エントリー

2022年05月25日の記事は以下のとおりです。

普通の損害保険商品とは、犯罪に直結して居る、損害補填外商品

  • 2022/05/25 07:49

昨日午後、札幌の担当税務署資産課税部門に連絡を入れて、日常生活賠償特約、なる損害保険商品の実際、も、事実を持ち、詳しく説明しました、近日中には「この損害保険商品の、根本の違法性も証明した、他証拠コピーも添えて、損害保険金支払いは、損害の補填故、納税対象外との、普通はそうとなる事から除外では?等を調査も、としました」

損害保険金支払いって「損害が生じて、損害を金銭換算証明出来た分、を軸とさせて、該当する損害保険事業が”被保険者該当者”似、損害保険金を支払う仕組みです」

通常は「損害保険金支払い対象債権者、被害者が、被害を金銭換算証明出来た分、これが損害保険金支払いの根拠だから”被害者の債権者が、損害保険金を受け取れる権利者”と錯覚?しますけれどね、実は多くの損害保険、特約」

被保険者該当は、加入者側のみで、過失による被害を受けて、被害を金銭換算証明出来た被害者、被保険者非該当です、だから「被害者には、加害者への損害賠償債権請求権が有る、だけで、加害側損保には、何の権利も有りません、部外者です」

で、被保険者の加害側は「被害者に、過失で負わせた加害行為に付いて、金銭換算した、加害行為賠償債権債務証明を出させる、等して、損害賠償債務者、被保険者として、該当損保に、賠償債務金支払い請求すると”被保険者の加害者は、損害賠償債権を持つ被害受け者では無い”が、損害の補填名目、保険金を受け取れる訳です、損害保険金を受け取れる根拠には”被害者への賠償金に充当が必須”等の条件、無いから、多くの場合」

この損害保険金受領、被害の充当保険金受領、では無いのです、公序良俗に反した「他者に過失で、金銭換算証明出来た被害を加えて,証明証拠を手に入れられた、加害者の被保険者が”被害は無いが、損害保険金を、無税で受領出来て居る”と言う、公序良俗破壊、の損害保険金受領です、無税扱い?損害の補填でも無い保険金受領なのに?他者に与えた、第三者行為か外による、金銭換算証明が取れた債務、が証明出来たので、被保険者の加害者、債務者に金を渡す?不法利得でしょうけれど、しかも無税と言う」

被害者追い込み、損保、司法犯罪の常、不当追い込み、詐欺捏造も

  • 2022/05/25 07:26

損害保険が適用となる、としても、被害者が被保険者で扱われる、とも限らず、加害側が、被害者に負わせた損害賠償保険金受給権、が、損害保険の基本、自賠責、労災事業は、国の強制保険事業だから、被害者が被保険者、これが基本、民間損害保険、共済は、被保険者は、被害を受けた側、では有りません。

民間の損害保険は「過失により、金銭換算証明出来る被害を生じさせた場合、特約で、自然災害被害を受けた場合、も有りますが”被保険者適格者は、被害者とはなって居ません”被害者は、あくまでも、損害保険金支払いが出来る、しなければならない事を、金銭換算被害でも、証明出来た立場の側、この被害証明が、損害保険金支払いの、根本証明、なだけです」

自賠責保険は「国の強制保険事業なので?法の規定では”加害責任者が、被害者に負わせた賠償債務金支払いした、証拠が有れば、加害側で、賠償債務支払いした側に、支払った損害賠償債務金に付いて、補填支払いします、が”民業の損保には、この規定も、実は存在しないと言う、ほぼ」

被保険者、加害者には「過失で他者に、金銭換算証明出来る被害を加えたなら”被害者に負わせた被害換算金額の証明を揃えて、損害保険金支払い請求すれば良い”となって居るだけ、です、原則こうですので」

被害を負わされた側には「加害行為責任者が負って居る、損害賠償債務の支払いを求められるだけ、で有り”加害者側の被保険者が、被害者側から、被害を金銭換算した証拠を取り付けて、損保に被保険者だから、支払い請求すれば”別に債務補填等不要で、被害者に秘匿ともさせて、損害保険金名目だけど、金銭換算出来る、他者からの過失行為での被害、受けて居ないけれど、被害者が負わされた、過失事件による、被害金を、加害者被保険者が、闇で受領出来るのです」

犯罪を、過失で扱われる内容で、加害責任者となって実行、被害者から、金銭換算出来た、被害者賠償債権証拠を、加害者被保険者は入手して、被保険者該当損保から、被害金証明分、損保が決めた金額を軸で、支払いを受けて、利得を得られるのです。

三井住友が、日常生活事故賠償特約損保、の自然災害事件、三井住友も「加害責任者のみに、日常生活事故賠償保険金支払い、が鉄則で、支払いして居ますしね”当社で、加害者に工事金を支払って頂いて、三井住友に、これ等証明書写しも添付して、請求としたけれど”不当利得の類いは、どうもなので、あくまでも、当社の良心でです”悪の損保、司法と違うので」

過失となる犯罪加害行為者に、被害者の被害金、の性質の保険金が、過失犯罪行為者が儲かる

  • 2022/05/25 06:58

任意自動車保険、火災保険、個人賠償保険、日常生活事故賠償特約、これ等の損害保険商品に関しては「これらの損害保険金支払い実現、の根拠は”該当する、対人、物損被害が、金額換算で証明がなされれば、損害保険の規定で保険金が支払われる”けれど、被害を受けた側に、損害保険金が支払われる”となって居る訳では有りません」

じゃあ「どう言う立場の者が、該当する事故事件の被害が有り、金銭換算証明出来た分を軸とさせて、損害保険で算出した?保険金支払いを受けられるのか、と言うと”被保険者に該当する者が、保険金を受け取れる権利者”とされて居ます、被害者が、全て被保険者に該当、では全く有りません」

被害を受けた人が、被保険者不該当で有れば「該当損保は、被害者と一切関われませんから、加害側が、被害者に負わせた、過失とされた加害行為が原因での、金銭換算証明出来た損害賠償債権は、これ等損害保険から、補填支払いされる事も有りません、そういう損害保険商品です、受領出来る権利者は」

被保険者該当者であり、過失で加害行為者とされた者、が、損害保険金需要資格者なのです、過失で加害行為を、他者に加えて、金額換算出来た、被害者が加害者に持つ、損害賠償債権、の補填話されず、加害者が負って居る、損害賠償債務に関して、加害者の被保険者、債務者に、証明出来た、損害賠償債務金が、損保らの制度で決めた額、損保から支払われます、被害者は完全な部外者、損害金補填は、加害者次第、これだけです。

過失区分で、他者に金銭換算出来る、犯罪行為危害を加えると「特に個人賠償関係損保商品から、加害者側被保険者が、犯罪被害を他者に加えて、金銭被害を生じさせた功績?により?加害者が、不法と思える損害保険金を受領出来て居ます、犯罪で、加害者が、不当に被害者に負わせた、損害賠償金名目だけど、実際には被害者は無関係、加害者に、被害者の被害金分、保険金が闇で支払われると言う」

加害責任者、被保険者は「上手い事被害者の、過失犯罪行為被害を証明して”加害者の被保険者特権で、損害保険金を掠め取り”被害者には、泣き寝入り等強要他、現実の、この所業に走って、法に拠って居ない、不当利得を手に入れて、免責根拠も公式に存在して居ますし」

加害行為者が、被害者に与えた金銭換算被害金を取得、合法な損害保険金収入と言う

  • 2022/05/25 06:31

日常生活事故賠償、第三者傷害賠償損害保険、法律の規定で「被保険者は、加害行為者であり、被害者では有りません、任意自動車保険も、火災保険も、被保険者は”加入者側だけで、第三者の被害者は、被保険者不適格です”が」

日常生活事故賠償、第三者賠償等の損害保険金支払い条件は「第三者に対して、対人、物損加害行為を、過失で加えて、金銭換算出来る被害を加えた時、被保険者の加害者に、被害者に負わせた加害行為被害を、金銭換算して、被害者が受けた被害に付いて、金額を証明出来た分、加害者、被保険者に支払われると言う、過失で犯罪、違法な第三者への加害行為を加えて、被害金額証明出来れば、加害行為者が、被害者が負った金銭被害分の、損害保険金を受け取れると言う、論外な損害保険商品です」

この損害保険、任意自動車保険、火災保険(の日常生活特約も)と同様、あくまでも被保険者は、加害側の立場で、被保険者適格者だけで有り、被保険者の立場の者から、上記損害保険から、被害を金銭換算、証明出来た債権補填は、証明が有れば、請求権が有り、債権支払いを受ける権利が有るけれど、上記損害保険から、受けた損害の補填保険金支払いは、受けられません。

これ等の損害保険、特約、任意自動車保険は「自賠責国家強制保険が先ず有る事と、法の規定上だけなって居る、実際には、自賠責保険も、被害者請求拒否!加害者と任意損保以外に、自賠責の保険金も渡さない、自賠法公式無効化を果たして有るけれど、と言う現実と、法の規定だから」

上記損害保険は全て「加害者が負った、過失加害行為により、被害者に負わせた、金銭換算証明出来る、被害者に加害者が、法の規定上は持つ、賠償債務の補填支払いを、加害者の被保険者に支払うのみ、が現実の損害保険事業です」

ですから「加害者、賠償債務者とすれば”被害者への賠償債務支払いせず、支払う資力が、表向き無いなら特に”被害者に負わせた、過失による加害行為で生じさせた、損害賠償債務金補填名目、損保からの支払いは、損害を受けて居ない加害者だから、不法と言える利得なので”満額払われなくても、一向に構わない訳です、不法な利得区分の保険金受領なので」

この損害保険は「他者に過失で加害行為を加えて、被害者に、金銭換算被害を生じさせれば、加害者が、過失で被害者に与えた、金銭換算、証明出来た、賠償債務損害保険金が、加害者に支払われる、不法と言える利得が得られる、損害保険商品なのです、犯罪を助長、誘発させる、悪質な損害保険商品です、犯罪行為を、過失扱いされる内容で、他者相手に加えて、金銭被害を齎させれば、加害者が、被害者に生じさせた、賠償債務金補填を受けて、不当な利得が手に入る損害保険商品、犯罪を、公に助長、誘発させる、損害保険商品です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678304
ユニークアクセス:5842909
今日
ページビュー:1252
ユニークアクセス:1245
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed