エントリー

2022年11月14日の記事は以下のとおりです。

高温焼却炉の問題は

  • 2022/11/14 16:50

黒い欲に囚われた、従兄の息子、ワイエ×商会社長、被疑者の息子相続人と、東京海上日動、提携弁護は、捜査機関とも共謀して、幾つもの悪行を重ねて来て居ます、被害者を、自家用自動車保険詐欺冤罪に落とそうと暴走、被疑者が金に困り、被害者を唆して、自家用自動車保険詐欺に走った。

この詐欺冤罪捏造に、被疑者の息子、ワイエ×商会社長も「被疑者である父親が死去したので、高額の遺産金隠匿、巨額脱税を、東京海上日動、提携弁護士、捜査機関が共謀して、成功目指して遺産金隠匿、脱税に共に走った、被疑者が金に困って、被害者と詐欺を働いた、でっち上げ設定が正しいとなるように、ここまでの犯罪にも手を染めて居た」

事件原因の焼却炉は、被疑者が金を出して購入して「息子の会社、ワイエ×商会に納品、として有った証拠も、昨年7月14日に、被疑者は捜査機関に渡して有ったし、被疑者が自家用自動車保険金請求した証拠も、加入損保東海が、自家用自動車保険が、被疑者と被害者官事件で適用出来ますよ、とした適用可能、受付済み証明書で認めた証拠共々、捜査機関に出して有ったし」

被疑者と被害者間示談書の一枚も、同じく、支払い証明書と合わせて、証拠で出されても居ましたが「被疑者が金に困り、被害者を唆して、被害者が購入した焼却炉を、被疑者が購入した機器と偽り、被害者が、被疑者加入自家用自動車保険に、請求権無しで詐欺請求した、このでっち上げ設定が破綻した証拠も有りながら、犯罪により、このでっち上げ設定で暴走して来た訳です」

ですが、でっち上げ設定と、証拠も出されており、証明されて居る事を認められず、遂には「詐欺リースの手口とも錯覚の手で、ワイエ×商会が、焼却炉を所有して居て、原告にリースで貸した、リース契約を解除したので、妻所有地に盗みに行ったが、立ち入り禁止と掲示が有り、下請けは、窃盗をせずだった、原告与、窃盗に加担して、焼却炉を盗ませろ!と、裁判書面い記載もして、通されて居ると言う」

この窃盗事件、被害者は土地所有者の妻です、私では有りません、この焼却炉、購入者が管理、使用のみ設定なのですが「ワイエ×商会は、虚言で、リースで貸した、転倒して重症者が出たが、ワイエ×商会には、刑事、民事責任は無い、山本××にも無い、事件の責任は、原告の塚が全部負うんだ!とも、準備書面に書いて出した事で」

ワイエ×商会は、事件原因の焼却炉に付いて、何らかの管理等責任が有りながら、安全対策せず、事故発生に備えた労災保険も不可入、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法違反自供もして居るんですから、労基はワイエ×商会に、調査実施が必要となった訳です。

捜査機関と東京海上日動、提携弁護士、被疑者息子が共謀して、犯罪責任隠蔽、抹殺、責任転嫁に暴走が証明されて、自滅まっしぐらに陥り続けて居ると。

今更もう、焼却炉を盗み、焼却炉転倒による、重過失傷害事件、刑事、民事責任抹殺成功は、無理、当事者間示談書も無効化実現、被疑者の刑事、民事責任抹殺も、不可能ですから、捜査機関ぐるみの犯罪事実と、今後の労働局、労基の調査結果と、不整合がここでも。

司法犯罪はどれも、弁護士、検事、裁判官からして、犯罪と正しく認識から出来ない結果、犯罪を司法犯罪制度化に狂奔

  • 2022/11/14 14:09

ファイナンスリースと”言えば”リース貸出物品を、貸し出しと偽って居る貸金は、購入せず、所持せず、資産登録せず、償却資産税を納めず、リースで物品貸し出しもせずで”リース契約、物品貸し出しが、正しく遂行されたと、合法ゼロで、最後は司法が、強制決定して、通して居る、司法が最後の、融資詐欺成功の砦となって居ます。

正直、詐欺にもなって居ません、この司法犯罪も、只の恐喝です、司法極悪独裁国家権力が頭を仕切って居る、只の国家権力恐喝他、荒っぽい犯罪です。

この融資詐欺を、物品リースと、根拠ゼロで偽って通して有る、司法が指揮する融資詐欺、暴利ごと資金強奪、司法他犯罪の手を、中途半端に、まともな知識も無いから、ワイエ×商会が、焼却炉の所有者だから、リース契約を解除した、妻所有地に置いてある焼却炉を、盗もうと下請けを行かせたが?立ち入り禁止と掲示が有り、泥棒せずだった、泥棒に与しろ!札幌地裁令和4年(ワ)第1930号事件で、被告側が出した準備書面の概要が、こうです。

ファイナンスリース、貸金による、物品購入代金を、物品リースと偽る、暴利を貪る犯罪貸金行為では、詐欺被害者の貸金債務者が、月賦支払いで購入した動産は、貸金が所有等して居ません、客が月賦で買った動産ですから当然です。

貸金に聞いても「この契約は”物品リースと言うのは嘘で、物品購入資金の融資契約ですから、貸金債務者が、分割支払いで購入した動産は、貸金債務者が所有者ですよ、うちは貸金だから、お金を貸しただけで、物品貸し出しはして居ませんから”と、事実通り答えて居るしね」

このファイナンスリース名目、物品購入資金、暴利を乗せて融資契約、との事実を理解出来る頭も、見事xxだから、この融資詐欺の手を使った気で「ワイエ×商会が焼却炉の所有者だ、証拠は無いが、焼却炉を所持している証拠も無いが、ワイエ×商会が所有者で、原告に貸して有った、証拠は無いが、このリース契約を、ワイエ×商会は打ち切ったので、原告塚の所有地に押し入り、焼却炉泥棒に走ったが、立ち入り禁止の掲示が有り、泥棒に行かせた下請け?が、泥棒せず戻った、原告は、この泥棒に、警察が証拠で押収する前に加担して盗ませろ!」

こう言った、犯罪の自供と、最犯罪予告を、他者も巻き添えの泥棒にして、再現も目論んで居ると言う、屑過ぎるよね。

司法ぐるみの極悪融資詐欺の真実

  • 2022/11/14 10:34

@司法も共謀犯で、暴利をむしり取る、ファイナンスリース、融資詐欺を勝訴が常、但し、詐欺リース物品は、融資詐欺故判決で触れず”物品は顧客が所有者”判決も作られている事実等、別紙で伝えます

                                 令和4年11月14日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
斎藤健法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
北海道労働局長、ワイエ×商会労安法、労災補償保険法い他違反追加証拠
FAX011-737-1211
鈴木信弘道警本部長、生活経済岡田警部補、各捜査、交通課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部、盗犯捜査は
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補
TEL011-704-0110
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美検事
FAX011-222-7357
金融庁保険課、損保係三浦課長、北原担当、損保詐欺指揮担当
FAX03-3506-6699
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村犯罪指揮専門官
FAX03-5253-1638
FAX011-218-5182 札幌市国保企画課求償担当
FAX011-218-5105 札幌市環境局清水部長
FAX011-271-7379 詐欺他実行東海社長
FAX011-271-0003 三井住友社長
FAX03-3349-1875 損保ジャパン社長
FAX011-210-5592 道新報道センター記者
FAX011-221-0965 共同通信社記者
FAX011-281-4139 札幌弁護士会、佐藤会長

1,別紙記載の通り、追加のファイナンスリース詐欺、詐欺犯罪証明事実記載書面等を送ります、山本××は、一週間前後自宅から逃亡、夜帰宅、朝出奔生活のようです。

ここまで根が深い、司法他公権力犯罪事実

  • 2022/11/14 10:19

今日までの文書の記載で、大まかの「貸金詐欺融資を、物品リースと偽装、国家融資詐欺の実態解明の根本等は、改めて”訴訟複数にも出せた訳です”この融資詐欺の、法曹資格者等が、現実の、この融資詐欺判決の詳細も理解出来ず、詐欺リース物品も、貸金が窃盗まで出来ると、完全に錯覚だけして入る故の、妻の所有地からの、焼却炉窃盗実行事件も起きて居る現実、法廷にも、焼却炉窃盗未遂事実迄書いて出してくると言う、xxも極まり切った」

私も実は、詐欺リース被害者の一人なので、詐欺リース貸金返還訴訟の被告とされて、貸金オリックス勝訴判決、も持って居るけれど、詐欺リース物品に付いては、何も無い判決で、泥棒を認める等なって居ません。

この巨大な、融資詐欺の手口実例も、司法ぐるみの犯罪貸金ですから「合憲、合法は、何も備えて居ませんからね、物品は顧客が融資を受けて、月賦支払いで購入した物品が正しい答え、貸金が物品貸し出し等、嘘だから」

只の極悪な、貸金融資詐欺です、暴利を騙して、司法ぐるみで脅し取って居る、極悪な融資詐欺です、物品を貸し出して等居ないから。

この司法ぐるみ犯罪も、犯罪で構成して有るだけで、合憲、合法は無い代物だから「貸金勝訴判決にも、物品リースが正しく行われた等、理路整然と証明も何も無いから、只の融資詐欺だから当然です」

今日の書面に書いた通り「NTTファイナンス相手に、電話機詐欺リース被害者から、盗まれた電話機の変換を求める訴訟を、札幌地裁に提起した、被害者から権利を買った知人が訴訟提起で、NTTファイナンスは、電話機リース等して居ない、電話機を返す等答えて、電話機返還せよ判決実例も出来ています、物品リースは嘘、融資詐欺が真実ですから」

証拠追加

  • 2022/11/14 09:03

札幌地方裁判所 令和4年(ワ)第1931号

原告 有限会社エッチエイハウスリメイク
被告 山本××

                                 令和4年11月14日

原告 有限会社エッチエイハウスリメイク提出証拠

甲第8号証   今年7月13日付け、二階堂検事発行不起訴通知書    原本

甲第9号証   平成18年1月12日、17年747号事件判決文    謄本

大元の損保、提携弁護士犯罪隠蔽目論見

  • 2022/11/14 07:17

札幌地方裁判所 令和4年(ワ)第1931号
工事代金請求事件
原告 有限会社エッチエイハウスリメイク
被告 山本××

                                 令和4年11月14日

札幌地方裁判所 民事3部4係、山澤友啓書記官 御中
TEL011-290-2355
FAX011-272-4435

原告 有限会社エッチエイハウスリメイク

              原告準備書面 第六回

1、被告山本××は、今月8日に札幌地裁で行われた、令和4年(ワ)第1930号、原告山本弘明個人、被告山本××事件、焼却炉管理費請求事件に、原告妻所有地に、妻が被告実父に頼まれて、好意で置かせている焼却炉を、窃盗に走った事実を先ず認め、立ち入り禁止の掲示が有り(盗犯は恐らく、東京海上委任運送業者と?掲示には、本件担当二階堂郁美検事、東署刑事一課強行犯山田警部補、地主立ち入り禁止通告等記載)窃盗にしくじった、盗もうとした焼却炉を、事実証拠無しで、山本弘明は、被告が社長を務めるワイエ×商会が所有、山本弘明にリース貸出した機器、ワイエ×商会は、このリース契約を解除したと認め”警察が証拠押収する前に、窃盗に加担して引き渡せ、等も記載した準備書面を出した事実が有る。

2、この、被告、ワイエ×商会、東京海上日動、違法に山本××加入、自家用自動車保険、弁護士特約適用(ワイエ×商会が、焼却炉所有者と、証拠無しでも言い張っており、甲第6号証1~10、札幌地検から取得、山本××が証拠提出証拠、ワイエ×商会に焼却炉納品、山本××加入、自家用自動車保険が適用、他の証拠も有り)背任罪資金で被告代理提携弁護士が、違法に被告法定代理行為実施の自白と、刑法第235条、窃盗罪適用の犯罪(被害者は先ず、土地所有者山本弘明妻、焼却炉の所有者が山本××なら、妻と山本××が、窃盗事件被害者、ワイエ×商会が、仮に所有者でも、刑法第242号1が適用で、窃盗罪)自白が、公式に出ている事実が有る。

3、山本弘明に対して、窃盗に加担せよ要求の目的は、焼却炉転倒による、重過失傷害事件加害者責任、刑事、民事責任を、訴外山本××が、事件の原因焼却炉を自身が購入、管理等して居る事実を、甲第6号証~6,9,10証拠でも認めている事実を、焼却炉を、捜査機関が押収する前に、窃盗により、焼却炉はワイエ×商会が所有の機器と、次の詐欺リース詭弁を用いて、事実を作り変える目的と思慮する、理由は「上記証拠等の通り、東京海上日動、山本××(××死後、自家用自動車保険契約も引き継ぎ)は、山本××が購入、所持焼却炉が原因の、重過失傷害事件との設定で、甲第6号証~7,東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約を、違法適用(機器はワイエ×商会に納品、山本××が加入、自家用自動車保険は適用不可)と承知で、山本××が加入自家用自動車保険を動かして、次の詐欺冤罪を捏造したが、証拠により否定された故である」

(1)山本弘明は、自身が購入した焼却炉で起きた事件なのに、金に困った山本××から頼まれて、山本××が購入した焼却炉による重過失傷害事件と偽り、山本弘明が、××加入自家用自動車保険に、詐欺目的請求した詐欺事件(甲第6号証~6で、山本××が支払い請求証拠も捜査機関に出ている、嘘が発覚)と、東京海上日動札幌損害サービス第4課、伴主任、×井×太課長が、山本弘明は、被保険者不適格故、請求権自体無しと承知で、不払い目的で、東警察署刑事一課強行犯、山田警部補の班に、詐欺告訴していた、伴が転勤後は、木村課長補佐が、この詐欺冤罪を引き継いだ。

(2)被告もこの詐欺冤罪に加担して「山本××は金に困り、山本弘明と共謀して、焼却炉所有者を刺激と偽り、詐欺を働いた等、虚偽証言した、目的は、山本××は死去時でも、億近い資産を遺しており、東京海上日動、提携弁護士中島が、この巨額の遺産資金隠匿、巨額脱税と、××が支払い責任を負う、高額賠償支払いを潰してくれる、と共謀したから、今月1日、1032号事件口頭弁論で、中島弁護士は、この遺産資金隠匿、高額脱税に、東京海上日動、中島弁護士が加担等認めても居る、山本弘明が通報したので、脱税項目も詳しく通報したので、北税務署は、来年3月中までに、合法な相続税申告を、被告に求めている」

(3)被告は他にも、東京海上日動、中島提携弁護士と共謀して、当事者間示談書は偽造、山本××は冤罪、××は何も知らず、賠償金では無く、金員貸付しただけ、損害保険金請求も、山本弘明が、××を騙り詐欺で請求等、虚偽で告訴もして居る、1932号事件でも、この虚言を主張、だが、他も含め、捜査機関提出証拠も有るし、××は長年、東京海上日動損害保険代理店営業を、大和興産で勤めて来た人間で、示談書は偽造と言いがかるが、員面調書、大和興産、東京海上日動、札幌市国保企画課に、山本××の署名、指紋が遺された、山本××作成、発行書面が、証拠で揃って居る、山本××の被疑者供述調書の証言でも、山本××は、自己所有焼却炉が原因の傷害事件、加害者責任は自分と認めている事実も有るので、これ等の虚言、虚偽告訴も、虚偽と証明されて居る。

4、これ等の事実と証拠を、山本弘明に揃えられて、東京海上日動、提携弁護士中島、被告は、犯罪が証明された事の重大責任が、当然降り掛かる事から逃れようと、次の”でっち上げ根拠”を用いて、焼却炉はワイエ×商会が、証拠無しで購入、所持、山本弘明にリース貸出、リース契約解除した、焼却炉を、ワイエ×商会が、山本弘明妻所有地から窃盗しようと謀った、捜査機関が証拠押収すれば、焼却炉購入、所持者が、山本××と公式立証されるので”犯罪行為複数責任から逃れられない故、が理由である。

5,甲第8号証として,今年7月13日付け、二階堂郁美検事発行、山本××に対しての、重過失傷害事件嫌疑に付いて(被疑者死亡に付き)不起訴と決定した通知を先ず証拠で出す、この、山本××が重過失傷害事件の被疑者との証拠共々、焼却炉はワイエ×商会が購入、所持している機器だと、捜査機関が焼却炉押収前に、窃盗を成功させて、山本××が負って居る、刑事、民亊責任合わせて抹殺を成功させよう、焼却炉はワイエ×商会が所有、事件発生責任は、土地所有者の山本弘明妻が負う、ワイエ×商会は無責で逃げられる、と目論んだ、窃盗自白事件で有る。

6、事件原因焼却炉は「事業者、法人代表のみが使用を前提とした機器で、労災適用労働者が、事業の中で使用しない設定の機器であるので、この機器(400kg~2,000kg迄種類がある)機器は、製造物責任法規定は満たして居るが、労働安全衛生法の規定、労働者も使用する故、安全対策を満たした機器外となって居る、よって”この重量なのに、縦横60~80センチメートル位と、設置分が極狭で、高さは3,3m~4m超えの仕様となっており、ワイエ×商会が、この重過失傷害事件発生機器に付いて、何らかの事業用使い責任を、証拠も有り、認めている以上、転倒防止対策不可責任、労働安全衛生法違反の、重大責任を負って居るので、道労働局長に、ワイエ×商会による、労働安全対策せず、不特定多数に対して、この事業者が管理等責任を負う焼却炉が、転倒して当然の危険な事業用機器と承知で、安全対策を故意に取って居なかった事実、証拠を持った調査から求めて有る、当然だが、機器を置いてある土地所有者には、労働安全衛生法違反責任は無い」

7,甲第9号証として、原告法人と、山本弘明個人が、貸金オリックスによる、利息制限法、出資法大幅違反、物品リース偽装、実際は、暴利を乗せた違法貸金詐欺に引っ掛かり、この詐欺に気付いた事で折句須賀、札幌地裁に訴えを提起(札幌地裁平成17年(ワ)第747号、リース料請求事件判決文を出す、この詐欺リース、司法、行政、政治他暴利乗せ詐欺リースで、法曹資格者、監査法人らも勘違いして居る、詐欺リースの手法をなぞった気で、ワイエ×商会は焼却炉を所持しており、リース貸出して、リース契約解除した、よってリース機器を、機器が置いてある場所に盗みに入ってしくじった、山本弘明も共謀して、焼却炉窃盗を成功させろ等求めた訳である。

8、この判決文を、正しい法律等知識を備えて読めば分かるが”この判決文の記載は、貸金営業所の契約と、オリックス貸金との契約が二通りある”オリックスは貸金なので、電気工事士資格無し、建設業許可無し、リース貸出名目電話機器購入、所持、貸し出し証明無しで、物品リース契約は正しく成立して居るので”契約通り、貸金契約分金員を支払え”との記載判決で、物品に付いては、何も判決に書いて居ない、物品リースは詐欺故当然であるが、被告は、この詐欺リースの、錯覚している手口で、リースと言えば、証拠無しでリース機器を所持、貸し出して居る事となり、リース契約解除と言えば、言っただけの機器を窃盗して正しい、と錯覚して、窃盗に走った訳である。

9、この、オリックスの違法貸金を、物品リースと偽る金融詐欺に気付いた原告と山本は、平成17年3月撫では、経済産業省取引信用課、白田課長補佐、以後は、清水課長補佐と、オリックス他貸金を追及して、次の事実証明、証拠実例等成果を上げた。

10,なお、次に記載実例証拠と、甲第9号証判決文証拠を使い、次の電話機返還請求訴訟を、札幌地裁に対して、平成29年頃提起して、勝訴して居る、概要は「山本の知人が、彼の友人の自営業者も、貸金はNTTファイナンス、貸金違法営業事業者は、契約時コミュニケーションテレコム、その後別法人に移行を相手取り、友人から電話機の権利を買い取って、電話機返還訴訟を提起して”NTTファイナンスは、契約は電話機購入費融資契約で、NTTファイナンスも販売店も、電話機を所持してリース貸出事実は無い”と認めたので、原告に対し電話機返還せよ、との判決が出た事実も有る」

11、原告、山本弘明が、この融資詐欺事実を証明した実例、証拠の幾つか「経済産業省取引信用課、白田課長補佐、清水課長は、平成17年以降、この貸金契約は、物品リースと貸金が偽り、暴利を得て居る出資法、利息制限法違反の貸金事業、法定利息の数十倍、数百倍、数千倍の利息も得て居る、と認めて、原告らの証明実例、証拠を用いて、清水課長補佐が草稿を作成して、平成18年10月、当時経済産業大臣に就任した、二階大臣が”詐欺リースには厳正に対処する”等記者会見で発表、清水課長補佐は”自分が山本さんの資料を用いて、草稿を作成した物を、二階大臣は、意味等知らず発表しました、と答えて居た”事実も有る」

12,原告が詐欺に引っ掛かり、NTT正規代理店を呼び、見積って貰った金額は、約18万円、オリックスの詐欺貸金契約は、66万円位、この詐欺貸金利得は、オリックスによると、販売店が約6割、オリックスが約4割で分けて、契約成立後すぐ、販売店に6割位支払い、全額オリックスが、契約者から回収との事(当時は)

13、この後、日本各地の、詐欺電話機リース被害者からの、当社に対する調査等依頼が来たので、複数の調査を、有料で受けて、NTTリース、途中でNTTファイナンス、三洋電機クレジット、セゾンクレジット等相手に調査を実施、各ノンバンクは”言われる通り、電話機リースは虚偽で、ノンバンク貸金融資契約です、残りの貸出金は、全額免除します、電話機も、顧客が購入の機器なので、こちらに返却は不要です、と答えて、即時詐欺融資契約解除、電話機は顧客所有と決まって行った。

14、これ等相談者の、詐欺電話機リース契約は、機器と工事金で(小さな自営業者、法人故)20~30万円程度で、詐欺融資金額は、200~400万円位だった、相談者全員、100万~200万円を超える金額、詐欺被害を逃れられた。

15、東京都庁出身の弁護士が、日本全国の官公庁(国、地方行政機関、裁判所、検察庁、警察署、日弁連、監査法人、税理士会、行政書士会、大企業ら)相手に「ファイナンスリースは、リース貸出物品を、購入せず、所持せず、貸出せず、償却資産登録せず、償却資産税納付せずで出来る事業である、等公演して歩き、上記権力は、この法螺を信じて来た事実も有る、法螺と言うのは、14までの記載事実で証明の通りである」

16,これ等記載事実、証拠の通り、被告は東京海上日動、提携弁護士と共謀して、これだけの犯罪に手を染めており、本訴訟原因、山本××が原告に発注工事も、山本××が死後工事実施等法螺を吐き、工事代金を踏み倒しに走って居る訳であるが、本訴え工事代金は、合法に山本××から工事発注を受けて、山本××には、××死去の数日前にも電話を掛けて、18日に工事を実施、と伝えて工事を行った物であるから、即刻結審して、支払うよう判決を下すよう求める、これ以上被告らに、犯罪を重ねさせるべきでは無い。

17、なお被告は随分以前から、自宅から逃走して、時々夜半に自宅に戻り、朝に又出奔を繰り返す生活を送って居る、東京海上日動、向井諭法律事務所が求めた行為なのか?30年近く、小児糖尿病時代からインシュリン注射を続けて居て、暴飲暴食生活を重ねて居る被告で有り、大丈夫なのであろうか?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678293
ユニークアクセス:5842898
今日
ページビュー:1241
ユニークアクセス:1234
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed