エントリー

2022年06月11日の記事は以下のとおりです。

損害賠償債権債務、債務者死去で、損害保険不適用なら、正の遺産取得で逃げられる、相続前の遺産泥棒で

  • 2022/06/11 18:44

相続遺産、遺産金員、遺産預金は「相続権、相続手続き無関係で”上手く盗みに成功すれば、泥棒が無税で、司法、警察、国税、記入機関、監督官庁の、遺産泥棒利得は、泥棒が無税で所有権獲得、権力共謀の、相続財産泥棒が取得制度!これで窃盗遺産金入手出来て来た”現実が有ります。

遺産預金は「上手く泥棒に成功すれば、司法遺産泥棒制度、相続遺産分割除外説をでっち上げて有るからと、泥棒が無税で、盗めて遺産金、遺産預金を取得出来て、犯罪利得取得、犯罪利得無税‼国税も共謀犯だから、で通されて来た、遺産預金泥棒の証拠は、泥棒に手を貸した金融機関、警察、司法が共謀犯だから、闇に消して、遺産預金泥棒範を逃がして来た訳です」

で「盗めた遺産預金は”遺産目録を偽造させて、相続事件担当裁判官が最終的に、盗みに成功した遺産、遺産預金は、相続遺産から強制除外決定、民法第896,1031条,新民法第909条2等全て蹂躙して、司法テロによって、この司法犯罪も、この手の犯罪抹殺、に駆使されて来て居ます”」

こう言う、司法が指揮犯、の構図なので「損害保険が絡まない、損害賠償債務が、被相続人となった人に絡んで存在した場合は特に”巨額の遺産金ならどうか知りませんが、相続税が課せられ無ければもう当然として、遺産金、遺産預金を、相続外で盗み着服してしまえば”もう被相続人に対して、損害賠償債権を持って居る被害者は、遺産金、遺産予期仁徳、窃盗取得の被害を受けさせられて、損害賠償債権は、補填されないで来た訳です」

正当な遺産相続手続きを、遺産金、遺産預金は、相続権無関係で、泥棒に成功すれば、国家権力が共謀して、無税で泥棒が所有権者だと、でっち上げた犯罪適法の手で、強制決定させて通される、これではもう、損害賠償債権は、回収不可能に決まって居ます。

被相続人に対して、損害賠償債権を持って居る債権者、被害者に対して、被相続人の相続遺産金、遺産預金から、損害賠償債務も含めた、遺産債務踏み倒しを常に成功させる目論見、これも有る訳でしょうね、遺産金、遺産預金は、相続権無関係で泥棒に成功すれば、泥棒が闇で国家権力の共犯加担を得られて、泥棒利得遺産金を取得出来て居る、司法他犯罪の手も。

負債遺産、相続税、これを踏み倒して逃がされるように「相続権無関係で、遺産預金泥棒に成功すれば、泥棒が盗めた遺産預金全てを、無税で取得できる闇の司法、国税犯罪をでっち上げて、強制的に成功させ捲って来た、相続事件を請けた辯護士、司法書士が、この遺産闇で、無税で取得権力犯罪により、少しでも多くの、犯罪報酬が得られるように、仕組まれて来た代物でしょう」

被相続人には、正の遺産以外に、負債遺産も多く有るなら「相続手続き無関係で、遺産金、遺産預金を盗み、無税で泥棒が取得出来る、司法、警察、国税等共謀犯罪が仕組まれているので、負債遺産を債権者に返さず、正の遺産分捕りに成功出来て来たのです、正の遺産は、闇で盗めば、負債遺産支払いも不要で逃がされて来た、理由です」

遺産泥棒も、相続人も今年から犯罪に”判例などでっち上げての只の泥棒”です元々

  • 2022/06/11 12:52

司法犯罪の一つ、遺産預金を盗めたら”国税も共謀犯ですから、貸金融資詐欺、ファイナンスリース名目、高利強奪、割賦購入物も強盗”極悪非道を超えた、ロシアと同様の、強盗他犯罪国家権力ですから”盗みに成功した遺産預金は、泥棒が無税で盗めた遺産預金も、所有権を得た、と、司法、警察からして、法の破壊で、正しい泥棒と認めて居るから、成功して来ただけ”」

この司法犯罪も、函館の医師、実父の遺産に対しての相続人、ですが「死去した父親の預金を、北洋銀行に有る、北洋銀行の口座から、泥棒し捲った事実、証拠も揃えられて、再逮捕されて居ます、が」

日本も、この泥棒国家制度!のみしか、強引に通させないのですから、変わらなくなってきている訳です、弁護士と言う、無能無知独裁国家権力が凌げるようにと、法務省他国家権力、法曹資格者が先に立ち、只の泥棒を、強引極まる、遺産預金強盗、詐取、窃盗、横領正当化テロ‼を仕組み、平民を食い物にさせて、司法テロ決定、判決で最後の大詐欺損保も、不払いが常に成功です、大儲け出来て通って居ますので。

なのに「函館の医師、実父の子で相続人なのに、死亡診断書偽造、行使犯罪に手を染めた角fでと、実父の死後、北洋銀行から、被相続人の預金を引き出した、泥棒、詐欺罪が科せられました?おかし過ぎる事実証拠、実例証拠でしょう」

法律の何が、正しく適用出来るのか?ほぼ何も、本当に理解も不可能が実態、只の国際テロ犯罪者国家権力、と同じです。

医証強制無効と判決常時、犯罪診断をでっち上げて、丁稚上げさせて、蘇峰犯罪制度だ、医師法破壊、合法賠償逃れ目論見、犯罪死んだ苦い正しいと認めない、司法テロ犯罪常時国家です、犯罪司法が事実、悪こそ正しい、合法な賠償こそ犯罪だ!がこいつらの本音、行動原則です。

傷害致死傷罪犯罪、全て被害者の診断書偽造、この手で免責させるべきです、通り魔行為者も含めて、戦争で死ぬ人間相手でも、やるべきですよ、合法犯罪だとしているんだから。

二回目の破壊が起きれば

  • 2022/06/11 09:28

次に又、隣家のカーポート他を、車庫の屋根の上の雪、氷を滑落させて破壊したなら”恐らくですが、故意と見做されて、損害保険金支払い、で損害賠償を終えさせる、は無理でしょうね”」

被害宅の火災保険も、仮支払いするだろうけれど、支払いっぱなしは無理でしょうね、故意性が強いから。

で「被害回復工事ですが”損害保険から出る損害賠償債務補填保険金、正しい被害の部分”のみが支払い対象ですので、被害者宅の舗装を剥がしたら、産廃で路盤造成されて居た、この産廃掘削、運搬撤去費、損保は払わないですしね(-_-;)施主が費用負担も含めて、責任を負わされるんです」

今後もっと、資材が高騰し続けると思うから「古くても、問題がさほど見出せないなら、建物を壊さずに、リフォームして済む、使う方が良いのでは?」

下手に壊すから、地中に産廃が大量埋設、もばれる訳で、出来る限り中古建物、壊さず使用する事でしょうね、藪蛇が生じないように(*`艸´)まあ、、実際の問題として。

施工した会社、産廃埋設責任を取ろうとしないし、何れの処理責任、費用負担、どうするのでしょうね?

道庁、後志振興局、小樽市役所、司法と同じく、犯罪を隠蔽して、違法、犯罪は無い決定、半稀有を下そうとも、産廃が無くなる事は無いしね。

嘘で公権力犯罪を、強引に糊塗に走っているだけです、犯罪は、物理的に存在したままです、虚偽の決定公文書、偽造判決文等で、物理的な産廃違法投棄、埋設犯罪は、消せないに決まって居ます。

遺産預金窃盗の隠蔽工作が、重大な、司法遺産預金泥棒の制度化の武器

  • 2022/06/11 09:10

遺産預金泥棒も、司法の犯罪に組み込まれて来て居ますが、この極悪犯罪も「司法独裁犯罪制度で、合法の強制破壊を果たせている故です」

遺産となった預金は、泥棒に成功すれば、無税で泥棒が所有権を得た、と、法の破壊テロ司法決定、判決が最終の武器で、常時通されて来て居る、手口は。

1,遺産預金が有る金融機関に”遺産となった預金の動き、口座履歴写しの隠蔽工作を、司法がテロ権限行使で、とされて来たし”口座履歴を出しても”預金者が鬼籍に入った後も、被相続人、預金者が、自分で預金を引き出していると、預金引き出し時のビデオ等隠蔽に走り、虚偽を事実と、強制的に言い張り、通して来て居る。

2、相続権が有れば”被相続人の遺産、遺産預金は、幾ら横領、詐取、窃盗しても、横領、詐欺、窃盗としない司法、警察闇の不文律!”をでっち上げて有るので、被相続人の預金泥棒は、相続権が無い泥棒の事件も合わせて、司法、警察が強制指揮して、泥棒、詐欺、横領は無かった事と、事実無根ででっち上げ決定だけする!司法テロの実例の一つ。

3、遺産泥棒利得は、国税庁も『弁護士、司法書士対策、犯罪で利を得させて有る事実、を見据えて裁判官、裁判所、検事、検察庁の意を受けて、泥棒で得た利得は、無税で泥棒が手に入れた、と偽って通すばかり」

無法国家、治外法権国家日本です、司法、警察なる、強制力悪用で、冤罪も強引に捏造も当たり前の公務凶行国家テロ集団が指揮して居ますので、この犯罪も、公にまで通じて居ます。

ですが、今年で来た、函館の医師による、被相続人実父の死後、死亡診断書の死亡日を後と偽り、北洋銀行を騙して、被相続人が死後、預金を引き出したと捏造して、実父の預金を引き出して、窃盗、詐欺の嫌疑で再逮捕された事件、今までの司法、警察、国税、金融機関ぐるみの横領、拙い事態に、自分が被害者の事件で。

損害賠償金の相続

  • 2022/06/11 08:27

損害賠償債権、債務は「法律で決められて居る事項では無いので、昭和29年4月8日の判例で、単純相続される、となっていました、そうでしたか、損害賠償債権、債務の相続、どう言う扱いなのか、疑問だったので、良く分かりました」

但し「じゃあ”相続放棄の期間、被相続人死去を知った日から3カ月以内に、相続放棄手続きを取り、認められれば、相続放棄が出来る、民法第915条の規定の期間を経過後まで、被相続人となった、損害賠償債務者の遺産を相続の有無が決まるまで、損害賠償債権者は、相続人と決まった相手に対して、損害賠償金支払い請求出来ないのか?と言うと、状況次第です”」

妻の兄妹、上二人のように「公然と、遺産金、遺産預金泥棒に走って、認めて、証拠も自らでも出せば、公式な、包括遺産全ての相続確定します、相続の内容は別として」

と言う事で「今年になって完全に”相続権者であろうとも、被相続人による、遺産預金引き出し偽装横領や、被相続人が、物理的に自己認識出来ず、動く事も出来ない状態に陥った後、被相続人を騙り、預金泥棒に手を染めて、ばれて犯罪を証明出来れば”先ずは、相続放棄の権利を失いますし」

窃盗、詐欺、横領の罪を科させられます、函館の医師が、実父の死後、死亡診断書江尾後の死亡と偽造して、公務所に発行した犯罪を使い、実父の遺産預金を、相続人のこの医師が、遺産預金300万円を、北洋銀行から詐取、窃盗して再逮捕事件、が出来て居ますから。

普通に多くの親族、相続人らが「被相続人の遺産となった預金を盗む、死ぬ前の、自分で預金引き出し不可能の状態に陥った後、預金を盗んだ、としていますが”今はもう、遺産預金先金融機関、条件を整えて請求されれば、被相続人の過去10年分の、預金履歴も出すし、被相続人を騙り、預金窃盗画面のビデオ、手続き書類の写しも出すから」

被相続人に対して、損害賠償債権を有して居れば、上記等になろうとも、相続を受けた者に対して、被相続人が負って居る、損害賠償債務金を、債権者の権利で請求、回収出来ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377694
ユニークアクセス:5544355
今日
ページビュー:3194
ユニークアクセス:3175
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed