エントリー

2022年11月25日の記事は以下のとおりです。

損保の捜査指揮下で、違法を重ねた事件扱いの結果、犯人隠避他犯罪行為を

  • 2022/11/25 16:00

ワイエx商会社長の山本昌x、従兄の息子を、東京海上日動、提携弁護士に捜査指揮されている警察は、数か月に渡り、東海、提携弁護士共々、身を隠させて居る、伝えて有る通りです。

こいつの行方を、北税務署が探して居ますが、私に行方を問われたが、知る訳が有りません、何しろ「東京海上日動、提携弁護士、警察が結託して?蜜に連絡を取って居るこいつを、逃がして、隠して居る状況では、私如きが行方を知る訳が有りません」

北税務署とすれば、相続税を初めとして、合法な税務申告等、この状況で有り、逃げ続けている現実だから、こいつらは行う、行わせる訳も、と、更に「詐欺行為で金を得ても居る、事実が次々表に出されて居るんだから、こいつの身柄を、と思って当然ですが」

東海、提携弁護士、警察とすれば、逃がして、身を隠させている理由が有る訳で、税務署、今後は職業安定所、厚生年金、組合健康保険事業からも、違法行為を持って、調べを受けるだろうから、を理由ともさせて、逃がして居る訳だから、こいつを行政機関にも、押さえさせる訳に行かないんでしょう?

ここまで東京海上日動、提携弁護士、警察が、犯罪者と共謀して、犯罪を重ねさせて来て居る事実も含めて暴かれて、証明されてしまって居るのだから、身を隠させて置かなければ、自分達の共謀犯罪も含めて、自白されてしまう羽目に!?

ただでさえ、示談書は偽造だ、偽造示談書で金を脅し取られそうになって居る、等と虚偽告訴提起、自家用自動車保険、違法適用、東京海上日動、提携弁護士が頭を張った詐欺、も暴かれてしまって居る、親子、息子が社長の法人が結託して、死去した被疑者と共謀して、雇用保険金詐欺実行もばれている現状ですから。

こいつを表に出せば、東海、提携弁護士、警察等が、こいつに何を指示したか等も含めて自白される訳です、ですから、自分達の悪行を隠させて、責任転嫁をどうにかして、が逃げる道ですから、身を隠させるのが最善?行政相手の犯罪が暴かれて、行政から追及を受ける事も、身を隠させて阻止!法で律せられる近代法治国家等大嘘、の実例証拠の一端です。

犯人を逃がし続けて、証拠隠滅、冤罪で犯罪事実抹殺も、司法、警察が、損保の指揮下で

  • 2022/11/25 10:04

ワイエx商会、代表取締役山本昌xある意味「法で律せられている日本国、この大嘘を、実例証拠をどんどん揃えて、嘘だと公式証明を重ねている、法治国家日本は虚偽、権力犯罪国家日本が実際と、公式実例、証拠により、世の中に広く知悉させて居る、ある意味の革命者では?」

何しろ「手を汚して来て居る刑法適用犯罪行為、幾つ、表に出されて居るのでしょうか?損保、提携弁護士、捜査機関が共謀して、こいつを逃亡させ続けて居て、証拠潰しも重ねて通して居る、狂い切った権力ぐるみのテロ実行ですからね」

妻の所有地から、重過失傷害事件原因の、高温焼却炉を”先ず間違い無く、損保が手配した?運送業者当たり?”下請けの泥棒が、この機器を盗みに来たが、立ち入り禁止の掲示は有るし、周りが囲われているし、窃盗は難しいと、恐らく損保仮定形弁護士に連絡を?

この、窃盗未遂報告で逆上に走った、損保、提携弁護士、捜査員は「原告も一緒に、泥棒に手を染めて、焼却炉窃盗を成功させろ!と要求が出た事実まで生み出して居ます」

残る逃げ道が、焼却炉を「ワイエx商会の焼却炉だと言ったから正しい事実だ、ワイエx商会が、妻所有地に有る焼却炉を、自社の所有機器として盗みに成功した、よって事件原因焼却炉は、ワイエx商会が所有の機器と正しく証明が果たされた、当事者間示談書は、よって偽造だ!」

こう、犯罪者連中の間だけで正しい事と偽れる、憲法第29条、個人の財産所有権破壊!を成功させる予定だった?

泥棒にまで走り、裁判に出した書面にも「妻所有地に(多分、損保下請け運送屋が)泥棒に行ったが、立ち入り禁止の掲示が有るので窃盗が出来ない、原告も共に、この窃盗に与しろ!と言った記載を、被告、損保、提携弁護士は出して居ます」東署刑事一課強行犯警部補も”お前が立ち入り禁止の掲示を掲げたのが悪いんだ、立ち入り禁止の掲示をせず、泥棒に手を貸して成功させろ!等、電話、警察署内等で脅された等”常軌の逸し方がとっくに、通常の常識の範疇を、ジェット戦闘機が取れる高度位に発展して居ます。

大規模で公の、犯罪者を逃がして証拠隠滅等も、損保、弁護士、捜査機関がこれ等も加担

  • 2022/11/25 09:47

従兄弟の息子、ワイエx商会社長の身分を隠して、他の事業所に、只の労働者と偽り、正規雇用されて、定期的に退職、雇用保険詐欺、厚生労働省の、労働者の就職支援、職業訓練事業も違法利用して、公金詐欺も。

労働者と偽り、雇用された事業所に半額負担させて、雇用保険、労災保険、組合健保、厚生年金に違法加入も重ねて来て居て、当然ですが、組合健保も不正使用、詐欺給付を重ねさせても居る訳です。

厚生年金加入も違法ですしね、こいつは法人代表者、自分が社長の法人で、自分の厚生年金、組合健保加入と、自分とワイエx商会が半額ずつ、保険料を負担して加入が鉄則なのに、労働者と偽り、複数の他の事業所を騙して(承知で違法加入、公金詐欺なら、違法加入させた事業所も同罪)、これ等保険加入金を、半額騙した事業所に負担させて来ている詐欺も働いて来ているし、雇用保険詐欺、職業訓練受講を労働者偽装で受講、公金支給を受けた詐欺も。

当然ですが、組合健保も違法加入だから、過去に組合健保から支給させた、医療費7割も詐取金です。

良くもまあ、ここまでの公的事業を騙した犯罪も、重ねて来て居る物ですし、今も雇用保険金詐欺中で、組合健保違法使用、健康保険医療費詐欺も継続して通って居ます。

東海、提携弁護士、警察、検察庁らが「公然と、これ等他、被告の犯罪に与して、犯罪を隠蔽、身柄隠し等にも手を染めて居て、逃亡を手助け、証拠隠滅も自由に、共犯処では。

前代未聞の犯罪が、現在進行形で繰り広げられて、通されて居ます、自分で親戚等に、こいつは言い触らして居ます「父が死ぬと分かったので、死去前に勤務先を退職して、死んだ翌日、雇用保険給付手続きをした、今度は長く、雇用保険を貰える等自白して居ますしね」

こいつの親も、前からこいつの自慢と同様の話「社長なのに、他の事業所に雇用されて、辞めては職業訓練受講で支援金?詐取と、雇用保険不正受給を重ねているって、話して居た事が繋がって居ます」

この規模の犯罪だったと

  • 2022/11/25 07:53

@昨年3月29日、従兄が購入管理焼却炉が倒れて、私が下敷きになって重傷を負った事から始まった、従兄が加入、東京海上日動自家用自動車保険への、私による詐欺請求でっち上げ、東京海上日動、提携弁護士、従兄の息子、捜査機関が共謀の冤罪捏造事件は、息子が主の犯罪多数も洗い出して訴えを提起、昨日の訴え等伝達、損保等による、損害保険金詐欺冤罪創出実例の一つの発展

                                 令和4年11月25日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美検事
FAX011-222-7357
鈴木信弘道警本部長、生活経済岡田警部補、各捜査課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部、示談書偽造捜査は?
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補
TEL011-704-0110 刑法事犯は、二十位から捜査と?
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
道労働局長、執行役員も労働者であり、労災、雇用保険受給可実例
FAX011-756-0056 中央労基労災診査佐藤が断言事実
札幌東労働基準監督署、久米労安課長、山本昌城は、執行役員で労働者
FAX011-894-1941 労働者の身分の昌城に、労安法適用
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
斎藤健法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 損保、提携弁護士の尽力詐欺も適法
金融庁保険課、損保係三浦課長、北原担当、損保は詐欺適法化も弁護士と
FAX03-3506-6699
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村詐欺指揮専門官
FAX03-5253-1638
FAX011-218-5182 札幌市国保企画課求償担当
FAX011-218-5105環境局清水部長、執行役員も労働者実例
FAX011-271-7379 東京海上日動社長、詐欺冤罪告訴他
FAX03-3349-1875 損保ジャパン社長、詐欺合法も事業
FAX011-271-0003 三井住友社長 
FAX011-210-5592 道新報道センター記者
FAX011-221-4139 共同通信社記者

1,会社の執行役員の身分を隠して、他事業者に労働者偽装で雇用されて、雇用保険、労災、組合健保、厚生年金不正加入、雇用保険詐欺、組合健保詐欺実行事件、昨日の手続き報告。                        

次々犯罪が現出

  • 2022/11/25 06:47

事件番号 札幌地方裁判所令和4年(ワ)第1932号
損害賠償請求事件

原告 山本弘明
被告 山本××

                                 令和4年11月25日

札幌地方裁判所 民亊第1部2係 内海書記官御中
TEL011-290-2330
FAX011-281-7747

原告 山本弘明

            原告準備書面 第二十二回

1、原告は、被告による、新たに出て来た公的事業、公的資金に係る犯罪事実を知り、次の手を追加で打った。

(1)札幌北公共職業安定所に対しては、被告による、今も行っているとの情報も出ている、被告はワイエ×商会(株)代表取締役であるのに、この身分を隠して、他の事業所に数度?只の労働者と偽り、雇用保険、労災保険、組合健康保険、厚生年金を、雇用先事業者が費用を半額負担して、違法にこれらに被告を、雇用した労働者と偽って加入させて居て、父が死去の前、違法雇用されて居た事業所を退職しており、父が死去の翌日、北公共職業安定所に、恐らく数度目の、労働者が離職して、雇用保険請求手続きを取ったと偽装しての、雇用保険請求を行い、多分既に、雇用保険金詐取を成功させている模様、被告がワイエ×商会(株)代表取締役に就任した、平成28年3月10日以降の、被告による、労働者と偽り、他事業所に雇用され、雇用保険も掛けて貰い、退職して、雇用保険詐欺を働いた恐れに付いて、雇用先事業所の洗い出し共々、早急に調査、告発等を求めて有る。

(2)組合健保札幌支部に対しても、被告はワイエ×商会(株)代表取締役であり、自分が去長を務める法人として、被告に対して、厚生年金、組合健保に、事業者と被告が、費用を半額ずつ負担して、被告を組合健保、厚生年金に加入としなければならないのに、被告は只の労働者と偽り、恐らく5~6年に渡り、他の事業所に数度、労働者と偽って雇用されて、偽りの労働者の身分で、雇用先事業所と被告が5割ずつ、組合健保保険料と、厚生年金保険料を納めて来ており、今は退職して、組合健保の使用期限を延長する手続きを取り、健康保険詐欺も働いている模様、早急な虚偽雇用事業所複数の洗い出しと、厚生年金、組合健保違法加入、健康保険不正使用事実を証明して、事実ならまず、組合健保使用停止措置等を取り、それから過去の違法行為に付いて、対策を講じて欲しい、と訴えて有る。

(3)組合健保は”年金事務所に対して、雇用先事業所が、厚生年金、組合健保への、雇用した労働者の加入手続きを取るので、組合健保に資料を送ってくれれば、年金事務所に渡して、雇用先事業所の洗い出し等”から先ず行い、手を打って行きます、との答えを得て、資料を送った。

2、北公共職業安定所、組合健保、労働局らは”この犯罪行為では、労働者と騙されて雇用した、恐らく複数の事業所は、雇用保険料、労災保険料、組合健保保険料、厚生年金保険料それぞれに付いて、半額事業所が負担して居るので、これ等の事業所負担金も、被告が詐欺を働いた事になる”と認めている。

3,被告はワイエ×商会(株)の代表取締役だから、雇用保険と労災保険は不適用で有るし、組合健保と厚生年金は、ワイエ×商会が、被告に付いて、事業所と被告が保険料を半額ずつ負担して、厚生年金、組合健保に加入としなければならないので、被告の、労働者と偽り、他事業所に雇用されて、厚生年金、組合健保にかにゅさせた行為は、全て違法手続きによる違法加入で無効である。

4,被告は糖尿病を、30年近く患っており、インシュリン投与等治療も重ねているので、平成28年3月10日以降に、労働者と偽り、他事業所に雇用されて、違法に組合健保に加入して、定期的に退職して、雇用保険金詐取と、雇用促進職業訓練事業を利用して、支援金詐取を働く間は、組合健保延長手続きを取り、組合健保を詐欺で使って居る間の、組合健保からの医療費7割負担等に付いても、健康保険詐欺となるので、健康保険不正使用、医療費詐取金に付いても、ワイエ×商会加入と、過去数年分手続変更が出来るか?と、自由診療扱いが正しい故、詐取分の医療費を、被告は組合健保に返却等が必要、組合健保が回収出来る時効期間は短いので、詐欺の時効までの期間との間の、健康保険不正使用による、医療費詐取分は、詐欺罪が適用されて、刑法第19、ないし20条も適用対象となり、国が強制没収か、犯罪収益への課税扱いが考えられる、との事である。

5、当然だが、被告を労働者と偽って雇用して、上記公的事業に違法加入させて、雇用保険金詐欺、組合健保からは、医療費7割分詐欺支払いさせて来ている事業所らにも、これら事業と、捜査機関から、厳しい調査、捜査が入る筈であるし、これ等事業所は、被告に対して、詐取された保険料の返還を求める、詐欺で訴える手続き実施も考えられる。

6、法に正しく従わされれば、被告は今後、被相続人父、山本××が遺した遺産資金、遺産不動産に付いて、原告に係る、被相続人が負って居る損害賠償金支払い債務の扱いと、相続税徴収の扱いを、正しい遺産資金を洗い出して、合法な債務金支払い、相続税徴収実施が必須であるし、又、被告の私有資金、被相続人が生前贈与している資金等と、被相続人が被告に残した、数千万円らしい保険金も含めた、被告の私有資金と分けて、被告が詐取等した資金の扱いと、徴税投資金、被告の犯行による、返却、徴税資金を果たす事となる訳である。

7,被告は、恐らく今年8月中旬位から、損保、弁護士、警察も承知の上で、5~7日ずつ家から逃げ続けて居て、定期的に深夜帰宅、朝出奔を繰り返して居る、被告準備書面の記載にも有る事実で、原告も、札苗交番警察官等(原告が、被告らによる、妻所有地からの窃盗未遂自供を受けて、妻所有地と、被告自宅への、定期巡回を求めて有る)にも立ち寄り、被告は長期間、自宅から逃亡している事実確認も行って有るが、既に10件単位の刑法適用犯罪が表に出て居る被告であるのに、犯人隠避、証拠隠滅等の共犯に該当しないのであろうか?

8、念の為記載する(次の冤罪防止目的)原告が、被告はワイエ×商会(株)代表取締役に、平成28年3月10日に就任している事実は、今年7月頃、法務局からワイエ×商会株式会社の登記事項証明書を取り、正しく知ったのであり、これ以前には、被告がワイ××商会(株)代表取締役である事実確認は、一切行って居ない、東京海上日動自家用自動車保険、被告父が加入のこの損害保険への、虚偽による、被告も書面で捏造主張をして居る、原告による詐欺目的請求冤罪告訴、原告らによるらしい?当事者間示談書偽造冤罪告訴、原告が被告から、偽造示談書で金を脅し取ろうとしているとの虚偽告訴、示談金支払いと偽り、実は金を貸し借りしたのが事実で、原告が東京海上日動に対し、被告実父加入、自家用自動車保険異詐欺請求したとの、虚偽の主張と訴え、捜査機関に被疑者と原告から、これ等の虚偽告訴、主張等は虚偽と、証拠も出されて居ながら、被告と共謀者は、犯罪責任を逃れさせられて居る事実が有り、次の冤罪も降ってくる危険が大きいと、原告は考えて居る、但し”複数の公的機関が、原告の被告らの犯罪洗い出し、証明、訴えを受けて”事実調査等に動き出しており、被告を逃亡させて、証拠等を隠す等も含めて認めず、合法に沿った公式な動きが次々出るであろうから、以前よりは、原告が冤罪に落とされる恐れは減じたと思われるが?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6678375
ユニークアクセス:5842980
今日
ページビュー:1323
ユニークアクセス:1316
昨日
ページビュー:948
ユニークアクセス:938

Feed