エントリー

2022年06月14日の記事は以下のとおりです。

価格高騰による

  • 2022/06/14 15:18

物資の値上がりと、金属原材料不足により、製品が製造出来ないと言うこの現実、建設工事を行うにも、必要とする資材が無い!止む無く、有る物を使って工事を行う事になる、オイルショックの時代が再現されて居るようです。

工事に使おうと思い、製品の価格を調べたら「有りません、製造するのは、早くて10月以降です、それも予定で有り、金属原料が入荷したら、製造出来るかも?と言う状況です」

と言う答えが、何カ所からも返って来て居ますからねえ、偉い状況に陥った物です、日本の今後、どうなって行くのでしょうね?

製造業、土木建設業、原材料、製品価格の高騰だけで無く、必要な資材、製品が、そもそも原材料が手に入らず、製造出来ない事態に陥って居るから、近未来の展望ですら、見通す事が困難です。

お蔭で?仕事に拠るけれど、どうやって仕上げるべきか?経験値が生きる事が多いです、手に入る資材を使い、求められる工事を仕上げる、今までの経験を生かせる訳です、が。

重症を負った怪我の回復が、まだまだですから困って居ます、もう一年と3ヵ月近いんですが、回復は遅々として、の状況です。

人を頼み、予算を割いて工事を終える以外、出来ませんから困りますが、止むをえませんしね、工事が有るから良い、と思うしか。

私が負わされた怪我の治療費、当然の事ですが「第三者後遺傷害に拠って居るから、健康保険で医療費7割支給しっぱなし、は、受傷原因を、一般傷病と偽る健康保険医療費詐欺、この犯罪で無ければ成功?しませんが」

保険者は、第三者後遺障害による重症の治療、再手術も、と熟知して居るから、一般傷病と偽り、健康保険医療費詐欺‼は出来ない訳です、当然の事として。

第三者後遺障害で負わされた傷病、治療に要する費用拠出は

  • 2022/06/14 07:56

他者に、過失と言う設定で怪我を負わせても「司法が損保の下僕に堕ち切っているので”被害者の主治医に損保、提携弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事が圧を掛けると簡単に”第三者行為傷害加害者刑事、民事責任軽減、抹殺目論見、医証偽造に走ります」

この犯罪を成功させる為に「刑法第160条不適用と、医師法第17条違反診断強制適法実現、犯罪行為責任問わず、の仕組みを作って有ります、山本巡査も、傷害事件加害者となり、この犯罪の恩恵を享受しているし」

この犯罪が、強制的に行わせて有り、成功させるから「医師法、医師の医療行為も、現実として、第三者行為傷害事件となれば特に”医師の国家資格に於いての、但し医療行為、正しい診断等飛ばされて居ます”犯罪行為者医師、医療機関が実現し捲って居ます」

この事実、実例証拠の山は「裁判所の刑事、民事事件記録でも立証出来ます、医師法第17,20条違反、刑法第160条適用犯罪診断、症状固定等と言う、オカルト診断でっち上げで、加害者の損害賠償債務支払い責任、強制叩き潰し事実、実例証拠が山のように証明されて居ます」

医師法潰し、医師と言う国家資格者が、医証の偽造行為を日常的に凶行の事実、司法が損保と共謀犯で、医師に医証偽造を命じて行わせている、傷害致死傷罪適用の犯罪は、この事実証拠を使えば、立証、立件不可能となるのですよ、司法、厚労省、法務省、国交省、保健所、警察が直接共謀犯ですからね。

阿吽の呼吸、司法犯罪正当化用犯罪

  • 2022/06/14 07:41

司法犯罪国家権力が、只でっち上げたに過ぎない「傷害致死傷罪適用の犯罪が起きれば、加害側の刑事、民事責任軽減、抹殺を目的とした、主治医が軽微な怪我、怪我の原因は証明不可、この事実無視診断だけを、公務所宛診断書にも常時記載して発行して、加害側の刑事、民事責任常時軽減、抹殺成功」

この極悪犯罪の手「刑法第160条、医師法第17条違反による、医師法第31条1による、行為者に対して刑事罰適用、これ等の刑事罰則適用を、故意に潰して有るから、医師も損保、提携弁護士も、刑事、民亊担当裁判官も、検事も”医師法第17条違反犯罪診断でっち上げし放題で、裁判官が犯罪診断が正しい、医師法遵守診断、医療行為は虚偽だ!この刑事、民亊共での、犯罪医療行為が正しいんだ判決、決定だけを下し放題して」

犯罪診断が、医師法第17条から強制破壊させて、医師の医療行為、診断が虚偽と、強制的に出鱈目決定されて、通せて居るのです。

ここまでの司法が主犯、医師法第17条蹂躙、犯罪診断が強制適法化されるのみ、とされて居ますから「第三者行為傷害の傷病の治療潰しの手が、医学的に有り得ない、司法、損保でっち上げ、症状固定診断で、第三者行為傷害加害者責任抹殺成功を強制的に通せて居る、今極悪犯罪が、常に強制的に通せている原因、です」

医師法第17条の強制無効化、破壊が実現されて居ます、司法犯罪によってです、当然違憲、犯罪行為ですが「厚生労働省、労災事業、国土交通省、自賠責事業、法務省、警察が、法曹資格者、司法機関共謀による、医師法第17条破壊診断が常に正しいと強制捏造、に走るばかりなので、合法な医療、医師法第17条の正しい適用、刑法第160条適用実現全て、潰されてしまうばかりなのです」

犯罪国家権力しか存在せず、が原因です、テロ国家です、実際には、司法犯罪制度が常時、犯罪の連鎖を武器とさせて成功させて有る、合憲、合法は、無効化されて有ります。

症状固定?こんなオカルト犯罪行為で、打算者行為傷害で負わされた傷病の治療不要、となる訳が有りません。

法律規定上、司法に、受傷原因から偽造強要権限は無い

  • 2022/06/14 07:24

根本から間違えて有る、故意にだったのでしょうね、元々は、の事実「裁判官、法曹資格者等に”事実証拠、証明を、司法テロで抹殺、虚偽とでっち上げ決定、真実と逆が正しいと、合法根拠無しで決定して、合法を叩き潰す、特権等備わって居ません、独裁国家では無いから当然です」

所が現実には「法曹資格者が思い付きで、故意性を持って、合憲、合法を間違い、犯罪と言う事にして、黒い狙いを成功させて、しのぎを得られるようにと企んで”司法が共謀して、合憲、合法は犯罪、犯罪こそ適法だ、司法でっち上げ制度強制樹立!”を数多く、強制でっち上げして、通して居るのです」

当然ですが「犯罪が適法化される訳は有りませんから”司法がでっち上げただけ、の、司法犯罪制度が正しいとなるように、何処にも合憲、合法の無い、でっち上げた司法犯罪制度が正しい、と強弁しただけの判決”を積み重ねて、判例だ!犯罪は正しいんだと、合法を行うと司法犯罪がばれる相手に、犯罪に与するよう、強制命令、指示を出す訳です」

傷害致死傷罪適用事件が起きれば、日本中の医師が揃って「軽微な傷病ですよ、か、第三者後遺障害による傷病とは証明出来ない、か、事実無視で診断を付けて、捜査機関等に出す事が常!と仕組まれて居ます”東京地裁地下書店でも販売、交通事故医療を巡る諸問題、医療調査・照会の留意点、損保担当者様の為に”犯罪手法を記載して、実行している犯罪マニュアル記載の手口です」

医療事務のテキストも、この医証偽造で損保、自賠事業宛名目で医証偽造捏造作成、発行せよ!とされて居ると言う話です、損保絡みは、医師は、良くこう言った医師法違反犯罪が強要、も分からないから?医療事務が、医証偽造犯罪や、第三者行為傷害の傷病の治療を、司法犯罪、ここで症状固定としろ!以後の治療は、一般傷病が原因の治療と、診療録から偽造させて、健康保険と自費で治療させろ!

この司法、損保犯罪の手を、患者に犯罪を手掛けさせて、医療機関、医師も患者に騙された体を装って居る訳です、司法極悪犯罪が正しいと、こう言った犯罪の積み重ねで、強制偽装されて居ますが。

私は有名なので?有名な第三者行為傷害受傷の治療なので「症状固定だのと言う、医学上有り得ない詐欺手法で、健康保険詐欺治療に変えるのは禁じられて居ます、当然だけどね。

事実は不変

  • 2022/06/14 07:05

昨年の、高温焼却炉転倒下敷き、年単位の重症を負った傷害事件も、一昨年に負わされた、東署勤務巡査から、一方的に追突されて負わされた怪我の治療も、健康保険は不適用、仮に立て替えられるだけです、第三者行為傷害受傷は、健康保険不適用の傷病ですから、札幌市保険企画課からも、今後のこれ等の怪我の治療は、加害者に医療費請求する前提で、自由診療と伝えられて居ます。

つまり「損保、司法犯罪で有る「症状固定、このでっち上げ手法で、一般傷病治療と被害患者に、公的制度から医療費詐取させている、司法詐欺、恐喝の手法、被害者が公金詐欺に手を染めさせられて居ると言う、医学上有り得ない、詐欺での、健康保険からの医療費詐取犯罪も、傷害致死傷罪事件が起きたら、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺目論見で、医証の偽造、行使が日常的に凶行させて有る、主治医に犯罪診断させて有る、司法指揮犯罪と同様の、極悪犯罪なのですよ」

幾ら裁判官が「第三者後遺傷害による傷病と、主治医が検査結果も鑑み、診断を下しても無効だ!司法が医師法破壊で、主治医の合法診断を虚偽と決めた!判決に書いて出した!としようとも、事実は変わらないからね」

傷害致死傷罪適用事件が起きると、加害側の刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させる為だと言って、闇で日本中の医師に「第三者後遺傷害による傷病なら、軽微な症状、第三者後遺障害が原因と証明出来ない、こう言う診断だけ付けて、捜査機関他に出せ!」

この指示、命令が出されているので「損保が加害側が負った、損害賠償債務補填責任を負っている事件は必ず?司法犯罪マニュアルに沿わせて、虚偽診断だけしか付けさせないからくりとして有るのです、事件が起きたら、医証を偽造させて、加害側の刑事、民事責任軽減、抹殺が常時成功させられてあるから」

傷害事件被害者に負わせた、第三者行為傷害傷病治療も、医証の偽造を、症状固定だのと言う、医学上有り得ない、法螺犯罪手法で強制叩き潰し‼も常態化させて通せて居る事に繋がって居ます、司法犯罪、損保犯罪利得獲得が目論見、の司法犯罪です、山本巡査も、公式にこの犯罪の恩恵を受けて通されて居ます、確信犯で。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377894
ユニークアクセス:5544547
今日
ページビュー:3394
ユニークアクセス:3367
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed