エントリー

2022年11月13日の記事は以下のとおりです。

窃盗にまで走ったが

  • 2022/11/13 22:01

刑法第242条1,2項、この条文の意味は「動産の所有権に付いて、誰かの占有下にある動産は、原則として、占有者の所有に帰す、これが先ず、根本の鉄則で、これを犯す事で、窃盗罪が適用となる、この規定と、占有者の意を無視して、他者の占有下にある動産を持ち出せば窃盗罪、暴力を用いて持ち出すと、強盗罪が適用となる、と言う事が規定されて居ます」

本当は、物品購入資金の融資契約だから、割賦支払いで購入した物品は、債務者が所有権者、ファイナンス貸金は、融資資金の債権者であるが、債務者が債権者から借りた資金で購入した動産の所有権は、債権者には無く、債務者に有ります。

当然ですが「該当物品は、購入者が自由に扱えます、貸金には、貸付した資金で、債務者が購入した物品に付いて、何の権利も存在して居ません、窃盗に走り、持ち去れば、窃盗罪が適用される訳です」

妻の所有地に置かれた「××が資金を拠出して、購入した焼却炉を、××の息子、こいつが社長のワイエ×商会が所有者だと、嘘を吐いて窃盗に走った事は、何の言い訳も経たない、只の泥棒です、ワイエ×商会が、高額の焼却炉を購入した事実、証拠は無いのですしね」

この焼却炉は「妻が合意の上で、焼却炉を購入した証拠と、所持証明を揃えて、妻の所有地に焼却炉を設置した事実を証明した上で、妻が合意しなければ、合法に持ち出しは禁じられて居ます」

妻の土地に置かれた焼却炉に付いては「札幌方面東警察署生活安全課、高松巡査部長、真鍋巡査長、札幌市役所環境局事業廃棄物課、清水部長が課長の時代に、現地で焼却炉を確認した事実、これが有るし、山本××が証拠で出した、示談書面の記載と、示談金支払い証明も揃って居ます」

ですから先ず「ワイエ×商会が、焼却炉をDAITOから購入した証拠と、所持している証拠」を揃えて「××が購入して、妻の所有地に置かせて貰った証拠が有り、刑事一課強行犯だ捜査実施済み証拠、××供述調書とも整合性を取り、合法に、妻の所有地に置かれた焼却炉が、ワイエ×商会所有機器だ、××が購入して、妻所有地に置かせて貰った焼却炉では無い、これを立証出来た上で、妻に、ワイエ×商会が引き取る事を、警察も確認の上、認めて貰う必要が有るのです」

当然ワイエ×商会、東京海上日動、提携弁護士、××の息子には、そんな証拠等無いから、妻所有地に押し入り、××が購入した焼却炉を奪おうとした、と言う事です。

なお、妻が引き渡しを拒めば、持ち出す事は永遠に出来ませんし、敷地に入る事も不可能です、当たり前の法律規定です。

泥棒に走った理由、捜査で押収される前に

  • 2022/11/13 15:36

妻の所有地に、好意で置かせた焼却炉、××が頼んだから、仮に置いて上げた焼却炉を、息子らが盗もうと走った理由は、警察が証拠で押収する、と、その前に、盗んで証拠隠滅を成功させる為です。

警察が、証拠を消されないように押収する、拙い、押収される前に盗んでしまおう、とんでもなさが更に際立って居ます。

札幌地裁令和4年(ワ)第1930号事件、被告準備書面に書いて出して、裁判官も、証拠隠滅目論見窃盗に与した、司法ぐるみの公開窃盗事件です、泥棒迄、司法の場で公に実行を、何処まで腐り切って居るのか。

正しいのであれば「警察にちゃんと”ワイエ×商会が焼却をを購入した証拠と、所持している証拠と、リースで貸した証拠を出せば良い事ですが、嘘だから”そんな合法証拠は出る訳が有りませんので、焼却炉はワイエ×商会が購入して、所持して居て、リースで貸し出した機器だ!この嘘の真偽を証明する為に、証拠隠滅される前に、警察が証拠の焼却炉を押収する、これを公に伝えたら」

焦った××の息子、東京海上日動、提携弁護士が、恐らく裏で、公権力の一角共で?警察が焼却炉を押収して、証拠保全した上で、焼却炉を購入して、妻所有地に置かせて貰ったのは、××か、息子が社長のワイエ×商会か、金の流れ等証拠により、事実証明されると拙い、で、焦って焼却炉窃盗に走ったのだと。

この公開した泥棒、被告らの泥棒自白、捜査機関も関与して居ませんか?盗みに成功しても、窃盗罪で捜査されると拙い訳で、窃盗に成功すれば、捜査しないと、談合で予定されて居たんでは?

公式に、焼却炉窃盗に失敗した、証拠で押収される前に、泥棒に手を貸して、盗ませろ!との要求まで出して居る、常軌の逸し方が凄過ぎて。

あの焼却炉、操作盤の鉄板が曲がって居るので、他の焼却炉と区別が付きます、盗んだら破壊して、処分する必要が有ります、犯罪を隠す目論見での窃盗なのだから、ですが「どうやってあの焼却炉、破壊して抹殺するのか?技術と設備、処理する知識等が必要です、××の息子、東京海上日動職員、提携弁護士、警察では、難しい事です、窃盗、解体、処分に手を貸す犯罪者の手を借りなければ」

司法犯罪は、犯罪が証明されても、犯罪適法と判決で正当化

  • 2022/11/13 09:08

一昨年起きた傷害事件、一方的追突傷害事件、加害者は警察官の事件では「司法詐欺適法判決を下した手口は、口頭弁論を開いて、被告被害者が怪我で出廷出来ない事にも付け込み、審理せず、根拠ゼロで、加害者は自賠責を超えて、189万円支払った、30万円弱過払いだったと、原告の詐欺主張通り判決を下しました」

被告が控訴して「加害者、加入任意損保共栄火災は、自賠責を超えた支払いはゼロ!189万円支払ったのは、被害者が運転していたトラックに掛けて有った、東京海上日動自動車保険、人身傷害特約が、対人賠償金の一定分を、立て替え支払いしたお金で、今後加害者側に、この債権回収目的で、法廷内外で、支払いを求めて回収します、等記載証拠も取り、証拠で出して有る通りです」

この訴訟詐欺提起、詐欺を承知で、訴えは全て正しいと、根拠ゼロで一審判決実例を見ても分かる通り「裁判官も、正しい事実証拠を持ち、正しく判決を下す等、資質等が欠落して居れば、出来る道理が有りません」

無い者は出せない、当たり前の真実です、司法テロ犯罪の数々も、資質から欠落して居る法曹資格者、司法機関、警察、犯行実行犯が共謀しての犯罪だろうと、合法が全く無い、犯罪との証拠は揃って居るとなれば「犯罪は適法だ判決を下したって”物理的な行為が必須”犯罪を重ねて、犯罪適法判決を、公に適法と出来れば別ですが”実効性は微塵も無くて当然です」

この一審判決、明白な司法独裁権力悪用、訴訟詐欺適法でっち上げ判決です、加害者、加入共栄火災は、自賠を超えて189万円、被害者に支払って居ないから、東海と違い、支払い証拠等出せない訳です。

もう一件の訴訟詐欺、××は、実際には違うけれど、ワイエ×商会課長を名乗り、焼却炉購入は自分で、自分のお金で購入して、納品先は、息子が社長のワイエ×商会(株)へ納品、手続きを取って居ました、東海が稼働させて居る、××が加入の自家用自動車保険、日常生活賠償と、弁護士特約は、不適用共証明されて居ます、背任罪、弁護士法違反、虚偽告訴、窃盗未遂、犯罪が幾つ手掛けられて居るんだ?被告代理で出て居る弁護士、違法代理だしね、東海が自家用自動車保険、弁護士特約で動かして居る弁護士だから、違法な委任、受任、訴訟代理行為と言う。

東京海上日動、提携弁護士犯罪、自家用自動車保険、違法適用隠蔽目論見で

  • 2022/11/13 08:19

東京海上日動は、繁樹が加入の自家用自動車保険、日常生活賠償と、弁護士特約を、公式に稼働させて居る訳です、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永〇啓〇課長、伴主任らは初め「被害者が、××から頼まれて、××は金に困っており、被害者が購入した焼却炉なのを、××が焼却炉購入者と偽り、東海に被害者が、詐欺目的で支払い請求した、詐欺事件だとでっち上げて、東警察署に、詐欺事件で告訴した訳です」

ですが「××は、億前後の資産を持つ資産家ですし、××は警察に”ワイエ×商会課長と言う触れ込みで、自分の金で焼却炉を購入して、納品は、ワイエ×商会に納品”証拠も、捜査機関に証拠で出しているし」

××は合わせて「東海発行、××が加入、自家用自動車保険適用事故受付、稼働証拠も、××と被害者間示談書一枚と、示談分支払い証明、××が東海に、支払い分回収目的、保険金支払い請求手続き書も、同時に証拠で出して居ますが、刑事と検事、これ等証拠を見ても、意味不明のだったと言う、で」

全くの法螺だとの、これ等証拠も取得しながら、刑事、検事は「東海、伴の法螺、日常生活賠償特約に被害者が(被害者は被保険者不適格故、請求権無しとも知らず、言われて気付いたが、捜査機関には秘匿)詐欺目的で、東京海上日動自家用自動車保険異、対人賠償保険金請求して居る詐欺事件、との法螺を、勝手に、虚偽告訴との証拠も得ながら、詐欺冤罪を信じて」

最近まで、××が死去後も、この東海でっち上げ、被害者が東海に、損害保険金詐欺狙い請求した詐欺事件、を捏造成立に、東海、提携弁護士、××の息子共々、暴走の限りを尽くして来て居ると言う現実です。

これ等事実は、証拠もとっくに捜査機関で手に入れて居るから、東海による、提携弁護士、××相続人息子らによる「自家用自動車保険不正稼働、背任罪、弁護士法違反、虚偽告訴の罪等事実は、隠匿不可能なのです」

こう言った真実の立証済みにより、追い込まれた東海、××の息子、東海提携弁護士は「物品購入資金融資なのに、物品貸し出しリースと偽り、多重の犯罪を、司法ぐるみ法を犯して成功させて有る、詐欺リースの司法犯罪手法を、間違って武器と使って走り”妻所有地に置いてある、××所有の焼却炉窃盗に走った訳ですが”」

恐らく下請けの運送屋が、盗みに行ったのでしょうが「強盗に手を染めなければ、奪えない物理的状態ですし、管理等責任は、東署刑事一課強行犯山田警部補と、札幌地検二階堂郁美検事が負って居る等、連絡先も合わせて記載の掲示が掲げられても下り、下請けは、泥棒、強盗せず逃げたと?」

犯罪が成功の予定が、この事件でも崩れた訳です、予想通りの「証拠隠滅工作窃盗実行、未遂事件でした」

司法犯罪実例の幾つか

  • 2022/11/13 07:55

私が当事者で、裁判証拠も持って居る、司法犯罪実例は多数有ります。

@オリックスが犯罪者、実際は”暴利を乗せた、違法貸金融資”私が調べて、この事実も証明、出資法違反、利息制限法違反の暴利と証明、証拠も添えて、に加えて、物品リースと偽っている事実も、オリックスも、原敬一郎裁判官も、公式に認めている上で”違法貸金契約は正しい、全額金を払えと主張、判決”この融資詐欺、国家権力が総出で共謀犯罪、証拠も揃えた上での、この判決実例も有るので、出資法違反、利息制限法違反も、公に認められて、通されて居ると言う事の証拠実例ですからね。

つまり「他に多数起きて居る”違法金利を乗せた貸金、とされて摘発事件”詐欺物品リース犯罪、合法無しで強制適法判決の山、が有る以上、出資法違反、利息制限法違反が成立する訳は無いと言う事です」

この融資詐欺「でっち上げだけの”リースと言うだけで、物品購入不要、所持も貸し出し証拠も不要で、実際は、契約書も有るように、融資契約で”出資法違反、利息制限法違反犯罪融資契約が正しい、犯罪金利を乗じた貸金融資全額を、民事裁判官も、常時正しい融資契約だ、違法な暴利も乗せて、全額支払え判決を山のように下し捲って、通して来て居る”最後の武器が、司法テロ犯罪、犯罪適法判決で正当化、と言うからくりなのです」

この「実際には、物品等購入代金の、出資法違反、利息制限法違反も含めた犯罪貸金契約が、立証されないようにと言う、実際には、電話機詐欺リースの場合は特に”NTT正規代理店から、同じ電話機ユニットを購入契約を結ぶと、詐欺融資が正しく証明される訳です”」

私の場合だと「オリックス融資詐欺額は、66万円だったか?NTT正規代理店の見積もりで、20万円前後の見積もりでした、オリックス詐欺リースは、三倍以上も、原敬一郎裁判官詐欺融資合法判決を武器とさせて、暴利獲得が認められた訳です」

オリックスによると「うちはノンバンク金融事業者、電話機リースなど行って居ません、山本さんから聞いて、電話機リース契約となって居た事等知りました、販売店とは、契約を取ってくれば、販売店が6割、うちが4割、これが基本で、販売店に6割を支払い、うちが顧客から回収して居ます」との事でした。

経済産業省取引信用課、初めは白田課長補佐、幾らも経たず、清水課長補佐に代わり「ファイナンスリースと言えば、数十倍、数百倍、それ以上の金利を取って通って居る、違法な貸金事業です、等認めて居た通りです」

司法犯罪が武器、詐欺リースも同様、犯罪そのものを、正しい犯罪と常時判決

  • 2022/11/13 07:36

特に国家権力を手にした人間、組織は、構成員の人間性により、どう言う方向に走るかが決まります、憲法、法律、それ以前の、正しい社会常識に沿う訳では有りません、国家権力を手にしてしまえば、平民を望む方向に思想、意識改造出来ますから。

多くの場合、国家権力を手にした構成員達の人間性に付いて、社会正義の実現を、正しく果たす崇高な目的を掲げて、実現させようなどと言う構成員が、多くを占めて居る訳では無いですから。

特に法曹資格者は、合否判断の最終決定方法が「面接と来ています、別に憲法、法律を正しく、社会の正しい常識を踏まえて居て、社会正義を正しく実現させられる人間を、面接で選んで居る訳でも、当たり前ですよね、面接に当たる国家権力構成員も、これら要件を正しく満たせて居る、訳でも無いのだから」

で、どうなって来て居るかと言えば「自己を正しく、様々な実例、そこから派生する事実等も鑑みながら、自己を正しく、思って居た社会正義と、実例、そこから派生して居る事実等を見ると違うなら、正しいと証明された方向に、常時修正し続けて等考える人間は、そうでは無い国家権力、構成員らに取り、危険ですから排除すると言う」

結果「自分で物事を、広範囲に日々見て、正しい方向を常に目指して、社会正義実現、事件、実例毎に、最も最善の、社会正義の実現を果たす答えだと、多方向から検証して、得られた正しい方向の実現を、常に目指す構成員等、希少種?と、同じ種で有れば、根本が同じと言う、当然の結果です」

こう言った現実が根底になので「司法犯罪は、常時犯罪を根本に据えられて、犯罪と承知で、犯罪は正しいと判決を、事前に仕組んで有り、下される仕組みで暴走して来て居るんです、弁護士、検事、刑事、民事訴訟法手続きに係るこの連中、同じ種と言える相似形の、ですからね」

同じ種同士だけで『正しい憲法、法律規定、社会常識、仕組み等知る事も無く、司法犯罪のみ正しいと判決が常、司法の神格化等と言う、現実無視の洗脳が、民衆に行き届いている結果であり、都合が良いんですよね、民衆とすれば、憲法、法律を正しく踏まえた、社会正義の実現破壊が常、司法犯罪は」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678387
ユニークアクセス:5842992
今日
ページビュー:1335
ユニークアクセス:1328
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed