エントリー

2022年06月26日の記事は以下のとおりです。

遺産動産問題

  • 2022/06/26 17:47

遺産の中に、動産も存在する、動産が何処にあるか?これが先ず問題です、そして、動産が、遺産に属する物品で有り、その遺産動産が、遺産動産だと、正しく証明出来るか否か?この問題も存在して居ます。

遺産分類の動産が、他所に有る場合で、該当の遺産動産が、この物品だと、正しく証明出来ない場合も多々有ります、そう言う場合、色々不都合が生じます。

それなりの古物売却価格が証明出来る、遺産動産が、他所に有る事は証明出来て居るが、該当の遺産動産が、どの物品なのか?これが証明出来ない場合も多々有ります、どうやって遺産動産の、相続等を終えるか、事例毎に困難が山のように。

公式な書類等により、遺産動産が、何処にあるか証明出来ているが、じゃあ「どの動産が、該当動産であるかは、ロッド番号も無ければ証明出来ません、有価遺産動産なら、どうやって動産相続を、正しく終えさせられるか?事例毎に困難極まりない、重大な問題です」

公務所の記録と、動産所有者と言う設定の、被相続人発行文書の記載に、動産が何処にあるか、動産の品目は何か、記載されて居るとしても、ロッド番号は無い動産で「上記記載は偽造記載、偽造事実記載内容だと、相続権者が、公に、公務所を脅迫して、吐いたなら、動産遺産の存在から、被相続人が自分の所有物、と公式文書に記載して居ようと、遺産動産の存在、置いてある場所、これ等が証明不可能に陥る訳です」

愚かにも、東海に唆されて、上記問題も、大きく噴出させて居ます、自分の責任で、正しく事実立証を求められるのです、言いがかりを就けて、市役所直接脅迫行為に手を染めた、自業自得ですけれど、唆す方も同罪では?

死人に口なしを武器とさせて、弁護士、司法、損保犯罪実例にも

  • 2022/06/26 10:13

昨年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒下敷き事件、加害責任者が死去したので、息子が相続人候補で出て来て「あろう事か、自分の父親が発行した書面、偽造だ、偽造書面で遺産相続人に、故人が負って居ると言う、損害賠償債務金支払い請求を寄越したな!と先ず、札幌市国保を脅した訳です」

偽造された求償、支払い誓約書、被害者との損害賠償金支払い取り決め示談書だ、こう「偽造書類で、相続人候補に札幌市が、第三者行為傷害建て替え医療費金、支払い請求を寄越したな「偽造だと思わないのか!と脅し文言を」

東京海上日動の言い草は「こう言った書類は、偽造として扱う事として有る、と答えて居ます、偽造で扱うと決めて有る、根拠は示さずの答えです」

脅迫担当弁護士が、札幌市を脅した行為の中で「死んだ人間に、正しい示談書類かどうか確認出来ないだろう」

こう言い放って居たそうです、で「死人だからもう、示談書等が正しいかどうか確認、証明出来ないから、示談書等は偽造だ、こう脅し文言を、こう言う手なのでしょうね、司法、損保の常套犯罪って」

この脅し行為、示談書等は偽造だと、証拠無しで決めて脅した、も、こいつらの常套行為で「警察、検事、刑事、民亊担当裁判官、裁判所ぐるみで”死んだらもう、偽造とでっち上げて通し捲れて居る、現実なのでしょう”」

刑事事件捜査が行われており、死んだ人の指紋、署名、押印が公務所に存在して居る事が、この言い掛かり脅迫、相続遺産詐欺でっち上げ事件で、今後物を言うでしょう、筆跡、指紋鑑定も出来るから、偽造証明書で遺産金巨額詐欺目論見事件、が事実化、遺産債務と損害保険金、不払い目的の冤罪でっち上げ化、捜査させなければ、二回目の詐欺等冤罪でっち上げだし。

第三者求償手続きによる、債務者側への支払い請求が来た、脅して請求潰しを

  • 2022/06/26 09:51

第三者行為傷害事件の受傷被害を受けた者が、緊急避難措置として、健康保険も仮に使って治療を行った場合、健康保険が拠出した医療費は、あくまでも「傷害事件加害者の、損害賠償債務の内の、健康保険事業が債務立て替えした分を、賠償債務者、加害者に、税金資金の立て替えですから、市役所が支払い請求したと言う事です」

保険者が立て替えした、損害賠償債務医療費に付いて、賠償債務者、傷害事件加害者に対して「健康保険建て替え医療費に付いて、支払いを求める事は当然で、故意に請求せず、この債務を踏み倒しさせれば、会計検査院から糾弾されます、違法行為だから」

こう言う法の組み立てですが、現実の、実務行為として「加害者側損保、提携弁護士が、保険者を脅せば、求償を諦めて居るのが実際だから、弁護士を使い、保険者脅迫に走るのも、通常の犯罪行為と言う事で、十和田労基恐喝事件、あれと同様の」

この事件の今は「相続がどう正しく行われるか?この一番先の問題があるのに”相続手続きを飛ばして、損害賠償争いだ、東海が弁護士を立てて、損害賠償争いで戦わせる、刑事と民事で、に走って居る事も、完全な違法行為です、処か」

関係した、加害者、故人の出した書面、偽造だ、と設定だけして、札幌市を先ず弁護士を使い、直接脅迫実行も、犯罪事業者の本性発揮実例が。

この虚偽設定だと、故人が一番の偽造行為者だと、して居る訳で、息子が親、故人を、偽造行為犯罪者とでっち上げて、故人も浮かばれませんね(-_-;)

巨額の相続遺産金の、犯罪取得が狙いの事件です、相続人候補による、先行支払い責任が有る、故人が負って居る、損害賠償債務支払い潰し目論見の、必要、関係書類は偽造だと、でっち上げで捏造して、札幌市脅迫を先ず実行、課税問題も、巨額絡んで居ます、遺産金を、札幌市と対人賠償債権者が犯罪に手を染めて、詐取を狙っている、向こうの虚偽設定ですが「このでっち上げ、崩壊して居ます、崩壊させている、個人発行書面も偽造だ!で押し通せなければ、駄目でしょうからね。

本人発行書面が多いけれど、全部偽造と言い掛りで

  • 2022/06/26 09:20

故人となった、傷害事件加害者さん、多くの直筆、押印書面を作成、発行、送付等して居ます、が。

相続人が、東京海上日動と共謀して、故人が書いた、送った書面は偽造だ、偽造書類で不当な、故人が負った賠償債務支払い請求を、相続人に対して「札幌市が行ったんだと、この連中は、弁護士を使い、じかに脅した訳です、怖い連中ですね、色々な意味で、事実偽造ならば”札幌市を脅す事等せず、警察に告訴、被害届け出するべきですしね”」

数千万円単位の「偽造書類を悪用した、相続遺産金詐取事件、と言う設定ですからね、東京海上日動、相続権者、債務者、弁護士による、必要書類が偽造だ、偽造書類で詐欺を働いている、札幌市も、設定での脅しですから」

この行為事実により、相続人は「被相続人が住所、氏名を記載して、押印して、発行した示談書、求償手続き書、支払い誓約書、日常生活賠償特約に対しての、保険金支払いの求め書類、全て偽造、行使だと証明して、偽造行為者も証明して、巨額の相続遺産金詐欺事件、で告訴の提起が必須ですし、被疑者は札幌市と、、。」

北税務署は「示談書、求償書類、支払い誓約書、日常生活賠償への、保険金支払いの求め書類の合否調査も必須です”巨額の相続遺産金に付いて、相続人、東京海上日動、弁護士が、偽造書類を使い、詐取に走られている”と、直接札幌市脅迫も実行して居ますから」

札幌市と私とが共謀して、この設定と証拠だと、故人の損害賠償債務者も、偽造書類を作成、行使して、相続遺産金詐欺を働いている、設定ですけれど、と言う設定の、巨大公務所絡み事件、だそうなので。

先ずは設定に付いて、正しく事実、偽造と証明して、偽造行為者も証明して、刑事告訴の提起が必須ですよ、先ずは。

相続人候補、愚かしい行為にまあ、お前の親の件で、親も偽造行為者とさせて、何をしているんだこいつ。

何が偽造なのか?

  • 2022/06/26 07:41

@山本繁樹氏の遺産相続権者、xxxx氏、東京海上日動、山本xx氏が住所、氏名を記載して、押印した多数の書類が偽造と、中島弁護士とやらを介して、札幌市相手に脅し行為を働いた、東京海上日動が認める事ですが、どの書類が、何故偽造と言えるか、捜査機関も公式に加え、合否を付けなければなりません、先ずは札幌方面東警察署刑事二課に、被疑者と偽造根拠を証明して、告訴、被害届を出すべきです

                                  令和4年6月26日

                 山本繁樹氏との間で、損害賠償に関して示談を交わした者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

〒065-0016 札幌市東区北16条東1丁目3∸15
札幌方面東警察署長、刑事一課山田、刑事二課小林警部補 御中
TEL011-704-0110
〒001-0031 札幌市北区北31条西7丁目3-1
札幌北税務署 資産課税部門小田担当
TEL011-707-5111
〒00
xxxx様
携帯080-
FAX011-
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、事件担当検事
FAX011-222-7357
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
〒060-8531 札幌市中央区大通西3丁目3-7
東京海上日動火災保険(株)
札幌損害保険金サービス第4課、担当木村氏
TEL011-350-4357FAX011-271-7379
秋元札幌市長、国保企画課
TEL011-211-2341FAX011-218-5182

1,札幌市相手に起こした、山本xx氏に係る、書類偽造と言う設定での脅し事件、xxxx氏、東京海上日動は、次の事実に付いて、偽造と言う設定とした根拠、証拠、行為者を特定して、先ず札幌方面東警察署、担当課に告訴、被害届け出するよう求める、札幌北税務署は”必要な税務調査、徴税実行するよう”求める。

(1)札幌北税務署”山本xx氏が、私に振り込んだ約x00万円に付いて、xx氏の実子xx氏は、私の治療費等に充てられるように”貸付した金員だと、札幌市相手に通告した、東海が認めた事実です、では”添付した、山本繁樹氏発行となって居る、令和3年6月17日の文書(治療費は繁樹氏が払う、東京海上日動は、繁樹氏の口座に振り込み願う記載文書、北洋本店、口座番号記載文)令和3年7月4日付、東京海上日動宛、日常生活賠償立て替え金のご請求に付いて、東京海上日動宛書面、支払額を示す領収書コピー等添付、支払額、請求額記載、振り込み証明通帳コピー、加害者繁樹の口座、金融機関名、口座番号記載書面、令和3年7月27日付け、東京海上日動宛、繁樹氏発行となって居る書面、7がt4日付け請求金支払い無し、不払い理由等を答えよ、等記載書面コピーも送るので、この書面と、xx氏と私で交わした示談書に付いて、xx氏から、どの書類が、誰に拠って偽造されたか、xx氏が私に振り込んだx00万円は、貸付金、贈与金のどれだと、昌城氏は証明するのか、相続税、贈与税のどちらに該当するのか、貸付金なら、遺産目録に、貸付遺産金で計上して、私に請求が来て居る筈ですし。

(2)xxxx氏は、xx氏が札幌市に送った公文書書類、第三者後遺障害手続き書類、支払い誓約書も偽造と、札幌市に伝え、xx氏への求償手続きが間違いだ、偽造書類で市が請求した、と脅させて居ます”健康保険を、第三者行為傷害受傷の治療で、仮に使い、治療費を税金で建て替えた貸付金回収の徹底は、会計検査院も、保険者に徹底回収を求めている、重要な公務です、これ等公文書手続き書類、誰が偽造したと、xx氏は主張して、税金資金支払い請求毎、犯罪と主張して、市を脅して居るのか、数百万円の税金資金です、相続出来る金で、相続税対象金か、税金資金返金、相続不可能の資金を、法を犯して徴収逃れしようとして居るのか、徴税の観点から調査、徴税実行を求める(1)(2)は、国税、査察と捜査機関が、合同調査、捜査が必要と思慮しますが事件の悪質さと、専門性を鑑みる場合。

(3)xxxx氏と東京海上日動は、コピーを送付済みの、加害者山本xx、被害者私の間で交わした、複数の損害賠償示談書も、偽造と主張して、札幌市を脅して居ますが、xxxx氏、これ等示談書類のどの部分が、誰に拠って偽造、行使されたのか、東警察署事件担当にも、正しく証明するよう求める(1)の記載事実、証拠を持てば、山本xx氏が偽造、行使したと言うのか?事件構成が偽造と言うのか?東署刑事一課の捜査が間違いだ、等主張を持った、市相手の脅迫なのか?東署に正しく証明して、公文書、私文書偽造、行使、詐欺で告訴提起せよ。

(4)東京海上日動は何故、添付した(1)記載、山本xx氏から送られた、日常生活賠償保険金支払い請求が届いて居るが、合法理由無しで不払いを続けて居る事実を隠蔽して、公文書、私文書偽造、行使、詐欺事件と偽りで、市を脅させる等も行って居るのか、社長名で答えよ”この書面が偽造出、偽造書類で違法請求されたと言うなら、偽造行為者を示して、偽造根拠も揃えて、中央署刑事二課に告訴提起せよ”何故繁樹氏存命中は、偽造文書で違法請求だ、と、xx氏を糾弾しなかったのか、これの説明も果たせ。

(5)xxxx氏、本件事件原因となった、私の妻所有地に置かれている高温焼却炉に付いて、妻から借地費、管理費用を支払うよう、繁樹氏の相続人、昌城氏に伝えるよう伝言されて居ますので、近日中に請求書を送ります、二次災害が起きれば、管理責任も生じかねませんので、管理費も有る程度高額になります、なお、昌城氏は、機器を正しく特定、証明して、正しくxx氏所有、相続遺産動産と証明を果たして、その上での引き渡しとなります(売ると数十万円は)正しい所有者、相続権者と証明を揃えて、合法な引き取りのみ認められます。

(6)札幌方面東警察署、一旦東京海上日動に騙されて、私が損害保険金詐欺行為者と言う設定で、違法な取り調べを行った事実に続き、これだけの犯罪行為を起こし続けて居ます、繁樹氏の相続人も加わって、数千万円に及ぶ損害賠償金、相続に係る金額の事件に、東京海上日動が、違法に弁護士、弁護士費用も拠出して、直接法を犯す行為に手を染めても居ます、求償、支払い製薬公文書が偽造と言いがかって市を脅迫、繁樹氏住所、氏名記載書面多数を偽造と、根拠無く主張、この言い掛かりで、相続人共々、対人賠償踏み倒しに走って居る、刑事訴訟法捜査が必要なのでは?詐欺根拠無しで、私を取調室に入れて、詐欺の嫌疑で調べた事実が有るのです、これだけの事件を捜査せず、は通りません。

(7)xxxx氏の行為は”刑事事件の構成、xx氏住所、氏名記載、押印等書面、どの書面に付いて、どう言う理由で、誰が偽造、行使したとして、市を脅す蛮行に走ったのか”彼の主張と行為は、東京海上日動に対して、日常生活賠償特約から、繁樹氏が負った賠償債務支払い(既払い、請求済み分も)に付いて、東海への請求権を、自身で潰す行為です、xx氏の意志での行為か、東京海上日動、弁護士他に唆されての所業化、犯罪収益獲得目論見、相続遺産金から、被相続人が負って居る損害賠償債務支払いせず、違法に相続資産を私しようが狙いの犯罪、彼らの主張する、xx氏が住所、氏名記載等、押印書類が偽造との主張と脅しは、これが狙いと見做せます、れっきとした犯罪です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561190
ユニークアクセス:5726880
今日
ページビュー:1570
ユニークアクセス:1558
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed