エントリー

2022年05月28日の記事は以下のとおりです。

建設残土が出たら、が現実に

  • 2022/05/28 17:16

建物を解体撤去して、大きな廃棄物は除けて処理するが、土砂等と混ざった、細かい廃棄物は、除けて適正処理は、無理です、ですから、施主様の敷地を掘削して、こう言った、所謂産廃区分、廃棄物土砂が出て来られると、非常に困るんですよね、廃掃法違反が適用されるし、掘った業者が埋めた訳でも無いのに、処分責任が来るし、処分費が高額だし、施主に請求も、だし。

法律規定では、一義に地権者が、産廃土砂を適正処理する、業者にさせる責任を負って居ます、が「そう言われてもねえ、、巨額費用が要るし、出せるとは限らないし、出したくないし、埋めた建設業者が負担する事は、ほぼ望めないし」

小樽市幸2丁目18-39民有宅地にも、隣接する、18-44国有農地を、建設廃棄物残土、産廃を大量投棄して、長年違法埋め立てを重ねて来て居て、民有地も違法埋め立てし捲って有ります、この環境犯罪は、農水省と道庁、後志振興局、小樽市役所共謀、確信犯罪です、行政権限を悪用して、責任逃れ、責任転嫁に走って居ます、産廃は見当たらない、仮にあれば、行為者に指導するだの」

お前等が行為責任者だ、無条件で、虚偽公文書発行で、事実を糊塗して責任逃れ出来る訳が無い、訳ですが「他の土地で”建設産廃土砂が出たら、道庁、後志振興局、小樽市役所管轄土地で、公有地と、隣接民有地に運んで投棄して”違法な国道造成だ”と言い張れば、廃掃法違反、不動産侵奪罪共、免責される実例、証拠となって居ます」

愚かな役人連中です「こいつらの愚行により、廃棄物不法投棄も、法の規定破壊が実現されてしまっていて、正しく統一で、廃掃法違反、不動産侵奪罪適用は不可能、この事実からも故意に目を背けて、事態の悪化を加速させて居るのです」

環境犯罪実行犯、農水省、道庁、後志振興局、小樽市役所共謀、公開環境犯罪、国の廃棄物不法投棄禁止政策、破壊して通そうと必死、ですから困った物ですが。

折角工事で出た、同様の産廃建設残土です?小樽の事件現場に、正しく運び、埋め立て出来る筈、公文書も有る通り。

遺産相続問題

  • 2022/05/28 16:50

日常生活事故賠償、この損害保険商品”も”あくまでも被保険者と、加入損保、共済との間”だけ”の、損害保険支払いに関わる契約で有り、過失行為により、誰かに金銭換算出来る被害を加えたと言っても、被害者は、被保険者とは限りません、部外者の第三者の場合が普通、でしょうね。

任意自動車保険、あの商品も「被保険者と損保間、だけの契約、両当事者で有り”部外者が被害を受けた相手なら、任意自動車保険、加害側損保は、被害者とは何の関係も持てません”これが正しい法律の規定です、なので」

刑事、民事訴訟法手続きに於いても「損保提携弁護士、事件担当裁判官は”加害側任意損保だと、証券証拠等を、加害側任意損保である証明の為、出させる事を、強権発動で潰すのです”加害側任意損保が、部外者である、被保険者の加害者側の利害関係者、被害者と、加害者が負って居る損害の賠償債務の扱いで、打って出る合法根拠も無いから」

法令違反、と承知して居るのですよ、弁護士、検事、民亊、刑事担当裁判官も、損保同様に、法を犯した刑事、民事訴訟法手続きを、この国家権力は、恒常的に行って通して居ます、加害者、加害者側任意損保は契約関係者ですが、部外者の被害者は、加害者側としか、当事者関係も無いし、加害側損保とは、何の契約関係も無いから。

日常生活事故賠償も同じ、任意自動車保険で、法に反して「加害側損保だと、証拠を出せず口頭で言うだけで”弁護士、検事、刑事、民亊担当裁判官が、その通りだ、証拠を出さずとも良い!”で押し通して居るのは、前段と言う設定で、自賠責事業が稼働、適用されて居る事に、有耶無耶で便乗を、強引にしているだけです」

日常生活事故賠償は「前段設定で、自賠責事業が適用、稼働されて居る、この言い訳が無いので、この事実を突かれて、何の言い訳も出来ない事態に陥って居るのですよ、法を根本で犯して居る損保、司法カルト連中」

日常生活事故賠償特約適用事件で「被保険者の加害責任者が、この特約適用手続きを行って有る上で死去、さて損保、司法は、どう対応するやら”加害者側が被保険者、被害者からの、被害を金銭で証明した証明は、被保険者側と、損保に提供しました”支払う先は加害者、だけど”相続人に、被害者に負わせた過失加害債務、遺産債務補填名目保険金、渡せるのか?被害者に払わずで?しかも、損害の補填名目、加害者が、加害行為で負った債務を支払う必要無しで、犯罪の類いの収益獲得、だと」

犯罪者が犯罪で収益獲得、司法犯罪の常、犯罪収益故、脱税も組み込み

  • 2022/05/28 09:58

司法犯罪の常、犯罪行為者が、犯罪行為を行う事で、犯罪収益を得られて、犯罪収益を、無税で(そうだろうけれど、犯罪収益、没収が法の規定だし)犯罪行為者が手に入れて逃がされて居る、日本の司法犯罪の常套行為です。

犯罪者が、犯罪によって、利を得られて逃がされて居る「他者の預金泥棒もこれだし、遺産預金泥棒も、同様の犯罪ですから、司法が強制適法化、の犯罪です、何処にも適法根拠も無しで、ですよ、司法の極悪さ故です」

犯罪で利を得られる、司法犯罪制度は「刑法第19条から適用なので”徴税対象外の、犯罪で得た利得、で扱われて居ます”徴税するなら、最低3割、地方税2割徴収だから、又」

犯罪で得た利得だ、と税務申告は無理、合法な収入と、表向き偽る必要が有るんです、司法犯罪だろうとも、ですが「犯罪を武器とさせて有るから、表向き合法税務申告、出来ませんので”徴税逃れとされて居ます”司法犯罪ですから、合法徴税したら、司法の犯罪が拙くなるから」

過失致死傷罪適用犯罪加害者を、医証の偽造で、刑事、民事責任軽減、抹殺を常時成功させて有る、司法極悪犯罪も「犯罪を武器とさせて、合法な対人賠償支払い逃れも成功させて有ります、犯罪で収益を得られて居ます、悪質極まる、司法他国家権力共謀テロ犯罪です」

司法、裁判官が「刑事、民事訴訟法手続きも含めて、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺の武器で、国が公式犯罪軽減、抹殺の武器で活用が、偽造させて有る医証です、何通りもの、診断等が全く違った”主治医発行医証、医師でも無い、自賠事業、損保、弁護士、検事、裁判官犯罪診断が飛び交い”犯罪で加害者責任軽減、抹殺用の、捏造医証を、都合で合法医証だ、と、合法無しで判決にも公式使用して居ます」

この医証偽造、が武器の、司法犯罪傷害致死傷罪責任軽減、抹殺の手口、実例証拠を、山本巡査は使われ、恩恵を受けて居るが、白石署警部補は、この医証偽造で、傷害致死傷罪刑事、民事責任軽減、抹殺の恩恵、あまり受けられて居ない訳です、おかし過ぎる現実です、法曹資格者、司法機関、厚労省、医師と医療機関、損保、揃って打って出てしかるべきだし、医証を偽造して、刑事、民事責任軽減、抹殺しろ!と、公に打って出るべきですから。

損害賠償は、犯罪で踏み倒しが司法他の日常、賠償潰しなら、犯罪が自由に認められて居る故

  • 2022/05/28 09:28

損害賠償となれば更に、司法極悪犯罪制度?が大っぴらに稼働させられるので『正しく損害の賠償をせず、犯罪で賠償を潰して正しい!司法他が仕組み、凶行三昧の事実、損害賠償は、犯罪を武器とさせて、不当に踏み倒す事が正しい、この目的を果たす為であれば、どんな犯罪でも、公式に認められて居る、司法が指揮して、これが実際、強制的に通されるばかりとされて居ます、何しろ、テロ司法がでっち上げた、国家権力犯罪ですから、正論でこの司法主犯犯罪に立ち向かわれれば、犯罪司法らは、逆上逆恨みに暴走します」

悪行に走って居る事は、理解して居るからですよね、逆上、逆恨みに走るのが常、確信司法犯罪でしょうね、悪事と承知の上で「虫けら平民如き、神の司法に適う訳が無いと、本気で高を括って居ます」

日常生活賠償、特約が、この犯罪者が、過失犯罪に手を染めて、被害者から、被害を証拠書面で証明出来た、被害者からの証拠を、加害側が手に入れたら「後は、自分が加入している損保から”被害者に負わせた損害賠償補償金名目、のお金が”加害者に入って来ると言う、犯罪行為に手を染めると、上手くやれば儲かるよね?」

この特約を稼働させて有る上で「被保険者、加害者が死去の場合”法律規定では、被相続人に対する、正当な相続人が、加入者、被保険者が死去しても、当事者は被相続人で、損害保険支払い手続きを、生前の内に”とっくに行って有るから、損害保険は、稼働して居る訳で、相続人は、この損害保険処理まで、も相続受け対象です、そんな損害賠償債務、債務補填損保支払い等、相続に無関係だとは、法の規定上、出来ませんけれど」

無能無知、犯罪者そのものの法曹権力、司法機関、損保事業だから「この犯罪行為者が、犯罪を行う事で、不当な金銭的利を得られて居る、損保犯罪も、どんどなく質化させられて、過失区分の犯罪を、どんどん国中で、の事態に見舞われて当然と、今までがこうだから、司法犯罪適法決定、判決が武器で」

合法な損害賠償をせず、逃げられるようにと、犯罪を認めて、合法な損害賠償支払い叩き潰しが常時成功、司法、損保ら共謀犯罪事実、証拠、相続遺産、遺産金は、司法犯罪により、無税で泥棒が、犯罪で手に入れた遺産を所有出来て来て居る、極悪司法犯罪が、日常生活賠償特約で、合体の犯罪商品となって居ます。

過失区分犯罪に手を染めて、被害者に金銭被害を与えれば、加害者に被害補填名目で保険金が、債務支払い不要で

  • 2022/05/28 09:05

過失区分の違法行為、犯罪行為者になり、被害者に金銭的証明出来る被害を加えて、被害者から、損害賠償金額の証明書を、加害者が手に入れれば「何と、加害者が、被害者に負わせた損害賠償金の内、加害者加入損保が認めた金額を、被害者へも損害賠償金補填金、と言う設定で、加害者には、賠償支払いに充てる必要も求めて居なくて、加害者に支払われると言う、損害保険商品なのです」

この、公序良俗に反した、犯罪を行うと、加害者が金銭的に、直接利を得て通ると言う、とんでも損害保険商品に関しては「税務署も”まさか過失により、被害者に金銭で証明出来る被害を加えた、加害者側が、被害者に負わせた金銭被害の補償金”を、債務不払いでも、受領して通る、損害の賠償支払いでは無い、法に反した利得だとは、思いもしない訳です」

過失による加害行為をしたら、被害者に負わせた加害行為による、損害金証明出来た債務に付いて「債務者は、債務支払い不要で、債務補填金だとして、加害者に闇で損害保険金が支払われて居る、債務者、加害者は”損害賠償債務補填、損害保険金が、加害者に支払われた事を隠蔽出来るから”被害者の損害賠償債権補填等、別にせずでも通って居る、法に反した、不当利得獲得用の、損害保険商品と言う事です」

過失により、被害者に金銭被害を与えて、被害者が被害を金銭で証明出来た、証明書を加害者が被害者から提供されて、加害者が損保に請求、被保険者は加害者だから、損保は、法による?既定の金額を、加害者に「加害者は負って居ない、損害の賠償補填金、と言う名目で支払う訳です、被害者は、損害賠償債権支払いを、受けられる保証は、この損害保険商品でも無い!加害者が、加害行為で不当に金を無税で得られて居る、恐ろしい損害保険事業です」

過失により、他者に金銭被害を証明出来る被害を加えたら、加害者が、被害者に負わせた損害の賠償保険金を受領して、被害者に負わせた損害の賠償金支払いせず、でも逃げて終わりと出来る、損保から貰った損害保険金名目のお金は、只取り出来て通って居る、近代法治国家日本、嘘も極まって居ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678389
ユニークアクセス:5842994
今日
ページビュー:1337
ユニークアクセス:1330
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed