エントリー

2022年08月18日の記事は以下のとおりです。

損保犯罪が司法、警察のマニュアルと言う、統一教会が支配する政治と同様

  • 2022/08/18 16:51

現実として、損保が警察、司法を支配して居ますから、傷害致死傷事件、殺人事件、殺人未遂事件を証明する医証も、損保の犯罪通り、偽造捏造されて居る訳です、合法な医証は、正しい証拠では無い!と、警察、司法”も”損保様の命を受けている通り、却下して、様々な、不正な都合に合わせて、犯罪医証が正しいと、公権力悪用で、でっち上げで決めて、事件を構成して、決定、判決を出して居ると言う。

十和田労基恐喝も、同じ構図です、損保が命じた通り、裁判官が、犯罪者診断が正しい、主治医の医証は捏造、却下だ!こう、詐欺判決を、損保犯罪制度を正しい、とでっち上げで決めた判決を下して「合法な医学、主治医の診断は、捏造、対人賠償、補償金詐取目論見の偽造証拠だ!と、恐喝できる公的材料でっち上げで作った、が正しいと言う」

で、損保ジャパン、提携弁護士は、この犯罪診断が正しいとの、テロ犯罪判決を武器で使い、十和田労基恐喝実行!に走った訳だ、裁判所、裁判官ぐるみの、只の犯罪行為です。

山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、札幌地裁、裁判官も共謀して「医師法違反犯罪者診断が正しいんだ、この詐欺犯罪と、山本巡査側は、自賠責上限を、189万円も超えて、対人賠償金を被害者に支払ったが、30万円弱過払いだったと、実際には一円も、対人賠償金支払いせず、詐欺で訴訟を提起、札幌地裁、裁判官は、根拠証拠無しで、合法、正しい対人賠償金過払いだと、虚偽と承知で受理、審理を潰して、強制的に、言うがまま詐欺判決」

合法の欠片も存在しません、これが司法、警察、法務省他行政機関、報道カルト等の、常なる損保が指揮、司法犯罪なのです。

正しく、只の極悪テロ犯罪国家権力です、合憲、合法等、こいつら理解不可能な頭、合法に準じる資質欠落、職業犯罪者の資質集団、が実際と言う。

損保犯罪制度、が警察、司法の刑事、民事訴訟法手続きの、実際の雛形ですから、傷害致死傷事件、殺人、未遂事件も、証拠の医証は、都合に合わせて偽造、事件構成も、都合に沿わせてでっち上げ、合憲、合法ではない訳で、捜査機関、ですから、この狂った現実で。

根本が犯罪で構成、が立証、司法犯罪はもう隠蔽不可能

  • 2022/08/18 10:30

札幌禎心会病院への、今年1月11日の、医療捜査の実施により、傷害致死傷罪、殺人罪などの、人体への危害事件を証明する、医学的証拠は、実際には「医学、医師法違反の、偽造捏造、でっち上げオカルト診断!を、正しい医学的証拠だと、嘘を吐いて、合法医証で採用して、決定、判決を下す武器とさせて有る、医師の回答が先ず出て」

北海道警察本部、札幌中央警察署も、この事実を正しく認めて、この犯罪は、刑法第160条故意に不適用と、医師法第17条違反も故意に不適用、を不文律として、成功させて来ただけですよ、も認めた訳です、これ等の刑事罰を、正しく適用となれば、破綻すると言う事です、刑事も民事も共に、訴訟詐欺だから。

これ等が正しく、公に立証されたから、札幌弁護士会会長、佐藤弁護士も正直に「刑事も民事も、証拠として有る医証、医師法第17条、刑法第160条共、犯して居ないと言うのは嘘、違法な医証を、合法と偽って採用が事実、等認めた訳です」

更に佐藤弁護士は「長期療養患者、一生治療が必要な患者は、何処かで、休業損害等違法不払い、医療費も不払いで兵糧攻めに追い込んで、困らせて、治療を止めたと捏造させて、短期のみ賠償で逃げる、や、長期治療を止めないなら、途中の対人賠償請求を、法を犯して認めない手や、治療途中分しか、対人賠償を、理由無く認めない手の、司法犯罪も駆使して、合法な対人賠償を踏み倒し出来ている、等も認めています」

只の対人合法賠償潰し目的の、国家権力、警察、司法のテロ犯罪です、何処にも合憲、合法等有りません、司法独裁テロ権力を、これだけの国際的テロ犯罪凶行三昧に悪用して、成功させて有るだけです。

もうこの事実証明、実例も山のように、の事実証明も、隠蔽も不可能です、山上氏が、安倍氏の背後で、二発手製の花火を発射した事件にも、この司法他、国家権力テロ犯罪を持ち出して有ります「殺人罪と立証出来る医証、主治医、医療チーム、解剖医、医師法第20,17条違反診断者?誰が発行した者が、唯一合法医証なのか?医証発行権を持つ、主治医の診断だって、合法な医証と、公式に、理論構成して、破綻せず、立証出来るのか?出来たって、犯罪者診断が正しい、この犯罪決定、判決の山事実、どう説明を付けるんだ?」

損保、自賠責事業犯罪診断、これが最強の犯罪診断だ!自賠事業、裁判事実は?安倍氏の死因証明の最高で絶対は、自賠事業犯罪診断!が実務で通されて居るんだし、安倍氏の死因診断、損保、自賠事業に、大金を投じて行わせエバ?

証拠は偽造が日常、損保が指揮する、対人賠償踏み倒し用の警察、司法、行政犯罪

  • 2022/08/18 09:01

損保が対人賠償を踏み倒し出来るように、警察、司法、行政が共謀して、対人賠償を、常時法に背いて踏み倒せている手が、必要な証拠の偽造と、合法な事実、証拠強制抹殺です「判例‼とやらをでっち上げて、合憲、合法を叩き潰して、犯罪が正しいと、合法根拠ゼロ!で強制決定、判決を下して、この司法ぐるみのテロ、犯罪を成功させて居る訳です」

この犯罪に加えて、損害保険金詐欺冤罪捏造も、損保、支配下の警察、司法、行政の、良く使うテロの手です「損害保険金詐欺だ、根拠は”損保が詐欺と言ったから、損保提携弁護士が、詐欺だと意見書を付けて、告訴状を出したから”損害保険金詐欺だと決まった!!」

全く何処にも『正しい損害保険金詐欺事件、との証拠も事実も無いのに”こんなでっち上げで、損害保険金詐欺事件だと、強制でっち上げされて、通せて来て居ます”昨年の、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも、加害責任者加入、東京海上日動任意自動車保険、日常生活賠償部署、東海は、次の損害保険金詐欺冤罪を、東警察署刑事課と共謀して、でっち上げに走って居ます」

東京海上日動、東署刑事課ーあの焼却炉は、被害者が購入した機器なのを、従兄が購入したと、従兄が金に困って、被害者と偽り、故意に下敷き事件を起こして、従兄が東京海上日動から、被害者が対人賠償金請求して、損害保険金詐欺を目論んだ事件だ!!

ですが「この損害保険金詐欺冤罪の設定を、詳しく聞いて知り、刑事に”従兄の預金履歴を取らせて、焼却炉購入費拠出は、従兄と証明を作り、DAITOにも照会を掛けさせて、購入費は従弟が拠出、購入者は、従兄の息子が社長の会社、と証拠を揃えさせて有るが”東京海上日動の下僕、警察、検事はもう、この虚偽設定の、損害保険金詐欺冤罪で暴走一色と」

従兄は死去して、巨額の遺産金を遺した訳で、金に困った従兄が、損害保険詐欺を目論んで、の虚偽設定も、当然不成立です、東海と、下僕の公権力警察、法曹資格者、司法機関は「何も正しく調べて、事実立証出来る資質も知識も、方法も何も備えて居ません、只、東京海上日動、従兄の息子に操られて、脱法を重ねる、犯罪に与して居るばかりです、佐藤会長も認める、合法な証拠は無し、合法無しで対人賠償不払い、兵糧攻めで困窮させて、合法な対人賠償を踏み倒し成功!司法犯罪実態」

この証言も出ている通りです、只のカルト犯罪損保の傀儡、警察、司法、行政こぞって、只の国家権力だが、テロ犯罪集団だと。

兵糧攻め、対人加害者側と、警察、司法、行政共謀のテロ!

  • 2022/08/18 08:17

山本巡査からの、一方的追突、重い傷害被害事件で、山本巡査、共栄火災が、予定通り、言い掛かりで不払いに走ったから、自賠責16条、被害者請求手続きを取ったら、国土交通省補償制度参事官室、上中専門官と、自賠責窓口損保ジャパンが共謀して、次の合法蹂躙テロ、に走った訳です。

上中専門官、自賠窓口損保ジャパンー自賠法第16条請求、被害者請求は受け付けない、この法の規定では、被害者請求を請ける規定だが、判例があるので、自賠法第16条請求受付を拒否する!!

上中専門官、自賠窓口損保ジャパンー自賠責事業の資金は、加害者、加害者加入任意損保、被害者加入任意損保、人身傷害特約の順で、引き出す権限を、自賠法の規定に拠らず持って居る、被害者請求、16条請求は、加害者、加害者加入任意損保、被害者加入、人身傷害損保が、16条請求に応じて良い!と認めない限り、自賠法の規定を無効化させて、不払いで通す!

この事実、実例でも分かりますでしょう「札幌弁護士会、佐藤会長が証言した”法に拠らず、対人賠償不払いさせて、兵糧攻めに追い込み、長期治療の被害者は、治療途中で治療を終えたと医証を偽造して、この間しか対人賠償されないように仕組んで有ります”治療途中に、その間の対人賠償請求するなら、弁護士が受任を拒否します、治療を終えた、と偽造しないなら、対人賠償全て踏み倒して居ます」

この犯罪も含めて、不法な不払いで、兵糧攻めを行うと言う、更に「休業損害、医療費等不払いで、窮乏させて、損害賠償請求を提起する費用も、当然出せなくさせて、合法な対人賠償請求自体、潰せて居ると言う事です」

公権力が、損保の下僕に堕ち切って居て、只の国家権力恐喝に走って居る訳だ、恐喝実行資金は、自動車保険料資金、直接実行は、損保、提携弁護士他、被害側自称も含めた辯護士、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、警察、国交省、厚労省、金融庁、法務省らが共謀犯!

国家権力を謳うが、実態は、損保の下僕、傀儡テロ犯罪国家権力、損保が命じるまま、合法な対人賠償を、権力犯罪で踏み倒し放題、詐欺冤罪もでっち上げて、冤罪に落とし放題、司法、警察がこれら権力犯罪実行部隊、統一教会の傀儡、政治と同様の構図。

自動車保険加入者から、合法に使用を前提で、保険料を出させて居るが、実際の保険料収入は、悪行資金で

  • 2022/08/18 07:35

山本巡査による、一方的追突重い傷害加害事件でも、従兄が所有する、購入した、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも、共に「加害責任者側の損保、提携弁護士、警察も共に、で”合法な対人賠償不払い、対人賠償債務保険金共不払い、これを、法を犯して、犯罪に走って成功させる目論見により”言い掛かりで対人賠償債務不払いを、加害責任者に指示して、不払いをさせる、言い掛り、も含めた、傷害事件を証明する筈の、診断書等を常時偽造させている損保、司法、警察、行政ぐるみテロ‼も加えられて居る、犯罪による、合法な対人賠償潰しが、日常化させられて居る訳です”」

対人賠償を、犯罪によって踏み倒す事が、損保、自賠事業、労災事業の支配下に居る、警察、司法、行政、報道カルト等の、公権力悪用を武器とさせた、犯罪を武器で合法な対人賠償、日常的に踏み倒し成功、これを実現させる事が、この連中の、唯一の目的です、合憲、合法等、意味Kら理解不可能だから、遵守の必要性も持って居ない強みで。

今、政治もカルトの下僕化し切っている事実、改正憲法素案も、実はカルト様に素案作りまでして頂いて居るほど無能、国政の実態、他の国家権力、報道カルトも含めて五十歩百歩、この現実が、国際的に事実聡明されて行って居ますが。

法曹資格者、司法機関、法務省他、行政機関構成員も、他の士資格者も警察官も、x族と自称、別の民族、血統では?の輩も「カルトに支配されて、操られて当たり前、としか認識も出来ていない国政を担って居る筈、の、カルトの下僕らと、根本から差も無い訳です、カルトの下僕か、損保の下僕化、の違いだけで、下僕に堕ち切り、テロ、犯罪を日常化させて居るのは、共に同様と」

山本巡査も、従兄の息子も、共に損保と共謀して、正しく対人賠償債務支払いせず、言いがかりと偽造、でっち上げで、傷害事件被害者が悪‼とでっち上げに狂奔、警察、司法、行政ぐるみで、対人賠償踏み倒しを、犯罪によって成功させると、悪行三昧を重ねている、損保の資金拠出、犯罪捜査指揮、を武器とさせて、が現実、事実です。

法曹資格者、司法機関、警察、持てて居る公務職権、合法に遂行出来る資質、知識も何も実際には無い、損保の下僕で、対人賠償を、犯罪で踏み倒す為のテロ、犯罪に狂奔公権力、が真実、山本巡査、従兄の息子も、対人賠償犯罪で踏み倒せるように、公権力を犯罪指揮、の現実なのです。

対人賠償を踏み倒す目論見で、提携弁護士を担ぎ出し、言い掛かりで不払い、詐欺冤罪捏造

  • 2022/08/18 07:12

山本巡査による、一方的追突傷害事件では「山本巡査、共栄火災、北海道警察本部、監察課、後に共栄提携弁護士斉田、札幌地裁、裁判官が共謀犯で結託して、法を蹂躙して、対人賠償踏み倒し用犯罪!に走って来て居ます」

当然の如く?国土交通省自賠責事業も、犯罪で不払いを成功させるべく、悪行三昧を重ねています、目論見はこの国家権力、指揮する損保が共通で「犯罪を重ねて、対人賠償合法支払いを潰す事、これです」

山本巡査と共栄火災は、事件からさほど経過しない内から「言い掛かりによる、対人賠償不払いに走りました、北海道警察、監察課には、この不法行為事実等を、正しく監査からするよう求めたが、共謀犯は、警察も同様故、握り潰して来た訳だ」

で「山本巡査、共栄火災、斉田弁護士と、札幌地裁、裁判官が共謀して”山本巡査が主犯、実行犯の、対人賠償不当不払い事実を、北海道警察、監察に正しく訴える事を禁じようと”共栄火災が弁護士費用、仮処分決定を求めて、訴えを提起して、札幌地裁、裁判官は”北海道警察、監察課から、何かの正当な訴え事実証拠も取らず、の訴え”で、受理したと言う」

結果ですか?知りませんよ、そもそも「北海道警察本部、監察課、誰に対して、誰から、どう言う訴えが出て居るか、証明書を出す訳が有りません、こんな訴え、受理する事自体が間違って居ます、司法が関われる領域では無いから、公務所による、雇用している地方公務員の、憲法、方リルを、公然と蹂躙して居る、行為事実に付いての問題です」

つまり「司法には、不当介入する権利も無い案件です”山本巡査に対して、北海道警察本部が、何かの処分を下したなら、山本巡査と、雇用する北海道警察との問題”ですからね、傷害加害行為を加えた相手を、法の根拠も、正しい理由と法律、証拠無しで、無効な訴えを提起して、受理して居る裁判所、裁判官ぐるみ、xxと言う事です」

但し「こんな不当な訴えの提起事実が証拠となり”北海道警察も、山本巡査、共栄火災、斉田弁護士、国土交通省自賠責事業、札幌地裁、裁判官ぐるみでの、不当な対人賠償不払い事実と、対人賠償不払いなのに”自賠の範囲を超えて、189万円位、対人賠償金を支払ったが、30万円弱、過払いだった等と言う訴訟詐欺の提起、札幌地裁、裁判官も共謀して、正しい対人賠償過払いだ!詐欺判決!の、北海道警察も、共謀犯と証明されて居ます」

こんな国家権力、捜査機関、司法権力が、憲法、法律の正しい規定適用で、法律公務遂行など、出来る訳が無い、と言う事実証拠の一端です。

絵に描いた、合法な対人賠償踏み倒し目論見の定番犯罪です、司法、警察、国交省、自賠責事業等が、加害者山本巡査、共栄火災、斉田弁護士の犯罪指揮下で法を犯して居る、犯罪で共謀して居る事件が証明出来ています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678352
ユニークアクセス:5842957
今日
ページビュー:1300
ユニークアクセス:1293
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed