エントリー

2022年05月20日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪を、同種の摘発された事件に持ち出すと、以後事件報道も消えると言う

  • 2022/05/20 19:24

司法極悪犯罪制度、絵に描いた犯罪なのに、司法独裁権力指揮、犯罪適法捏造制度故、犯罪が免責で逃がされて居る、と言う代物です。

@函館の医師が、実の父親の死亡診断書を、実際の死去日を7日以上遅らせて作成、行使した事件、司法犯罪、医証偽造で傷害致死傷罪加害者の、刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させて有る、公の司法犯罪の手口の踏襲なのに、逮捕された訳で、更に”この、死人を生かして置いた期間に、父親の預金を引き出した角で、再逮捕されて居ます”司法犯罪、他者の預金、遺産預金窃盗に成功したら、無税で泥棒が所有権を得た、とされて逃がされて来て居る、司法他犯罪手法の、これもなぞりなのに?

※函館中央警察署に、これは司法犯罪のなぞりだ、と通報して、函館地検にも、司法他者の預金泥棒、司法犯罪制度だとでっち上げて、凶行三昧を強引い実行して、成功させて来ている事実、証拠も送って有る、等伝えたら、報道も消えたんですよね?

@札幌方面白石警察署勤務の警部補が”道路に蹲って居た人を撥ねて、被害者さんが死亡した、傷害致死傷事件”この事件には”医証を偽造して、傷害致死傷罪刑事、民事責任違法に軽減、抹殺、犯罪制度”は、山本巡査も恩恵を受けて居る、公の犯罪者責任軽減、抹殺方法で、公に使われ、罪を減じている、免責して居る制度ですよ”同じ警察官です、共に医証を偽造して、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺とさせるべき”と、道警本部、白石警察署他に、公に法の下の平等を、先ず守れる国家制度化しろ、と訴えて有ります、で。

※以降の、白石署勤務警部補さん事件、ぴったり報道されなくなったようです?山本巡査と、基本同様の法破り、犯罪行為です、司法独裁国家支配者集団、なので、司法テロ犯罪に、頭の先まで浸かり切り、司法の指揮で凶行、国家権力の蛮行が、常に通る日本、ロシア等と、基本は変わらないと言う事。

国税局と裁判所、無能さが極まって居る

  • 2022/05/20 09:44

相続遺産に分類される、遺産該当対象とは何が当たるか?国税局、裁判所に、知らないだろうと思った上で、確認を取りました。

札幌国税局、酒井相談員ー自分で相続遺産と思う物を、遺産で計上すれば良いでしょう、債務遺産等で、後日一定補填される可能性が有る場合?国税は判断出来ません、他(;'∀')

札幌家裁相続受付-相続遺産がどれか?債務の扱いと、債務補填の可能性?家庭の問題で、遺産に計上はどれか等、裁判所が答える事では無いです?はあ!!相変わらず無能極まる、司法機関を謳うカルト犯罪国家機関、構成員だ。

札幌地裁民事受付ー相続遺産に付いて、何が遺産に該当するか?被相続人が負った債務を、後日損害保険で補填される可能性が有る場合、どう言う項目で、遺産計上すれば良いか?裁判所の範疇では無いので、自分で思う内容で、遺産目録を造れば良いでしょう!ほう、、。

無知無能を地で行っている、相変わらずの、無知無能振りです、呆れ果てるだけ無知無能のままで、こんな連中に「国家強制権力行使される等、論外過ぎますよね、うましかを超えた、自己狂信全能神集団です」

多分ですが「後日、一定額補填される可能性が有る、理由と根拠はこれ、とした、正の遺産範疇に該当する、損害保険金、では?難しいですよね?今まで無かった部分の、加害者が負った、賠償債務支払い金、後日補填目的、損保支払保険金だから」

賠償金支払い責任を負い、損保から補填される部分が有るらしいが、一旦全額、債務金を支払った、後日損保から、一部補填される筈、の相続遺産扱い、後日補填されても、遺産相続額に計上せず、で通りそうですね、何しろ「相続手続き完遂までの間は”幾らでも遺産を横領、窃盗し捲り、司法が指揮して居る、盗めた遺産は、盗めた都度、遺産目録を偽造して、遺産から消せばよい、裁判官が最後に、窃盗出来た遺産を、遺産目録から抜いた、偽造遺産目録を、正しい遺産目録‼と、都度決定して通して来て居る、現実だから」

遺産とは何が、何故遺産に該当となるか?社会主義独裁国家権力、が真実故、憲法第11,29条規定から理解不可能だから、聞くだけ無駄ですね、基本的人権侵害、個人の財産所有権侵害が悪、犯罪だとすら、本当に理解不可能な輩だから。

何処をどうすれば、傷害致死傷事件加害者責任を、医証偽造の手で軽減、抹殺出来る、に行き着くのか

  • 2022/05/20 08:43

奨学金未払い事例で、複数の保証人が付いている場合、民法の規定では「保証人の人数で債権額を割り、各々の保証人は、保証人の人数で割った額しか、補償債務支払い責任は無い、のに」

今までずっと「複数保証人が付いている場合も、保証人一人の時と同じく”誰か一人の保証人から、補償債務額未払い分全額請求、改修して来て居る、機構、これを認めて来ている司法、裁判官、政府”との事です、理由が」

保証人が複数付いている場合、債務者未払い額を、保証人の人数で割って、各々の保証人は、各割合額を上限とさせてしか、補償債務返済責任は無い、この民法規定を「法曹資格者、裁判官も含めて、が知らないから、複数保証人が付いて居ても、誰か一人の保証人から、全額回収して居て正しいと、判例も積み重ねて有るから、民法規定違反の判例が正しい、と言う」

合憲、合法が何か、見事に不知、理解不可能な法曹資格者故の「合憲、合法破壊が正しいと、判決を積み重ねて、判例だとでっち上げて通して有る、司法犯罪制度の一端でしょうね」

同じ司法犯罪には「傷害致死傷罪加害責任軽減、抹殺を目論んだ”被害者の主治医に命じて、医証を軽微な受傷、受傷は負って居ないと、常時捏造作成させて、公務所から発行させて有るから”常に、実際に負った怪我の程度は無関係で、偽造医証のみ作成、発行させて有るから」

基本、軽微な怪我、怪我を負ったと言う事実無し、この捏造公務所宛医証を武器とさせて「不起訴で逃がして居るし、対人賠償支払いも、踏み倒し放題出来ています、その上」

損保、提携弁護士、自賠責、労災事業犯罪診断が、主治医の医療行為、診断を強制否定出来る、最上位で絶対の診断である!この司法他、公権力犯罪診断のみ、強制適法でっち上げしか通さない、司法指揮犯罪診断絶対制度もでっち上げて有るんです。

合憲、合法が何か、ほぼ知らず、理解も出来ない法曹資格者は「テロ、犯罪が正しいと、判決を重ねて”合憲、合法破壊判例捏造に狂奔して居ます”これが司法なる、絶対正義と偽って居る、独裁国家権力の真実です」

複数保証人が居る場合、債務者が未払いとして、保証人に請求する限度が有ると

  • 2022/05/20 07:40

債務者に対して、連帯保証人、保証人を”複数付けて有る時、債権者は、保証人への未払い債権回収目的請求”の限度は、保証人の人数の割合を限度とする、民法の規定だとか、民法を調べたが、まだ条文等分かって居ませんが、奨学金未払いによる、複数保証人を付けた件で、機構が保証人複数の一人から、未払い分補償金全額回収して居る事が違法だと、複数付いている保証人で、一人が全額回収された事を、不当と訴えた民事裁判で、持ち出して通った判決、により、知りました。

連帯保証人、保証人を、複数付けてある場合「保証人の人数で債権額を割り、その割合金額しか、各々の保証人には、代理支払い責任が無い、と民法で規定されて居る、知って居る人、どれ位居るんでしょうね?」

札幌地裁、高裁判決で、この内容の訴えが提起されて居て、裁判官が、判決で認めて居る訳で「今まで複数保証人が付いて居ても、未払い奨学金全額を、一人の保証人から機構が回収して居る事を、司法、裁判官が良しとして来た、理由は”法を犯す判例?をでっち上げて”法の規定を強引に無効とさせた判決が根拠で?適法な、奨学金未払い額全額を、複数の保証人の一人から回収行為だ、判決を積み重ねて通して来て居る、と言う事だと?」

札幌高裁裁判官の言い草「今後、複数の保証人が付いた借金未払い分、保証人から回収行為に関して、保証人複数の場合、保証人の人数で割った額しか、各々の保証人には、補償債務代理返済責任は無い、複数保証人が付いているのに、一人の保証人から、未払い債務全額回収した事は違法、との判決を重ねて出して、判例としなければ(民法の規定を)採用出来ない、とか言って居るようです、が」

毎度おなじみの、憲法、法律規定等知るか、法曹資格者、司法がでっち上げただけの「説、論、法律は神話理論?が根拠の判例絶対、が根拠だ、ですからね「法曹資格者、司法には”憲法、法律規定は、理解の他故無いのと同じ扱い、効力を生じさせられないんです”ロシアに国際法等が通じないのと同様です」

独裁テロ犯罪国家権力で、自国の正しい常識、憲法、法律等理解以前の、裸の王様独裁国家支配者は、己の独善が全て、と言う事です。

法曹資格者は無知無能、これで刑事、民事訴訟法も強制指揮

  • 2022/05/20 07:18

奨学金未払い者の保証人に、奨学金を貸し付けして居る機構が、被保証人、奨学金を借りている債務者の未払いを理由として、補償している債務金を、代理で返済させるに当たり「連帯保証人に加えて、保証人も付けて有る事例で、保証人に対して、未払い分の奨学金全額を、機構が請求して、未払い分の奨学金支払いさせた事が、民法の規定に反して居る、この場合、保証人の人数で割った、保証人各々が負う分しか、代理返済責任は無い、と、民事訴訟で訴えた事件が有るとの事で」

札幌地裁は「この訴えを認めて、機構に奨学金未払い分回収済み額の内、余分に回収した額を、利息は免除する故、実額返済せよ、と判決を下して居て、札幌高裁に控訴して、高裁は、余分に保証人から回収した、奨学金未払い額の内、余計に回収した額に、利息を乗じて返還せよ、と判決を下した、との事です、が」

この裁判の経緯も「法曹資格者、裁く裁判官が、あまりにも無知で、民法の保証人による、代理返済責任割合、これを知らない故”何人保証人が付いて居ようとも、誰かに未払い奨学金額全額請求して、支払わせて来ている”機構の法律違反行為も、全く法に無知だから、指摘されて来て居るが、理解不可能で”」

どうも「判例を造って有る、保証人が複数いる場合も、どの保証人に対してでも、未払い奨学金全額請求して、全額回収して良いのだ!民法規定は知らないが、判例を造って有るから正しい!」

これを根拠?と強引にして”保証人が複数いる場合、債務代位返済責任は、保証人の人数で割った額しか、代理返済義務は無い”民法の規定違反回収を、強制的に適法と認めて通して来て居る、らしいですね」

法律規定を突き付けられても「法曹資格者は、法律、その上の憲法規定等無知で知らないし、理解出来ない事にも気づけず”合憲、合法は犯罪、法に反して居る、犯罪適法判例が正しい”これのみで判決を下して、法を破壊させた所業が正しいと、強引に捏造を重ねて来て居ると言う事の、実例の一つと」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6225529
ユニークアクセス:5393421
今日
ページビュー:1413
ユニークアクセス:1396
昨日
ページビュー:2654
ユニークアクセス:2653

Feed