エントリー

2022年06月27日の記事は以下のとおりです。

QWERTY

  • 2022/06/27 18:36

@山本xx氏が所有者である、高温焼却炉管理費を、山本xx氏に対する相続権者殿に、本請求書面を持ち、請求致します

                                  令和4年6月18日

本件請求先 山本xx氏に対する相続権者様
〒007-08
山本xx様
携帯080-1
FAX011-791-

札幌市東区xxxxx-xx土地に設置、山本xx氏所有動産、高温焼却炉の管理責任を、土地所有者から委任された者
                〒007-0862 札幌市東区
                                       xxxx
                            携帯080-6092-

@高温焼却炉設置土地所有者は、山本xx氏従弟、山本xxの妻で、山本xx氏が生前、この土地に高温焼却炉を置く事の了解を、妻から得て、仮置きして来ましたが、山本xx氏死去により、この仮設置契約も無効となって居ます。

@ご承知の通り、この高温焼却炉は、仮に置かれただけであった為、昨年3月29日に転倒して、人的被害を生じさせた事件を起こして居ます、繁樹氏が死去した現在、高温焼却炉の転倒防止設置、安全管理等責任を、正しく負う者が居ない状態となって居ますので、山本弘明が、妻から高温焼却炉管理を委任された訳です。

;高温焼却炉管理費請求金額、令和4年5月18日~6月17日までと、7月17日までの二か月分の請求金額。

月額x万円×2カ月=x0,000円を請求致します、支払いは現金にて、本請求書到達後5日以内に支払う事を求めます、なお、相続人が、この機器の転倒防止対策を講じる費用を出さず、現状のままの管理により、高温焼却炉が転倒して、第三者に被害が生じた場合、山本xx氏が相続権者として、損害賠償責任を負う事を伝えて置きます。

@この遺産動産、高温焼却炉の、今後の扱いに付いては、山本xx氏の責任に於いて、該当焼却炉を正しく、山本xx氏が所有の相続遺産動産高温焼却炉と、相続人の責任で、物理的な証拠を揃えて証明した上で、相続権者である山本xx氏と、焼却炉管理者のxxxxと、高温焼却炉の、今後の扱い等に付いて、安全対策も含めて、答えを出す事と致します、山本xx氏は、山本xx氏所有焼却炉と立証を果たした上で、今後の協議に臨めます。

zxcvbn

  • 2022/06/27 18:13

   @令和4年5月18日、葡萄、小桑棚雪害で倒壊、棚撤去工事実施、工事金請求書

                                  令和4年6月28日

工事委任者様、工事金請求先
〒007-08
山本xx様 
山本xx様の遺産相続権者、山本xx様
携帯080-
FAX011-

                                工事請負会社

                            住所 

                            事業所名

                            取締役
                            携帯
                            FAX011-784-5504

@本工事依頼は、添付した共済契約書を、山本xx様から依頼された、xx様が当社に共済契約書をファックス送信した時点で”共済金が降りる事が条件”で工事依頼、請負契約、共済が適用となる事は、工事実施日正午頃、工事場所にて、当社から共済に架電し、当社、xx氏共、共済適用雪害被害と確認済み、契約成立済み。

※令和4年5月18日、工事依頼者様自宅に構築されて居た、二本の葡萄と小桑棚が、大雪によって倒壊した為、棚撤去工事実施、工事前、工事後写真撮影済み、共済金請求手続きは、山本xx氏が行うと、当日xx氏が当社に告知。

;葡萄、小桑棚撤去工事          一式             24,000円
;撤去材運搬費              車両一台            18,000円
;撤去物処理費              一式              8,000円
;刃物損料                一式              5,000円
;現場調査費、見積り費          一式             20,000円

工事金合計額   金75,000円
消費税10%    金7,500円
合計請求工事金額 金82,500円

以上の金額を、本工事請負金として請求致します、本請求書が到達後10日以内に、下記口座にお振込み願います。

口座

損害賠償金、実はまるで支払いせずで払い過ぎだと訴訟提起、山本巡査、共栄火災

  • 2022/06/27 17:32

一昨年8月11日に起きた、一方的追突傷害事件、加害者北海道警察所属、山本巡査の事件、任意損保は共栄火災、自賠責窓口損保ジャパンですが。

山本巡査も共栄火災も、実は損害賠償金、支払いせずで、払い過ぎた、債務はもう無い、と訴訟提起している事を、こちらの任意自動車保険、東京海上日動人身傷害特約部署から答えを得て有りまして、詳細について、文書も出ます。

一円も実際には、損害賠償金支払いして居ないのに「こんなに払って、これだけ多く払ってしまったと、出鱈目な、支払い事実証明無しでの訴訟提起したら、弁護士、損保の下僕裁判官、虚偽のこの主張を、事実と認めて、審理を潰して判決を下したと言う」

何もかもが嘘、でっち上げ、虚偽、偽造、詐欺行為で組まれて居ます、これが日本の法曹資格者、司法機関、法律に拠る訴訟行為、名目だけの国家の公務実態です。

加害側は、一切損害賠償金支払いせず、被害者側の損保が補償金支払いしたのに、加害者側は、こんなに余分に払った、払い過ぎだ!と、加害側が損害賠償金支払いした証拠無しで訴えれば、無条件で「加害者側が、払い過ぎてしまう金額、対人賠償金を払った、払い過ぎだ!でっち上げ判決を下して居ます」

司法、損保共謀の、加害者の刑事、民事責任抹殺目論見犯罪の追加です「自分がxxさんの車に突っ込んで、乗員を怪我させた事に間違いは有りません、自分が加入している損保が、対人賠償支払いします」

この、交通二課用の員面調書雛形からして、虚偽、事実捏造で仕組まれて居ます、司法、警察が、損保の指揮下に堕ち切っており、この虚偽支払いを謳った、詐欺訴訟提起と、詐欺記載判決も常態化されている、と言う事です。

次に被害を生んだなら、誰が責任を負うのか

  • 2022/06/27 08:15

高温焼却炉、次に倒れて、被害を生んだなら、誰が責任を負うんでしょうね?故人が生前、自分の所有物、と、捜査機関、札幌市役所、東京海上日動他に、文書も出して答えて居るけれど、相続人、東京海上日動、提携弁護士が共謀して『故人となった途端、高温焼却炉は故人が所有者、も含めて、故人が生前発行した書面は偽造だ、と言い掛りを持ち、札幌市脅迫から開始して居ると」

じゃあ「この高温焼却炉は、誰が所有者で、次に転倒事故が起きたなら、誰が行為者責任を負うんでしょうか?この機器の所有権者、公に証明が必要です」

当然ですが、正しい所有者?が証明出来ないまま、相続人と東京海上日動、提携弁護士の言い掛り、故人が自己所有と言って居る事の否定、根拠無し事実が出ているのですから、この状況で、二回目の転倒事故が起きれば、誰が責任を負うのでしょうか?又。

高温焼却炉は、故人が自己所有と文書も出しており、刑事事件捜査でも、故人が購入費を支払った事も証明されているとの事ですが、相続人等は「捜査自体虚偽、違法な内容と、札幌市相手に脅し材料で主張して居ます、行政相手に、故人発行書面は偽造、故人が認めた事も虚偽?と脅しに使って居るのだから、次に転倒事件が起きて、被害が生じたなら、相続人、東海は責任逃れに走る訳で、誰が責任を負うのでしょうか?」

その前に「10通以上故人が発行済み、示談書面、第三者後遺傷害手続き、支払い誓約公文書書面、東京海上日動への、損害賠償債務月額毎支払い、債権化しての、東海への支払い請求書類、刑事事件捜査に出した書面と、員面調書の記述、全部偽造だと、相続人、東海、提携弁護士は、公に証明が必須です、高温焼却炉は誰が所有者と、相続人等は証拠を持ち、言って居るのか、この問題への、法と証拠による答えも必須です」

公式に、公的機関相手に、税務署も相手取り、相続人等は、故人が発行した文書、員面調書の供述内容、偽造と証明を、今後行う事が、必ず責任づけられて居ます。

二次被害防止の為

  • 2022/06/27 07:56

高温焼却炉転倒下敷き、傷害事件が再現されたなら、物凄く面倒な事態が勃発しますので、この高温焼却炉、誰が所有者なのか「刑事事件捜査内容と、所有者、故人となった人が発行した、多数の書面を証拠とさせて、故人に対する相続権者に対し、高温焼却炉の管理費用請求から行う事としました。

この管理費請求に、相続人等は「その高温焼却炉は、故人の所有物では無いから、管理費支払い責任は無い」

こう、公に立ち向かう以外無い訳です、今更もう「個人が発行した書面、本物でした、偽造と言うのは嘘でした、と、公式に認める訳にも行かないから、故人を騙った偽造書面が、故人が生きて居る内に、札幌市、捜査機関、東京海上日動、税務署などに送られたんだ」

これで公に、札幌市役所、捜査機関相手にも、立ち向かう以外無いのです、ぜひ頑張って頂きたい、高温焼却炉は、故人の所有動産だとの、故人発行書面の記載も偽造、と言う設定での脅しでしょう、刑事事件捜査が、根本から間違い、虚偽と言う主張でも有ります。

であれば「高温焼却炉、誰が、どう言う証明により、正しい所有者なのでしょうか?刑事事件捜査は出鱈目だった、故人は高温焼却炉の所有者では無いので、傷害事件加害責任は、実は無かった?違法な捜査だった訳で?振り出しに戻される事態です」

この、相続人、東京海上日動、提携弁護士共謀での、札幌市を脅した文言内容の真偽を「刑事事件捜査の合否証明も含めて、洗い直しが必要な事態に発展して居るのです、実に大きな問題を、更に惹き起こした訳です、相続人、東海、提携弁護士が共謀して」

先ず札幌市役所、捜査機関は「個人が発行した書面は偽造だ、この脅迫原因?の真偽証明が求められます、当然ですが、故人が発行した書面は偽造だと、札幌市を脅しに走った相続人、東海、提携弁護士は、札幌市国保事業、刑事事件捜査部署に、故人発行書面は偽造と、公式証明が必要です」

高温焼却炉、誰が正しい所有者と、この連中は、何を持って言うのか?この問題も、公式に出ているし。

被保険者が死去したら、被保険者から出た書面、偽造と言い掛りに

  • 2022/06/27 07:34

@昨年3月29日午後に起きた、高温焼却炉転倒下敷き傷害事件、加害者と言う事件構成の人が故人となったら『個人が加入している、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償特約は、故人に対する相続権者と共謀して、東海提携弁護士を担ぎ出して共謀させて”個人が公務所に発行した書面も、当事者間示談書も、偽造された書面だ!”札幌市国保、偽造の第三者後遺障害手続き書と、故人が市に出した、支払いを誓約した書面とも偽造なのに、偽造とも思わずなぜ相続人に支払い請求した」

こう言う内容で弁護士に、札幌市を直接脅させたと言う、偽造だと言う根拠?で脅した、脅させた東海、相続人、実行した弁護士です。

故人が生前、被害者に支払ったⅩ万円は「親戚だから、医療費等支払いに困るから振り込んだだけ、貸し付けた金だ、親戚ならある事だ(この弁護士の親戚、お金を貸すとの事だから、どんどん借りるべきです)」

こうも札幌市に、脅し材料文言で言い張ったそうです、が「故人は生前数回、被害者に損害賠償金を、月々支払い、支払い証明を、請求書のコピーとも揃えて、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償特約に対し、保険金支払い請求手続きを行って居ますが、東京海上日動は、この、故人からの数回に渡る、損害保険金、損害賠償債務を支払い、債権化した金額の支払い請求が届いている事実を、脅し担当弁護士に、隠蔽して居たとの、東海の答えが出て居ます」

故人による、東京海上日動に対する、損害賠償債務を月毎に支払い、損保に対する債権化した上での、示談書、医療費他証明書のコピーを添えての、損害保険金支払い請求手続きは、昨年6月から行われて居ますが、東海は「偽造された示談書等だ等、一切故人に言って居ませんから、第一、誰が当事者間示談書を偽造した設定だ?故人か?私か?個人は私が偽造した示談書のコピーからコピーを取り、損害保険金支払い請求手続きを行った、との設定か?死んだからこう言う虚偽の設定をでっち上げて?」

親戚だから、医療費等支払いに困って居るから、お金を振り込んで貸し付けたんだ、親戚なら有る事だ!そう思わないのか、思いません。

お金を借りなければならない親戚が要るなら、その親戚は、お金を貸せない訳だし、故人は損害賠償債務を支払い、損保に対する債権化して、示談書等のコピーを添えて、保険金支払い請求して居ます「親戚だから、医療費等支払いに困って居るから、故人は生前、お金を振り込み、貸付した虚言も、破綻して居ますし。

この脅迫、東京海上日動、故人に対する相続人、弁護士共謀の、言いがかりを持った脅迫事件です、正しい脅し、では無い訳で、損害保険金支払い請求手続き証拠の隠蔽工作も発覚、東京海上日動による。

傷害事件、振出しに戻りかねない

  • 2022/06/27 07:14

高温焼却炉転倒下敷き事件、この焼却炉、誰が所有者なのか、刑事事件捜査の組み立てから、白紙に戻そうとの、東京海上日動、焼却炉所有者設定、加害責任者だった故人に対する相続人、この連中と共謀弁護士による、札幌市役所相手の、直接脅迫行為事件勃発、と言う状況です。

故人と被害者との示談書、故人が札幌市に提出済み、第三者行為傷害手続き書類、国保が立て替えた、第三者行為傷害医療費を、加害責任債務者として、支払うとの誓約書、共に公文書、故人が札幌市に出した、捜査機関にも出した、故人の直筆住所、氏名記載、押印有り文書等全て偽造だ!とした、札幌市相手の脅迫行為です。

故人が書いた書類や、員面調書には「個人が所有する、高温焼却炉転倒による、傷害加害事件の責任による、と言う文言が入って居ますが、上記連中は”故人が書いて出した書面、偽造と札幌市に、脅しで告げて居ます”偽造書面だ、こう札幌市、地方行政機関を脅したのだから、故人が文書で認めた、多くの書面全て偽造だ、と言って居る、現在の状況です」

この言い掛りによる脅しは「死人に口無し、よって、故人が署名押印した、公務所宛書面も、当事者間示談書も、全部偽造だと言いがかれば、一般的に?刑事、民亊担当裁判官、偽造だ、死人に事実確認出来ないから偽造だ!と決定、判決するんでしょうね、多くの場合」

大掛かりな?故人の自白、事実を認めた書面偽造、行使と言いがかっての脅し事件です、札幌市役所、捜査機関に有る、関係書類に刑事記録全て偽造、と言う脅しです。

故人は乗らなかった、損保東京海上日動、提携弁護士から、事実無根で強く要求された、言い掛かりを付けての、傷害加害事件の責任逃れ目論見の訴えでしたが、故人の相続権者、愚かしくも乗ったようです。

高温焼却炉とは、何処にある、どれを指すのか?この問題も、公と言える手続きで、故人に対する相続権者を相手として、白黒を付けるとしますか。

故人となった人による、自身の責任等を認めた文書は、偽造された文書だ、等の脅しが勃発した訳です、相続人は今後、捜査機関、札幌市役所、被害者側を相手として、被相続人に係る証明書、所有物等の問題に、事実に拠らない主張で立ち向かうと言う。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561077
ユニークアクセス:5726767
今日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1445
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed