落実態、まともな国家権力、構成員では有りませんよね」

国家権力に君臨して居るから、暴虐三昧、強盗も堂々と凶行が、当たり前とされて、凶行され捲り、通されて居るんです。

ロシア軍が「ネオナチ撲滅、ジェノサイドからロシア系住民を救出する、正義を実現させる軍隊、チェチェン、シリア他からかき集めた傭兵部隊も同じ、だのと、嘘にも程が有る法螺を、公に喧伝し捲って居る報道カルト、法螺喧伝芸人と同類達、このテロ集団の言動は」

日本の司法カルト国家権力、国家独裁機関の所業と同種です「犯罪を凌ぎの為、司法独裁国家権力悪用で”司法犯罪の場合は”適法な犯罪だ、と、合憲、合法破壊で、でっち上げで決めて通す事ばかり”憲法、法律を正しく遵守等、絵空事以下で法螺です”」

根っからの職業犯罪者集団、憲法、法律を正しく遵守、適用させて司法の持つ、独裁国家権力を正しく発動、有り得ませんから、現実として。

まともな人間、の範疇の人間なら「己の無能無知さを糊塗して、しのぎを得る為に、司法犯罪国家権力を悪用して、犯罪を、司法犯罪なら正しい事と、でっち上げで決めて通して居る、これが定番、とはなりません”隣家の車庫の屋根から、雪と氷塊を滑り落ちさせて、カーポート、家屋、物置等を壊した事件、被害者のカーポートの欠陥だ!!根拠証拠は無いが”と、損保と提携弁護士がでっち上げた、違う事を立証しろ!滅茶苦茶の極みですが、まだまともな言い掛かり、の範疇でしょうから」

表だって合否を争う等無理、司法犯罪はどれも同じ、根っこから犯罪、言いがかり故、詐欺師がまだまともと

  • 2022/05/13 06:46

自宅の車庫屋根から、大量の雪と氷塊が、隣家敷地に滑り落ちて、カーポート、物置、自宅等を壊した事故「ハウルの動く城!に強く感化されて?家は危険を察すると、自分の意志で危険から逃げる物だ、と?まあ、あの連中なら狂信しても?による?被害者に過失が有る、何故言えとカーポート、物置が逃げなかったんだ!の言い掛り事件、事故当時者、うちは解決した訳です」

結局損保、提携弁護士、加害側損保、提携弁護士(遺産泥棒の共謀行為にも、で、保護費詐欺も札幌市、司法、警察ぐるみ迄、の、と、医証公式偽造の公制度化達成も)被害者加入火災保険で「立て替え支払いしたけれど、不足分が出たから、この分を、で、事件当事者双方、修理業者との対決を消しまして」

損保同士で弁護士を繰り出して「加害側は”任意自動車保険の特約、日常生活事故賠償なので、任意自動車保険、対物部署が打って出て居ると”相対するのは、被害者加入の火災保険事業、損保ジャパン火災保険事業と言う」

まあ「この損保の事故当時者、工事業者とは関係無し、とした手法で有れば、当事者と工事業者、関係の無い、被害者過失の有無、過失割合、ハウルの動く城、と違って、落雪事故からカーポート他が、動いて逃げなかった事の被害者過失責任、幾らでも損保、提携弁護士同士で争ってくれても、ですから、当事者と工事業者、部外者として頂いての、損保、提携弁護士同士の戦いだから」

この事故で分かった事には「過失割合と言う、火災保険では通常有り得ない、言いがかりも”自動車保険の特約、日常生活事故賠償が適用であれば、持ち出されると言う事実”と、これはそうだろうと納得する」

建設後、設置後年数が経って居る家屋、構築物が、事故被害の回復工事実施により、建物、高額構築物の価値が上がるから「壊される前の状態で、減価償却がどれだけ適用されるか、古くなって堕ちていた価値が、事故被害回復工事により、価値を上げるのだから、原価落ち分、損害保険金支払いを減じる、と言う事です」

但し「家屋の被害に付いては”色々な評価方法が有りまして”一概に言えませんが、建設費高騰の時代なのと、解体処理費が大きく減額、火災保険では、が有るので、損害保険金が下りても、施主の負担無しで原状回復を果たせる、とは言えない時代です、巨額の追加工事金が、の場合が、と」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561185
ユニークアクセス:5726875
今日
ページビュー:1565
ユニークアクセス:1553
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed