エントリー

2022年08月17日の記事は以下のとおりです。

警察官犯罪、損保が指揮しての犯罪ですが、提携弁護士、裁判官も直接共謀犯

  • 2022/08/17 16:57

現職警察官の犯罪、追突傷害事件を起こした加害者が警察官、で「対人賠償を踏み倒しに、事件後さほど経過せず、走った訳だ、賠償金を、警察官加害者も、加入する任意自動車保険、共栄火災も、提携弁護士も裁判所、裁判官も、犯罪によって踏み倒したいから、と言う理由でです」

この警察官、司法犯罪、加害側、自賠責事業ぐるみでは、医証の偽造も武器で凶加害者警察官の、刑事、民事責任抹殺、にも手を染めています、損保、司法、警察、行政犯罪の常、のなぞり犯罪も、手を染めて有ります。

当然ですが「佐藤弁護士の証言も加えて、傷害致死傷事件、殺人、未遂も含めた対人加害事件、どれも等しく”加害者の刑事、民事責任抹殺目論見の、対人加害行為抹殺目的での、医証偽造が武器で、今では公に、傷害致死傷罪、殺人、未遂罪加害責任抹殺目的で、偽造医証を、正しい医学的証拠だ、と言うでっち上げで、刑事訴訟法手続きからして、偽造させて、合法医証で使い、加害者責任抹殺成功、の恩恵に預かれます”山本巡査も、この犯罪の恩恵に預けれて居る訳だし、万人、対人加害行為者全員が、医証偽造を求めて実行させて、加害者責任抹殺で逃がされる訳です」

司法、行政、警察、報道カルト共謀の、確信極悪国家権力犯罪ですからね、対人加害事件が起きたなら、医証の偽造を行わせて、加害者責任抹殺成功、警察、司法他、日常的犯罪ですから。

司法犯罪ロンダリング、恒常的な司法テロ事実です、佐藤会長、弁護士も、詳しく認めても居る通り、刑事、民事訴訟法手続き、自賠責、労災手続きも、加害者の刑事、民事責任抹殺目的、対人賠償、補償踏み倒し目的での、被害者の医証偽造、軽い怪我だと偽造、受傷原因は、対人加害事件が原因では無い、と捏造させた医証発行で、常時加害者責任、合法対人賠償金支払い潰しが成功!

今ではもう、公になって居る司法、警察、行政、報道等犯罪事実です、対人加害行為事件、加害者責任は、公務所宛、捜査機関宛医証偽造発行から日常として有るから、司法、警察、行政が実行犯、犯罪指揮犯で、対人加害行為者は、刑事、民亊共、責任等負わず逃がされると言う、現実なのだから。

対人加害事件、刑事、民事訴訟法手続き記録、証拠を見れば「証拠医証から、偽造と分かるし、起訴自体でっち上げ、出鱈目で、訴訟資料、証拠、判決も、訴訟詐欺と言う事が、正しい事実で分かる、証明出来ますから、刑法第160条適用、医師法第17条違反適用の、捏造偽造、でっち上げ、オカルト医証が証拠、からですし」

安倍氏の事件でも、今後起きる同様の事件でも、この加害者刑事、民事責任抹殺目論見の、医証から偽造、偽造移送、犯罪医証を合法証拠とでっち上げて事件纏め、起訴、審理ごっこ、判決!加害者刑事、民事責任抹殺、無いし、冤罪で有罪判決もでっち上げ、のどちらかが凶行される訳です、無いのは、合法を果たして証明出来た事件纏め、起訴、審理、判決でしょうね。

司法犯罪の一つ、後見財産横領、遺産金、遺産預金横領後、証明書偽造と、犯罪利得徴税せず

  • 2022/08/17 08:56

従兄の息子相続人、と、共犯の東京海上日動、提携弁護士、司法書士、検事、警察は「息子に遺産金を、法に背いて横領させて、犯罪で得た利得である、遺産預金横領利得を、遺産目録を偽造して、遺産から横領した遺産金を抹殺して、裁判官が”横領に成功した遺産金は、遺産目録の偽造により、正しく遺産から失われた”と、犯罪隠蔽用決定を下して、横領犯罪抹殺」

国税も「上手く横領出来た遺産預金、遺産金利得で、弁護士、司法書士、裁判官が”横領出来た遺産金、遺産預金だから、遺産目録を偽造して、裁判官ぐるみで相続遺産から抹殺して有る”から、犯罪利得だが、徴税せず逃がす、泥棒が全額、無税で自己所有として良い、と、犯罪利得取得と、犯罪利得への徴税逃れ共、認めて来た訳です、司法犯罪を成功させる目論見でです」

ですが、私の尽力が功を奏して、令和元年11月末で、これ等の犯罪は、強制的に潰されて来て居ます、遺産金、遺産預金泥棒も、預金先から税務署に、遺産預金過去からの履歴提供手続、が出来たから、不法な利得への徴税も、法の規定通り実行され出して居ますし。

金融機関の金を、法を犯して私して居る訳だから、れっきとした「金融機関相手の、資金の犯罪取得で、逮捕事案ともなって来て居ます、相続権者であろうと、金融機関の資金を、犯罪によって取得は、重大犯罪です」

高額の犯罪利得取得で有れば、犯罪利得に対する徴税額も、巨額に上りますからね、悪質脱税の嫌疑でも、国税、検察庁、警察の捜査事案とも、法に沿えばなります、従兄の息子と、共犯者連中の、遺産金横領、遺産債務犯罪で踏み倒し、犯罪で得た高額の遺産金脱税、この多重犯罪も、捜査案件でしょうに。

対人賠償を、犯罪で踏み倒そうと目論んで、当事者間示談書を偽造と言い掛り、東海へ、故人が生前、日常生活賠償債権化分支払い請求、この事実、証拠隠蔽で、無い請求と偽っても居る、損保東海、提携弁護士、検事、警察共謀の犯罪、も有るし。

損保、司法犯罪のなぞりのテロ

  • 2022/08/17 08:33

山本巡査、損保、司法犯罪、傷害事件と証明する、公務所宛発行医証の偽造から、定番の犯罪だから、手を汚して行って貰って、軽微な怪我だ、とでっち上げで、刑事、民事責任抹殺で逃がして貰えて居ます、犯罪で逃がされて居ます。

そして、これも損保、司法の定番のテロ手法「言い掛かりで休業損害、医療費等を踏み倒して、兵糧攻めで潰しに走って来て居ると言う、更に”自賠責の範囲を超えて、189万円も払ったが、30万円弱過払いだった、もう対人賠償債務は無い”と、詐欺訴訟の提起に走る、定番の犯罪も手掛けて居ます、実際には、山本巡査側は、対人賠償一円も支払いせず、事故証明書取得費600円まで、自賠責から引き出す有様です」

訴訟詐欺を提起して、札幌地裁、裁判官も、詐欺訴訟と承知で、合法な訴えだと、嘘で受理、審理を潰して、詐欺訴訟の通り判決!何処までも犯罪を重ねて居る訳だ、司法の公務としての犯罪を。

この男、北海道警察所属の巡査です、現職警察官も「傷害事件加害者責任から、医証偽造から手を染めさせて、逃れられて居るんですよ、損保、自賠責、搭載事業用の犯罪である、受傷事実を、軽微な怪我だと、事実無視で常時偽造作成、公務所に発行、これで加害者の刑事、民事責任抹殺成功として有る、損保、警察、司法、行政犯罪で、不当に責任逃れ出来ています」

この医証偽造、傷害致死傷事件加害者の刑事、民事責任不当抹殺成功、損保、司法、行政、警察、報道カルト等共謀の、国家権力テロ犯罪の手は、誰でも警察、検事、弁護士、裁判官に指示、命じて、正しく刑事、民事責任を負わず逃がされるように、軽い怪我だ、受傷原因は、自分が起した傷害事件では無いと、医証偽造を医師にさせる、損保、自賠事業の誰かに、この犯罪診断を出させて、合法医証と嘘で採用、判決、とさせられるんだから、山本巡査と同じく。

司法、行政、警察が結託して、傷害致死傷事件が起きたら「加害者の刑事、民事責任を抹殺する為、捜査機関用の医証を、加害者の責任逃れ出来るように、軽い怪我だ、受傷原因は不明だ、一般傷病だ、等偽造発行させて、加害者の刑事、民事責任抹殺を成功させて居る、同様の事件の加害者、誰もがこの犯罪により、加害者責任逃れさせて貰えるんです」

統一教会の支配下、政治の現実、司法、警察、行政は、損保の下僕

  • 2022/08/17 08:03

政治は統一教会、カルト詐欺集団が、実は支配している現実が、山上氏が安倍氏に、手製の花火を二発発射した事件がきっかけになり、表沙汰にされて来て居ます、国政と言うが、実はカルト詐欺集団が、支配して、傀儡師で操って居ると言う、法で律せられる近代法治国家、大嘘だったと、山上氏の行動で、国際的に証明された訳です。

※山上氏が行ったのは、現在までの事実証明だと、手製の花火を二発発射した、これだけです、安倍氏を銃撃して殺した、等物理的にも、証拠も無いです、第一”16リットルでしたか、輸血し続けて、8日午前11時半頃から、同日午後5時過ぎまで、生かした風を、だった訳で”死因も正しく証明、出来ないでしょう、弾丸も見つかって居ないし、心臓に穴が開いた、左腕の動脈断裂、が失血死の原因、主治医と警察発表で分かれているし。

法を正しく適用すれば、山上氏は、銃刀法違反、これだけでしょうね、適用出来る罪状って「後は、刑事被告人弁護士が”定番の、やらせ基礎根拠、証拠と承知で、起訴の合否から問わないで、殺人罪を科す為共謀”この手が、恐らく過去と同様に?」

私が直接被害者とされた、過失傷害事件で立証して来て有る、公務所に出す医証偽造、偽造医証と承知で弁護士、検事、裁判官、検察庁、裁判所、厚生労働省他行政機関、刑法第160条、医師法第17条違反犯罪と扱わず、等の権力犯罪の手で、加害者の刑事、民事責任不当抹殺を成功させて有る、事実証拠多数も公開済みですから、山上氏が起訴されたなら、起訴理由、根拠証拠の合否から、検証すべきです。

司法、警察、行政、只のカルト犯罪損保の下僕、傀儡国家権力だから、傷害致死傷事件、殺人事件でも、偽造証拠を造らせて、合法証拠とでっち上げて採用、偽造証拠を用いて判決!損保の刑事、民事訴訟方式でこれを日常実行、損害保険金詐欺冤罪も、でっち上げた事件構成、証拠(は無くても冤罪成功)で、日常的に詐欺冤罪も成立させて居る、損保の捜査指揮で。

法曹権力、警察、行政、損保に捜査指揮を執って貰わなければ、医証を扱う事件、損害保険詐欺事件、損害賠償事件、ほぼ何も正しく理解出来ないから、事件で扱えない訳です、現実として、統一教会の傀儡、政治と同様です。

カルトに支配されて居る政治、損保の下僕司法、行政、警察、報道カルト

  • 2022/08/17 06:28

@札幌弁護士会現会長、佐藤弁護士は”傷害被害を負わせた被害者が、長期治療が必要な場合、不払い、言い掛かり債務無し訴訟提起”の手を使い、兵糧攻めにしても居る、等の事実も認めています、休業損害、治療費不払いで追い込み、高額の訴訟費用を捻出できないようにも追い込み、対人賠償踏み倒しを成功、の実態も証言して居ます、山本巡査、従兄の息子相続人も、損保、提携弁護士が指揮して、執って居る手です

                                  令和4年8月17日

                〒007-xxxxxxxxxxxxxxx
                                       xxxx
                            携帯080-xxxx-
                            FAX011-

葉梨康弘法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美事件担当検事
FAX011-222-7357
扇沢明宏道警本部長、生活経済、各捜査課、交通課課長
TEL,FAX011-251-0110
会計検査院院長 公的資金詐欺、司法、損保共々、確信犯で求償完遂要求は
TEL03-3581-3251,FAX03-3593-2530
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村、前任上中専門官
TEL03-5253-8586,FAX03-5253-1638
金融庁保険課、損保係池田課長、古村係長、弁護士会会長証言犯罪指揮の一角
TEL03-3506-5104,FAX03-3506-6699
加藤勝信厚生労働大臣 公務所宛医証偽造発行、厚労も指揮、公金詐欺用共
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3504-1210(保険局保険課、国保課3258)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
札幌市保健所医療政策上野他、弁護士証言犯罪用、違法監査で公務犯罪
TEL011-622-5162,FAX011-622-5168
札幌市長、国保企画課求償担当 会計検査院も詐欺監査、公金詐欺、脱税に組
TEL011-211-2341,FAX011-218-5182
東京海上日動社長、札幌損害サービス第4課、永井啓太課長、伴、木村担当
FAX011-271-7379 道警、東署刑事課、捏造詐欺他事件捜査指揮
損保ジャパン社長、後遺症審査請求音無、御社顧問弁護士回答は犯罪事業証言
FAX03-3349-1875
三井住友社長、自賠、任意部署 
FAX011-271-0003

1,本日の文書にも、札幌弁護士会現会長、岩本・佐藤法律事務所所属、佐藤弁護士による、対人賠償踏み倒し用、司法、行政、警察ぐるみの権力犯罪事実証言、簡裁への上上申手続き書面を、追加で添えます、要点の重要部は「重い怪我を負わせた被害患者に対して、不払いによる兵糧攻めを行い、債務不存在確認訴訟提起も含めて、訴訟に引き込むが、高額の訴訟費用も調達が必要に追い込み、高額賠償逃れも成功”診療録偽造で、長期治療を違法打ち切りして、合法な長期、高額賠償を諦めなければ、弁護士は対人賠償請求を請けない”定番の手も組んで有る、等も証言して居ます」

2、正に「道警所属、山本巡査による、一方的追突、重い怪我を負わされた後、山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、札幌地裁、裁判官が行って来て居る手口の証言です”道警は、監察課も共謀犯で、山本巡査による、不当な医療費他不払い等の訴えを、共謀犯故握り潰して居ますが”山本巡査と共栄火災、斉田弁護士は、昨年暮れ、私が道警、監察に訴えた事を潰そうと、道警への正当な訴えを、札幌地裁、裁判官が、不当に潰せと仮処分の訴えを提起して、道警ぐるみの不法行為証拠作りも行って居ます、検察庁、検事も共犯で、偽造診断書で軽微な怪我、不起訴と、やらせ決定、追加証拠、重い後遺症が残存する怪我、山本巡査加入、共栄火災が、賠償債務支払いしますと、虚偽加害者調書作成事実等”を無い事とさせて、不起訴故補充捜査、刑事処分の可否決定から逃げていますし、そして”加害側は、自賠責部分120万円に、対人賠償で189万円払ったが、30万円弱過払いだったと、虚偽訴訟提起、合法訴訟と虚偽判決、控訴事件でこれ等証明”も有る通りです」

3、安倍氏銃撃事件も絡む「刑法第160条適用、医師法第17条違反犯罪、偽造医証を公務所に虚偽提出、合法医証と常時虚偽採用、偽造医証で傷害致死傷事件、殺人事件等構成、判決状態化、この警察、司法、行政犯罪を、山本巡査事件でも、損保、警察、行政、司法が共謀して実行、軽微な受傷とでっち上げて刑事、民事責任抹殺、事実も有り、安倍氏銃撃他事件も、この詐欺診断を合法医証とでっち上げ、の合否も今後、広く問われます”合法な対人賠償を、これだけの国家権力テロで踏み倒して居る”正しい犯罪理由になる訳が有りません」

4,従兄に重過失傷害加害者責任が有る、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも、従兄加入任意自動車保険、東京海上日動日常生活賠償特約は、提携弁護士も共謀して、法を犯して不払いを果たすべく、札幌東警察署刑事1,2課を捜査指揮して、次の冤罪をでっち上げている通りです、札幌地検、二階堂郁美検事も東海の捜査指揮下に?

(1)高温焼却炉は、私が購入した機器なのを、従兄が購入と嘘を吐き、金に困った従兄と私が組、故意に転倒下敷き事件を、起こし、私が東海から、対人賠償保険金詐取目論見、支払い請求を行って居る、とでっち上げた詐欺冤罪で、裏も取らず決め付け捜査。

(2)従兄は億近くの資産がある、機器購入費拠出証拠、購入者証明等を、私が刑事に指示して、金融機関、DAITOから取らせたが”もう詐欺冤罪から刑事、検事は、東海の捜査指揮で詐欺冤罪でっち上げに走っており”抜け出せなくなっている、統一教会の傀儡が実態の政治、と同じで、損保、提携弁護士の指揮下で保険詐欺、医証偽造で軽微な傷害事件常時捏造、に走る法曹権力、警察、行政故、合憲、合法実現は、能力的にも不可能だから?

(3)これ等事実も、私が証明して、させて、で困った東京海上日動、従兄の息子相続人、警察、検事は”当事者間示談書は偽造だ、従兄による、私への対人賠償金支払いは虚偽、貸付金だ従兄による、対人賠償金支払い事実を持ち、東海への支払い請求は隠蔽した”等犯罪に切り替えています。

(4)従兄の息子は、億前後の遺産金不正取得を、東京海上日動、提携弁護士、司法書士らの加担を得て、行って居るし、巨額の犯罪利得脱税も目論む等に走って居ます「令和元年11月まで、遺産金、遺産預金を横領出来れば、弁護士、司法書士が、裁判官と共謀して、盗めた都度、遺産目録を偽造して、横領出来た遺産金を抹殺して、裁判官が、横領に成功出来た遺産金は、遺産から消えた、と決定、国税も、この犯罪利得は無税、で逃がした手の踏襲ですが、令和2年以降、この横領は、金融機関から国税に通報され、徴税されるように変わって居ます、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反、以後採用禁止、最高裁大法廷最終決定、平成28年12月19日、が、令和元年暮れ、ようやく稼働したからです」

(5)裁判所も「令和2年からは”後見人弁護士が横領出来た、被後見人の資産、被後見人の遺産金”は、後見財産から不当抹殺して、国税も、犯罪利得への徴税逃れさせて居ましたが、例えば令和2年、原田xx氏死去後、札幌家裁選任、xxx後見人弁護士が、原田氏の遺産金をx0万円横領して居る事を、相続手続きで裁判所が見出し、x辯護士に返金させても居ます」横領で告発はせず、国税も、犯罪利得への徴税実施しているし。

(6)記載国家権力犯罪は、法の破壊を武器とさせて、損保、自賠事業、労災事業が違法に対人賠償、補償を踏み倒せるようにと仕組んだ犯罪と、弁護士、司法書士が、犯罪で利を得られるように仕組んだ司法他犯罪、が理由です、統一教会が指揮する政治、損保が、記載テロ犯罪の指揮、と言う構図です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744740
ユニークアクセス:5908242
今日
ページビュー:1105
ユニークアクセス:1022
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed