エントリー

2022年11月05日の記事は以下のとおりです。

示談書は偽造だ、この嘘も破綻

  • 2022/11/05 14:01

重過失傷害事件で、被疑者と被害者が交わした、対人賠償金支払いを約した示談書面複数に付いても、示談書は偽造だと、東京海上日動、重過失傷害事件で、損害保険不適用だから、何の関係も無い損保、提携弁護士だと、東海提携弁護士も、民事法廷で証言もして居る、損保東京海上日動、提携弁護士、被疑者の息子相続人が共謀して、示談書は偽造だと、公式に主張もして居ますが。

この複数の示談書「原本は一枚ですが、示談書雛形複数を、被疑者に渡して、署名押印して貰い、コピーを取らせて有りまして、この示談書の原本に、必要事項を記載して、コピーを取り、割り印を押して、被疑者に請求するに際して、必要証明書もコピーして添付して、請求を行って有りますので、記載前の示談書と、記載した後の示談書の称号も、被疑者は行い、間違い無いから、支払いして居る訳です」

当然ですが、この示談書の原本にも、被疑者の指紋が付いて居ます、他には、被疑者の員面調書にも、直筆署名、押印がされて居て、被疑者の指紋も付いて居ます、当然ですが、員面調書と示談書原本の署名、指紋を比べられる訳です・

又、被疑者が退職まで取引していた、東京海上日動にも、多数の被疑者の署名、押印、指紋が付いた書類が多数存在して居ます、死ぬ前被疑者は、東京海上日動自動車保険に加入していたし、毎年数回被疑者は、自損事故を起こして、東京海上日動自家用自動車保険を、修理費捻出に使っても居た、との証言も得られて居ますので。

東京海上日動、この二軒の事業者の所には、被疑者の署名押印、指紋が付いた書類が、多数存在する訳ですし。

不適用と、東京海上日動で自白しても居る、重過失傷害事件人身被害者に、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償が、正しく適用出来る、と書面も出して、実は不適用の損害保険商品!こう法廷で提携弁護士は、認めても居ます、詐欺はこいつ等で。

民事の詐欺裁判で、どうこう出来る事件では全く無い

  • 2022/11/05 13:45

東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井啓太課長、伴担当、後任木村課長補佐が、被疑者の息子も加わり、重過失傷害事件の加害者、被害者を、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に対しての、損害保険金詐欺冤罪に落とそうと謀った事件、設定が激変もしている事件。

最初の、損害保険金詐欺冤罪の設定が「金に困った被疑者が、被害者を唆して、損害保険請求権も無い被害者に、事件原因の焼却炉は、被害者が所有者だけど、被疑者が所有者だと偽って、被害者は被保険者では無いから、損害保険への請求権も無いが(;'∀')被疑者が加入する、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、被害者請求で、対人賠償保険金支払い請求した詐欺事件」だったのですが。

被疑者は、億前後の資産を持っており「被疑者の息子も、被疑者が死んで、高額の相続税を納付する必要が出たが、この東京海上日動と提携弁護士が指揮する、警察、検事も冤罪捏造に乗った事を利用しようと、つまり”共に共謀して、被疑者、故人が遺した、億前後の遺産資金を隠匿して、被疑者が金に困り、被害者と共謀して、損害保険金詐欺を働いた”この詐欺冤罪理由を、事実と偽装しようと目論んだ、東京海上日動、提携弁護士、警察、検事のでっち上げに、被害者も喜んで乗り」

高額納税を潰せるし、高額の対人賠償債務支払いも逃れられる(〃艸〃)ムフッと、被疑者の息子、屑相続人は企んで、東海、提携弁護士、警察、検事、裁判官ぐるみの犯罪に、被疑者の息子も、大喜びで乗った、と言う。

ですが「億前後もの遺産資金を、こいつ等で共謀して隠匿して、巨額の脱税を成功させるべく犯罪、私が暴き、札幌北税務署に通報したから、億前後の遺産資金が有り、共謀して脱税を成功させるとの、黒い国家権力と、損保東京海上日動、被疑者の息子による犯罪はこの嘘の部分からも、潰えた訳です」

民事の詐欺裁判で、詐欺冤罪や、犯罪賠償踏み倒し成功とは

  • 2022/11/05 10:54

損害保険金詐欺冤罪をでっち上げれば、詐欺と言う証拠も事実も無しで「無条件で警察、検事、裁判官が、詐欺冤罪を成立させるべく、損保、提携弁護士の捜査指揮下に入り、詐欺冤罪を、犯罪を重ねて成立させて来ている現実」

この定番の、損保、警察、司法テロ犯罪が、例によって降り掛かっても来ています、合法に、損害賠償債務金支払いせず、逃げられるように、この損害保険金詐欺冤罪でっち上げれば、常時合法無しで、詐欺冤罪に落とせて、合法な損害賠償金支払いを潰せて居る、この現実の再現、東海、提携弁護士、被疑者の息子が共謀犯、詐欺冤罪罪事件です。

ですが、この損害保険金詐欺冤罪、東署、二階堂検事が、でっち上げた詐欺冤罪を、東海伴に、捜査指揮を執って貰い、詐欺冤罪を成立に走った設定が、出鱈目すぎると、罠を仕掛けた私から指摘されて、詐欺冤罪に落とせなくなった警察、検事等だった訳ですが。

;元の詐欺冤罪は”金に困った被疑者が、被害者に、被疑者が所有の焼却炉だと、本当は被害者が所有の機器だけど(違うけれど、被疑者が所有の機器だから)被疑者が所有の機器と嘘を吐いて”事実だけど?被疑者が加入の、自家用自動車保険、日常生活賠償に被害者が”、被害者は被保険者では無いから、請求権も無いけれど、詐欺請求した”損害保険金詐欺事件だ、このでっち上げで、詐欺冤罪に落とそうと、東海、警察、検事、司法で暴走した訳ですが。

;このでっち上げ詐欺冤罪、被害者から、根こそぎでっち上げだと証明されたし、被疑者は金に困っておらず、億前後、資産を持って居ると言う事実が有るし、詐欺冤罪でっち上げで、捜査させた事も含めて、困った東海、提携弁護士、被疑者の息子は”被疑者から被害者は、被疑者が所有の焼却炉と偽り、被疑者を騙り、東海に詐欺請求した事件!”と、元の詐欺冤罪と、全く異なった損害保険金詐欺事件だと、又でっち上げて来て居ます。

東海提携弁護士は、公にも「この傷害事件では、焼却炉は事業所が所有者だ(嘘ですが)よって自家用自動車保険は、元々不適用と、東海も承知で、損害保険を動かして、保険業法違反、民事訴訟法違反、弁護士法違反、脱税、詐欺行為等を重ねている、この事実も認めて居ます」

損保が指揮、詐欺冤罪他実例証拠

  • 2022/11/05 09:57

@東京海上日動、提携弁護士、ワイxス商会xxxx社長が共謀、損害保険詐欺冤罪、当事者間示談書偽造他でっち上げ事件、別紙準備書面記載の通り、山本xxの指紋、筆跡が有る先への、証拠保全等の手を打って、捜査機関に、詐欺、示談書偽造冤罪で告訴への備えの為、証拠保全も必須と伝えても有ります

                                  令和4年11月5日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-
                            FAX011-784-5504

戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312 税理士資格は国税庁管轄
葉梨康弘法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 法務省、法曹資格者に犯罪公認
鈴木信弘道警本部長、生活経済岡田警部補、各捜査課、交通課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部、刑事一課山田、刑事二課小林警部補
TEL011-704-0110
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357
金融庁保険課、損保係池田課長、古村係長
FAX03-3506-6699 後遺症審査、損保職員が犯罪決定が事実
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村専門官
FAX03-5253-1638 医師法違反素人後遺症審査事実公開せよ
FAX011-218-5182 札幌市国保企画課求償担当
FAX011-218-5105 市環境局清水部長他
FAX011-271-7379 東京海上日動札幌損害サービス4課
FAX03-3349-1875 損保ジャパン社長
FAX011-271-0003 三井住友社長
FAX011-210-5592 道新報道センター記者
FAX011-221-0965 共同通信社記者
FAX011-281-4139 札幌弁護士会佐藤会長
FAX011-206-4002 ×和興産

1、別紙準備書面記載の通り、東京海上日動、提携弁護士、xxxx、元x和興産次長息子、xx共謀犯罪に付いて、虚偽告訴に対抗する、繁樹の指紋、筆跡証拠保全等手を打ちました、x和興産、前は片x機械に、xxは深く恩を受けながらの、息子らの所業は。

東京海上日動が、冤罪でっち上げから指揮

  • 2022/11/05 07:51

事件番号 札幌地方裁判所令和4年(ワ)第193  号

原告 山本弘明
被告 山本××

                                  令和4年11月5日

札幌地方裁判所 民事  部  係

TEL011-
FAX011-

原告 山本弘明

            原告準備書面 第   回

1、本件を含めた訴訟原因事件、昨年3月29日、被告実父故人、山本××が購入、所有、管理責任焼却炉転倒、原告が下敷きになり、重症をった、山本××が加害責任者、重過失傷害事件が原因、の事件だが「山本××が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約は、事件原因焼却炉の納品先が、被告が社長を務める、ワイ××商会(株)で有った(原告は、今年8月末、札幌地検から、山本××が証拠提出、納品書等を取得して、この事実を正しく知った)故、この損害保険商品は、適用不可能だった事実が有るが、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井啓×課長、伴主任、後任木村課長補佐、提携弁護士、捜査刑事、担当検事は、この事実から理解出来ておらず、原告を損害詐欺犯冤罪に陥れて、損害保険金対人賠償支払いを潰そうと、権力ぐるみ犯罪を重ねて来た事実等が、被告代理人を、違法に努めている事実等も認めている、中島弁護士が、被告名で、当事者同じ、札幌地裁令和4年(ワ)第1930号、被告名準備書面記載等でも、更に種々証明されて居る。

2、原告は、札幌方面東警察署刑事一課強行犯、東京海上日動損害保険代理店、×和興産(山本××の以前の勤務先、原告経営会社も、何十年母体片桐機械共々取引)環境局事業廃棄物課、札幌市役所保険企画課に、下記事項を伝えて有る。

3,札幌方面東警察署刑事一課強行犯には「東京海上日動が捏造した、原告が、山本××が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償に対し、損害保険金詐欺請求した、冤罪設定が、次の通り変化した事実、証拠への答えを出す事、と先ず求めて有る。

(1)東京海上日動札幌損害サービス第4課、伴が捜査指揮を執り、金に困った山本××が原告に、原告が所有の焼却炉を、××が所有と偽り、原告が東京海上日動に、損害保険金請求した詐欺事件で訴え”この捏造設定で、平野巡査部長、山田警部補、二階堂郁美検事は、何の根拠も無し、原告は被保険者不適、山本××は、億前後の資産所有者”この事実も知らず、原告は詐欺犯に落とそうと謀った。

(2)1932号、被告名準備書面では”山本××が了解して、原告が、山本××を偽り、東海に損害保険金請求した、詐欺事件”と、詐欺冤罪設定を変えている、但し、違法代理者中島弁護士は、山本××の生前から、この機器はワイ××商会が所有(根拠は無しだが)故、当該自家用自動車保険は不適用と承知の上で、詐欺冤罪捏造を、今月1日法廷で認めている、(1)のでっち上げ設定で、原告を、東海伴に、違法捜査指揮を執らせ、でっち上げで詐欺犯と扱い、冤罪に落とそうとした事実に付いて(2)被告準備書面記載、詐欺冤罪設定が変わって居る事実と合わせて、答えを出す事。

(3)従前より、文書も出して求めて有る”事件原因焼却炉は、出鱈目な捜査の結果、原告妻所有地に、事件再発前提で、危険な状態で置かれて居るが、この機器は、山本××が購入、所有、管理責任者の機器だと言う事実と、ワイ××商会が所有者だ等、被告が準備書面等で主張している事実、山本××は冤罪と主張している事実等が有る以上”重大事件再発を承知で置かれたこの焼却炉を、警察で証拠押収せよ。

(4)但しこの焼却炉は、特殊な機器故、札幌市環境局と原告、捜査機関で、証拠を持ち協議して、押収した後、どうやって”産業廃棄物と証明出来たら、先ずこの証明が、ワイ××商会、山本××が、自社が購入、所有管理機器だ”と立証出来るか否か、山本××の相続遺産かの証明が先ず必要で、被告の相続遺産動産、と証明出来ても、被告が引き取り拒否すれば、警察が処分責任を負う、被告は無能で、何も出来ない、結局は警察が、市役所とも協議して、産廃で処分出来る事を立証出来た上でだが、設備が整った工場で、処理を引き受ける所を探して、鉄部を切断、コンクリート、鉄他に分別、各処理が必要、費用も高額で、行政の力を借りなければ、警察の手に負えないので、永久に警察保管となる。

(5)被告名で、中島弁護士を担ぎ出して居る東京海上日動と、被告は”山本××、原告間示談書は偽造だ等”裁判上と、東署地域課相手と、札幌市国保企画課に、公然と主張等している事実が有る通り、この捏造に付いて、次の事実証明を取る事、とも伝えて有る。

(6)この当事者間示談書は、原告が山本××と協議の上、原告が雛形を作成して、××に必要枚数渡して、××が署名、押印して、××が前枚数コピーを取った上で、原告に渡した”この後、必要な請求証明書が揃った都度、月末締めで原告が、証明書で証明された請求金を、休業損害に加えた金額等を示談書に記載して、原本とコピー示談書に割り印を押印し、示談書コピー(割り印押印、××が所持、元のコピー示談書との整合性を確認出来る)に、証明書コピーを添えて山本××に提供して、山本××は、各証明書の精査して、休業損害金と合わせた請求額を確認の上、原告に、合意済み示談金支払いを重ねている。

(7)よって、原告が所持して居る、各示談書全てには、山本××の指紋も付いているし、山本××宅には、示談前示談書コピー、示談前枚数と、既に請求分には、割り印が押された示談書コピーと、添付各証明書も揃って居る、これ等証拠を、被告から、示談書が偽造と主張している故、証拠提出させよ。

(8)今後、札幌市国保企画課から被告に対して、山本××が出した、第三者行為傷害届と、山本××が提出、支払い誓約書に、医療費請求書を根拠とさせて、被告に対して、本重過失傷害事件加害者責任を持った、札幌市国保が、原告被害者の医療費を立て替えた分の金額(先ずは事件日から、今年9月30日までの立て替え分金額)請求が行われるので”札幌市国保企画課に有る、第三者行為傷害届け出書面と、誓約書を共に、市と協議して、証拠保全するべき”被告、実際は東京海上日動、提携弁護士は、札幌市相手にも、詐欺証拠による詐欺請求と、札幌市相手にも、刑事告訴も含め、対抗するであろうから、これ等書面の、××の筆跡、指紋、押印保全が必要。

(9)山本××の以前の勤務先、×和興産には”山本××が勤務して居た時の、東京海上日動に対して、保険代理業務に於いて作成した、損害保険手続き書類が多数有るし、××は東京海上日動自家用自動車保険契約を続けて来たし、死去する少し前まで××は、そこら中で車で自爆事故起こし自動車保険で修理して居るから、保険請求手続き書も有るし、これら書類には、××の指紋、筆跡証拠が揃っており、今後山本××らで、示談書偽造等刑事告訴も行われるから、山本××の署名押印、指紋証拠が、捜査に必要故、これ等証拠保全を求めて有る”ので、×和興産からも、これ等証拠取得を求める。

(10)札幌地検に有る、山本××の員面調書には、××の指紋、刑事の前で署名、押印した、員面調書が複数あるので、二階堂検事と協議して、××の員面調書も、指紋の保全も必要、示談書の筆跡、指紋と照合が正しく出来る最も証拠価値が高い”事件関係者が取得出来る、役人が立会、当人が署名、押印する事が必須条件の、直筆の、多分唯一の、公文書本人筆跡原本証拠”故。

4,今後被告、実際には東京海上日動、提携弁護士は「現在は原告相手だが、今後は札幌市役所国保企画課相手にも”公式に、当事者間示談書は偽造、山本××が直筆記載、第三者行為傷害届け出書、支払い誓約書、当事者間示談書は偽造、これら偽造書類を釣K氏札幌市は、被告に支払い請求を行った、詐欺行為者”と、正式告訴提起を取り、刑事訴訟法手続きで戦う訳である、既に中島、東京海上日動提携弁護士は札幌市国保企画課に対して、被告の代理人だと、受任事実も無しで偽り、電話で上記札幌市国保から、被告への支払い請求請求等、脅し行為に走って居る、被告名準備書面記載で認めた事実が有るのだから。

5、札幌市環境局とは、事件原因高温焼却炉を、産業廃棄物で処理する、事件原因機器に付いて、合法に処分する為に必要な、法的根拠、処分を受けられる事業者、処分費金額算定に付いて、原告からの求めを出して有る。

6、札幌市国保企画課とは”被告準備書面の記載で、中島弁護士は、被告からの委任も無しで、被告が委任と言う設定で、事実証拠も無しで、当事者間示談書は偽造だ、何故被告に医療費支払い請求した”等、脅しを掛けた事に付いての、札幌市としての対応と、多分今月か、来月行われる、札幌市国保から被告への、山本××が負った対人賠償債務、国保医療費立て替え金支払い請求実施後、被告名で、実際には東京海上日動、提携弁護士により”当時者間示談書は偽造、第三者行為傷害届け出書、誓約書も偽造、詐欺請求で有ると、札幌方面東警察署刑事二課に、刑事告訴手続きが取られるであろうから、山本××が署名、押印した、第三者行為傷害届け出書、誓約書に付いて、指紋も含めた証拠保全を先ず行い、札幌方面東署刑事一課強行犯、刑事二課知能犯、二階堂検事とも協議を行い、刑事事件捜査に備えて置くよう求めて有る。

7、ここまでの事態を招いた理由は「東京海上日動札幌損害サービス第4課、提携弁護士が、山本××が加入、自家用自動車保険日常生活賠償、弁護士特約は不適用と承知で、違法に適用させた事実を隠蔽する為だし、被告は、この東京海上日動、提携弁護士犯罪に乗る事で、遺産金巨額隠匿(山本××が金に困り、原告に詐欺を働かせた、この虚偽設定で、詐欺告訴を、事実と偽る為の、東海、提携弁護士と共謀での、巨額の遺産資金隠匿、巨額脱税を共に実行)巨額脱税出来ると思い、又、父親と原告を、詐欺犯と捏造で陥れる事で、山本××が負った、対人賠償債務踏み倒しも、東京海上日動、提携弁護士が共謀しており、成功する、と目論んで、共謀犯罪を重ねて来たしたと言う事であろう」

8、刑事も検事も、東京海上日動、提携弁護士も「上記事実を正しく立証する、各証拠の存在、山本××自宅、検察庁、札幌市役所、×和興産、東京海上日動に有る証拠も、全く調べておらず、そもそも、これら多数の事実証拠に付いて、存在も知らず、犯罪に手を染めて来たのだと、原告は考えて居る」

9、なお、本件民事裁判に於いて、原本証拠の確認、当事者間示談書に付いては特に「山本××の指紋保存が必要故、裁判官は、手袋着用が必要であるし、被告弁護士が、××の指紋を消さぬよう、原本確認時には、手袋を着用した書記官が、弁護士に手を触れさせず、確認作業を行う事とする」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678396
ユニークアクセス:5843001
今日
ページビュー:1344
ユニークアクセス:1337
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed