エントリー

2022年06月19日の記事は以下のとおりです。

要点が公式に

  • 2022/06/19 17:33

司法犯罪、傷害致死傷事件が起きたら、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させる為に、医師に医証の偽造、行使をさせて有る、軽い怪我だ、傷害事件で受傷を負った証明は無い、こう、常時強制的に偽造捏造診断を付けさせて、公務所、捜査機関に出させて居ます。

司法が司法権限を悪用させて「医師に刑法第160条が適用される、医師法第17条違反も適用される、公務所用医証偽造、行使を強要して、犯罪に手を染めさせているんです」

司法が強要している、医証を偽造させて、公務所に発行させる、国家権力、司法権力犯罪だから、刑法第160条、医師法第17条違反犯罪なのに、これ等刑事罰則の適用を、強制免責して、通せて居ます。

司法、警察、法務省、厚生労働省、保健所、保険者が、犯罪と認識した上で、医証の偽造、公務所宛発行を医師にさせて、傷害致死傷犯罪刑事、民事責任の軽減、抹殺を成功させて有る、国家権力共謀の、テロ犯罪なのです。

悪の権化司法、医証を偽造させて通しても居る、司法の正義等、絵空事の極みですよ、極悪なテロ国家犯罪権力が実際です。

傷害致死傷犯罪が起きたら、加害者の刑事、民事責任を、違法な偽造医証を強制作成、発行させて通して居る、司法テロ国家権力の、公開されている所業、札幌禎心会病院医師複数が「この、司法が命じて行わせて、合法医証と司法テロで偽って常時決定、判決で正当化を、医師の国家資格を正しく行使させて、合法な傷害事件被害者の受傷事実証明診断書の発行を果たして、司法犯罪診断が正しいと、虚偽決定、判決を常とさせて居る、司法犯罪に対抗し出して居ます」

医師の国家資格を正しく、公式に使い、合法な国家資格医療業務と、患者に対する医療行為に関して、合法な医療行為を持った、合法な医学的証明を、禎心会病院の医師は、正しく果たして居ます、一方司法犯罪テロ国家権力は、傷害事件加害者警察官と共謀して、赤本でっち上げ犯罪診断、犯罪で、合法な対人賠償不当踏み倒し実現を、自賠責事業、国交省共々、強引に成功させると、犯罪の限りを尽くして、暴虐の限りに暴走し捲って居ます。

極悪テロ国家権力、法曹資格者、司法機関、国家権力による、テロ行為の数々に付いてもう、合法なテロ犯罪だ等、虚偽を常時成功は、もう不可能と思います。

加害側は不払い、支払ったは嘘とも、愚かな裁判官は理解不可能、払った証拠も無い訳で、払ったと認める愚劣さ

  • 2022/06/19 10:42

山本巡査による、一方的追突業務上過失傷害加害事件、加害側が「これだけ支払ったんだ、払い過ぎた!もう賠償債務は無い、と、札幌詐欺裁判所、裁判官委訴えたら」

裁判官ー何の支払い済み証拠も無いが”払うべき額を超えて支払った事に間違いない”もう賠償債務は無いんだ、加害者代理名目、斉田弁護士が描いた通りの金額が、加害側から支払われたんだ!

こんな狂った判決を、口頭弁論開始、審理強制叩き潰しで判決‼で下して居ますが「加害側が払ったのは、休業損害でも無い、所謂主婦の労働日額を、15日分払っただけだし、医療費も、8,9月分の一部を払っただけです、後の支払いは、人身傷害特約が、立て替え支払いしただけで、加害側が支払ったと伊野は嘘です、当然ですが。

言い掛かりで不払いに走っており、人身傷害仮支払い額も、返金して居ないしね、嘘ですよ、既払い金額がこれだけ有ると言う、訴状の記載も何も。

嘘の訴状記載で、口頭弁論を一回で強引に潰して、斉田弁護士が描いた通りの金額が、加害側から支払われた、もう債務は存在しないんだ、と、詐欺判決を下した裁判官、嘘の羅列の判決ですし。

山本巡査が、斉田弁護士に渡して出された、自賠審査用医証名目のコピー紙、私に送られて来て、東署に届けて、東署から山本巡査に渡った只のコピー紙で、自賠責事業診査用、医証謄本では無いです、証拠価値は「原本照合してもおらず、無いですから、詐欺訴訟の証拠ばかり出て居ます」

これで神を任じる、法曹資格者、司法機関、裁判なのです、刑事訴訟法手続きも同様の犯罪で構成、不起訴で加害者を不当に逃がして有る、山本巡査も犯罪で逃がされているんです。

司法警察員と法曹資格者、司法機関が共謀犯で、ここまでの極悪犯罪を凶行して、公開証明されて居ます、極悪非道な犯罪と、正しく証明されて居るけれど。

これで司法、警察

  • 2022/06/19 10:27

傷害致死傷事件と証明出来た、医学的に正しいと証明された医証とは?法曹資格者、司法の答えは。

赤本ででっち上げた、傷害事件で負わされた受傷の治療、賠償でっち上げ期間が正しいと、虚偽診断を下せば、正しい傷害事件の証拠医証である、狂った現実ですが、これが法曹資格者、司法機関の常の犯罪実態です。

赤本等と言う、犯罪診断での治療を認める期間と、犯罪で賠償を踏み倒すまでの期間をでっち上げた、日弁連、東京地裁民事27部裁判官共謀、司法犯罪マニュアルの記載が、絶対の診断、賠償期間だと、常時通せるように「主治医に医証の偽造を、闇で強制命令して有り、医師が従い、偽造作成、発行のみ行って居る、これが現実です」

この犯罪に加えて、自賠責保険、国の強制賠償保険事業でも「赤本犯罪診断、犯罪賠償が正しいと、日常的に医師法第17条違反、犯罪者でっち上げ診断を出して、主治医の合法な医療行為、診断叩き潰しを、司法、損保と共謀で成功させて居ます」

これ等の犯罪を成功させる為の武器が「刑法第160条、医師法第17条違反行為を組み込んでも有り、これ等の刑事罰則強制不適用闇制度も作って通して有る、司法、警察犯罪も仕組まれて居ます」

司法でっち上げ、犯罪の制度化達成はどれも「犯罪ですけれど、犯罪行為責任を、法に反して問わず犯罪を認めて逃がして有る、この司法犯罪も、大きな武器とさせて有るのです」

司法、警察が、法務省、厚労省らとも共謀して「医証偽造と言う、国際テロ犯罪も、常に凶行させて通して居る、主治医、自賠事業、損保事業、法曹資格者、司法機関に、医証偽造を行わせて通して有る、常に成功する訳です、この極悪犯罪も」

この、司法が命じて有る、医証偽造、刑法第160条、医師法第17条違反犯罪行為常に凶行せよ命令、指示事実も、合法と証明された、傷害事件立証用診断書が出た事も加わり、司法犯罪だから正しい犯罪だ、で常時成功させられる保証も失われて居ます、只の犯罪だから、元々。

証拠の合否から、正しく判断も不可能、自由心象主義、要は詐欺裁判だけ

  • 2022/06/19 10:12

日本の刑事、民事裁判、証拠の合否を問い、証明して、正しい証拠を、法律を正しく適用して採用して、法律の根拠を踏まえて判決を下す、規定ではこうなって居ます、が、現実は。

事件の正しい構成、ここから無知故、全く果たせない辯護士、検事、裁判官、と言う現実が、正しい証拠と証明して、正しい証拠と証明出来た証拠を、正しく構成した事件に使い、法を備えた決定、判決を下さなければならない、刑事、民事訴訟法の規定は絵に描いた餅、よって。

自由心象主義が全てだ!この逃げにのみ、走る事を加速させる一方です、無能無知蒙昧、合否の意味も理解出来ない法曹資格者、この現実から、こうやって逃避して、無能さを加速させるばかりに走って居るんです、弁護士、検事、刑事、民亊担当裁判官なる国家独裁支配権力は。

当たり前ですが、正しい証拠とは?も全く理解も出来ない輩なのだから「合法と証明出来た、刑事、民事訴訟法手続き等、達成出来る道理が有りません、扱う事件、現実として”どうであれば正しいのか?どの事件でも実際には、分からず神の裁きごっこ、を重ねて居ます”」

非常に簡単な事件ですら、実は事件の構成も、正しい事実立証と、法律の正しい適用を持った異論構成も、何も出来ないのが現実です、知らない事ばかり、この現実を強引に無い事と偽り、全能の神の自分達、ごっこだけ重ねている結果です。

傷害致死傷事件、業務上過失致死傷事件、を証明する医証とは?これも当然?どう言う証明が有れば、根拠が何かを踏まえての、合法と証明出来た、傷害事件と証明した医証と言えるのか?これも見事に、何も知らない法曹資格者、刑事、民事訴訟法手続きごっこの実態です。

今年1月11日の、札幌禎心会病院で行われた、傷害事件を証明する、正しい医学的証拠とは?を証明する為の刑事捜査の結果と、その合法な傷害事件と証明した医証発行は、現在詐欺方法で行われ、合法と虚偽決定、判決で通して有る、刑事、民事訴訟法手続きも含めて、只の犯罪と証明した、司法犯罪で潰せない、実例証拠です。

これで司法と言う

  • 2022/06/19 07:34

事件番号 札幌高等裁判所令和4年(ネ)第140号
債務不存在確認訴訟
控訴人  山本
被控訴人 山本

                                  令和4年6月19日

札幌高等裁判所 第2民亊部ハ係 当真建志書記官 御中
TEL011-350-4780

                                  控訴人 

             控訴理由書 第八回

1、今回提出する証拠「乙第50号証(写し、原本は捜査機関へ提出)昨年3月29日発生、重過失傷害事件に関わる、被害者控訴人主治医が、捜査機関、札幌方面東警察署、刑事一課強行犯、検事用、公務所宛(刑法第160条に係る医証)に発行した、傷害事実に関して証明した診断書」の診断内容を確認頂きたい、被控訴人は司法警察員で、業務上過失傷害罪(刑法第211条、5年以下の懲役、禁固又は100万円以下の罰金)適用加害者の立場であるから、この診断書の記載が、現行の、特に人身交通事故、刑法第211条適用事件で発行される、傷害致死傷事件を証明する、公務所宛診断書と大きく異なって居る、予言治療終わり診断無し、医学に無い、症状固定診断無し、骨折、創傷、切断に治癒は有り得ない、医学に沿った診断、この事実を理解出来る筈である。

2,この、公務所、捜査機関宛、刑法第160条、医師法第17条違反を排除した、公務所、捜査機関宛診断書の記載は、乙第51号証(写し)令和4年1月12日付け、道警本部長他宛文書の記載内容と、乙第52号証(原本)立ち会った札幌弁護士会所属、おおがゆ弁護士の事実確認も果たして居る上で、医師法、医学に沿い合法に診断を下し、作成、公務所宛に発行された診断書である”一方、斉田弁護士、札幌高裁担当裁判官、被控訴人が訴訟に出した、損保がコピーした自賠責審査用医証、公務所用医証謄本と偽った、民間損保発行、控訴人に送られて来たのを、東署に持ち込み、東署から被控訴人に渡り(被控訴人は自らで、このコピー医証が、自賠責事業謄本では無い事実を確認、出所が東京海上日動のまま提供)斉田弁護士に提供されて、本訴訟に出された”医証だが、刑法第160条適用の、公務所宛公的事業医証謄本、と偽ったコピー紙で有ろう。

3,乙第51号証文書の概要は「令和3年3月29日の、重過失傷害事件に関しての、被害者控訴人が負った受傷に付いて、捜査を担当している、札幌方面東警察署刑事一課強行犯、山田警部補の班の担当、平野巡査部長が、控訴人、日大附属派遣研修医の主治医、主治医の指導医、事務方職員が、医療証拠を揃える為の捜査を、札幌禎心会病院にて行い、刑事が医師から得た回答、次の答えを踏襲した、乙第50号証診断書記載、となって居る」

指導医大場医師ー治療終わり時期は、医学的に予想等不可能、予想診断に合法根拠無し、証拠価値は無い、骨折、創傷、切断に治癒無し、治癒とは元に戻る事を指すが、これ等受傷に治癒は有り得ない、症状固定等と言う医学は無い、これ等が大場医師の答え。

4,大場指導医が、平野刑事らに答えた、上記医学的事実も踏まえて、乙第50号証控訴人主治医大園翔太医師は、次の診断を下した診断書を、公務所、捜査機関宛に発行した。

大園医師の診断概略-2021年3月29日の受傷に対する診断の内、右大腿骨切断、インプラント挿入術に付いての診断、大腿骨骨頭から頸部に掛けて骨切除、インプラントへ置き換える手術、骨融合を期待する術式では無い、今後は、日常生活から軽作業レベルまでの運動量が望ましい、重労働は、インプラントが接する骨部への影響を鑑み、推奨されない。

5,通常作成、発行されている、傷害致死傷事件を証明する筈の診断書、予言治療終わり時期記載、医学に無い、症状固定時期記載等が無い、刑法第160条、医師法第17条違反が適用される事の無い、公務所宛診断書記載内容である「上記、禎心会病院での、医療証拠を揃える、札幌東署刑事一課による捜査には、札幌禎心会病院顧問、おおがゆ弁護士も立ち会い、事実確認して居る、法曹資格者、医師二名、司法警察員、被害患者が同席しての、医学的事実証明である。

6,この診断内容を見ても”診断書に記載された受傷、左大腿部挫傷、肋骨骨折、右大腿骨骨頭部切断、インプラント置換術実施”全て治癒は有り得ないし、右大腿部挫傷は、筋膜と皮膚の間の脂肪層がそがれて、筋膜と皮膚がじかにくっ付いており、伸縮率が違う故肉離れを起こす故、何れ形成外科手術が必要、人工骨頭述部も、数年~十年単位で再手術の可能性も高い、再発は頻繁故、一生治療終わりは来ない、本訴訟原因の、頚椎変形、視力急激激減、第三者後遺傷害が原因の受傷と同じく、幾ら症状固定だの、治療、対人賠償はもう認めない、判決を下そうとも、これら第三者後遺障害による受傷の治療は、一生第三者後遺傷害が原因、の治療で無ければならず、傷病原因を偽り、健康保険詐欺治療すれば、犯罪なのである、山本巡査は、司法共々で、控訴人と主治医に、受傷原因捏造、健康保険医療費詐欺犯罪を行わせて、自己の正当な傷害事件加害責任逃れを、司法と目論んで居るのである。

7、本訴訟でも「被控訴人の刑事、民事責任を、自賠責、損保の誰かによるらしい、医師法第17条違反診断で、主治医複数の医療行為、診断を否定して逃れさせて通そうとされているが、司法警察員と法曹資格者、司法機関が、刑事、民事訴訟法手続き公務で、医師法第17条違反診断が正しい、主治医らの医療行為、診断、長期療養の怪我、頚椎変形、視力急激低下診断は虚偽、と、刑事罰則適用犯罪、主治医による、刑法第160条適用、虚偽の捜査機関用軽微な怪我診断、は適法と扱うと共で、国として、司法警察員加害者の罪、加害責任を潰す目論見で、違法診断が正しいと決めた、判例が出来上がると言う事でもある、自賠責、損保の誰か?の、医師法第17条違反でっち上げ診断、法律的にも合法根拠ゼロの、犯罪診断、主治医、検査技師による、頚椎変形、視力急激低下との検査結果、診断は虚偽、自賠責事業診断による診断では、掛かる症状は、医療機関から取り寄せた検査記録上も、検査技師、主治医が診断した、頚椎変形、視力急激激減診断を下した事実は虚偽と診断を下した、よって、これ等の主治医らの診断は虚偽、医師が詐欺行為診断を下した、と、合法根拠ゼロで追認するのだから」

8,被控訴人は「控訴人に対して、医療機関、接骨院への支払いも含めて、これだけ支払ったと、根拠無く主張して、過払いが有ると言う主張を展開して居る、地裁裁判官は、この被控訴人の主張を、根拠ゼロで無条件に正しいと認めて判決を下した、合法な審理自体潰して、支払い済み根拠も無いのに、正しく原告主張の支払いが、原告側からなされたと、虚偽判決を下した事実が有る」

9、だが「被控訴人側が支払ったのは、休業損害額日額に不測の日額金額の、15日分のみの支払い、治療費令和2年8,9月分(9月分は、全部の治療先支払いもせず)のみであり、被控訴人が、控訴人と治療先に支払った、と主張する金額は虚偽である、治療費、休業損害、自賠責基準で一部、交通費、慰謝料、自賠責基準で一部の大半は、控訴人乗車車両に掛けて有った、東京海上日動任意自動車保険、人身傷害特約が、被保険者の控訴人に、仮支払いしたのが事実である、つまり、この訴訟提起内容は、虚偽と違法行為に満ちた訴えと言う事である、被控訴人側は、東京海上日動人身傷害部署と、立て替え支払い金補填額等、決着は付いて居ない筈であり、訴状記載の、控訴人側への支払い主張は、虚偽である」

10,人身傷害特約、自賠責保険、任意自動車保険対人支払いが絡むこの事件の場合「過失割合の有無証明が先ず必須だが、訴状にも記載無し、本業務上過失傷害事件の場合は、加害過失10割の事件だが、訴訟提起には先ず、当事者双方過失割合記載が必須である、自賠責、任意対人賠償、人身傷害特約が絡むのだから、当然の証明事項である、なお、自賠責は、傷害部分は120万円までの範囲で、被保険者過失7割未満までは、法による請求部分の金額全額支払い、それ以上の過失なら、順次減額支払いが規定、人身傷害特約は、被保険者の過失が有れば、自賠責の範囲までは、自賠責で減額分を、人身傷害特約で補填、自賠責の範囲を超えてから、双方過失なら、対人賠償で不払い分を原則として、人身傷害から、自賠責基準を原則とさせて、補填支払い、但し、自賠基準に準じる故、計算式が非常に複雑、又、被害者過失10割の場合、人身傷害特約から、自賠責基準に準じた額全額支払い、となって居るのだが「加害者司法警察員、委任弁護士、地裁裁判官は、これらの規定も不知と言う事であろう、訴状の記載の出鱈目さと、判決内容、斉田弁護士の出した通りの内容で判決の、合法根拠の無さを見る限り」

11,この損害賠償事件、加害側は「人身傷害特約、東京海上日動が、人身傷害で控訴人に支払った、各項目ごとの支払額証明と、加害者、共栄火災が、控訴人、医療機関、東京海上日動に、どの項目で幾ら支払ったか、立証させる事が先ず必須である、支払っても居ない損害賠償債務金額を、支払い済みと主張して、裁判官が、支払い証拠無しで、斉田弁護士の記載金額を、一円単位まで事実と認めている一審判決部分にも、合法は無いのだから」

証拠

乙第50号証      札幌禎心会病院、大園医師が、公務所、捜査機関宛に発行   写し
           した診断書
乙第51号証     令和4年1月12日付け、医療機関への医療捜査事実記載文書   写し
乙第52号証     医療捜査に立ち会った、医療機関顧問弁護士の名刺       原本

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377650
ユニークアクセス:5544318
今日
ページビュー:3150
ユニークアクセス:3138
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed