エントリー

2022年06月28日の記事は以下のとおりです。

絵‼来月には委任状を出せる、筈だって?

  • 2022/06/28 17:31

先週初めに、札幌市役所保険企画課を、次の内容で、事実無根で脅した弁護士、示談書、求償手続き書類等は偽造だ、何故これらの書類を書いて出したとなって居る、故人に対する相続人に、国保で建て替えた医療費支払いを求めると、請求を行ったんだ、偽造だと分かるだろう!とか、東京海上が弁護士費用を出して、相続人が委任者と言う設定で、札幌市を脅した弁護士は。

札幌市国保企画課-先ず、相続人と交わした委任状の写しを送って下さい。

なかじま弁護士ー分かった”来月には、委任状の写しを送れるだろうから、来月には送れる、筈。

来月には委任状の写しを送れる、筈って「お前、東海、相続人、委任契約も交わさず、相続人の代理人弁護士と出鱈目を伝えて、言い掛かりで脅しを掛けた訳だな、とんでも無い連中だ」

何もかもが出鱈目、犯罪のみ手を染めている、どうしうようも無い連中ですよね、こいつ等、示談書、求償手続き書類、故人による、東海への保険金支払いを求めた手続き書類、偽造だと言い掛かりを付けているが、いくばくかでも、偽造だと主張出来る要件、有るのか?無いんだろ。

毎度の事ですが、ここまで出鱈目な損保、提携弁護士ですし、我欲の為、法を犯す所業の主犯に据えられて、乗る愚かな相続人ですね。

なかじまとやら、弁護士「虚偽の”相続人が委任者だ、示談署等、故人が発行した書面は、全部偽造だ、故人い損害賠償債務支払い責任は無い!”この嘘で、公に突っ走って通せるのか?」

重過失傷害事件原因の、故人が所有者の高温焼却炉、相続人は「高温焼却炉転倒下敷き傷害事件の加害者が、故人だと言う、刑事、民亊の設定も嘘、捏造と主張と言う、この主張が正しいと立証出来ない、損害賠償債務相続から逃れたいが為の嘘で、だと証明されれば、捜査は仕切り直し、相続人への必要な、となる事も大いに」

 この連中、刑事事件として、捜査が行われて来て居る事の意味も知らず、賠償債務者が死去したら、債務者発行文書は全部偽造だ、死んだ事に付け込んだ偽造だ!と言い掛かりを付ければ、裁判官が根拠証拠無しで、偽造だ、判決だけ下して居ると、、現実に、、。

事件の証拠、正しい証拠なのか?

  • 2022/06/28 08:37

事件の加害者、被疑者設定者が死去したら、死人に口なしとして「故人に着せた嫌疑も何も、出鱈目だ、故人には何の嫌疑も無いんだ!死人に確認出来ないから、死人は責任は無いんだ、証拠も偽造だ、これで通せて居ると」

普段からほぼ何も『正しく事実証明をせず、出来ないのが実際、なので、当人が事件の途中で故人となれば、冤罪主張を始めたら、普通通せて居るんでしょう、刑事事件捜査もいい加減、民亊はもう、犯罪で構成が常だから」

被疑者が故人と、事件捜査の途中でなれば、科して居た罪状を証明する証拠等、元々出鱈目な、事件を構成する証拠との設定だから、事件原因が正しく事実証明されている、と戦えるものが無いと言う。

何時もこう言う現実なのでしょうから、被疑者が故人と、捜査中になれば「被疑者は冤罪だ、と打って出ても、成功するんでしょうね、普通」

示談書は偽造、第三者求償書類も偽造、損保への、支払い済み対人賠償債務の補填支払い請求も偽造だ!事件原因の高温焼却炉の所有者も、故人との設定は虚偽で、別人が所有者だ、との主張だけ。

何時も通りの、損保不払い目論見の、提携弁護士と共謀しての、相続人も加わっての「死人に口なしと侮っての、故人に科した嫌疑は虚偽、冤罪だ、故人に賠償債務は無いとの、証拠無しの言い掛り脅し実行です」

重過失傷害事件の捜査も、この主張が出ており、出鱈目な事件構成での捜査だと、相続人、東海、提携弁護士が、捜査機関も相手取り、主張して居ます、物凄く大きな問題です、被疑者が死去したら、言い掛かりで故人は冤罪、で打って出れば、勝てると言う現実、如何に捜査が出鱈目化、と言う事で。

損保が提携弁護士と、違法行為で相続にも介入、不払い目論見での、故人発行書面偽造でっち上げ

  • 2022/06/28 07:50

昨年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件で『故人となった人が、この機器の所有者、管理責任者だ、と言う設定で、生きて居た、今は故人が重過失傷害事件被疑者で、事件が組まれて来た訳ですが、故人に対する相続人、故人が日常生活賠償金支払い請求を行って居た、東京海上日動、提携弁護士が共謀して”個人が発行した、当事者間示談書、第三者行為傷害届け出書面、支払い誓約書、東海への支払いの求め書面、全て偽造だ”と、札幌市国保課から相手取り、死人に口無し、を武器とさせたのか、直接脅迫行為に」

この、札幌市相手の脅迫行為の内容、故人が発行した書類は偽造だ、何故偽造書類と思わず、故人の損害賠償債務として、相続人に支払い請求を行ったんだ、との内容他と。

故人が生前、対人損害賠償債務として、被害者に支払ったお金は「親戚だから、被害者が医療費等の支払いに困って居るから振り込んだ金だ、親戚なら有ると思わないのか!」

この、事実に拠らない脅し行為により「高温焼却炉の所有者も、故人では無い、との理由?での脅しと、故人には対人損害賠償債務は無い、と言う脅し内容ですから」

と言う設定での脅しだから『個人が生前、昨年、数回東京海上日動に対して、支払い済みの対人賠償金、加害者の債権、損保に対する請求債権、に変換させた金員の支払いの求めの書面も、全部偽造だ、と言う設定での、札幌市役所脅迫と言う」

これ等の内容による、札幌市相手の、相続人、東海、提携弁護士による脅しを受けて「相続人に対して”他者の土地に仮置きして有る、事件原因の高温焼却炉に付いて”相続遺産動産ですから、現状のままの仮置きでの、管理費支払い請求を行いました」

相続人は、この請求も放置すれば、支払いを求める簡易訴訟を起こしますので、どっちにしても、高温焼却炉も相続遺産と認めて支払うか、故人は所有者にあらずと「捜査機関も相手取り、所有者は別人、と証明して戦うか、どちらかの動きとなります、別人が所有者と言うなら、重過失傷害事件、捜査を全面見直しが」

又「多数発行されている、故人による示談書、求償手続き書、東海への支払いの求め書面、誰が偽造、行使犯と言うのかの証拠も、相続人、東海等は、公に出して、偽造と証明が必須です」

動産遺産の犯罪相続状態化、司法犯罪の現実が、こう言う事件も惹き起こして居ます、動産遺産の正しい相続を、司法は、強制叩き潰しを常時凶行です「だから相続遺産動産、泥棒で取得し放題と、放置して相続人は責任無し、が通って居る訳です」

整合性を取れる頭も無い

  • 2022/06/28 07:25

死人に口なし、だから「当事者が死んだとなれば、更に法律蹂躙、犯罪し放題で、最後は司法なる、テロ常習国家組織が、犯罪を正当化させてくれる現実なのです」

傷害事件の加害者、の筈の人物が、捜査途中で死去した、損保は対人賠償を踏み倒せる、強い可能性が出た、故人に対する相続人は、故人が負った損害賠償債務を、やはり踏み倒せる可能性が生まれた、損保、相続人、提携弁護士が結託して、先ず札幌市役所に対して「当事者間示談書、求償手続き書類等は偽造だ、なぜ相続人に、故人の対人賠償債務、国保医療費、札幌市国保で立て替え金支払い請求を行ったんだ、偽造と分からないのかと、提携弁護士を使って脅させた」

故人は生前、昨年6月から何度も東海に対して、日常生活賠償特約を正しく適用させて、加害者責任により、被害者に支払った、対人賠償債務金に付いて、損害保険で支払いするように、支払い請求を重ねて来て居ます、が。

この、故人による、生前の支払い請求手続き複数回事実を、東海は隠蔽して、示談書も求償書類も、傷害事件加害者との捜査設定も偽造、虚偽だと、札幌市から相手取り、脅しでこれを吐いたと言う。

この連中が言う『個人となった人間が発行となって居る、示談書、求償書類、支払い誓約書、東海への支払いの求め書面は、十数通有ります、全部偽造と言う脅し理由ですし」

故人となった、傷害事件加害者が、被害者に支払ったx万円は「親戚だから、医療費支払い等で困って居るから振り込んだだけ、貸付した金だ、親戚なら有ると思わないのか!とも、札幌市を脅して、この虚言を吐いたと言う」

加害者は、実は個人では無い、事件原因の高温焼却炉の所有者は、実は別の者だから、故人は対人損害賠償債務は負って居ないので、被害者に対人賠償債務支払いする訳が無い!と言う主張、脅し文言です、よね?所有者なら、対人賠償債務を負って居るのだから。

と言う状況を鑑みて『個人に対する相続人に”事件原因となった、高温焼却炉も、故人が認めて居る上では、相続遺産動産なので、相続人に対して、現状の仮置きで、管理費支払い請求を行いました”」

この支払い請求にも相続人、東海は、札幌市役所脅迫事実が有るのだから「相続遺産動産では無い、別人が所有者で、故人は所有者では無い、別人が所有者と言う根拠はこれだと、公式証拠共々、回答を出すでしょう」

この、別人が所有者の高温焼却炉だ、回答と証拠が届けば「重過失傷害事件、仕切り直しとなります、事件原因の高温焼却炉、加害者設定の故人では無いとの疑義が出たら、詐欺捜査だった訳だから、どう言う”高温焼却炉の正しい所有者証拠と、加害者は別人だ、記載の文書が届くやら」

損保、司法の現実

  • 2022/06/28 06:45

@令和4年5月18日死去、山本xx氏が発行した、当事者間示談書、求償書類等書面は偽造と、彼の相続人、東京海上日動、提携弁護士が、札幌市相手に先ず通告したと、東京海上日動が答えたので、相続人に対して、高温焼却炉も相続遺産動産故、現状の仮設置での、管理費請求を行いました、故人発行書面が偽造主張です、高温焼却炉転倒傷害事件、機器所有者は故人以外と言う事でしょうから、機器所有者は別人と回答が出る筈、捜査も仕切り直しと

                                  令和4年6月28日

                        遺産動産、高温焼却炉管理費請求者
                〒007-
                                       山本弘明
                            携帯080-
                            FAX011-

〒065-0016 札幌市東区北16条東1丁目3∸15
札幌方面東警察署長、刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林警部補
TEL011-704-0110
〒001-0031 札幌市北区北31条西7丁目3∸1
札幌北税務署資産課税部門、xx担当
TEL011-707-5111
〒007-
xxxx様
携帯080-1xx1-xxxx,FAX011-
東京海上日動火災保険(株)
札幌損害保険金サービス第4課、木村担当
TEL011-350-4357,FAX011-271-7379
秋元札幌市長、国保企画課
TEL011-211-2341,FAX011-218-5182
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456

1、別紙の通り、今年5月18日死去、山本xx氏が、彼が所有者と言う設定?の高温焼却炉、私の妻所有土地に仮設置焼却炉が転倒して、私が下敷きとなった事件に絡み、故人が発行した、当事者間示談書、札幌市国保宛発行、国保立て替え医療費支払い手続き書類(焼却炉所有者も?)全て偽造だと、相続人、東京海上日動、提携弁護士が、札幌市に先ず、電話で通告したとの事なので、繁樹氏の相続人に、該当焼却炉、現行仮置きで、管理費支払い請求を行いました。

2、この支払い請求に、相続人等は「高温焼却炉所有者も個人以外、よって傷害事件で、故人が加害者との設定も虚偽、別人が所有者、管理費を相続人は支払いせず、故人が所有者との設定での捜査も出鱈目と、示談書等は偽造との主張故、弁護士共々反論するのでは?捜査も仕切り直しの可能性が」次の被害発生時の責任者、焼却炉の扱い問題等にも絡んで居ます、相続遺産とすれば、損害保険不払い、故人の賠償債務不払い理由、偽造示談書故などが理由、が崩壊です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561183
ユニークアクセス:5726873
今日
ページビュー:1563
ユニークアクセス:1551
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed