エントリー

2022年11月06日の記事は以下のとおりです。

被疑者の息子と、東京海上日動の犯罪に乗り、発覚して追い込まれて居るのは、警察、検事も同様

  • 2022/11/06 15:51

昨年3月29日に起きた、重過失傷害事件に絡み、被疑者死後、被疑者の息子も共謀犯、東京海上日動札幌損害サービス第4課が指揮犯罪と、被疑者死去後の、被疑者の息子と、東海共謀犯罪事実、証拠により、札幌東署刑事一課強行犯、地域課も、共に、犯罪に与した事が暴かれて、窮地に陥って居ます。

;この重過失傷害事件は、事件原因の焼却炉が”被疑者が資金を出して購入して、個人が所有の機器で、被害者の妻所有地、調整区域の土地に仮置き”の機器ですが、納品を被疑者は、息子が社長の法人、ワイエ×商会へ納品、と手続きをしていたので、被疑者が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約は、東京海上日動、提携弁護士も、法廷でも認めている事実通り、この損害保険、特約は、適用出来ないんです”当然ですが。

;なのにこの重過失傷害事件で、東京海上日動、提携弁護士は、自家用自動車保険を適用させて、日常生活賠償特約、弁護士特約を、公に適用させて居ます、今月1日に行われた、1932号損害賠償請求裁判でも、東海提携弁護士中島は「被疑者が加入、自家用自動車保険は不適用と、東京海上日動も承知で有る事も、認めて居ます」

;当事者間示談書は偽造だと、根拠証拠無しで、被疑者の息子と、東京海上日動、提携弁護士は、主張して居るが、中島弁護士が法廷でも認めている通り、示談書が偽造と言う証拠等、当然存在しません、只の言い掛です。

;この自白だけでも、札幌方面東警察署刑事一課強行犯と、地域課は、重大な責任を取らされるであろう、大失態、冤罪成立に直接加担、公務員犯罪!が証明された訳ですから「原告が、被疑者加入東海自家用自動車保険に、金に困って居る被疑者から頼まれて、詐欺請求した、東海伴が、この設定で告訴したから、正しい犯罪告訴事件だ!の設定だったのが、虚偽と暴かれているし、今の設定は、被疑者が原告に許可を与えて?被疑者を騙り、東海に原告が、詐欺請求した詐欺事件、と設定を変えて居るんです」

しかも弁護士「この被疑者が加入、自家用自動車保険は不適用と、東海も自分も知って居る、とも答えて居ます、詐欺も何も、適用不可能だから、冤罪で詐欺にも出来ません」

示談書は偽造だ、この言い掛も「被疑者の署名は、複数の官民に沢山有るし、員面調書から、複数の官民機関に、沢山揃って居ます、被疑者の署名に、被疑者の指紋も付いて居るから、被疑者の員面調書の、被疑者の署名と指紋と、他の被疑者署名、指紋等を、示談書原本証拠と、擦り合わせれば良い事です」

被疑者は元々、東海主体の損害保険代理店所属で、代理店資格も持って居る立場ですし、東海が、示談書の、被疑者の署汚名は偽造だ等、言い掛かりで通る筈は有りません。

司法手続き、では全く無い、何時も通りの現実、東京海上日動、提携弁護士の犯罪が主

  • 2022/11/06 15:23

昨年3月29日に起きた、重過失傷害事件に係る、二件の訴訟、対人賠償金一部支払いを求めての訴訟と、加害者が購入、管理責任を負う、焼却炉の安全確認と、管理費請求と、他者と力の、相続人被告による撤去の求めと、無関係の、原告経営会社が、被疑者に頼まれて行った、工事代金請求事件、この三件の訴訟で、東京海上日動札幌第4サービスセンターは,向井諭弁護士事務所に、適用不可能と、東海も認める、被疑者が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償と、弁護士特約を、違法稼働させて、違法に弁護士を、表向き被告に就けた形、実際には、東海が委任、違法な東海事業資金拠出で。

この三件の訴訟に、被疑者が加入の、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約と、弁護士特約は、適用不可能と、東海、提携弁護士も、法廷でも認めて居ながら、犯罪代理訴訟を繰り広げて居ます、しかも。

訴えられて居る内容に、対抗出来る証拠も、法理論も何も無しで「争うんだ!当事者間示談書は偽造だ、焼却炉は、被告が社長の会社、ワイエ×商会が、金の出所も不明、ワイエ×商会が購入者の証明も無し、資産登録事実も無し!で所有者だ、と、共に根拠証拠無しで、争うんだ!と、言うだけで対抗?して居ます」

で、示談書ですが「原本は各一部、賠償額無記載で、必要部数作成して、被疑者に渡して、被疑者が署名押印して、原告に返して居て、必要な証明書が揃った等と、月末(1~数か月)締めで、請求に必要な証明書をコピーして、証明書金額などを、示談書に記載して請求額を出して、示談書もコピーして、原本とコピー示談書に割り印して、コピーに証明書も添付して、被疑者に渡した都度、被疑者が、請求額を計算して、合っていれば、請求額を支払って来た訳ですが」

どうも被疑者の息子は、この請求用のコピー、示談書は割り印も押印証拠、有る事も知らない、調べても居ないようです、それで”示談書は偽造だ””示談金支払いは嘘だ、貸付金だ”と言いがかって居るんです。

焼却炉は、被疑者が資金を出して購入した機器、被疑者の預金通帳履歴に、被疑者がDAITOに、購入に必要な資金を支払った証拠記載が有ると、ワイエ×商会は、実質幽霊法人で、100万円以上費用を要した、こんな機器、購入出来る訳が無いですし。

只の言い掛で「多数の冤罪捏造に走って居て、原告被害者を、根拠無しで陥れると暴走して居る訳です、東京海上日動、提携弁護士、被疑者の息子が共謀犯で」

札幌地裁令和4年(ワ)第1932号、損害賠償請求事件担当、薮田裁判官は被告代理人名目、中島弁護士に「実際に怪我人が出て居るのだし、被疑者は示談も交わして、賠償金支払いもして居るのだから、賠償支払いするべきでは無いのか?示談書が偽造だと、本当に争うのか?等、数度問うています、違法代理人弁護士、無言でした」

こいつらは、犯罪を幾つも手掛けて居る、中島弁護士も法廷で認めて居る事です、合法は無し、犯罪事実証拠は揃って居る、この状況で、警察、検事、検察庁を相手取り、犯罪が正しいと通そうと必死、の今の現実です。

これで損保のトップと、提携弁護士

  • 2022/11/06 08:32

中島弁護士は、実際には何の、主張の裏付け等、持っても居ません、被疑者の息子相続人が委任した、代理人弁護士と、事実無根で札幌市国保企画課に名乗り「示談書は偽造だ、示談金支払いは嘘で、貸付金だ、何故自分の委任者、被疑者の息子に、第三者後遺傷害で国保が立て替えた、医療費支払い請求を送って寄こした、示談書が偽造と考えなかったのか?示談金支払いは嘘で、貸付金だ、親戚なら有る事だろう、気付かなかったのか!等脅した事も、準備書面に記載して、自白して居ます」

原告が、今月1日法廷で、中島を追求した中の一部。

原告ー中島弁護士、東京海上日動もお前も、被疑者の息子も、被疑者が死去の前から、被疑者が加入の自家用自動車保険は、事件原因の焼却炉は、証拠は無い、被疑者が購入との証拠しか無いが、ワイエ×商会が実は所有者だから、被疑者が加入の自家用自動車保険は、適用出来ないと知って居たと、さっき弁護士も証言している通り”実際には東京海上日動が、3事件全て弁護士費用を出して、被告代理人と言う設定で出て居る事は、保険業法違反、背任行為、弁護士法第27条違反の東海、弁護士は共犯だと、知った上で違法代理行為をして居る訳だな?”

中島弁護士ー無回答。

原告ー中島弁護士、東京海上日動札幌損害サービス第4課、木村課長補佐は、私からの電話に答えて”中島弁護士は、当社で3事件すべて費用を出して、山本××さんが委任者として就けた辯護士です”中島弁護士には、被疑者が当社に、自家用自動車保険加入者として、支払い請求して居た事は、伝えて居ません”と答えて居る、お前、被疑者が東海に、支払い請求して居た事も知らなかったんだろう?違法代理行為責任と合わせて答えろ。

中島弁護士ー木村から答えさせてください。

原告-被疑者は、合法に焼却炉を使用する為に、古物商資格も取って居る、知って居たか?

中島弁護士ーいいえ知りませんでした、幾つも自分が知らない事が有ります、、。

示談書は偽造だ!この、被疑者側の主張に対しては

  • 2022/11/06 08:13

今月1日、1932号民事裁判で、被告代理名目、実際には、違法に自家用自動車保険、弁護士特約を適用させて委任、東京海上日動の代理人弁護士、中島は「被疑者が金に困り、被害者に詐欺を行わせた設定を、事実と偽装する為に”実際には、億前後の資産、遺産資金が有る被疑者、この事実を隠蔽する為に、被疑者の息子相続人と、東京海上日動、中島ら弁護士が共謀して、遺産資金隠匿、脱税にも手を染めた”とも証言して居ます、巨額の遺産資金隠匿、巨額脱税を、共に働いた、と証言しても居ます」

この犯罪者連中は又「当事者間示談書は偽造だ、被疑者はこんな示談書に署名、押印して居ない、示談は無効だ」等、書面に記載して、法廷で主張して居ます。

薮田裁判官ー被告代理人、被疑者の署名、押印では無い証拠と、被疑者は示談に合意して居ない証明、出せますか?

中島違法代理人ーそう言われても、被疑者は死んでいるから、証拠等出せないですよ。

薮田裁判官ーそうですよね、被疑者は死んでおり、悪魔の証明ですから、じゃあ”原告に全て証明させますから”(〃艸〃)ムフッ

原告ー何を言って居るんだ、原告からは甲第23号証の中に”被疑者が捜査機関に証拠提出した、当事者間示談書も入っているだろう”又、被疑者供述調書も、札幌地検に有るから、裁判官職権で、被疑者供述調書を、まっさらのまま出させろ!被疑者供述調書は唯一、本人が公務員の前で、強制的の状態で署名、押印した公文書だ、関係者が取れる、公的に直筆、押印証明出来る証拠で取れるのは、供述調書だけだ、捜査機関が、被疑者供述調書の署名と、証拠提出した、当事者間示談書の、被疑者の署名が違うと見抜けなかった、と言うなら、捜査機関の責任で、原告には責任は無い、又、被疑者供述調書の記載で、加害者責任を自覚して居る事も証明出来る、裁判官、被疑者供述調書を、まっさらで、職権で取って、示談書の署名の合否を証明しろ!被告、弁護士だろう、被疑者供述調書を取って証拠で出せ。

薮田裁判官ー分かりました、被疑者供述調書の取得は考えます、被告代理人、自分で主張して居るのですから、被疑者が示談に合意して居なかった、合理証拠と、示談書の、被疑者の署名が偽造だとの、合理的証拠を出して下さい、被告側が主張して居るのですから。

中島弁護士ー分かりました、今月末までに、示談書の被疑者署名が偽造との証拠と、被疑者は示談に合意して居ない、合理的証拠を出します。

薮田裁判官ー被告代理人、現に怪我人も出て居るんですよ、被疑者とワイエス商会、賠償責任が有るんじゃあないですか?被疑者の示談書の署名が偽造だと、本当に争いますか?どうですか?

中島弁護士ー、、、、、。

で、裁判に出して来た、東海と被疑者息子の主張が、別の詐欺冤罪に変わって居ると

  • 2022/11/06 07:54

で、札幌地裁令和4年(ワ)第1932号、被告準備書面、実際には、違法に自家用自動車保険、弁護士特約を動かして、東海が違法委任、向井諭法律事務所の、中島ら弁護士の準備書面の記載では、全く異なる、損害保険金詐欺冤罪設定とされて居ました。

この準備書面に記載された、原告被被害者が、重過失傷害事件加害者故人が加入の、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に、詐欺請求した事件、とでっち上げた構成は、次の内容と、全く別の設定に変えて来て居ます。

重過失傷害事件の被害者は、東京海上日動自家用自動車保険加入者の了解を得て「加害者、被保険者を被害者が偽り、東京海上日動自家用自動車保険に、詐欺請求したのだ!と、元の詐欺冤罪設定と、全く整合性の無い、詐欺冤罪設定に変えて居るんです」

加害者が、東京海上日動に対して、損害保険金請求した証拠の一部は、昨年7月14日に、加害者、加入者請求証拠として、被疑者から捜査機関に、証拠提出されて居ます。

又、東海、被疑者息子、東海提携弁護士は「被疑者は冤罪だ、根拠証拠は無いが、焼却炉の購入者、所有者は、被疑者の息子、ワイエ×商会社長のこの法人が購入、所有者で、被疑者は冤罪だ、よって被疑者が加入して居る、自家用自動車保険は適用不可である!東海、被提携弁護士、被疑者の息子は、被疑者がこう言う根拠で?冤罪だと知りながら、ワイエ×商会、社長が実は加害者だと言う事を、隠蔽して来たんだ」

こうも書いて、主張して居るんですけれどね「更に、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約、被疑者が加入のこの損害保険、適用不可能だと、自分達で自白しても居ます」

そして「被疑者は冤罪だから、損害賠償金支払い責任も無い、示談書への記載は、何も分からず行ったんだ、示談金支払いも嘘で、貸付金だ、証拠は無いが、被疑者は、何も分からず示談書に署名等したのだし、示談金を支払っただけだ、と言った事も書いて、主張して居るけれど」

被疑者は元、東京海上日動他、損害保険代理店資格を持ち、大和興産で長年、営業に従事して来た事を隠しての、被疑者は冤罪、何も分からず行った主張だし、被疑者は焼却炉を、正しく事業に使う為、古物商許可も得て居ます、この事実も隠蔽して居ました。

更に被疑者は「大和興産時代の、東海の営業担当に数度架電して「何故支払うと言って居る、自家用自動車保険、日常生活賠償保険金が支払われないんだ!」と数度抗議もして居る事も、隠して居ましたしね、東海、提携弁護士、被疑者の息子は。

損保が捜査指揮、損害保険金詐欺冤罪の実態も

  • 2022/11/06 07:35

昨年3月29日、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件でも現出、損保が捜査を指揮する、損害保険金詐欺冤罪の実態、出鱈目を超えた実態です。

始めの詐欺設定は、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴主任が「自家用自動車保険、日常生活賠償特約に対して”傷害事件被害者が、被保険者不適格だけど?”金に困った焼却炉の所有、管理者である加害責任者が、金に困り、被害者が購入した焼却炉なのに、加害者が購入した焼却炉、と嘘を吐き、被害者に、東海自家用自動車保険に、詐欺で請求させた事件、こう言うでっち上げ設定で」

この法螺話、矛盾が根本から出ており、損害保険金請求自体成立しない詐欺冤罪設定で、札幌方面東警察署刑事一課強行犯、山田警部補、平野巡査部長、二階堂郁美検事が「重過失傷害事件は嘘、東京海上日動自家用自動車保険相手の、被害者による詐欺事件だ!と、無知さを発揮して、本気で詐欺事件だ、と、捜査した訳です、が」

昨年12月3日「こいつら的には、損害保険金詐欺犯である被害者を警察に呼び、刑事一課強行犯、平野巡査部長は、次の取り調べを行いました。

平野刑事ー重過失傷害事件は嘘だ、被害者のあんたが、実際には購入した焼却炉なのに、金に困った加害者から頼まれて、加害者が購入した焼却炉だと嘘を吐いて、加害者が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険に、詐欺請求しただろう、東京海上日動伴担当から聞いて知って居る、伴が捜査を指揮して居る、詐欺事件だこの事件は!!

被害者ー何を言っている、伴も4月22日、私に対する調査を、東海にさせろ、等要求して来たが、加害者が加入の自家用自動車保険、日常生活賠償は、被保険者は加害者で、被害者は被保険者不適格だ”言われて伴も気付いて、東海はもう、被害者とは無関係だから、二度と接触等しない、と通告して、手を引いた事も聞いて居ないのか?被害者が損害保険詐欺の、根本の設定が成立して居ないだろう、それに、加害者は資産家で、億前後の資産を持っており、金に困って等居ないと、何度言えば分かるんだ、加害者の預金履歴を取って調べろ、焼却炉購入費振り込み履歴も有るし、資産家だと分かるから、そんな事も捜査して居ないのか。

平野刑事ー、、(;'∀')そうでしたか、損害保険金詐欺事件は間違いでした、貴方は重過失傷害事件の被害者ですから、被害者調書を作成します(;´Д`)

で、今年7月11日、平野の上司の山田警部補が、被害者に、平野と同じ詐欺冤罪だと、得意げに吐いて来て、同じ反撃を受けて、と言う。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678305
ユニークアクセス:5842910
今日
ページビュー:1253
ユニークアクセス:1246
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed