エントリー

2022年06月02日の記事は以下のとおりです。

現場調査後の

  • 2022/06/02 17:39

当社の請負工事現場、施主様のお宅の舗装工事は、建設瓦礫で路盤造成されて居た件、今日警察官二名、札幌市役所環境局職員四名、私が集い、舗装を一部カットして剥がして、舗装路盤に建設瓦礫が入って居る事の確認をしました、の後の結果は次の通り。

警察は「産廃瓦礫埋設から15年位、廃掃法違反は時効なので、警察はこれで終わりますが、記録は残して置きます」

札幌市役所は「当社が全体の一部に付いて、舗装を剥がしたら、建設廃材で舗装下地が造って有り、大量だし、搬出自体法律で禁じられているし、民か敷地で分別処理は、現実的に不可能だし、再埋設して、上をコンクリート舗装した事は、止むを得ない措置です、建設瓦礫撤去責任は、地権者が一義に負って居ます、御社に責任は有りません」

と「一部舗装をカットして、産廃瓦礫埋設を証明した後”廃掃法規定では、再埋設禁止、で、産廃が埋まって居る事を承知で、埋め戻して舗装で覆う事も、当然禁止、全ての産廃瓦礫を掘り出して、分別処理が必要ですが”現実に不可能なので、掘り出した分だけ投棄して、再度合法な砕石で埋め戻して、舗装を修理願います、全体に付いては、記録を残しますので、地権者さんの責任で、家の下も含めて、廃棄物除去して頂く以外方法が有りません」

と言う結論でした、まあ、実務的には、こうするしか有りませんから、家も壊して、埋まっている廃棄物全撤去、は不可能だしね。

この結論、小樽の事件に直接反映されます「地権者が、自分の土地に投棄されている廃棄物撤去責任を負う、と言う事の、正しい実例証明が果たせました、当然の答えです」

さて、こうなった以上「農水省、道庁、後志振興局、小樽市役所、今まで出した公文書の記載も含めて、国有農地と民有宅地に、長年大量の建設廃棄物残土違法投棄、違法な道路造成させて来て、合法な撤去、隣接地への崩落防止工事の求め拒否、責任を、どう取る」

耐荷重限度

  • 2022/06/02 08:20

屋根からの雪、勾配によって滑る事で生じる、落下しようとする力って、どの位なのでしょうね?凄い圧力なのはわかるんですが、数値で出す事は、状況が多様で困難極まるんですよね(;'∀')

屋根から滑り落ちようとする、雪と氷の落下を食い止める為の設置設備、耐荷重限度がどの位なら、雪と氷の重さと分量が、どの位であれば、予想した施工で、落下、滑落を留めて居られるんでしょうか?

まあ、全く降る雪を下ろさず、積もらせ続けて居れば、想定した設備では、ずっと滑落防止は、きついのでは?と思って居ます、が?

カーポートの柱四本を薙ぎ払い、横に倒して、家に屋根がぶつかって、壁を壊して、トン単位の重さの屋根の雪を含む重さが、裏の物置に乗っかって掛かり、物置も潰されて、傾いて、他損壊事故。

滑落を食い止める為の、トタンの櫨に挟んで留めてあった、金属製の雪止め金具毎、屋根の上の雪と氷塊は、滑落して居ました、数トンの重量分。

こう言う工事って、荷重をどこで受けるか?ここが先ず重要です、大金を掛ければ、別途の雪防止柵を構築出来ますが、そういう訳にも行かないからねえ。

とても難しい問題ですが、どうなるやら、壊れた骨頭、大腿骨骨頭部は、当然元のような機能は回復せず、ですから、どうやって、誰が出、も大きく立ちはだかっているしねえ。

暑くなれば良いのだけれど、一定の時間、寒くなると一気に悪化します、とてもきつい大怪我の結果です、元に戻る事は有り得ないし、騙しながらしか有りませんからねえ、この体と付き合って行くしか無いから、その上での模索で。

物理的問題は「虚偽の答え、虚偽記載公式文書、虚偽が正しいと記載証明書で、虚偽が事実で正しい、とはならないのです」

偽造医証を武器とさせて、傷害事件対人被害賠償も、不法手段で踏み倒し常時成功他

  • 2022/06/02 07:51

函館の医師は、実父が死去を知り、自分が経営する病院まで運んだ上で「実父の死去日を、実際の死去日より、7日を超えて後の日を、死去日とした、死亡診断書を作成して、公務所に発行して、父親を生かした間に、父親の遺産預金、300万円を、父親に頼まれた、との設定で、北洋銀行から横領しました」

この事実、証拠が用いられて、函館の医師は「死亡診断書偽造、公務所宛発行、使用行為と、死人を法を犯して生きて居る、と偽り、父親の医師と言う設定で、父親の遺産預金を300万円引き出した事で、二回逮捕されて、報道されて居ます」

一方「傷害事件加害行為責任者の、正しい刑事、民事責任を軽減する、抹殺する、黒い目論見により、捜査機関用診断書は、正式な傷害事件、で扱われないようにと”事実無視で、交通事故受傷の治療期間は、7日~21日以内に留めて有る”加害者の刑事、民事責任逃れが目論見で有る、これ等事実が、公開証明出来ているし、この極悪犯罪の手が常時成功させて有るから”」

対人被害者、患者とされた側の人は「医証を軽微と、事実無視で作成されて、警察、司法が採用して、判決、決定を、偽造医証が根拠と、一応決めて、合法賠償潰しが正しい、要に捏造して通すのみ、この事実、証拠も有るからくりで、合法を果たした、人身事故受傷被害賠償の回復は、不可能と強引にされて居ます」

傷害事件で負った怪我は、主治医の医療行為、診断が正しい、大前提で「加害者の刑事、民事責任抹殺、加害者の刑事処分軽減、抹殺目論見と、被害者に合法な、対人賠償支払いせず逃げる目論見が主たる理由ですからね、れっきとした、公権力が損保の下僕に堕ち切った事による、司法、警察、監督官庁共謀犯罪です」

傷害事件被害患者は「加害者責任が大原則で、主治医の医療行為、診断が正しいとの前提で、主治医らの診断に沿い、正しく対人被害賠償が受けられる、法の規定では、なのが、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺目論見で、国として各裁判所、裁判官連中にも、傷害事件が起きた後、加害者の刑事、民事責任抹殺、軽減目論見での、主治医が医証を偽造、行使で基本不起訴で逃がして有り」

合法な対人賠償潰しも、闇マニュアルの設定に沿わせて、不当な踏み倒しを成功させて有る、私が詳細に暴き、公開して有る事です、函館の医師、何故逮捕されたんでしょうね?この現実なのに、遺産預金は泥棒に成功すれば、無税で窃盗利得入手、司法他犯罪公開事実も有るんだから。

公権力を悪用して、脱法、犯罪適法化に暴走が、何時までも成功する訳では

  • 2022/06/02 07:30

司法、行政が、持てている公権力、国家権力を悪用して、根本が脱法、犯罪なのに、適法な犯罪だ!こう、虚偽、虚言を武器とさせて捏造して、最後は国家権力の立場を悪用した、犯罪適法だ、公の文書も持った答えを出して、脱法、犯罪適法化実現、を目論んでも。

物理的な犯罪行為は「適法な犯罪だ、と、物理的に犯罪が、正しい犯罪に変わる訳は有りません、犯罪である証拠と、犯罪を適法と捏造した証拠と、関係する憲法、法律規定と、同様の行為事実を、正しく犯罪で扱った実例、証拠と、揃えて糾弾すれば、脱法、犯罪は、その通りと答えが出ますから」

札幌医大付属病院、村Ⅹ医師による「診療録、診断書記載が適応せず、等問題も同じです”加害者側任意損保、三井住友からこの医師は、患者無視で後遺症診断書作成、三井住友に送るよう求められたとして”後遺症診断書との表題、自賠責審査用医証と言う設定の、この診断書を作成して、三井住友に直送した訳ですが」

他にも違法が有るが「検査技師による、感覚?検査実施を、後遺症診断書名目診断書に書いて居るけれど”カルテには、この検査実施は記載が無いです”じゃあ、医療費請求は?行われたのでしょうか?カルテにも無い検査実施に関して、医療費請求は、行ったんでしょうか?」

これ等の問いに、札幌市保健所は、合法なカルテ不記載、診断書に記載された医療行為、医証記載、記録と言うばかりで、合法根拠等、何も正しい答えは出ません。

山本巡査側も「北新病院主治医は、加害者責任を減じる、抹殺する目論見による、警察用診断書7三位で治療終わり、と、事実に拠らない診断書を作成して、捜査機関に対して発行、この事実と”自賠責審査用と記載された、実は民間損保が取得、国交省事業診査用、医証謄本と偽り、只のコピー紙を、正しい医証と言う虚偽設定で常時通して有る、これ等の脱法、犯罪が正しい根拠等、答えてきませんが?」

やはり来ないと、でしょうね

  • 2022/06/02 07:08

当社の雪氷害による、被害復旧請負工事現場で、舗装を剥がしたら、舗装路盤が、建設廃材で施工されていた問題、施主と施行会社共に、新築施工会社が元請けの工事の結果、と認めて居ます、昭和の時代、特に60年代以降、こんな廃棄物で施主の土地で、廃棄物で舗装路盤を造る等、先ずしないで来て居る筈ですから、呆れると言うか。

この現場の確認を、今日生活安全課と、札幌市環境局と立ち合いで、実施します、が「やはり施工元請け会社、来ないと施主から連絡が来ました、そうですか、やはり。

施主、当社は破壊されたカーポート、物置、灯油タンクに関わる部分の復旧工事請負ですが、の施主さんにも言いましたが「この建設廃材、撤去処理責任は、土地所有者が一番に責任を負って居る、建設廃材埋設業者側かttっていて、会社が現存すれば、施工会社に撤去等を求める事は出来る、が、と言う法律規定です」

カーポートを施工した会社の、カーポート組み立て施工職人も、産廃が、カーポートの足を埋める為、地面を掘削した所、産廃がゴロゴロ出て来たので、再度コンクリート共々、埋め戻して居ました、まあそうでしょうね、カーポート設置工事職人、余計な事を言うと、とんでもないトラブルを惹き起こす訳で、土中に産廃が埋まって居ますよ等、伝える訳が有りません。

何れ拙い事態に発展する、強い可能性が有る訳で、余計な事は言わないのが賢明です、施主に原理原則を伝えたって、事態収拾が不可能化するだけだから、お金が掛かる問題ですのでね。

そもそもこう言った、廃棄物混入土砂、瓦礫等、正しい処理って「現場に分別機を搬入して、物品毎に分別を果たして、廃棄物は、品目ごとの廃棄物処理、残った土石は、建設残土埋設処理場所に運んで埋設処理、ですよね?現実的に、無理でしょう」

今日からこの廃棄物瓦礫、土砂の処理方法等、警察、市役所環境局らと、考えて行く事になるでしょうね、当社は幸居、この手の問題に付いて、公文書が複数当社に出されて居るからね、行政の指示に原則、だから。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377917
ユニークアクセス:5544570
今日
ページビュー:3417
ユニークアクセス:3390
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed