エントリー

2022年06月21日の記事は以下のとおりです。

複数の捜査課が、小樽の事件でも実現

  • 2022/06/21 17:33

複数の捜査課が、各々の捜査分野を担い、一つの事件を正しく証明して、正しい捜査内容、証明を揃えて、正しく事件を纏める、小樽の事件でも、これを果たせそうです。

廃棄物不法投棄、埋設犯罪事実を「廃棄物は無いだの、国有農地、民有宅地に、違法に大量の廃棄物土砂を、農水省、道庁、後志振興局、小樽市役所が、故意に投棄させて来て、犯罪と証明されて、逃げようと企んだ方法が、虚偽記載公文書作成、発行と言う、法を所管する行政機関がする事では有りません」

司法犯罪の制度化、あれと同じ手です「犯罪が正しいとなるように、証拠、証明書を偽造して、合法が間違いで、犯罪が正しいと捏造する、司法、行政とも、同じ権力犯罪に走って居る訳です」

ですが、物理的な真実は、偽造、虚偽記載公文書を作成、発行した所で、犯罪が正しいとはなりません、当然です。

小樽の事件、虚偽公文書作成、行使の罪で告訴した訳ですが「生活安全課が、どの物質が廃棄物か、これを証明する事が先ず必要です”廃棄物は存在しない、廃棄物土砂を、長年大量に、民間に投棄させて来たが、違法は無い”公文書に書いて発行して居ます」

同じ事件が、札幌の、当社の請負現場でも出ましたので「じゃあ”この埋設廃棄物、掘って小樽に運び、投棄して良いと言う事ですか?”とも提示して有ります、公に実行しますよ、公式に、警察も呼んで?やりましょうか?」

こう伝えたら、刑事二課の刑事さん「生活安全課と協議して、進めるようにします」との答えを発して居ます、そうですか、きちんと役割分担して頂けますか、刑事訴訟法捜査手続き、助かります、まあ。

良いと言うなら「こっちの現場から産廃、掘り出して積んで、小樽に運んで捨てれば解決、だから良いのですけれど」

財産に権利が有るのは、も分からない結果

  • 2022/06/21 09:58

個人、故人が所有する財産に付いて、所有権が有るのは「正しい所有権者であり、それ以外の者には、他者の財産い、所有権は有りません、当たり前です」

故人となった人の包括遺産全ての所有権は、故人が持っており、この遺産に付いては「相続を受ける者、故人に対する債権者が、故人の所有財産に、権利を有して居ます。

相続を受ける者が、遺産全てを相続するなら、相続人が所有の権利を得る事が出来ます、その上で、故人の負債返済責任を負う、相続を受けた者が、と言う法律の扱いです。

近隣で起きて居る「負債を残して死去した人が所有する、軽四輪駆動トラックを”負債遺産処理等を請けた弁護士が、古い軽四駆トラックだから、無価値と扱うので、親族が持って言って、自己所有等にして良いと、呉れたから持って来た件「相続手続きを請けただけの弁護士に”ネットで調べたら、30万円~55万円の売値が付いている軽四駆トラックを、無価値と偽り、債務返済に充てずに、他者に勝手にくれてやる権限は無いです、横領ですよ」

犯罪行為者です、札幌家裁に問い質したら「裁判所は、法律で合否を答える立場にない」本気でこう、現実の司法公務に沿い、答えて居ます」

この現実だから、遺産泥棒も蔓延し続けて、合法に、相続を受ける、相続遺産を取得出来る権利者が、正しく遺産の取得権を行使出来る日本、にならないのです。

泥棒、横領、詐取と、相続と区別出来ない頭、これが法曹資格者、司法機関の実際です、酷い現実ですが、事実です。

東警察署刑事三課の刑事に聞いて見ました。

山本~こう言う経緯で、遺産債務処理を請けた辯護士には、遺産を誰かにあげる権利は無いし、有価物の軽トラックを、無価値と嘘を吐いて、債務に充当せず、横領する権利も無いから、で、この軽四駆トラック、ネットで調べたら、30万円~55万円でうられているんですよ、わたし、軽四駆が欲しかったんで、数万円で、安く買い取ろうと思って、相談して居るんですけれどね、窃盗、横領だから、逮捕されないかと思って、警察に相談して居るんです。

東署三課刑事ーいやあ、はっきりは分かりませんが、犯罪になる可能性が無いとは言えないので、購入は見合わせて頂きたいです、善意の第三者ですが、犯罪の可能性が捨てきれないので、、。

山本ー善意の第三者では無いですよ、横領、窃盗の可能性が強いと知って居るんで、共犯ですが、逮捕等されない事を保証して貰えれば、訳す購入したいんです。

刑事ー~~~(;'∀')

司法犯罪、遺産泥棒制度

  • 2022/06/21 08:48

司法犯罪、遺産は泥棒に成功すれば、遺産目録を偽造して、盗めた遺産を遺産から強制除外、担当裁判官が、職権乱用でこの遺産泥棒を正当と決定して、この犯罪も「公文書で有る筈の、遺産目録の偽造、行使を武器とさせて有ります、弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事も共謀しての、公式証明書の偽造、これで犯罪を抹殺成功として居ます」

遺産泥棒も「遺産、遺産目録から、相続事件を請けた弁護士が、遺産から除外した遺産目録を作って裁判所に出すと、偽造遺産目録と承知で裁判官が、正しい遺産目録、この偽造遺産目録の記載遺産が、遺産の全てだ!と、法に背いて決定、を武器とさせて居ます」

裁判所、司法が行って居る、遺産相続事件の扱いの、これが真実です、犯罪相続が司法の実態です、遺産は盗みに成功すれば、泥棒が無税で所有権を得た事と偽られ、通されている、又。

遺産物品、負債分類の不動産も「遺産なのに、強引に遺産から司法テロで除外して、詐欺犯罪遺産相続手続き、で終わった事とでっち上げで決めて居ます」

当然ですが「遺産相続は終わって居ないから、相続を潰された遺産、物理的な遺産は、未相続遺産で残り、存在して居ます、この事実も、司法犯罪によって山のように発生させられて居るんです」

司法犯罪、遺産相続も出鱈目、極悪な司法犯罪実態です、遺品整理、生前整理委任、請負なる犯罪行為も、司法犯罪でも活用が国中で、この事実が有るので、犯罪委任、犯罪請負が公然と行われて、通って居るんですよ。

この犯罪の委任、請負には、地方行政機関も組して成功させて居ます、廃棄物及び清掃に関する法律の所管権限、の悪用が武器なので。

遺産預金泥棒取得は、金融機関と監督官庁、国税が共謀犯で成功です、司法犯罪はどれも、犯罪だから当然ですが「他の国家権力が共謀犯で、成功させて有るんですよね」

司法犯罪は、遺産泥棒強制適法化でも

  • 2022/06/21 08:18

司法犯罪だから、犯罪なのに「犯罪行為が暴かれても、犯罪行為に科せられる刑事罰則も不適用で、逃がされて通って居ます、司法極悪犯罪、強制適法化が武器です、遺産泥棒に成功すれば、盗めた遺産は、泥棒が所有権を得た事と、司法が法に背いてでっち上げで決めて、遺産泥棒も成功させているんです」

;相続遺産分割除外説、等でっち上げて”相続完遂までに盗めた遺産は、遺産目録を盗めた都度偽造して、盗んだ遺産を遺産から抹殺する手で”正しい遺産泥棒、泥棒が正しく遺産を盗めて、自己所有と出来た、事と偽りを正当化して有る、んですよ。

只の泥棒ですが「司法犯罪なので、盗めた遺産を、遺産目録から強制除外して通して”遺産泥棒証拠抹殺”司法権力悪用が武器の、泥棒正当化です」

それと「遺産物品は、正、負共、遺産から強制除外が常、民法第896条、被相続人死去の時点で、被相続人所有の権利に属する包括遺産全てを凍結して、相続人全員の、包括相続遺産で扱う、この法律規定も、法曹資格者の実際の頭で、全く意味も理解不可能と言う強みにより、全く正しい実効性が存在させられて居ません」

法曹資格者の現実は「合憲、合法判断等全く不可能、一般の正しい常識段階から、見事なまで理解不可能が実態です、相続遺産分割除外説、遺産は泥棒に成功すれば、泥棒が盗品の所有権を、無税で得た事と、司法がでっち上げで決めて、通して有る、国税も共犯、狂い切って居ます」

近隣でも、負債遺産が有ると言う事で、弁護士が遺産処理を請けて、有価物の軽四駆トラックを、無価値と言う設定として、被相続人の親族に提供した、こんな事が起きて居ます、一般的に、価格が付く事が証明出来る、軽四駆トラックですから、横領行為です、弁護士、裁判祖、裁判官ぐるみの、遺産横領です、負債が有るんであれば、正の遺産で負債を全額攫えるなら兎も角、負債が残る相続なら、悪質な遺産横領です、横領は確かですが。

中古の軽トラックの価格

  • 2022/06/21 07:54

ホンダアクティトラック、軽四駆トラック中古車を検索して見ました、次の通りでした。

;ホンダアクティ、軽四駆トラック中古検索、前期の型、前輪が前一杯の型、現行は、座席の下にタイヤが移動。

;1999年~の製造の軽四駆、中古価格は、25万円~50万円位、結構な高額ですよね、無価値と言う設定として、遺産から除外して、故人所有者の縁戚者に上げて良い訳は無い、横領、窃盗だぞ、しかも”個人の債務の処理を、弁護士が請けての横領、窃盗と言う”相変わらずの、司法遺産泥棒の蔓延振りです。

この司法犯罪”故人に対して債権を持って居る、債権者がこの事実を知り、故人の残した債務を、全額返済して貰えなければ”弁護士、司法による、正の遺産隠匿事件被害です。

司法犯罪の巨大な代物の一つ、遺産泥棒犯罪事件が、近隣でも見出せて居ます、勤め人がいきなり、軽四駆トラックを自宅に持ってくれば、目立つ訳ですしね、で、聞いた結果が今日の文書、とんでもない事実です。

相変わらずの、司法犯罪の横行です、遺産泥棒の状態化の是正も、まるで進行せず、理由は「善悪判断が全く付けられ無いから、ですよ、遺産泥棒司法犯罪も”遺産目録偽造、行使を主武器とさせて有るんです”遺産相続事件を請けた弁護士と、担当裁判官とで、盗めた遺産、遺産動産等を、強制的に遺産から除外させて、合法と決定、判決を下して正当化、この司法犯罪も、強制実行されて居ます」

この司法犯罪横行が有るから、弁護士、裁判所、執行官も先に立ち、遺品整理屋、同様の犯罪請負業者と結託して、犯罪処理を共に行い、証拠隠滅して通して居るから、遺品整理屋等が、大手を振って広告を出して、公権力共々、しのぎと出来ています。

司法犯罪は、多様に凶行されて居ます、泥棒ですが、犯罪とも理解不可能の結果です、極悪な司法犯罪国家権力の現実です、足が付く泥棒、横領が常、無能過ぎる犯罪者です。

相反した内容の公文書発行、と、遺品の犯罪処理、弁護士、司法がと

  • 2022/06/21 06:32

@道警本部、小樽警察署生活安全課、刑事二課、札幌市役所環境局から、廃棄物土砂違法投棄、埋設が発覚した場合の、廃棄物撤去責任を示した公文書が出ました、行為者が不明、処理を担わないなら、地権者が処理責任を負う、小樽市幸2丁目18-44国有農地、隣接18-39民有宅地に長年、農水、後志振興局、小樽市で住民に大量の産廃土砂不法投棄、違法道路造成させている事件も、処理責任は農水、道庁、小樽市責任、自分達に責任無し公文書発行したが、虚偽公文書です

@札幌市から公文書を得た文書の後段、遺品整理、家財一括処理請負に絡み”負債を残して死去した建設請負者の遺産処理、負債処理で、弁護士が処理に当たって居るが、遺産の軽トラック、法の規定上、古いので無価値と言う設定で、親族に自宅に運ばせて、登録抹消、自己所有として良いと、弁護士が認めたとの事、軽四駆は古くても価値が付くので、司法、弁護士による定番の、遺産(預金、証券、不動産以外で常態化)横領行為ですね

                                  令和4年6月21日

              小樽市上記私有宅地、借地契約事業者、不動産侵奪等被害受け社
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

〒047-0033 小樽市富岡1丁目7番1号
札幌方面小樽警察署長 御中
刑事二課河瀬警部補、生活安全課油川警部補
TEL0134-27-0110
扇沢明宏道警本部長、生活経済、捜査課課長
TEL,FAX011-251-0110
田辺泰弘札幌地検検事庁、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357遺産泥棒も、遺産目録偽造で成功制度
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 遺産泥棒制度も民法第896条から蹂躙で
農林水産省国有農地管理課 本間、丸山、佐藤課長補佐他、国有地は産廃
TEL03-3502-6445,FAX03-3592-6248投棄に
石川禎久法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
環境局北海道地方環境事務所
FAX011-736-1234
鈴木道知事、道議会、各振興局環境生活、農務課、農地は産廃で土壌改良
FAX011-241-8181、産廃で農地土壌改良、記載先配布
FAX011-232-1156 石狩振興局環境生活
FAX0136-23-0230 後志振興局局長、農地産廃投棄で土壌改良
迫小樽市長、市議会、塵減量推進、建設部
FAX0134-25-1487 記載先配布、公有地産廃投棄適法推進市
中村裕之衆議院議員、小樽事務所
TEL0134-21-5770,FAX0134-21-5771
札幌市環境局清水部長、末永課長
FAX011-218-5105 司法ぐるみの遺産泥棒も、大問題と
北海道新聞小樽市局、報道部記者各位
TEL0134-22-6171,FAX0134-33-0726

1、小樽市幸2丁目18-44国有農地と、隣接する18-39民有宅地で、農水省、道庁、後志振興局、小樽市が、地元民と共謀して繰り広げて通して居る、上記土地への、膨大な分量の廃棄物土砂違法投棄、違法な道路造成、不特定多数の使用に違法供与事件、上記行政機関が共謀して、責任転嫁用公文書を発行して、行為指揮、共犯者、地権者責任逃れを目論んで居ますが、同様事件が、当社請負工事で起きた事で、札幌市から公文書が出ました、改めて回答の求め文書に、得た回答公文書を合わせて送ります「廃棄物違法投棄、埋設が見出された場合、処理責任は行為者、地権者が負う、法に沿った答えです、後志振興局、小樽市発行公文書、農水、道庁、後志振興局、小樽市、行為者に責任無し公文書は虚偽と言う、追加公式証拠です”虚偽記載公文書で、権力犯罪責任免責は、司法共々同じ手です”傷害致死傷罪加害者責任、医証偽造で免責常時と同じ手です」

2、回答の求め文書後段の記載、遺品整理、個人所有物一括処理請負問題の記載に係る、次の事実が出て居ます、司法犯罪、遺産泥棒に組、の踏襲です。

(1)近隣住民の叔父が死去、負債を残した建設工事請負者だったので、軽トラックも所有、弁護士が介入し、遺産、負債遺産等処理中。

(2)弁護士は、近隣親族に、軽トラックが古いと言う事で(四駆の軽は、古くても金銭価値あり、万単位で売れるが)無価値と偽って自宅に軽トラックを移動させた。

(3)弁護士は、この軽トラック(札幌480,xxx-xx)に付いて、車検が切れるまでの間に一旦登録抹消して、後は自己所有等して良い、と、近隣住民に指示、本人談、金銭価値がある軽四駆なので、弁護士が指揮しての遺産横領、窃盗行為ですが?古物商が金銭を出し、買い取る物品ですし、弁護士、裁判所、裁判官が主犯ですが?

(4)遺産物品は特に、法曹資格者、裁判所が法務省と共謀して”強制的に遺産から除外(民法第896条蹂躙等)を常とさせて、遺産目録への経常強制排除”所有者を偽装させ、遺産物品、個人所有物犯罪業者一括処理委任も常、不動産明け渡し強制執行名目、押し込んだ先の物品全て、所有者別でも強奪、違法処理常時と同じ構図”が大前提となって居る事の踏襲です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6377653
ユニークアクセス:5544320
今日
ページビュー:3153
ユニークアクセス:3140
昨日
ページビュー:4508
ユニークアクセス:4488

Feed