エントリー

2022年11月23日の記事は以下のとおりです。

雇用保険金詐欺も直接支援、東京海上日動と提携弁護士、警察

  • 2022/11/23 17:46

ワイエ×商会社長、社長の地位を隠して、何度も労働者と偽装して、雇用もされて、雇用保険も掛けさせて、雇用保険詐欺も行って居るこいつを、東海、提携弁護士、警察が、犯罪行為者と承知で、身を隠させても居ます。

雇用保険金詐欺一件が、私の手で表に出されて、北公共職業安定所から、詐欺の嫌疑で告発願う、と求められて、詐欺の嫌疑で告発実行、で、昨日までに更に、ワイエ×商会社長が、社長の身分を隠して、他の事業所で雇用されて、雇用保険も掛けさせて、仕事を辞めて今は、詐欺で雇用保険受給生活((´∀`*))ヶラヶラ東海、提携弁護士、警察が身柄を隠させてもくれて、公的資金詐取も免責と、身柄秘匿させて、詐欺続行支援も、ですからねえ。

遂にここまで、損保が指揮、警察、司法共謀テロ犯罪が、公に成功させられている国家に、司法が渇望して来た国家制度が、大きく樹立実例が出来たようで。

今後もワイエ×商会社長は、東海、提携弁護士、警察他の共謀手助け支援も受けながら、雇用保険金も詐取し続けられて、犯罪国家日本は、とっくに樹立させられて居る現実を、国民もキチンと、事実によって理解して、色々損保指揮、警察、司法、法務省他共謀極悪犯罪!事例毎に出来る限り、どう言う手口の司法犯罪で、犯罪者を強制生み出しさせて有る、この司法人権テロ、個人の財産所有の権利蹂躙も目論んで有り、が程度問題で。

ワイエ×商会、被疑者の息子が住む家と妻の所有地は今、交番で定期的に巡回して居る、との事です、こいつはとっくに、東京海上日動、提携弁護士、警察の指揮で、逃亡生活を怒って居るから、交番の警察官も”ワイエ×商会社長は、ほぼ自宅に居ないですね”と、巡回を重ねて居る上で、答えて居ます。

時間を稼いでおいて、私を陥れるか、暴力に走り、消そうと?等幾つかの、損保、司法他合体状態でのテロ実行が?いよいよ追い詰められてしまったから、テロ攻撃も当然、犯罪者の心理だから。

公的資金詐欺で得た利得

  • 2022/11/23 17:30

父親と息子、共に公的資金詐欺に手を染めて、巨額の詐欺資金を手にしたと、この親子、何なのでしょうね?雇用保険金詐欺、就職支援の職業訓練事業資金詐取、東京海上日動、提携弁護士と共謀で、自家用自動車保険金詐欺も、まあこの、自家用自動車保険金詐欺は、東京海上日動、警察、司法が公に共謀の、自家用自動車保険違法適用と、損害保険金詐欺冤罪捏造だから、犯罪だけど、犯罪とされない訳で。

損保が指揮、警察、司法、金融庁共謀犯罪、法務省も共謀の定番犯罪の一種、だから、犯罪が公にばれているが、犯罪責任から負わず、逃がされる事に決めて有るんです。

で、この詐欺免罪と、損害保険金詐欺冤罪でっち上げ、強制詐欺冤罪突き落とし、が成功の筈だったのだけど、被疑者と息子が、公的資金詐欺”も”複数手掛けて居るともばれて、事態が収拾不能に陥って居ると、司法、警察テロで、犯罪正当化を通して、冤罪粛清を成功させられる予定が、大きく狂ってしまって居ます。

当然ですが、ここまで、これ等の公権力ぐるみの巨大犯罪複数を、公に表に出されて居れば、犯罪適法判決、刑事、民亊とも訴訟詐欺が最終的武器、で逃げ切れる保証が無くなって、被疑者の息子を、損保、提携弁護士(警察も?)逃亡させて居る事も、拙くなっており、犯罪者連中は、責任逃れに必死に陥っている現実と。

犯罪で公的資金詐取、に成功した、数回この犯罪収益を得た、今も得続けている、この一連の、公的資金犯罪収益額は、一千万円とかに上るのでは?

北税務署は、この犯罪収益、公的資金詐取で得た収益に関して、徴税するのでしょうか?普通に合法受領で有れば、無税の公的資金給付金ですが、公的資金詐欺で得て来て居る収益です、無税で逃がされるなら、万人が同じ公的資金詐欺を手掛けて当然、になる筈です。

確かに、自分で人を雇わなければ、自分が社長とばれない訳だ

  • 2022/11/23 10:41

山本昌x、自分は社長だけれど、幽霊法人状態で、人を雇用しても居ないから、他の事業所に就職して、雇用保険、組合健康保険、社会保険、労災保険を掛けて貰って、障碍者枠の雇用であれば、雇用先事業所も、国から障碍者雇用の補助金を貰って、互いに美味しくやれて来た訳だ。

で、こいつは、一定期間経過する度、退職して、雇用保険を受給して来れたと、詐欺だけどバレず来たんですね。

更に、社長の身分を隠して、就職支援、職業訓練事業も詐欺目的で使い、専門学校に、労働者と偽って就学して、国からお金を貰っても来た訳です。

一体この親子、幾つの犯罪に手を染めて来ているんだ?東京海上日動自家用自動車保険詐欺、全労災国民共済、火災共済金詐欺?詐欺だけで一体、雇用保険金詐欺、就職支援国の事業支給金詐欺複数を合わせて、一体この詐欺だけで、親子で何件手を染めて来て、幾ら詐取したんだ?

こう言う親子だった訳ですね、息子の屑さは、父親の兄姉も子供も、私も妹も知って居るけれど、父親の屑さは知らなかった、ですからねえ(;´Д`)

こいつら親子、私を悪利用しようと?としか思えないですね、とんでもなさ過ぎる親子だ、いいだけ私に世話になって居ながら、ここまで非道で極悪行為に手を染め捲って来た事実は、悪利用だけしか考えて居なかった証左でしょうね。

深入りを避けて来た事が、身を護れた理由でしょうね、危なかった本当に、こいつら親子と深く関わって、事業等して居たのであれば、巻き添えで犯罪者にされたでしょう。

あれだけくどく、法を犯す事業は駄目、と言い続けたけれど、根本の人間性が全く違って居て、犯罪で利益を得て当たり前の親子だった、訳でしょうからねえ。

犯罪ラッシュ!

  • 2022/11/23 09:33

@山本昌城は、社長の身分を隠して、何年間も、今も、他の事業所に雇用されて正規雇用されて(障碍者枠の可能性もあり、事業所も詐欺?)退職して雇用保険金詐欺を働いており、就職支援、専門学校に通うと国からお金を貰える、国の事業詐欺も手掛けて居ます、他

                                 令和4年11月23日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美検事
FAX011-222-7357
鈴木信弘道警本部長、生活経済岡田警部補、各捜査課
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林,刑事三課盗犯枡谷警部補
札幌東労働基準監督署署長、久米労安課長
TEL011-894-2816,FAX011-894-1941
札幌北公共職業安定所、相原雇用保険給付調査官
TEL011-743-8609
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
斎藤健法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村犯罪指揮専門官
FAX03-5253-1638
金融庁保険課、損保係三浦課長、北原担当他
FAX03-3506-6699 損保犯罪指揮元締目、公金詐欺も
FAX011-218-5182 札幌市国保企画課
FAX011-218-5105 環境局清水部長
FAX011-271-7379 東京海上日動社長、市からの請求は
FAX03-3349-1875 損保ジャパン社長
FAX011-271-0003 三井住友社長
FAX011-210-5592 道新報道センター記者
FAX011-221-4139 共同通信社記者

1、記載文二部の通り、山本昌城は、複数の公的資金詐欺、損害保険、共済保険金詐欺他も重ねているので、告発もして有ります。                            

犯罪追加

  • 2022/11/23 07:10

事件番号 札幌地方裁判所令和4年(ワ)第1832号
損害賠償請求事件

原告 山本弘明
被告 山本昌城

                                 令和4年11月23日

札幌地方裁判所 民亊第1部2係、内海書記官 御中
TEL011-290-2330
FAX011-281-7747

原告 山本弘明

             原告準備書面 第二十一回

1,昨日原告は、札幌北税務署に出向き、被告らの法破り事実に関する、必要情報提供を行って居た所、原告の妹から電話が来て、新たな被告による、詐欺等事実の証言も得た。

2、原告の妹、山本繁樹の死去後、葬儀の段取りも放り出して、山本繁樹の遺産預金等を窃盗等に走って居た被告は「多分5月19日の筈だが”午後3時を過ぎて葬儀場に戻って来たので、繁樹の兄姉が、葬儀の段取りもせず、何処に行っていたのか?”聞いた所、被告は次の答えを発した、との事である」

被告の答えー自分は少し前まで、雇用保険等を掛けて貰い、雇用されていたが、繁樹が危なくなったので勤務先を退職した、必要書類が元雇用先から出たので、職業安定所に、雇用保険受給手続きに行って居た。

3、被告は、原告が取り寄せ、甲第18号証で証拠提出もして有る、登記事項要約書の記載の通り、ワイエス商会(株)なる法人の代表取締役を、平成28年5月10日より務めており、労働者の身分で雇用されられる訳が無い、被告は自分でも、ワイエス商会(株)の代表取締役で有る事も、訴訟に置いても認めている事実も有る通り、つまり被告は「代表取締役の身分を隠して、労働者と偽装して雇用されて、雇用保険、組合健康保険、年金を掛けて居て、雇用保険金詐欺にも手を染めて居る、と言う事である」

4、思い返せば、山本繁樹は原告に「山本昌城は、大学を卒業してから、親の金で3回、専門学校に通い、その後は「厚生労働省の就職支援事業、専門学校に通うと、生徒も国から、雇用保険と同額のお金が貰える、国の事業も数度利用(6カ月~の期間、国のお金を貰って、と話して居た)しても居た事実を思い出したが、被告は今34歳位、ワイエス商会代表取締役就任は、平成28年3月、親の金で三回、専門学校(公務員を目指す人用のらしい)に通い、その後数度、就職支援事業を利用して、専門学校に通い、国から補助金を受け続けても来て居る訳で、公的資金詐欺は、こっちでも働いて来た可能性が高い」

5、被告は5歳位から、糖尿病を患い、インシュリン投与を続けて居る事を鑑みると「被告は平成28年位から、代表取締役の身分を隠して、正規労働者で雇用されては、離職を重ねて、国の就職支援事業と、雇用保険金受給を重ねている、正規雇用は、障碍者枠で雇用されて居て、雇用先事業所も、代表取締役である被告なのに、只の労働者と偽り、就職先も、違法に正規労働者雇用して、障碍者雇用による補助金を受けて居る可能性もある」

6、被告は葬儀の折、葬儀業者への支払いを、叔父にカードを借りて支払ったとの事で、自分は一円も、葬儀に係るお金を出さなかったし、葬儀にも、碌に参加しなかったとの事である、又被告は「始めは原告妹、叔父二名、伯母一名に”父はこの通り、預金が500万円と1,000万円、生命保険で1,000万円以上、後は土地と家しか残さなかった、うちは金が無いので、等言って、葬儀関係費用は、一円も出さなかったとの事である、この後被告は、叔父二名が居ない時、原告妹と、伯母に別の預金通帳を見せて”父は他に、投資用資金として、この通り1,800万円を遺した”と自慢して居た、との事である」

7、叔父伯母は被告に「葬儀中の段階で、何故お前は、父の預金通帳等を持ってるんだ?」と問うた所被告はあせって「父が死去する二日前、5月16日に、人事不省に陥って居て、人工呼吸器を装着している父が、急に意識を取り戻して、主治医と自分を呼び”パソコンを持って来させて、パソコンを開き、自分に対して、これだけの預金を遺して有る、通帳はここ等教えて呉れた”と答えた、との事である」

8,だが妹は、この被告の答えに大いに疑義を抱いた(原告も同じ)妹が疑問を抱いた理由は「山本繁樹は、死去の4日前に、それなりに元気になり、原告妹と、原告とも電話で話したが、この後急激に病状が悪化して、人工呼吸器を装着して、二度と意識を取り戻す事が無かったと、原告にも妹にも、被告は話して居た事実が有る事で先ず、被告の話は虚偽と思えたし」

9,山本繁樹は、被告から数度それなりの金額を盗まれた事が有る、との事で、原告に預金通帳等を見せてくれた時も、全てと思える預金通帳(ざっと見せて呉れた金額で、6,000万円以上の預金額)有価証券(数千万円と言って居た)印鑑、キャッシュカードを、一つのバッグに入れて常時持ち歩いて居た事実が有るし、山本繁樹は入院した後、原告妹を病院に呼び”息子が知らない預金通帳なので、見つからないよう預かって欲しい”と、原告妹に、預金通帳を託しても居たので、被告の言い草は嘘だと、妹も察した、との事であった、原告も妹も知って居るが、山本繁樹は息子を、特に金の面では、全く信用して居なかったので、死去前と自分で察して(普通、自分はすぐ死ぬ等、元気になった折思わない)息子に自分が持って居る財産、お金を教える筈が無い、盗まれる事が確かなのに。

10、恐らく被告は、父がもう助からない事を、被告が原告に言った言葉だと「死ぬ三日前にはもう、繁樹は助からないと知って居た、意識も戻らなかったし、等原告に話して居た事も鑑みれば、繁樹が死去した週の月曜日には、繁樹は死ぬと確信して居て、繁樹の預金等を探し出して、預金窃盗に動いたと思われる」

11、又被告は、山本繁樹が加入して居た、全労災国民共済火災共済から、繁樹が死後、繁樹死去を隠して、雪害による共済金詐取を働いた可能性もある、理由は「原告経営法人が、繁樹死去日の午前から昼12時半頃まで(死去は午後3時過ぎとの事)繁樹が発注した工事、葡萄、小桑棚が、大雪で倒壊したので、先ず撤去工事を実施して居た事実があり、この撤去工事が終わる頃、自宅に戻ってきた被告は、原告に”全労済火災共済請求書を見せて、自分がこれから、写真を添えて共済金請求する、全労災は、工事見積書は不要で、被害者審で支払う、と言うから、これから自分が請求する”と告げた事実が有るからである、原告はこの時も、繁樹が危ない事等、一切聞いて居なかったので、繁樹が署名押印して、請求すると思って居たが、繁樹死後であれば、詐欺請求で有る訳であるので、警察、検察、被告らに、繁樹を騙って共済金請求、受領は詐欺等、書面で使えて有る」

12、この共済は「組合員番号037078852(AC)K314(TEL0120-131-459)で有り、原告は繁樹が死後、被告が繁樹を騙り(契約者死去後に、雪害被害が原因の、共済金請求を、相続人が、死去した契約者を騙り、請求は不可能、この事故の請求権は消滅)違法に共済金請求を行い、共済金詐欺も働いた強い可能性が有ると見た原告は、全労災国民共済に対し、山本繁樹死去を隠しての、被告による、共済金詐欺行為の調査等を伝えた」

13、これ等の証言等を加えて原告は「北税務署、東労基(焼却炉問題と合わせて、被告の雇用保険締結調査、代表取締役の被告に、労災保険も掛けられない事の確認と、職安への、雇用保険詐欺疑惑通報も兼ねさせて)札幌方面東警察署刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林警部補へ、電話で通報した」

14、被告は、今まで出た犯罪行為に加えて、更にこれらの詐欺行為等の疑義が出た訳である、これだけの数の犯罪事実、疑義を抱えて居る被告を、東京海上日動と提携弁護士等は、被告と組み、被告の悪行隠蔽工作、原告を冤罪に落とす悪だくみも含めて手を組んで居て、被告を逃亡させても居る訳である、詐欺だけで、自家用自動車保険詐欺、火災共済詐欺、雇用保険金詐欺、国の就職支援事業資金詐欺数件が出て来て居る訳であるし、示談書偽造告訴と、金銭違法請求との虚偽告訴、原告を、東京海上日動自家用自動車保険金詐欺冤罪犯に落とすべく、の犯罪他が、表に出されて居る訳である。

15、焼却炉の管理責任者問題だが、中央労基山本、東労基久米労働安全衛生課長と、道労働局石村安全課専門官は「労働安全衛生法は、法律の記載が無い通り?労働者の労働安全のみに適用されるので有り、事業遂行時の安全対策、事業者等の事故発生後の責任は、労働者以外に及ばない」との、民主主義から否定した答えを発した事で、この連中では話にならないと原告は重い、元厚生労働省のエリート役人で、改正労働基準法の素案を策定して、国会で通した実績があり、大臣答弁作成や、労働法問題に付いての、厚生労働省を代表しての答弁等を担って来て、家族の意向でエリートの立場を降りて、北海道労働局に移り、現在賃金室在籍の、龍瀧専門官の協力を仰ぎ「労働安全衛生法の理念は、事業実施に当たり、憲法第11,29条から正しく守り、労働者を含む不特定多数の人、工事関係と、それ以外の不特定多数の他者の建物、器物、公共施設等への安全配慮を、事業遂行に際して正しく取る事、これが労働安全衛生法の理念で有り、労働安全衛生法は、労働者のみの安全を図る法律との、上記職員の解釈は、根本から誤り、との答えを発して頂いて、龍瀧専門官と、厚生労働省安全部に、確認を取る事と伝えて、了解を得て有る」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678378
ユニークアクセス:5842983
今日
ページビュー:1326
ユニークアクセス:1319
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed