エントリー

2022年08月24日の記事は以下のとおりです。

合法化、の逆、損保、司法犯罪ですが

  • 2022/08/24 09:49

従兄の息子、従兄に対する、損害保険加入損保、相続人と共犯連中、当事者間示談書等を、偽造と言いがかって居る等の理由、知らないと思うので説明致します。

先ず「裁判官と言うのは”正しい証拠、で正しく合否判断、出来ません、世間知からほぼゼロだから、当然です”この実態を、正しく理解が必要です、実例の一つを次に記載します」

;平成15年、雑誌にも載った、錬金術師?の貸金業者の実例です。

(1)この貸金さん、ちまちまお金を貸して、元金と利息を回収し続ける事が馬鹿馬鹿しくなって、執った手が、次の”錬金術”でした。

(2)以前お金を貸した相手に付いて”偽造の借用書を、多数次々作り”東京地裁民事45部に、貸金返還訴訟を提起し続けました。

(3)この偽造借用書、初めは”借用書記載の債務者と、訴訟を提起した債務者が違う(-_-;)”とか、出鱈目が多かったが、裁判官が”債務者名が、借用書と訴状で違いますよ、と助言して下さり、一旦引き下げて、借用書と訴状の債務者を合わせて?再度訴状提出、どれも受理され、判決で勝訴し続けた、偽造債権者さんでした。

(4)裁判官が、全部勝訴させた理由は”前にお金を原告から借りている、今度は違う等有り得ない、前に金を借りたのだから、この事件でも、金を借りた事が推察出来る”と言う、前例踏襲判決です。

この実例のように「裁判官は基本”例えば、同じ当事者間で、借用書が複数ある場合、一枚の借用書で、債務者が返済している事実、証拠が有れば、他の借用書も合法と認める、前例踏襲が基本なのです”」

ですから東京海上日動、提携弁護士は「当事者間示談書は偽造だ、死人に口なしだ”等文言で、札幌市国保を脅迫に走って、やり取りしたお金は貸付金だ、対人賠償支払いでは無い”と言う文言を使った訳だ、前例が合法に有ると、言い掛かりで不払い出来ないからです」

従兄の息子相続人も、警察相手も含めて、この手を指南されて、使ったんでしょうね「示談書は偽造だ、債権支払い請求も犯罪だ!との虚言で、警察を騙して従わせたと」

裁判官は「前例を踏襲する事が基本です”従兄と私が交わした示談書が合法で、従兄は部分示談毎に、対人賠償債務を支払い、債権化して、東海に支払い請求を重ねている”これを認めると、合法に対人賠償金支払い責任が生じます、不払いを成功させられ無いから、示談書から偽造だ、対人賠償金支払いも嘘で、貸付金だ!と、嘘で脅しに走って居ると」

どんどん噴き出続ける、損保指揮、司法犯罪の詳細

  • 2022/08/24 08:31

どんどん「背反二律、この言葉通りの、損保、司法、行政、警察、報道犯罪実例、証拠が表に出され続けています、司法の無謬、法曹資格者は全能の神、合憲、合法以外行う事は無い!カルトテロ権力の戯言の踏襲の、完全な嘘が、二律背反の言葉通り、同様の事件で、真逆の答えをでっち上げで出し捲って居る、最後は司法テロ判決で、損保の意を受けた傀儡法曹権力のテロ、実例、証拠でも、表に出され続けています」

当事者間示談書を、正しい内容を記載して、正しく当事者間合意により、取り交わして、示談書通り加害側は、被害者に与えている、対人賠償債務金を支払い続けて来て居る、支払って居る、二事件で、次の真逆?も起きて居ます。

;昨年3月29日、従兄が資金拠出、私の妻の敷地に置かせて上げているだけ、の高温焼却炉が転倒して、私が下敷きになり、重症を負った傷害事件では、焼却炉購入資金拠出、従兄が加害責任も認めて、部分毎示談書も、被害者との間で交わして、部分毎に示談する都度、示談分の対人賠償債務金を被害者に支払い、債権化して、加害者が加入する、東京海上日動に対して、支払い請求手続きを重ねています。

※加害者が死去したら”東京海上日動、提携弁護士、従兄の息子相続人、共犯司法書士は、札幌市国保企画課、東警察署地域課に対して、当事者間示談書は偽造だ、示談書等を根拠とさせて、対人賠償債務支払いを、債権者が求めて居る事は不法行為、犯罪だ!”と、公に言い掛り、合法な対人賠償債務踏み倒しを果たそうと、更なる脱法、犯罪を重ねています、警察も直接、示談書等は偽造だの、法螺に付き合う蛮行に走って居ますので、補充捜査実施は、物凄く大きな動きです。

こいつと東海、弁護士、司法書士「刑事課が息子に対して先ず、補充捜査を行う事の結果によって、今までの悪行に付いて、息子が証言等すれば、調べられる可能性も、東海は元々、刑事課を詐欺冤罪で騙しているしね、息子が何を吐くか、息子からの補充捜査で、どう言う悪行が、です」

損保、司法犯罪は「元々人身交通事故詐欺捜査、詐欺事件構成で送致,詐欺不起訴処分で逃がすのみ、これだけだったから、常時成功させられただけです」

損保指揮、司法他国家権力犯罪公開証明、同じ事案で真逆の

  • 2022/08/24 07:37

;昨年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件で、東京海上日動(任意自動車保険、日常生活賠償特約、加害側)と、加害者で、故人となった人物の息子、弁護士、司法書士らが共謀犯で「加害者と被害者間で交わした示談書を、偽造と言いがかっており、求償手続き、支払い誓約書も偽造だ、と言い掛かりを付けて、加害者が一部対人賠償金支払いして、東海に、賠償債権化した金員に付いて、損害保険金支払い請求を重ねた書面等も、言い掛かりで偽造だ”!と公式に騒ぎ”対人賠償踏み倒し、を続けて居ます」

この一連の、損保東海、加害者の息子相続人、弁護士、司法書士ら共謀の、言い掛り、でっち上げによる、賠償踏み倒し目論見、遺産預金横領取得、脱税目論見の多重犯罪を、犯罪で成功させる為の悪事の数々は、定番となって居る損保、司法他、国家権力、加害側共謀、只の言い掛り、偽造捏造を持った犯罪です。

損保、共済、加害者、自賠責、労災事業が、合法な対人賠償、補償金支払いせず、常時逃げられるようにと、損保が指揮、司法、行政、警察、報道カルト等が共謀犯で、犯罪を重ねて大元の犯罪、対人賠償、損害賠償支払いを潰す目論見、ででっち上げられて、犯罪を重ねて、犯罪責任免責を、司法他国家権力が、権力犯罪で果たしても居て、常時成功させて来ている現実の再現です。

加害者が死去した事にも付け込み「当事者間示談書他、故人作成各書面は全部偽造だ、とも、現在は言い掛かりを付けて、故人が負って居る、対人賠償債務踏み倒しに走って居ます、死人に口なしだ((´∀`))ケラケラとも吐いての犯罪です、東海、従兄の息子、弁護士、司法書士ら共謀犯罪事実です」

一方で、今年3月6日に起きた、隣家二軒間の事故、一軒の車庫の屋根から、大量の氷塊、雪が滑り、隣家のカーポートの柱をへし折り、倒壊したカーポートにより、住宅損壊、物置損壊等を起こした事件では「言い掛かりで過失割合を決める裁判を起こす!と、加害側三井住友が、提携弁護士も、加入者無視で担ぎ出して、言い掛りを付けているが、当社で行政書士も使い、示談書を当事者間で交わして貰い、当事者間訴訟も回避、取り敢えず、全額両損保で、合わせて保険金支払いされた、訳です」

この示談書、判決と同等の効力がある、損保様の答えも出ています( ´艸`)矛盾、不整合、証明複数比較実例による、損保、司法他犯罪立証実例、の一つです。

極悪権力共謀犯罪への捜査

  • 2022/08/24 07:04

@昨年3月29日に起きた、高温焼却炉転倒、重過失傷害事件に絡み、故人となった加害責任者の息子相続人、東京海上日動札幌第4サービス課、東海提携弁護士複数、故人息子と共謀司法書士?等による、対人賠償を、定番の損保、司法犯罪を凶行して踏み倒し目論見の悪行複数、実行犯の一角、故人息子、焼却炉の相続逃れ他、当事者間示談書他、息子と東海、偽造と言い掛り、対人賠償踏み倒し目論見など事実に付いて、刑事課による、これら重大、刑事捜査を虚偽とさせるべく、の言動、事案に関する、必要補充捜査が行われる運びとなりました

                                  令和4年8月24日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

〒001-0031 札幌市北区北31条西7丁目3-1
札幌北税務署 資産課税部門、小田担当
TEL011-707-5111
会計検査院院長 言い掛かりで国保立て替え金踏み倒しも
TEL03-3581-3251,FAX03-3593-2530
加藤勝信厚生労働大臣
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3504-1210(保険課、国保課3258)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463)
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
損保ジャパン社長、自賠、任意、火災新種 
FAX03-3349-1875 当事者間示談書偽造言い掛りも常
三井住友社長、自賠、任意、火災新種サービス
FAX011-271-0003 本社他配布願う
扇沢明宏道警本部長、生活経済、各捜査課、交通課長
TEL,FAX011-251-0110

1、昨年3月29日発生、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件に絡み、故人生前加入東京海上日動、提携弁護士ら、故人息子、共犯司法書士?等による、対人賠償を、犯罪を重ねて踏み倒し、高額相続遺産金息子が違法取得、巨額脱税等を成功させる目論見での、当事者間示談書等偽造と言い掛り、脅し、詐欺事件、警察も巻き込みでっち上げ、焼却炉も含め、脱税も目論見、合法相続せず責任逃れ、遺産預金横領、脱税等多重犯罪、刑事課で補充捜査が行われる運びとなりました、別紙上申書参照2、今年3月6日に起きた、隣家二軒間での屋根雪滑落家屋、カーポート他損壊事件、当社で行政書士に作成して貰い、交わした示談書、判決と同様の効力有り、と、双方の損保、損保ジャパン、三井住友が認めています、上記と完全不整合です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678346
ユニークアクセス:5842951
今日
ページビュー:1294
ユニークアクセス:1287
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed