エントリー

2022年11月16日の記事は以下のとおりです。

嘘だけだから

  • 2022/11/16 21:01

被疑者の息子はやはり、妻の所有地に集い、焼却炉の正しい所有権者を、合理的証拠に基づき、証明する手続きからも逃げましたね。

それはそうですよ、ワイエ×商会が、自己資金で焼却炉を購入出来る金百道合わせがありません。

嘘だけで、妻の所有地に有る焼却炉を、ワイエ×紹介の所有だと嘘だけで通そうと、裁判で言い張ったが、詐欺ですから。

嘘だけで、焼却炉の所有者も走っただけだから、焼却炉の正しい所有者証明にも、出られるわけがないと言う事。

自己情報の管理権源は、情報主体が持っている

  • 2022/11/16 20:36

損保がどう言う、内部の決め事をしていようとも、被保険者に関わる情報は、情報主体が、自己情報の管理権限を、正しく所持して居ます、憲法第十一条、個人の基本的人権保護、この憲法規定で守られて居る、個人の重要な情報ですから、当然の規定です。

いくら損保が、法曹権力と闇談合を重ねても、憲法規定から、個人の情報は、情報主体に、自己情報管理権が、最上位で備わって居ますので、損保、司法が、どんな詭弁を重ねたって、正しい他社の情報横流しだ、と、母体の惨状を、自分でも思い込みだけで、他者の情報も、自己情報も、正しく情報管理権を行使するなどに行き着けないのです。

多くの一般人は、損保、司法、警察が、ー損保が合法に、損害賠償金支払せず、被害者側の、大きな社会問題にも、気づかず自己情報違法漏洩被害も、ちゃんと憲法違反から、気づいて手を打つこともしない、この結果が、今の司法犯罪国家樹立を支援してきた、この事実が、大きな原因でしょうね。

ポーランドへの

  • 2022/11/16 20:22

今朝、ロシアのミサイルが、ポーランドに撃ち込まれたニュースが流れましたよね。

どういう経緯で、キーウ攻撃にしても、ポーランドにミサイルが撃ち込まれる事態に繋がったのか、世界大戦を誘発しようとの、世界侵略を、の国の思惑による、のでしょうか。

どんどん事態の悪化が加速して居るようです、見境が全く失われて居ますよね。

キーウ攻撃のミサイルであれば、ポーランドまで、間違って飛んで、ポーランドに落ちて、死人を出す事は、普通に考えれば、起こり得ませんが、ロシアの事です、旧ソビエト連邦の衛星国で、独裁国家支配で国民を、狂愚支配して居たポーランドに、旧ソビエト連邦の衛星国時代を思い出させる目論見で、恐怖を与えようと、で無ければ良いですが。

オリックスバッファローズ

  • 2022/11/16 06:32

オリックスバッファローズが今年、昨年日本シリーズで敗れたヤクルトに勝利して日本1になりましたよね。

オリックスは阪急時代も含めて日本シリーズで戦って敗れたままだったのはヤクルトだけでした。

オリックスは阪急時代を含めて、日本シリーズで戦った相手はジャイアンツと広島とヤクルトだけのはずです。

で、ヤクルトとは過去に一度戦ってヤクルトの疑惑のホームラン事件の時敗れて昨年も負けています。

それがようやく今年ヤクルトに勝てた訳です。

尚、オリックスと合併した近鉄バッファローズは12球団で唯一日本一になった事がありませんでした。

こういう経緯で今年の勝利は二重の意味げパリーグの2チームに取りおめでたい勝利だった訳です。

尚、同一チーム2年連続前年勝ったチームが翌年負けたのは過去に日本ハム中日戦しか無いはずです。

詐欺冤罪

  • 2022/11/16 06:25

昨年の事件では、東京海上日動が違法に詐欺冤罪を指揮して詐欺を成立させて不払いを実現に走ったのですが、詐欺の設定が完全に破綻して居たためこのままでは詐欺を成立させられなくなった訳です。

それで東京海上と提携弁護士と死去した被害者の息子が組んで民事でも示談書偽造を焼却炉所有者捏造などに走って詐欺冤罪を刑事でも成立させようと企んだのですよ。

ですが、この詐欺冤罪も事実無根の証拠を多数揃えており裁判官も嘘だと気付いた訳です。

それにより被疑者の息子は自宅から逃亡生活を続けて居ますよ。

実例

  • 2022/11/16 05:50

刑事事件も、民事事件も、司法手続きなる代物の実態は、弁護士、検事、裁判官揃って、司法が半世紀以上も前に、事実でも無い、自分達が理解出来たと思い込んだ、制度で運用されて居ます、合法に沿わせれある訳でも有りません。

ですから、被害の不当な拡大防止には、どう言う司法の間違い事件構成が有るのか、見抜く必要が有るのです。

昨年の、重過失傷害事件では、不払いを目論見、東京海上日動が捜査を指揮して、損害保険金詐欺冤罪を捏造に暴走して居る、これが根本の、司法、警察のテロ事実でした。

当然ですが、事実無根の詐欺冤罪ですから、反撃の武器を多數持って居るけれど、あいては損保が、違法に捜査を指揮して居る、東京海上日動と、警察、検事ですからね、捜査機関の担当が、間違いを理解出来なければ、冤罪被害を防止出来ないのですよ。

何しろ、損保が指揮する、損害保険詐欺冤罪は、捜査官が、事実証拠を検証せず、損保が言う通り、詐欺冤罪を成立させる不文律、が、実際の損保が指揮、損害保険金詐欺冤罪成立、の仕組みなのですから。

この、東京海上日動が、違法な詐欺冤罪捜査事件も、民事で詐欺をでっち上げる手も組み合わされて居て、民事で詐欺が認められた、詐欺が成立した、こう言う詐欺冤罪で仕組まれて居た、定番通りの、詐欺冤罪でっち上げの手法です。

調査の

  • 2022/11/16 05:36

刑事も民事も、事実が何処にあるか、本質を見抜けなければ、見当違いの事件を捏造されて、被害者は、更なる不当被害に落とされる訳です。

ですから、被害の更なる拡大をできるだけ防止したければ被害者自身がまず何処が不当なのかある程度理解してまともな人間を味方につけ正しい事実を証明して裁判官が理解出来る法を備えた理論構成説明を文書でも口頭でも果たす事が必要です。

正し、多くの場合裁判官も弁護士も刑事事件なら検事もいつも事実によらない司法の制度で事件を決めて判決まで持っていって居ますので国家資格者や行政機関の証明事実が法により正しいとの答えも揃えて証拠で出せれば合法な結果に繋げられる可能性が高くなりますよ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678291
ユニークアクセス:5842896
今日
ページビュー:1239
ユニークアクセス:1232
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed