エントリー

2022年06月05日の記事は以下のとおりです。

コピーは証拠価値無し、の筈が、医証のコピーが謄本だと虚偽で、刑事、民事訴訟法手続きでも通って居る現実

  • 2022/06/05 16:49

証拠として通用するのは、原本、正本、から謄写して、謄本と証明して有り、原本照合出来る証拠証、なのですが。

;民亊、刑事訴訟法手続きに出されている、紙の証拠は”事も有ろうに、只のコピー紙を、公文書謄本だ”と、嘘と承知で偽り、実際正しい証拠、で通されて居ます、訴訟詐欺ですよ、絵に描いた、公務所による訴訟詐欺です。

;日常生活事故賠償、雪氷屋根から滑落、による、物損事故事件の、復旧工事見積書は”公に、コピーで証拠で通って居ます”もう損保とは、解決済みですし。

※さて”では、昨年3月29日の、重過失傷害事件で受けた被害に付いて、加害責任者と、被害者の間で交わされている、協議書、示談書”も、コピー紙が正しい、公の証拠、で通る筈ですよね、実際コピー紙で、数か月加害者から、支払いを受けて居るのですし。

刑事、民事訴訟法手続きだ、と大上段に、合憲、合法のみ行って通して居る、と、実際とは全く異なった、証拠偽造捏造、只のコピー紙を、公文書謄本と捏造も、を常態化させて有り、合憲、合法破壊判決で、加害者責任軽減、抹殺を日常司法犯罪化が実際、この事実証拠、証明を、多数公式に表に出して、正しい事実と立証して有る通りです。

所でですが「司法警察員、傷害致死傷事件の捜査担当警察官達、証人で出させるべきですよね”傷害致死傷罪事件だと、何の正しい証拠を持ち、事件扱い出来たのか”これですよ、最も重要な、捜査員警察官、担当検事、担当裁判官が証明しなければならない、根本の必須証明事項は」

既に道警本部、札幌中央警察署、札幌地方検察庁は「故意に刑法第160条、医師法第17条違反に付いて、刑法第160条、医師法第31条1、刑事罰の適用を免責として来て居る、今後は告訴告発が有れば、担当課を決めて置き、きちんとこれ等刑事罰の適用を行います」

こう認めている通りです、完全な刑事、民事訴訟共の、訴訟詐欺の事実証明、自白だから、司法機関、警察による。

この事実、証明証拠も有る中で「山本巡査は、どう違法に刑事、民事責任軽減の恩恵を受けて来た事を正当化するのか?損保、提携弁護士他弁護士連中は、これ等極悪権力犯罪に付いて、どう言い訳出来るのか?今後も同じ犯罪で、凌いで行けるのか?等多数喫緊の、司法犯罪行為権力責任対応も、に陥って居ると」

司法警察員の責任を、傷害事件加害者として

  • 2022/06/05 16:27

須川さんが控訴した、人身交通事故被害事件、加害者のS氏が原告設定、の事件の控訴事件ですが、札幌高裁、一定まともな、対人賠償訴訟を行うように?

被控訴人、実は三井住友提携、小寺・松田法律事務所が裁判を仕切って居る、ここの控訴事件答弁は「控訴人の訴えを棄却せよ、控訴人は、控訴原因等証明して居ない、棄却せよ、だけの控訴事件答弁、普通の詐欺訴訟の手口です、司法詐欺裁判、の手です」

なのですが「高裁は”控訴人、被控訴人双方に、事故の状況、賠償の詳細、傷害、障害の証明等を出すよう、訴訟指揮を執りました”一審地裁は、これら全て無視、小寺・松田法ロ地事務所の言うがままの、寸分違わない内容の判決だったのに、判決理由も何も無し、の判決で、審理自体潰して判決、だったのに」

所が高裁は「双方に、それぞれ証明すべき、必要な証明、証拠の提出を求めて居ます、本当は一審、地裁で揃えさせて、行うべき、必要な証明、証拠、審理ですけれどね、一審は、定番の詐欺裁判、詐欺判決ですから、判決の理由自体無い、やらせ裁判、判決ですから」

同じ事が、仮に山本巡査が加害者の事件、控訴事件で行われるとなれば「山本巡査は、もっと大変でしょうね”司法警察員の立場の、傷害事件加害者”で、被害者の主治医が、山本巡査が負って居る、加害者刑事、民事責任軽減、抹殺目論見の、医証偽造、行使犯罪に走った事も証明されて居る上で、どう言い訳するのか?」

下手な責任逃れ言い訳に走れば「司法警察員の加害者です”多の同様事件、特に、警察官が傷害事件加害者”の事件に、広く反映されて行きます、警察と司法は共謀犯で、傷害事件加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺を目論み、被害者主治医に、軽微な怪我だ、怪我は負って居ない、と偽造診断させて、捜査機関に提供させて、加害者責任を違法に消している、公式実例証拠が、更に揃うのだから」

道警本部、札幌中央署、札幌地検が「刑法第160条適用と、医師法第17条違反による刑事罰適用行為だが”故意にこれ等刑事罰不適用”として有り、傷害事件加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させて有る、これらを認めて居る上でですから」

そして「自賠責審査用医証、名目の医証も、実は民間損保宛発行、国交省事業診査用医証謄本設定も、只の民間損保による、コピー紙と来ているし、証拠価値は無いと言う事です」

給付金詐欺が犯罪、何故司法、損保犯罪は摘発されないのか?偽造が武器と公に、で?

  • 2022/06/05 09:46

コロナに関わる給付金詐欺事件、請求書類を偽造して、税金から給付金を詐取した、刑事事件で扱われて居ます、が。

司法、損保犯罪、合法な損害の賠償金支払いを潰す為に「証拠の偽造を、合法賠償逃れ出来るように、司法、監督官庁らぐるみ、日常的に行い、偽造証拠のみを”犯罪証拠で無効と承知で、合法証拠と偽って採用して”犯罪で合法賠償保険金支払い潰し、を常に成功させて有る”極悪非道な、司法指揮犯罪事実です”」

この、司法が頭、実行犯の犯罪手法「同様の犯罪なのに”司法犯罪で無いから犯罪で扱う”この国家独裁テロ権力悪用、テロ行為事実全てに適用させず、司法用犯罪の場合、正しい犯罪だ!このでっち上げを、強引に成功させて居ます、司法テロで、犯罪こそ適法だ、合法が犯罪だ判決!が最後の武器です」

司法を名乗るが実際は「公として有る、幾つもの司法犯罪事実の通り、只の司法権力悪用が武器なだけの、犯罪行為を合法理論無しで、司法権力悪用で、適法な犯罪だ!とでっち上げた判決を下しただけ、犯罪が合法化されてはいません」

今後も司法犯罪国家権力等は「合憲、合法が犯罪、司法でっち上げ、犯罪の制度化が適法だ!この虚言で強引に突き進むでしょう、合憲、合法が何か、幾ら教えても理解不可能、理解出来ない、正しい行為に動く事も無理、狂った独裁国家支配者のままでしょうし」

昨年の過失傷害事件、相続人は「被相続人が負って居る過失傷害行為で生まれた、損害賠償債務金支払いの支払い、行う気は?でも”日常生活賠償特約保険金は、合法賠償せず、手に入れてと?”詐欺の嫌疑は、きちんと受け継ぐことになって居るが、損害賠償債務を、不正行為で踏み倒して逃げる、目論見は、どうなのか?」 

個人賠償、日常生活事故賠償は、被保険者の被害補填では無くて、加害行為で生じた賠償金の補填、相続出来るか?

  • 2022/06/05 09:25

個人賠償、日常生活賠償損害保険商品は「被保険者は加害行為者側で”被保険者は、被害を受けた側では無くて、過失行為により、被害者に金銭換算出来る、被害を与えた側の立場です”つまり」

この損害保険商品、過失により、第三者に金銭換算、証明出来る被害を加えた側が「被害を与えた相手側から、与えた被害を金銭換算証明した、加害者賠償債務金証明を提供させると、加害者が”損害を金銭換算され、補填された”と、見せ掛けだけして、不当な利を得られる代物です、被害者では無くて、被害を与えた加害者が、被害者の受けた損害に関して、損害補填保険金を、不当に受領出来て居るんですから」

東京海上日動と、提携弁護士は「傷害事件被害者の私は、この損害保険商品、加害側加入損害保険商品に関して、被保険者では無い、この法律事実も理解出来ず”損害保険金詐欺の嫌疑者”と、でっち上げの罪状を着せるべく、公式に動きました、が」

この損害保険商品、被害者は被保険者不適格故「この損害保険商品保険金、支払いを求めて請求手続き等、元々出来る訳が無い、この事実から、知らなかった、理解出来なかったのです、請求権、保険金直接受領権無し、損害保険事業者に対して、損害保険金詐欺を目論み、支払い請求手続きを取った、と、詐欺で被害の訴え提起、受けて捜査実施、大元が完全に間違っています」

この損害保険商品、被保険者は加害者側のみ「被保険者死去後、被保険者の相続遺産債務、となるけれど”相続人が、この損害保険商品の、被害者に与えた金銭的被害の補填支払い金、相続出来るんでしょうか?”損害賠償債務は、相続遺産ですが」

過失による加害行為により、被害者に金銭換算出来る被害を加えた、この賠償債務の補填目的の、損害保険金支払い、被保険者は加害者のみ、相続人が、この損害保険金を受け取れる訳が無い、損害の賠償金債務支払いを果たして、補填を求めて、どうなるかでは有るが?

この損害保険商品、過失事件被害者は、被保険者不適格です、損害保険金詐欺行為者、過失事件被害者が、とでっち上げて捜査機関に、詐欺事件で捜査せよ!と公式訴え事実、どう言う事実証拠、法律の組み立てで、被害者が損害保険金詐欺犯、と断定出来たのか?実際に公式捜査した以上、警察、司法、東京海上日動、提携弁護士は、被害者が詐欺行為者と、正しく立証が必須です、警察、検事も、裁判官も。

詐欺事件捏造問題も

  • 2022/06/05 07:15

@昨年3月29日発生、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件は、加害責任者死去の結果となりましたが、加害者加入任意自動車保険、日常生活賠償請求に絡み”東京海上日動、伴担当等は、損害保険金詐欺目論見で、故意に起こした事故、保険金詐欺事件”と、刑事一課強行犯に訴えを行い、賠償潰しに走って居る通りです、詐欺行為の嫌疑は、被相続人が保険請求しており、相続人にも及びますし、この保険は、被害者に与えた金銭的損害の補填で、被相続人の相続遺産とは違いますが、被保険者は被相続人、詐欺嫌疑の合否決定が、一旦詐欺の嫌疑で扱った以上、捜査機関、検事も必須でしょう

                                   令和4年6月5日

被保険者不適格で、保険詐欺当事者と捏造され、訴えを提起された者、詐欺の嫌疑は、被保険者加害者しか適用されず、言われて気付いたが、公式に嫌疑をぶつけられた者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

〒065-0016 札幌市東区北16条東1丁目3-15
札幌方面東警察署署長、刑事一課強行犯山田警部補、刑事二課担当
TEL011-704-0110
〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目
札幌地方検察庁、事件担当検事、東署経由
TEL011-261-9313
〒007-xxxxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxx様
携帯080-1xx1-
〒001-0031 札幌市北区北31条西7丁目3番1号
札幌北税務署 資産課税部門、xx担当 御中
TEL011-707-5111
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市国保企画課 求償担当
TEL011-211-2341
FAX011-218-5182
〒060-8531 札幌市中央区大通西3丁目3∸7
東京海上日動火災保険(株)
札幌損害保険サービス第4課 木村担当
TEL011-350-4357
FAX011-271-7379

1、既に何度も、東署、検察庁他に伝えて有る事実なので、概略の公式な、捜査要求の訴えとします。

2,本重過失傷害事件、加害責任者は、先月18日午後死去致しましたが”彼が加入している、任意自動車保険の特約、東京海上日動、日常生活賠償特約に、加害者が、被害者に負わせた対人加害行為で生じた損害金に付いて、この特約に、債務補填を正しく求めて、保険金支払い請求手続きを取った”この請求手続きは、もう公に生きて居るのですが、請求された東京海上日動、伴担当が窓口の損保は、次による、損害保険金詐欺の嫌疑を捏造して、東署刑事一課強行犯に、詐欺事件と訴えを提起して居ます。

3,この損害保険金詐欺は、刑事が取調室で、私に対し、東海から出ている、損害保険金詐欺の根拠として、次の事実を挙げている。

(1)私と被保険者の加害責任者が、事前に謀議を働き、故意に重過失傷害事件を起こし、損害保険金詐欺に走ったと、東海から訴えが出されている。

(2)被保険者の加害者と、私が会って謀議を働き、故意に事件を起こして、損害保険金詐欺に走ったと、東京海上日動から訴えが出ている。

(3)被害者の私が、東京海上日動に対して、私に対して、日常生活賠償保険金支払い請求手続きを行っており、直接保険金詐取を目論み動いたと、東京海上日動から訴えが出ている。

4、この、重過失傷害事件捜査担当刑事からの、取調室での”重過失傷害事件被害者の捜査では無く、損害保険金詐欺の嫌疑をかけた者、との扱いで、捜査事項とされた上記について”私が答えたのは、次の事実、法律適用事実です。

(1)に付いては”故意に焼却炉(約500kg、人が入る隙間は無い)を倒して、下敷きとなったと偽装して、損害保険金詐欺を働いた、と東京海上日動が訴えた、と言うなら”警察、検察庁、東京海上日動、調査事務所責任で、事件を再現して、故意に焼却炉を倒し、一定の怪我をわざと負い、損害保険金詐欺を働こうとしたと、物理的に立証が先ず必須、普通は死ぬから。

(2)加害責任者は数年前から、毎年半年前後入院中と言う事で、会う事すら不可能故、会った事も無いに等しいし、電話も偶然以外繋がらない、加害者と入院先に事実確認する事、通話記録を調べる事を求める。

(3)に付いて”この特約は、被保険者は加害行為責任者だけで、私は被保険者では無い”東京海上日動、伴担当、弁護士も、この法律事実も知らず、私から指摘されて気付いた、私と東海との、通話記録を全て取り、事実確認せよ、昨年4月22日午後の、私と伴担当との通話でこの事実立証が出来る、保険金不払い用に、保険請求手続きも作って居ないこの特約で、被保険者で無い私が、どうやったって保険金支払い請求手続きは取れない、東京海上日動を、きちんと捜査する事を求める、私は、入院して居た加害責任者に頼まれて、彼宛の支払い請求初冬の写しを、東海代理店、大和興産に、東海に渡して欲しいと、被保険者から依頼された、と伝えて渡しただけだ、大和興産、神担当に確認する事を求める。

(4)取調室で、事件の被害者に対して、詐欺事件の捜査件も無い刑事一課が”公に、合否の裏も取らず、東海に請求権も無い私を詐欺行為者、と東海が訴えて居るからと、詐欺の嫌疑で捜査実施した”違法捜査だが、一旦公式に、東海から詐欺の嫌疑で訴えが出ている、と言って、傷害事件被害者の私を、詐欺行為の嫌疑で捜査対象とした以上、刑事二課も加えて、詐欺での訴えの可否も、公式捜査して、ケリを付ける事を求める、被保険者的確性の有無も知らず、東海と捜査機関で、詐欺の嫌疑で訴え、捜査実施して、間違ったは通らない、先ず東海の訴えに付いて「事故の再現実験、捜査員、東海職員、損保リサーチ調査員を下敷きとさせて、同じ事件状況を再現する事から、必須で行う事、死人が出る事も無いのだろうから、必ずこれから実行せよ、言い掛かりの詐欺犯でっち上げに成功して、不払いを成功させたいに乗った以上、東海の訴え全て、捜査して合否を証明して、詐欺事件の合否を、公式に決める事を求める」

※この事件が、東海の合法が見えない、保険詐欺事件との訴えがある以上”国保使用治療で、札幌市が立て替えている医療費も、詐欺立て替えとなります”故意の怪我は、保険詐欺目論見の怪我は、健康保険不適用ですので”当然ですが、焼却炉を倒して人を下敷きとする、事件再現実験で、被験者が死傷すれば(東海、提携弁護士の訴えで有れば、死傷する筈は無いでしょう)保険も使えない、下りませんが、死傷しない筈?

5,東京海上日動からの「両当事者が共謀しての、故意に事故を起こして損害保険金詐欺を目論んだ、の警察への訴えと、受けた往査実施事実、次に”被保険者、加害責任者に、高額の賠償保険金支払いを逃れたいので、被害者を詐欺犯とさせる等して、支払いを逃れたい”と伝えて、又”被害者と賠償交渉を、じかにしたいので、東海弁護士を委任するように、と言って、送って来たのは訴訟委任状、法定外交渉も嘘」

6、次の嘘は「昨年4月22日、東海伴担当は、私が被保険者不適格、東海が私を調査する権限無し、と伝えられて”東海とお宅は無関係、二度と関わりは持たない、損保リサーチの調査も取り止めだ、二度と東海は関わらない”と電話で伝えながら”昨年後半、加害責任者に電話で、被害者の調査を、被害者が拒むから沙羅意が出来ない、被害者を説得して、損保リサーチの調査に応じさせてくれ、と伝えて来させて、調査に応じたが、支払いは無視”との事で、被保険者死去」

7,被保険者に対する相続人は「この重過失傷害事件で、被相続人が負った、損害賠償金支払い責任を、この保険特約既に請求済みで稼働事実共々、蹴れば通ると錯覚している節も見受けられますが、第三者求償手続きへの支払いも含めて“詐欺事件と訴えて、捜査実施事実のケリを付けなければ、求償の合否も不明、被相続人の財産、債務が確定せず、相続も終わりと出来ないし”日常生活特約保険金詐欺なら、被相続人が私に支払い済み、極一部の賠償金も、東海、提携弁護士の、違法な詐欺の訴え、保険金不払い事実と合わせて、詐取金ともなるし、国保使用の治療も、国保詐欺事件となる訳で、被保険者が私に払った医療費も、詐欺支払いとなってしまい、相続遺産確定は、東海が詐欺と言い張る以上は、刑事事件手続きが正しく終わらなければ、不可能となります」

8、こう言う次第です、検事、警察、税務署、札幌市国保課、公的機関責任、東海、提携弁護士の刑事上の訴え、詐欺事件が正しいか、賠償金踏み倒し目論見の、詐欺事件でっち上げ、冤罪創出狙い事件かを、正しく証明して、合法公務のみ果たす事を求めます「被相続人が、示談書に異を唱えて、被相続人の賠償債務不払いとする場合も、上記事実、実例証拠を公式に持ち出す必要が有りますし、先ずは東海、提携弁護士、捜査機関責任で、東海の詐欺の訴えの真偽証明、不払い理由としてあるこの事件?の真偽立証が必須でしょう”不当な不払い目論見で、保険詐欺をでっち上げて、賠償を潰す事は、重大犯罪です”国保医療費詐欺、脱税も同じです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377711
ユニークアクセス:5544370
今日
ページビュー:3211
ユニークアクセス:3190
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed