エントリー

2022年11月07日の記事は以下のとおりです。

事件原因の焼却炉の今後

  • 2022/11/07 16:49

事件番号 札幌地方裁判所令和4年(ワ)第193  号

原告 山本弘明
被告 山本昌城

                                  令和4年11月7日

札幌地方裁判所民亊第  部  係

TEL011-
FAX011-

原告 山本弘明

             原告準備書面 第   回

1,元々分かって居る事であるが、被告、実際には東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井×太課長、木村課長補佐が、被告と黒い思惑で結託して、虚偽を持ち、原告を損害保険金詐欺犯と、冤罪で落とす事を目論み、嘘八百を、不整合な嘘を羅列したら、札幌方面東警察署刑事一課強行犯、山田警部補、平野巡査部長、後に地域課、鈴木警部補、二階堂郁美検事が、法を犯して共謀犯罪を重ねる悪人の言うがまま、事実確認、証明も取らず、出鱈目な損害保険詐欺冤罪、当事者間示談書偽造冤罪に乗った、これが真実である、捏造した損害保険金詐欺、示談書偽造犯罪故、証拠等、犯罪者から出る筈も無いのは、訴訟事実通りである。

2,訴訟原因の焼却炉で有るが、捜査機関、札幌市環境局と協議中で、一定の協議が付いたら、事件再発が起きる前に、東警察署に押収させ(押収を渋っても、被告らが山本繁樹は冤罪、ワイエ×商会が購入、所有、加害責任者と、裁判書面で主張のみ証拠あり、事件原因の焼却炉証拠を押収、保全の上、ワイエ×商会山本昌城社長による、虚偽による捜査攪乱、賠償逃れ等目論見事件を、証拠保全の上立証)焼却炉購入費は、山本繁樹が拠出、他に購入費拠出者無し等を、捜査で立証させて、山本繁樹の相続遺産動産、重過失傷害事件の被疑者は、山本××、証拠の通り、被告の主張は、賠償逃れ、遺産資金脱税目論見の、違法な捜査攪乱と、捜査機関が立証必須、虚偽の詐欺冤罪の再現をせぬよう、捜査機関は国税の協力も得ながら証明する責任を、捜査機関は負って居る、再度死傷者を出せば、事件担当刑事、検事は、未必の故意責任を、正しく問われるのだから、物理的証拠による重過失事件事実立証を、捜査機関が果たすべきだったが、証拠物焼却炉押収、購入費拠出者証明等無しで、東京海上日動の、詐欺冤罪捜査指揮で違法捜査実施が理由の、重過失傷害事件を、詐欺冤罪で捜査の不始末等を起こしたのだから。

3,山本××が勤務していた、自動車保険加入を続けて来た、東京海上日動代理店、大和興産には、書類も送り、山本××が作成した、直筆署名、指紋が有る書類を、出来るだけ多く保全するよう電話で求めて、了解を得て有る、示談書が偽造だ、この、被告、実際には東京海上日動、提携弁護士共々の、虚偽主張の真偽を立証する、証拠の一部である、札幌市国保も、中島弁護士が、被告と東海の指示による、市は偽造書類で詐欺、脅迫による支払い請求との、中島提携弁護士が実行犯の、言い掛かりの嫌疑に付いて、市として、捜査機関、市税事務所とも協力(北税務署が、山本××、ワイエ×商会から押収証拠等、取得出来る)して、対抗が必要であるし。

4、この一連の、損保、提携弁護士が、被告の犯罪にも加担して、被疑者は冤罪だとでっち上げて、ワイエ×商会が被疑者だ、と裁判で主張、この事件では被告主張で「焼却炉は、証拠ゼロでワイエ×商会が所有者、原告にリースで貸した」と、虚偽主張を”法曹資格、税理士資格を有した提携弁護士が、東海、被告共々、証拠無しで”繰り広げている、山本繁樹は機器所有、管理者にあらず、機器を設置しなおした折、作業費も出して居ないと主張しても居るが、甲号証、当事者間示談書7月請求書に、武田運輸クレーンを使った工事費も計上して有り、××が支払いした証拠も有る、被告側主張は、この事実部分も虚偽であるし、平野巡査部長は、この証拠により、武×運輸にも捜査を掛けている事実も有る。

5,刑事訴訟法手続きも、民事訴訟法手続き共々、物理的証拠も揃えず、用いず捜査取穴、送致、不起訴決定、起訴も同様、裁判で審理、判決を下して居る故、こう言った冤罪、賠償詐欺等がまかり通って居る、刑事、民事訴訟法事件実例証拠である。

6、原告が直接関与した、有名な事件でたとえば、小樽銭函で起きた、海津氏飲酒4人轢き逃げ死傷事件、佐伯常次刑事裁判官事件がある、この事件では、小樽署、地検が「1960年のブレーキとタイヤの制動性能数値を、現在まで絶対の科学的証拠と、錯覚で使った事で、海津氏は、飲酒運転で、120キロメートル以上の速度で轢いた、と証言したが、小樽署捜査官は(原告も警察にも確認済み)1960年のデータを海津氏に提示して”お前は33mスリップして居る、33mスリップなら時速は55~60キロメートルと、科学的に証明されて居るんだ”と説いて、この速度で起きた事故、として、危険運転致死傷罪で起訴した事件だが、原告が疑問を持ち、国交省自動車設計部署、警察庁科学警察研究所に調査を掛け、1960年のデータは使用禁止、ブレーキとタイヤの制動性能は、国際基準で常に変わって居る”東海等を得た上で、実際に走行じっけねい増も作成して、佐伯裁判官に、上申書と映像を提供して、弁護士がこの事実を持ち出すと、無罪判決を出すしかない、と伝えた結果、佐伯裁判官は、刑事裁判途中で”異例の裁判官職権行使で、道路交通法違反(飲酒運転)業務上過失致死傷罪を、起訴罪状に加えたと、大きく報道された通りである」

7、原告の走行実験、スマートクーペ仕様走行実験では、時速40キロメートルで、5メートル以内で停止(1960年のデータは、17m)時速60キロメートルでは、7mで停止(1960年のデータは31m)となった、85キロメートルでは、10mで停止だった、これが科学的で、合法根拠を持った、事件証明実例である。

8、豊浜トンネル崩落による、遺族が国を訴えた民事裁判では、他の事件で関わった、豊浜トンネル裁判判決を出した持本裁判官から、別事件で原告が持ち出していた、コンクリートが凍害で破断、崩壊するメカニズムに付いて、東京から秋に転勤して来て、凍害に付いて知らないので、教えて欲しいと請われ「コンクリートのミクロのクラックに、毛細管現象で水が吸い込まれ、冬季間に凍結する、これを繰り返す事で、クラックが広がり、鉄筋が錆びて膨張もする事で、コンクリートの強度が失われ、崩落、崩壊を惹き起こす等説明した」

9、持本裁判官は、翌年の判決で「原告から聞いた事の裏取りもしたようで、豊浜トンネルの岩盤は、ミクロのクラックが無数に走った岩盤で、長年に渡り岩盤のクラックに、毛細管現象などで水が吸い込まれ、冬季間凍結して、クラックが広がるを繰り返した事で、岩盤の強度が失われ、トンネル崩落を惹き起こした、国は予見不可能な、冷感地特有の原因による事故で有り、国に責任は無し」「だが、技術者が試験発破を行った後、各専門家が集い、発破による岩盤撤去方法を協議、結果は、専門家に委ねるとの結論、これにより、三日間いたずらに被害者救出を遅らせる結果を招いた事に付いて、原告遺族への精神的損害を認め、一律、確か2,500万円の慰謝料を、国は支払え」との(科学的根拠も備えた姪判決と原告は考える)判決を、持本裁判官は下した。

10,原告が被害者の重過失傷害事件、刑事、民事事件共「警察、検事共、東京海上日動、提携弁護士、被告の虚言に唯々諾々と乗せられ、焼却炉購入、所持者証拠から揃えず、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約適用の可否も、東海、提携弁護士も、捜査指揮を執りながら知らず(損保が捜査指揮、犯罪捜査だが)詐欺冤罪捏造に走ったし、示談書偽造との捏造にも走らせ、走ったのが現実で、ここまでの出鱈目、違法捜査、でっち上げが理由で、現在の”合法、物理的、合理的な事実証拠無し”で、刑事、民事手続きの事態を招いたと言う事である、上記有名二件の刑事、民事訴訟法手続きの経緯、原告が関与して、方向を正しく示した実例の一端も鑑みて、捜査機関、検事、裁判官は、事件を扱い、判断するべきである」

根本の嘘を正当化の為、ロシアの所業と相似形

  • 2022/11/07 09:44

損保、司法、警察犯罪、でっち上げた損害保険金詐欺冤罪の再現事件、昨年3月29日、重過失傷害事件で「適用すら出来ない、東京海上日動自家用自動車保険、被疑者が加入の、日常生活賠償特約と、弁護士特約を、違法に稼働させた東海は」

高額の対人賠償金支払いを潰そうと、被害者が損害保険金詐欺を働いたと、冤罪をでっち上げて、札幌方面東警察署刑事一課強行犯、山田警部補と、平野巡査部長、札幌地検、二階堂検事を、東海伴が、捜査指揮下に入れて、この損害保険金詐欺冤罪成立に、暴走を共にした訳です。

でも、この「被疑者が加入の、自家用自動車保険、日常生活賠償特約と、弁護士特約は”被害者は被保険者不適”よって被害者が、詐欺請求等出来ないです、したって門前払いで終わるだけ、詐欺冤罪に落とせる訳が、法の規定上無いんです」

でも、この損害保険の正しい適用、不適用も知らない、東京海上日動伴と上、被害者から指摘されて、気付いたが「損害保険金詐欺冤罪でっち上げで、捜査指揮下に入れて居る、東署刑事一課強行犯刑事と、二階堂検事に、実は多重の損害保険金詐欺冤罪だった、被害者はそもそも、被疑者が加入の自家用自動車保険、日常生活賠償への請求権自体無かったし、多重の詐欺冤罪でした、とは言えないから」

被害署、二階堂検事は「被害者が東海相手に、損害保険金詐欺を働いた、詐欺事件だで、冤罪成立に、そのまま走って居た訳です、で、東海と提携弁護士、被疑者の息子が共謀犯で”被疑者が金に困り、被害者に詐欺請求させた”でっち上げ設定が正しいとなるように」

被疑者が資産家で、億前後の資産を所持して居るので「金に困って詐欺を共に働いた、このでっち上げ設定が正しいとなるように”被疑者の息子相続人、東海、提携弁護士が共謀して、被疑者の資産、遺産資産を、犯罪によって闇に消して、巨額脱税も成功させると、共謀犯罪も手掛けた、とも、弁護士は自白して居ます”」

東海、提携弁護士、被疑者の息子相続人、ワイxス商会社長の共謀犯罪は他にも有りまして「被疑者は依然、東京海上日動が主体で、損害保険代理店営業をしていた、大和興産勤務で、この事実を隠匿して来たし、被疑者が保険金支払い請求して、支払われないので被疑者が、大和興産時代の、東海の営業に電話を入れて”何故支払われないんだ”と、数度抗議を入れて居て、営業から損害サービス第4課に連絡が回り、被害者への、法律根拠の無い、支払いの為の調査も、損保リサーチによって行われた訳ですが、東海、提携弁護士、被疑者の息子は、これ等事実も、捜査機関、損保の下僕公権力にも、裁判官にも秘匿して来た訳です」

被疑者が示談書に署名、押印した事実は無い、偽造の示談書だ!この、被疑者の息子相続人、東海提携弁護士、東海ぐるみの嘘も、検察庁の員面調書の署名と指紋照合、札幌市に出された、第三者行為傷害届け出書、本人が支払いを約した誓約書の保全、指紋と署名の照合用の保全、大和興産、東海に出された、被疑者の直筆署名、指紋付き書類の保全の求めを、私が出したしね。

後は「示談書の署名等の合否を証明する各証拠が、被疑者供述調書の署名、指紋と一致するか否か?捜査等で証明が必要です」

東京海上日動に、詐欺冤罪の捜査指揮を執らせて、でっち上げがばれるわ、詐欺冤罪設定が変わるわ他、警察、検事は、責任回答も出来ず

  • 2022/11/07 08:10

東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴主任がでっち上げた「重過失傷害事件被害者が、被疑者が金に困り、被害者が購入した焼却炉の事件を、被疑者が購入した焼却炉と偽り、被害者がこの虚偽設定で、被疑者が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に、被保険不適格故、請求権、保険金受領権とも無しで、被害者が詐欺請求した、損害保険金詐欺事件だ」

こんな詐欺冤罪、詐欺冤罪も何も「被害者には、被疑者が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償とは無関係で、詐欺請求など、したって蹴られるから、出だしから詐欺冤罪設定、不成立ですからね」

これが事実なのに「札幌方面東警察署刑事一課強行犯、山田警部補、平野巡査部長、二階堂検事は”東海伴に、違法に民間業者に、刑事訴訟法公務手続き、刑事事件捜査指揮を執らせて、事実確認もせず”東海が言う通りのでっち上げ詐欺冤罪成立、に暴走した通りです、でも、被疑者は億前後持つ資産家、金に困って詐欺のでっち上げ設定は崩壊、被害者は、被保険者不適格故、詐欺冤罪被疑者に出来ないし”」

挙句「東海、提携弁護士、被疑者息子、ワイエ×商会社長が共謀して、公に”事件原因焼却炉は、被疑者息子が社長のワイエ×商会が、証拠無しで、購入して所持している機器だ、被疑者等が購入、所有者では無い、よって、被疑者が加入して居る自家用自動車保険、日常生活賠償特約は、元々不適用だと、東海、提携弁護士、被疑者息子は知って居たんだ!”」

こう、公に主張も出して居ますし「始めの詐欺冤罪設定が、根底から破綻させられた東海、提携弁護士、被疑者の息子、ワイエ×商会社長は今度は”被疑者の了解を得て、被害者が被疑者を騙り、東海に詐欺請求したんだ!”と、詐欺冤罪設定を大きく変えて居るが、被疑者死去前から東海、提携弁護士、ワイエ×商会社長は、焼却炉はワイエ×商会が購入、所有の機器だから、被疑者が加入の自家用自動車保険は、適用不可だと知って居た、知った上で、被疑者が金に困り、~等の詐欺冤罪をでっち上げて、被疑者の資産金、遺産金隠匿、高額脱税他に、東海、提携弁護士、被疑者の息子は手を染める等した」

こうも認めて居る訳です、詐欺冤罪のシナリオも何も、場当たりのでっち上げの極みですが「こんな詐欺冤罪成立に、東海伴尾捜査指揮下に入り、走ってきた被害署、二階堂検事、合理的、合法との説明等、一切出来ず居る訳で。

損保が捜査指揮、損害保険金詐欺冤罪

  • 2022/11/07 07:44

東京海上日動が、自家用自動車保険、日常生活賠償特約相手の詐欺冤罪事件、もでっち上げて、重過失傷害事件被害者を、東海相手の損害保険金詐欺冤罪に落とそうと、札幌方面東警察署刑事一課強行犯山田警部補、平野巡査部長、二階堂郁美検事を、刑事事件捜査指揮下に置いて(刑事も認めた事)今日の書き込みにも記載した、詐欺冤罪成立に暴走を、先ず行った訳ですが。

書き込み事実の通り「重過失傷害事件被害者は、被疑者が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償特約への、損害賠償債権請求検討一切無し故、被害者を、無関係の東海が、詐欺請求された詐欺事件、被害者が詐欺犯だ!と告訴して、公務員でありながら、民間事業者の捜査指揮下に入り、裏も取らず、詐欺冤罪告訴の提起を受けて、捜査に走った東署、刑事一課強行犯、二階堂検事は、職権濫用から適用されて居る、公務員犯罪なのです」

そして「被疑者が金に困り、被害者を唆して、被害者が購入した焼却炉なのを、被疑者が購入した焼却炉だ、と嘘を吐いて、被害者が被疑者加入の、自家用自動車保険、日常生活賠償に、被害者が詐欺請求した詐欺事件だ、こんなでっち上げた詐欺冤罪ですが」

被疑者は、億前後の資産を持つ資産家、金に困って詐欺を働いたとの、被疑者の息子、被疑者が死去したので相続人ぐるみになって居る、虚言も暴かれて居ますし「被疑者が金に困り、被害者を唆して、被害者が購入した焼却炉を、被疑者が購入した機器と偽り、被疑者加入、東海自家用自動車保険、日常生活賠償に、被害者が詐欺請求した詐欺事件とのでっちあげも、被疑者の息子ぐるみで”焼却炉はワイエ×商会、被疑者の息子が社長の法人が購入、所有者だ、元からこの焼却炉は、ワイエ×商会が所有と、東海、提携弁護士、被疑者息子は知って居たから”被疑者が加入して居る自家用自動車保険、日常生活賠償特約は、不適用だ」

こう、民事裁判でも、東海、被疑者息子、提携弁護士で、公に、証拠無しで主張して居ます、無茶苦茶も極まって居ますし「こいつらが共謀犯で、被疑者が金に困り、被害者と東海相手に詐欺を働いた、と言うでっち上げ設定が正しいとなるように、被疑者の資産、億前後の資産を、犯罪にこいつらぐるみ手を染めて、闇で盗み、隠匿に走った、相続税等脱税にも走った共、民事裁判で提携弁護士も認めて居ます」

挙句「被疑者が許可を出して、被害者が被疑者、損害保険加入者と偽り、東海に詐欺請求した詐欺事件だ、と、詐欺冤罪設定も、全く別の詐欺冤罪に変えて来ているし」

詐欺冤罪を成功させられる、警察、司法が騙されて、詐欺冤罪を強引に成立させられる、冤罪のシナリオも何も、無い結果です、行き当たりばったりで今まで、損保が捜査指揮、損害保険金bン詐欺冤罪を成功させられたから、ここまで出鱈目な、詐欺冤罪に走れて居るんでしょうね。

損害保険金詐欺冤罪をでっち上げたが、冤罪に落とす設定が、出鱈目だった故、詐欺冤罪設定も激変

  • 2022/11/07 07:27

始めの、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井啓太課長、伴主任がでっち上げて、東警察署刑事一課強行犯、山田警部補、平野巡査部長、二階堂郁美検事が「東海、伴尾捜査指揮下に入って、損害保険金詐欺冤罪に、被害者を陥れるべく、の虚偽設定は、こうなって居ました」

@伴担当が、捜査機関に、詐欺事件だと告訴した概要、刑事二名の証言にもよる。

;東京海上日動自家用自動車保険に加入して居る被疑者が金に困り”焼却炉転倒下敷き事件被害者に対して、焼却炉は被害者が購入した機器だが(被疑者が購入ですが)被疑者が購入した機器だと、被害者が偽り、被疑者が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に”被保険者不該当の被害者が”詐欺請求して居る、損害保険金詐欺事件だ、こう言うでっち上げ設定だった訳です。

@ですが”この虚偽の詐欺設定”で、被害者を詐欺行為者だと、東署山田、平野巡査部長が、裏取りもせず「東海伴が捜査指揮を執っており、伴がこう言って居るから、金に困った被疑者から頼まれて、被害者が詐欺に手を染めた、損害保険金詐欺事件だ!被害者が焼却炉の購入者だと、伴から聞いて知って居るんだ」

;こう言った、根本から出鱈目な、被疑者が金に困り、被害者と共謀した詐欺事件、を、でっち上げで成立に走った訳ですが”被疑者は、こいつ等にも何度も言って来たが、億前後の資産を持って居る資産家で”被疑者が金に困って損害保険金詐欺を、被害者共々”こんなでっち上げ設定も、破綻しているし、被害者は被保険者不該当、ずっと言っている事実で、被害者が加害者加入の、自家用自動車保険日常生活賠償に、詐欺請求した詐欺事件、この出鱈目設定も、初めから破綻して居ます。

この、でっち上げただけの損害保険金詐欺冤罪には「死去した被疑者の息子相続人、ワイエス商会社長も共謀で加わって居まして”こいつと東海、提携弁護士が結託して、被疑者が遺した億前後の遺産資金隠匿犯罪にも手を染めて居ると、裁判上で提携弁護士も自白して居ます”被疑者が金に困り、被害者と詐欺を働いたとの、捏造設定を事実と偽る為で、息子は、巨額の相続税脱税と、高額の対人賠償金踏み倒しが、共に成功する絡ん共謀犯罪に走って居る、と言う」

損保が指揮、警察、司法犯罪の現実、賠償踏み倒し目論見、詐欺冤罪実例も公に

  • 2022/11/07 07:05

無知無能故、損保に捜査指揮を執って頂いて居る、実際の警察、法曹資格者、司法機関の現実、只の民間事業者に、捜査指揮迄任せて居るんですよ、出鱈目も程が有ります。

この事実、実例証拠により「損保、司法が、合法に損害賠償保険金支払いせず、現実に通せて居る手の一つが、損保が指揮、警察、司法テロにより、損害保険金詐欺冤罪に、被保険者を落とし放題も、実際に仕組んで有る、被保険者を詐欺冤罪に落とせば、大手を振って不払いを、正当と偽って成功させられますので」

この事実、実例証拠が「昨年3月29日に起きた、重過失傷害事件で、どんどん事実が暴かれて居る、東京海上日動、提携弁護士、被疑者、東海自家用自動車保険加入者の被疑者が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約の、東海、提携弁護士ぐるみと言う、違法適用事件です」

この、東京海上日動、提携弁護士が指揮、違法な自家用自動車保険、特約不正適用事件は「法人に届けた焼却炉と、何処かで知った東京海上日動、提携弁護士等が”被害者は早い時期から、重過失傷害事件で、自家用自動車保険、日常生活賠償特約適用ならば、被保険者は、加入者と、同居の3親等以内の親族で、過失加害事件加害行為者で、被害者に、損害賠償責任を負った者”被害者は被保険者不適格、よって、加害者が加入と言う、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約と、被害者とは、何の利害等関係も無い”」

これを、東京海上日動札幌損害サービス第4課、伴主任と、東警察署刑事一課強行犯、山田警部補、平野巡査部長に伝えて有りました「伴は、被害者への調査を、東京海上日動がじかに行う、と求めて来た、昨年4月22日に、被害者から、被害者は被保険者不適格、重過失傷害事件加害者が加入と言う、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償から、調査を受ける法律根拠等は無い、東海が、被害者の調査を行うと言う、法律根拠と、調査する東海職員の身分共、文書で示せ」

こう、当然の法律事実を伝えたら、伴は「東京海上日動と、被害者とは何の関係も無い、当社はよって、被害者相手の調査から手を引く、二度と東京海上日動は、被害者とは関わりお持たない」

こう電話で、勝手に告げて、終わった筈が「被保険者、加害者が、支払い請求しても、支払われないからと、被疑者は元東海代理店勤務故、代理店勤務時代の営業に”不払いして居るが、どう言う事だ”と抗議したら、伴は”被保険者と損保リサーチに、被保険者に支払うので、被害者への調査をしなければならない、被害者に、調査を受けさせてくれ”と求めて、止むなく被害者は、調査に応じた経緯も有ります」

で、今になって東京海上日動、提携弁護士は、死去した被疑者の息子も共謀して「被疑者の許可を得て、被害者が被疑者を騙り、詐欺請求した詐欺事件、だが、自家用自動車保険は、焼却炉は法人が所有者だから(根拠無しの出鱈目ですが)元々自家用自動車保険は不適用と知って居た、と言い出して居るんです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678395
ユニークアクセス:5843000
今日
ページビュー:1343
ユニークアクセス:1336
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed