エントリー

2022年12月の記事は以下のとおりです。

損保、提携弁護士が詐欺と訴え、自白を取って投獄、事実は無し

  • 2022/12/31 09:13

損保、提携弁護士が、詐欺だと告訴、警察、司法が、詐欺だと合法根拠も分からない強みで、損保、提携弁護士が詐欺だと告訴、良し、詐欺と確定だ!自白を取れば、有罪、投獄コースだ!((´∀`))ケラケラ

この手口、1969年から、赤本診断、賠償論!これを絶対の、人身交通事故診断、賠償論だ!との、人権テロ、個人の財産権テロで、強制でっち上げしただけ、の代物を。

被害患者の主治医を、賄賂、酒色等で抱き込む、言い掛かり不払い、自賠責保険金詐欺冤罪で、不法に潰すを組み合わせて「司法ぐるみの犯罪マニュアルも、犯罪の手口の詳細記載マニュアルも作り、東京地裁書店でも販売して、法曹資格者、検察庁、裁判所刑事、民亊マニュアルで統一、犯罪方法も含めて統一させて」

被害者の主治医にも「犯罪診断だけしか付ける事を認めず、捜査機関、自賠責犯罪診断、決定用に、偽造診断のみ付けさせる、統一犯罪も成功させて有るので、損保、提携弁護士が、犯罪マニュアルで警察、司法、医師等を指揮して、常時犯罪診断、犯罪賠償のみ成功させられているし」

犯罪診断が常ですから、人的加害者は、刑事、民事責任を、犯罪によって不法軽減、抹殺成功の恩恵を受けられて居ます、これで近代法治国家の、刑事訴訟法手続きと、不法判決、決定なのです。

そして「損保、提携弁護士がでっち上げただけの、損害保険金詐欺冤罪でっち上げで告訴、でっち上げ、出鱈目な詐欺冤罪告訴ですが”警察、検事、刑事担当裁判官”も、損保職員、提携弁護士以下の無知さだから”損保、提携弁護士が言うから詐欺だ!被疑者は詐欺犯だ、自白させて有罪決定だ!」

これで常時、詐欺冤罪も成立させて通して居ます、損保、提携弁護士が、ここまでの極悪犯罪を手掛けられて、警察、司法、医師、行政を、テロ犯罪で指揮して通されている、近代法治国家等法螺、の現実の証拠の山なのです。

人身傷害特約も、日常生活賠償特約も、正しい適用とは、これを実例、証拠も作り、損保職員にも理解させて、正しく適用、稼働させたのも、私ですからね「1960年の、ブレーキとタイヤの制動性能数値で、未だに交通事故状況でっち上げ、を証明したのも、私ですから」

山本孝一巡査による、一方的追突傷害加害、過失傷害事件でも、犯罪診断が正しいと、合法破壊で強制決定、判決、人身傷害特約で仮支払い、も理解出来ず、山本巡査が支払った、対人賠償金だ!判決の大間違い証明も私です、無知がここまで極まって居るんです、合憲、合法を備えた警察、法曹権力の決定、裁判官判決等も不可能です、何も正しい事から知らない、この警察、法曹権力、司法、行政機関の現実なのだから。

時代錯誤が極まり切って、半世紀以上損保指揮犯罪で

  • 2022/12/31 08:52

昭和44年→1969年です、もう53年、じき54年経過ですよね、半世紀を優に超えているのに、この時代にでっち上げただけの、赤本犯罪人身交通事故治療、賠償論、を絶対だと被害者の主治医に、赤本犯罪診断を軸とさせて、更に。

司法ぐるみでっち上げただけの、犯罪診断を主治医に強制作成、捜査機関に発行のみしか認めない、事故の治療は”実際の受傷等無視で、7日~10日の治療”と、統一ででっち上げ診断してしか、捜査機関に証拠診断書を作成、提出させない、交通事故診療を巡る諸問題、損保担当者様の為に、医療調査・照会の留意点なる、東京地裁書店でも販売、犯罪方法記載マニュアル、これに主治医から、倣う事だけを強要して有るので。

損保、提携弁護士が、被害者の主治医、医療機関、警察、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所を、上記犯罪マニュアルに沿わせて、犯罪手法のみ常時成功させている、犯罪指揮を執り、従う事が常、成功して通されている、テロそのものの現実とされている通りです。

この、損保指揮、公権力、主治医、医療機関が「損保、提携弁護士からの、犯罪マニュアルに従い、犯罪に走って成功させろ!指揮を常に、無条件で、憲法、法律蹂躙と承知で受け入れて手を汚し捲って、犯罪を成功させてだけいる、狂った権力ぐるみのテロ、犯罪は、自賠責保険、任意自動車保険、対人賠償しか無い時代の、時代錯誤を超えた、損保、提携弁護士が、公権力を犯罪マニュアルで指揮、の時代のままの犯罪です」

でも「人身傷害特約が設定されて、私が正しい適用を教えて、実例作りした、兵背19年4月~この特約の、正しい適用が果たされるようになり、又、搭乗者特約、他の傷害保険商品も作られているので、自賠責、任意自動車保険、対人賠償のみと言う設定ででっち上げて成功させて来た、上記損保、提携弁護士が、犯罪マニュアル通りを通させる犯罪指揮、とっくにもう、犯罪成立も無理が生じ切って居るんですが、無知無能故、理解不可能なのですよ」

@人身傷害特約は”被保険者的確被害者(加害者運転手も、自身乗車車両の人身傷害特約に関して)自己過失100%でも、人的被害の補償保険金が、自賠責基準に準じて支払われる特約です”ですから「自賠責保険、加害車両の対人特約、これだけを前提ででっち上げて、犯罪を重ねて成功判例多数、赤本、裏マニュアルの犯罪賠償潰し、詐欺冤罪捏造の手、実はとっくに、損保、提携弁護士が、詐欺冤罪捏造で犯罪指揮、成功は無理過ぎる状況になって居るんですが」

損保、司法、警察が揃って無知故、53年も、上記犯罪で成功させられて来ただけです、テロそのものの現実です。

東京海上日動、東署刑事一課強行犯の、詐欺冤罪の変遷

  • 2022/12/31 08:18

1,昨年3月29日午後、繁×が自己資金で購入して、妻所有地に、妻の好意で仮置きして居た焼却炉が転倒して、人が下敷きになって、傷害治療が必要な重傷を負い、障害者となった。

2、繁×は、重過失傷害事件加害者責任の内、対人賠償責任に付いて”部分毎示談書を交わし、示談済み毎に、賠償金支払いをして”繁×が加入している、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、既払い分の支払い請求を、複数回行った。

3,東海札幌損害サービス第4課、永井啓太課長、伴主任は”初め、被害者が東海に、詐欺狙いで違法請求した”と言う、出鱈目設定で、被害者を、当顔の優秀な職員3名と、損保リサーチ調査員4人で調査して、詐欺を証明する!と意気込んだけれど、被害者に昨年4月22日、被害者は被保険者にあらず、加害者のみ被保険者、と説明され、逆上して引っ込んだ。

4,だけど”東署刑事一課強行犯、山田警部補の班に、私が詐欺請求した、等訴えて有ったし、東海上にも、この法螺を上げて有ったから”特約の扱い時点で、知らずに扱ったと言えないから、焼却炉は、繁×では無く、被害者が購入した機器なのを、金に困った繁×に頼まれて、繁×所有の機器、と嘘を吐いて、被害者が詐欺請求した事件、と捏造を変えた。

5、繁×は、既払い済み分ずつ、対人賠償金を支払い、東海に支払い請求し続けた、警察には、昨年7月14日に、焼却炉は息子がダミー社長のワイエ×商会に納品、繁×が既払い分示談金を支払い、東海に請求した証拠等を渡して有ったが、刑事は東海の下僕故、見ても意味すら理解出来ず、金に困った繁×から頼まれて、被害者が購入機器を、繁×購入と嘘を吐き、詐欺請求した詐欺事件だ!との、冤罪成立目論見捜査だけ、昨年12月3日まで重ねた、繁×は元東海代理店営業故、当時の営業にも不払いと訴えて居た。

6,昨年12月3日、東署刑事一課強行犯平野巡査部長は、被害者調書取りと言う名目で、被害者を取調室に入れて”被害者が実は焼却炉の購入者、繁×が購入と、金に困った繁×に頼まれて嘘を吐き、被害者が東海に、詐欺請求した詐欺事件だと、東海伴が訴えて居る、この詐欺を認めろ!等、本音を持ち出して、詐欺冤罪捏造用違法捜査実施、損保に捜査指揮されて、この詐欺冤罪成立捜査実施、とも答えて居た。

7、被害者は”自分は被保険者不該当、詐欺請求も不可能と、伴も4月22日に、被害者から教えられて知って居る”繁×は、自分の金で焼却炉を購入して、ワイエ×に納品証拠を出す、と言って居るとずっと言って居る、等を刑事にぶつけた。

8、刑事は焦り”詐欺冤罪を引っ込めて、重過失傷害事件、被害者調書作成”に変えた、今年1月11日、主治医への医療捜査後”刑事は被害者に、焼却炉購入費は繁×の金、焼却炉は、蒸すもが社長のワイエ×商会に納品が事実”と、刑事は被害者に告げた。

9、この事実も、東海他に発信、焦った東海は”繁×に焼却炉購入等に付いて調査書を送り、繁×から、証拠も添えて、焼却炉購入費は、繁×所有公開株を、野村證券、カブドットコムに売らせて作った資金を、ワイエ×に貸して焼却炉購入、機器はワイエ×に資産登録”これを認めた文書と、証拠を繁×は、東海に提供済みだった、恐らく捜査機関にも?

10、この、繁×の回答と証拠により1~7の、被害者を損害保険金詐欺冤罪に落とす、でっち上げの罠が完全に崩壊して、困った東海等は、繁×の答えと証拠を隠匿に走った”で、繁×が死んだ事に付け込み、焼却炉はワイエ×所有公開株を売って作った資金、焼却炉は、長縄税理士も認めているが、原告被害者に、リースで貸した機器”よって繁×は冤罪、ワイエ×も、息子××も、重過失傷害事件刑事、民亊共責任は無し、示談書は偽造で、示談金は、騙した、脅したで得た金だ!と、冤罪を全く違う嘘に切り替えた。

11、ですがこいつ等東海、××、提携弁護士は”口頭弁論最終日の、弁論開始寸前に、今年2月3日付け、繁×が東海に、証拠も添えて出した、焼却炉は繁×の金を、ワイエ×に貸して購入の機器の証拠や、長縄税理士の身分と連絡先が記載された、ワイエ×が焼却炉を資産登録した書面”等を証拠で出したので、嘘の羅列で詐欺冤罪捏造、示談書偽造冤罪捏造が、正しく証明されて居ます。

12、東京海上日動、××、提携弁護士中島、警察が共謀犯で、ここまで出鱈目な、損害保険金詐欺冤罪を仕組んだ訳です、又、当事者間示談書偽造冤罪でっち上げも、公に凶行して、犯罪と中島弁護士も認めて、証明されて居るんです、こいつらがでっち上げた、上げる詐欺冤罪等の真偽を、先ず捜査で証明が必須、と言う事。

兵庫県で起きた?偽装交通事故、損害保険金詐欺?と、小樽の事件

  • 2022/12/31 07:57

ユーチューブ動画で、学校時代に習った日本の歴史にも、多数の間違い、虚偽があった、どんどん時代考証も変わって来て居る、と、元の歴史と、変わった歴史が並べられて、説明されても居ます。

昭和44年から、只法を置かしてでっち上げただけ、犯罪を持ったでっち上げを、未だに唯一絶対だ!だのと、本気で強制的に、雛形とさせて、合憲、合法を絶対認めない、損保、提携弁護士が指揮、警察、司法、行政、医師等によるテロ犯罪。

この、でっち上げただけで、合憲、合法等存在して居ない「対人交通事故事件、刑事、民亊共、犯罪を武器とさせて、加害者の責任を、違法、犯罪を武器とさせて、不法に軽減、抹殺して、これのみしか通させない、極悪非道な損保、提携弁護士が犯罪を指揮、警察、検事、刑事、民亊担当裁判官、被害者主治医らが、犯罪指揮に常に従う事で、この損保犯罪のみ、常時成功させて有る現実、この犯罪も。

歴史的犯罪で有り、ネットで情報が瞬時に世界発信されているこの時代に、まだ「損保、提携弁護士が、被害者の主治医に、加害者の傷害加害責任を、違法に軽減、抹殺出来るように、医証偽造に身に手を染めさせている、損保、提携弁護士限定の犯罪の手、と言う、闇の権力犯罪、設定ですが」

ここまで極悪非道な、国家権力が損保、提携弁護士の下僕となり、テロ、犯罪を損保、提携弁護士に指揮させて、言うがままのテロ、犯罪のみ凶行の現実も、公開証明されて居るこの時代ですよ「損保、提携弁護士が”偽装交通事故で、損害保険金を詐取した”と告訴したから、この設定で、損害保険金詐欺事件と決定した」

とされて、報道された、今月の、損保が偽装交通事故と見抜き、告訴提起、逮捕事件、小樽署と、兵庫県警逮捕事件、どっちも「複数の逮捕者が出ているが、損害保険、自動車保険の内訳等、何も公開されて居ません、種別により、法の適用も含めて、異なって居るんですよ、損保、提携弁護士が、損害保険詐欺だ、偽装の事故だと訴えたから詐欺だ、合法根拠?逮捕して報道させて、起訴等して居る、正しい?根拠?がこれですから」

先ず、損保、提携弁護士が言う、詐欺の根拠とやらを「詐欺被害に遭って居ると言う、損害保険の種別と、詐欺と騒ぐ法を備えた根拠、証明から、損保、提携弁護士に証明させなければならないけれど、損保職員、提携弁護士、事件担当警察官、検事、刑事、民亊担当裁判官等に、この根本の事実立証知識から、備わって居ない訳です」

で「詐欺だと損保が訴えた、詐欺行為者と決まった、吐け!自白で詐欺が立証されて終わりだ!が、詐欺とされる絶対根拠だと、小樽署、道警交通二課逮捕事件、23日経過後どうなったか、全く情報発信が有りません、兵庫の事件は、自白をさせて起訴、との事、適当ですよね」

逃亡生活、正しいなら有り得ません、逃げて居る内に、状況最悪に

  • 2022/12/30 16:24

××は、山田警部補から電話が来てから、ずっと逃亡生活しているようで、逃げだしたのは、恐らく今年8月13日位から、の筈です。

××は、山田警部補から電話が来た後、東京海上日動札幌損害サービス第4課に連絡を入れて、東海と提携弁護士は、焦ったようで、××に、弁護士委任状を交わさせて、××は、自宅から逃げ出した、と言う状況です。

結局××は「偽造示談書だ、この嘘も自分でも嘘だ、と、動かぬ証拠を、口頭弁論最終日の、口頭弁論開始の一時間位前に、自宅に郵送で届けさせる、卑劣な手も使ったが、自爆した証拠シリーズだと、出る前に届いた、乙号証をざっと見て、ピックアップして、準備書面を作成して、ファックスして、裁判所に出かけたのです」

結局××は、最後の自爆、とどめの武器で、この乙号証シリーズを、証拠で出して、前日が判決だった、1930号、焼却炉引き取り裁判の判決も、情報の隠蔽工作を行い、狙う通り、裁判官を騙して、判決を、翌日乙号証で出した、証拠シリーズで破綻するのに、裁判官を騙して、焼却炉はワイエ×商会が持って居た、他の法人公開株を売って作った、ワイエ×資金で購入して、所持して居て、原告にリースで貸し出して有った機器だ、原告はワイエ×に、焼却炉を引き渡せと、完全なでっち上げ判決を下させよう、とも企んだ訳です。

で、翌日の、1932号口頭弁論最終日の、口頭弁論開始寸前に、乙号証シリーズを、自宅に届けさせて『正しく乙号証を、××らの犯罪立証証拠で使えないように、企んだ訳です、前日の判決捻じ曲げ目論見の謀略と共に」

結局××等は「嘘を吐いて来たんだと、自分達で乙号証で出した、こいつらの犯罪証明証拠を、絶対の根拠証拠とさせて、自供、自分達で立証しました」

××は、長縄勝雄税理士と、司法書士とも共謀して、犯罪を重ねて来た事も、乙号証が出て、長縄税理士事務所も、違法、犯罪に関与等を認めても居ます、××らの犯罪は、凄まじく広範囲に分かっており、犯罪の数の多さも際立って居ます。

××が、自宅にほぼ戻って住んで居られなくなった現実には、こう言った、事実証拠による、××らの極悪犯罪多数、が公に証明されて居て、警察も共謀、等も証明されているし、巨額脱税もばれているし、××は、自宅に戻って住むのが、悪行に走った数と内容が、尋常では無さ過ぎて、恐ろしくて?では?

両親が購入して、残してくれた自宅も、もうこのままだと、住めなくなるでしょうね、恐らくは、家が使えなくなるだろうから、戻って来ても、滞在出来なくなるでしょうからねえ、愚か過ぎる人間だ、本当に、東京海上日動、提携弁護士の犯罪隠蔽に、こいつも組したから、悪事が山のように、こいつと東海、提携弁護士、税理士、司法書士、警察ぐるみ凶行を、洗い出された訳だから。

東京海上日動、提携弁護士、昌城共謀の、極悪犯罪も

  • 2022/12/30 09:20

私から「昨年3月29日、焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件に関して「被疑者が加入の、自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約は”焼却炉購入費は、被疑者の自己資金が資金源だけど、機器は、息子××が、ダミーの社長である、ワイエ×商会に納品”の機器だから、被疑者が加入の自家用自動車保険、適用不可能だ、とも、東京海上日動、警察等は、正しい自動車保険、特約の適用も教えられて」

更に焦って「虚偽の、被害者が焼却炉を購入、被疑者購入は嘘、この法螺と、被害者”も”焼却炉の購入費を出したと、被疑者に、事実無根で、証拠無しで自供させて”東京海上日動自家用自動車保険から、被害者が損害保険金を騙し取ろうとした詐欺事件”だと、被疑者は被保険者不適格、の事実にも聞いて知ったが」

こんなに幾つも間違って、しくじってしまって、東京海上日動自体も「損害保険事業許可違反から、詐欺冤罪告訴発覚から、事業所に納品機器の事件だから、自家用自動車保険適用、稼働も違法行為発覚から、被害者に公式証明され続けて、責任逃れの為に、被害者を、なんとしてでもでっち上げで犯罪者に仕立て上げて、東京海上日動と警察による、詐欺冤罪等責任逃れしようと」

上手く被疑者が死去したので「息子も共謀に加わり”焼却炉購入費用は、ワイエ×が所有、他社公開株売却代金で購入の機器で、機器は原告に、リースで貸した機器だから、被疑者もワイエ×も、息子も刑事、民亊とも無責だ!と、法螺主張を、東京海上日動、××、提携弁護士ぐるみ展開して来たが”」

口頭弁論最終日に「被疑者繁樹が、東京海上日動に対して、焼却炉購入費は、自分が所有する、公開株を、野村證券、カブドットコムに売らせて得た資金を、ワイエ×に貸して購入の機器、機器はワイエ×が資産登録、被疑者がワイエ×に科した資金の一定額は、貸付金で計上の証拠と、ワイエ×預金履歴も証拠提供、長縄税理士は”焼却炉はワイエ×資金で購入など決算書に記載させて居ないし、焼却炉をリース貸出も、嘘だから記載等無し、これ等証拠を」

こいつらは、乙号証で纏めて証拠で出したので「嘘と知った上で、焼却炉購入費はワイエ×所有、公開株売却資金、×樹の相続遺産動産では無い、原告にリースで貸した機器だ、長縄税理士も認めている、よって、被疑者もワイエ×も、××も刑事、民亊とも無責だ、この主張も、確信犯のでっち上げ、嘘だと立証されている通りです」

ここまでの極悪犯罪も、東京海上日動、中島提携弁護士が指揮を執り、××、刑事も共謀犯で加担して、嘘、犯罪が正しいと、刑事も民事も、でっち上げを成功させるべく、走ってばれて居る訳です、損保、提携弁護士が指揮する、賠償踏み倒し目論見の、警察、司法を下僕で支配出来ている故の、テロ事実証拠証明でしょう。

これが損保、提携弁護士犯罪の

  • 2022/12/30 08:56

損保、提携弁護士は、合法賠償保険金支払いを、犯罪し放題闇特権!を、現実として与えられているので、犯罪の限りを尽くして、この犯罪には「損害保険金詐欺冤罪で粛清自由、この人権蹂躙犯罪から、も仕組んで通せて居る、と言う現実まで有るのです」

損保、提携弁護士は、犯罪の限りを実際尽くせる、闇特権まで持って居て「被害者の主治医に、現実に負わせられた受傷程度を無視して、軽い怪我だ、事件で負った怪我とは言えない等、加害者の刑事、民亊責任違法軽減、抹殺を、常に成功させる、偽造医証発行で、日本中の、損保が賠償金支払い責任が生じたと、事実で無くても、損保側が思ったら適用となる、被害者の主治医が、加害者責任を不法に潰す為の、犯罪診断発行、これで統一されている通りです」

当然ですが、このテロ犯罪医証作成、発行、取得の状態化で、傷害致死傷罪違法軽減、抹殺成功制度は「同様の、他者の肉体に、犯罪で危害を加えた事件全てで”実例、証拠が山のように作られ、判例、刑事、民事訴訟法実例、証拠が無数に作られて通って居るのだから”同様の、対人危害事件全てで、同様の医証偽造犯罪により、加害者の刑事、民事責任軽減、抹殺を成功させられるのです」

今までは「間違いでも間違いを認めず、損保が損害保険金支払い責任を負った、他者に対する、人的加害事件と、損保が言ったら”被害者の主治医は、軽微な怪我、受傷原因が、他者による人的加害とは言えない”こう、事実に拠らず、損保が不法に対人賠償支払いを踏み倒す為、が理由で、犯罪診断のみ付けて、公務所に出す以外、実際に認められて居ないし」

主治医も、阿吽の呼吸で、こう言う犯罪診断のみ付けて出せと、厚生労働省らからも教育を?に従っている通りです。

損保が、この極悪犯罪も、警察、司法を下僕で従えており、犯罪の総指揮を執り、犯罪の限りが尽くされて、成功させて有るのですが「同様の犯罪事件、刑事、民事裁判記録と証拠を検証すれば、只の犯罪の積み重ねだと、証拠が揃っており、証明されます」

つまり「この巨大、過去から行われて来た、極悪損保が指揮、国家権力ぐるみの犯罪事実証拠により先ず”傷害致死傷事件や、損保、提携弁護士がでっち上げた詐欺事件告訴など、正しく法を軸に据えて、合法の可否から正しく公式に問えば”只の犯罪の積み重ねだ”と証明されるから」

破綻してしまうし、同様の他の、損保が絡まない傷害致死傷事件でも「被害者の主治医は”合法な公務所宛診断書、恣意的に作成、発行”とも、認めようが無いのです、日常的偽造診断作成、発行、証拠採用の山だから」一事が万事、ここまで大規模、大掛かりな、損保が指揮犯罪事実証拠、実例証拠、犯罪と承知で、合憲、合法破壊犯罪正当判決ばかりが証明されている以上、もうこう言った、損保指揮犯罪が、合憲、合法破壊で正しい、刑事、民事訴訟法手続き、統一判決毎、正当性等存在しないのです」

東京海上日動、札幌損害サービス第4課永井啓太課長、伴主任、東署刑事は

  • 2022/12/30 08:35

昨年3月29日、重過失傷害事件が起きてから「焼却炉購入費拠出、実質所持、管理責任者の繁樹が加入して居た、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井啓太課長、伴主任は」

;繁樹が被保険者で有り、被害者は”×樹が加入、自家用自動車保険、日常生活賠償特約”に付いて、被保険者不適格であり、被害者と×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約は、何の利害関係等も無い、この根本の、法律と約款規定から、東海も東署刑事一課強行犯、山田警部補、平野巡査部長は知らなかった訳です。

;この事実を、東京海上日動札幌損害サービス第4課、永井課長、伴担当は、被害者から伝えられて、昨年4月22日に伝えられて知った訳ですが、被害者が詐欺を働いている、詐欺事件だと、警察に法螺で訴えたから、東京海上日動が、根本から損害保険の適用を間違えて、被害者が詐欺を働いたと、嘘の訴えを提起した、と言えなくなったらしくて、刑事も錯覚したまま、に付け込んだようで。

;次の法螺、嘘が”焼却炉購入費拠出者は、被害者だったが、被疑者が購入と嘘を吐き、被害者が、被疑者が加入東海に、詐欺狙いで請求した”この嘘にも走ったようでした、平野巡査部長、山田警部補は”昨年7月14日に、被疑者が捜査機関に出して居た、東海発行、自家用自動車保険を使えます書面、焼却炉は、ワイエ×商会に納品した納品書等、被疑者と被害者が交わした、対人賠償支払いを約した示談書の一枚と、既払い証明書、被疑者が東海に、既払い金請求した書面も、この時点で取得しながら”被疑者が加入、自家用自動車保険は不適用、この法律、約款規定も理解不可能で、被害者が詐欺請求した詐欺事件だ、焼却炉を購入したのは、被害者だろう、吐け!捜査を重ねて居た訳です。

;で、この事実を、平野巡査部長は、被害者から度々伝えられて、昨年12月3日に、ようやく理解出来て、今年1月11日に、被害者に平野巡査部長は”焼却炉購入費は、被疑者が拠出して、ワイエ×商会に納品して居たと、調べて証明出来た”等、被害者に伝えた訳です、恐らく東海にも?

;これで焦ったらしい東海は”被疑者に焼却炉購入の経緯等調査を、損保リサーチを使わず、こっそり調査を掛けて、被疑者、加入者から、焼却炉購入費は、ワイエ×ん金が無いので、被疑者の自己資金をワイエ×に貸して作った資金で購入した機器”証拠も添えます、と記載書面と、証拠を、今年2月3日付け書面で送った訳です。

;この、被疑者、加入者の回答と証拠を得て、自爆が証明されて、焦りを募らせた東海は、この被疑者発行証拠隠蔽に走り”焼却炉は、ワイエ×が所有の、他社株を売って作った金で購入の機器だ、被疑者の資金で購入した、被疑者息子、ワイエ×社長の相続遺産動産でも無い”等の嘘を主張して、刑事事件捜査と、民亊裁判官判決を、でっち上げ、証拠隠匿で捻じ曲げて通そう、にも走った訳です。

東京海上日動、提携弁護士による、違法な自家用自動車保険稼働と、丁稚上げた詐欺の訴え

  • 2022/12/30 08:14

東京海上日動に、多分限らずと思いますが「損害保険、自動車保険の正しい知識、碌に持って居ないし、犯罪を武器とさせて、損害賠償金踏み倒しを、公開証明事実、証拠の通り、一番分かり易い証拠は”人身交通事故傷害致死傷事件が起きてからの、交通二課による、でっち上げた捜査事実”常時軽微な怪我等、犯罪マニュアルに沿った、被害者の主治医に捏造発行させて有る、捜査機関用でっち上げ診断書発行から常時手を汚させて有り」

傷害事件加害者責任を、この手で軽減、抹殺常時、刑法第160条、医師法第17条違反だけど、これ等の刑事罰も、故意に不適用とさせて、常時この犯罪から、成功させて有ります。

で「詐欺の次が”対人損害賠償踏み倒し用に、やはり犯罪診断医証を、自賠責審査用と謳うが、自賠責用診断書、診療報酬明細書等、医師法、医療法、健康保険法違反で、元々違法で禁止されている代物で”民間損保が、違法発行させ、手に入れて、コピーをばら撒いている代物で、証拠価値が無いし、主治医と損保、共に医師法第17条違反から適用となる犯罪行為です」

これ等の犯罪を武器とさせて「加害者の刑事、民事責任を、違法に軽減、抹殺を常に成功させて有るし、犯罪医証を軸とさせて、合法な対人賠償潰しも、今ではもう、居直り状態にまで発展させて、強引に踏み倒して通している通りです、司法テロによって」

これ等の、昭和44年に、ここまでの犯罪雛形を作って、悪の度を加速させて来た、合憲、合法の欠片も無い、損保、提携弁護士が、警察、司法を、刑事、民亊共、犯罪で指揮を執れていて、犯罪で対人賠償、補償を潰して、関係する行政機関、公的保険制度の悪用に、大手を振って付けを回せて居る、被害者の主治医と共謀して、受傷原因を、一般傷病による傷病、と偽造させて成功させて有る、極悪な損保、提携弁護士が指揮しての、疑獄犯罪事実も公式立証済みです。

損保の職員に”も”多様な特約を作ったけれど、特約の正しい適用から、知らない、この恐ろしい現実も有る事も、損保、提携弁護士の傀儡に堕ち切り、正しい損害保険、自動車保険、特約の知識”も”まるで備えて居ない、警察、検事、検察庁特別捜査部捜査官、刑事、民亊担当裁判官、書記官、弁護士連中ぐるみ、全能の損保様、でっち上げで暴走している事実の通り、分かって居ませんから。

昭和44年から現在まで「激変し続けている損害保険、自動車保険、特約の正しい知識”も”実は備えず、昔の儘の、損害保険金詐欺冤罪でっち上げだの、犯罪を武器とさせての、合法対人賠償強制踏み倒しだの飲み、重ねて押し通している、この事実、実例、公開証拠証明を、国民は正しく理解して、このテロ潰しに動くべきですけれどね。

損保が詐欺と言うから、詐欺で逮捕、正しい根拠が見当たらず?

  • 2022/12/30 07:54

小樽警察署が、複数損保から「故意に自動車事故を越した詐欺事件、と訴えが出たからと?6人を順次逮捕した、自白が証拠だったようで、詐欺事件、ですよ、自白って、詐欺罪適用の要件が”損保が詐欺と言ったから、詐欺の嫌疑を、損保が掛けた相手に、詐欺を働いたと、証拠は??で、自白させたからって”詐欺成立要件、全く満たせて居ないのでは?」

この事件、逮捕の記事、報道の後、多分続報等出て居ないですよね?損保複数が、詐欺だと言ったから、対象者6人から、順次?自白を取り、次々逮捕して、詐欺の嫌疑で逮捕、と報道しました、自白が詐欺罪適用の、唯一の根拠?詐欺罪成立要件、満たして居ませんよね?

本種でも、同じ構図で、損保が故意に起こした事故で、損害保険金を詐取した、と訴えたからと、逮捕した事件が記事になって居ます、が。

損保が「故意の事故で、損害保険金支払い請求したんだ、損保の調査で判明した?詐欺で告訴提起だ!」

損保の調査で「故意に起こした事故と分かったって?損保リサーチでしょう、基本調査するのって?損保リサーチの調査員に”警察の捜査を凌駕する、超絶的調査能力と、権限が有る訳が無い”」

詐欺事件って「詐欺を働く意思の証明、これと、詐欺に引っ掛かったと思って居なかった、被害者の意思の証明、このお金が、詐欺で被害者か騙し取られたお金、とか、色々詐欺罪成立必須要件が有るんですが、損保が、故意の事故で損害保険金請求を行い、損保から金をだまし取った、と訴えたので、対象者に自供させた、詐欺罪成立要件、満たせて居ませんよね」

この二件の、損保が「故意に車で事故を起こして、損保から損害保険金をだまし取った、詐欺事件だ!と訴えを提起したからと、警察が、対象者を引っ張り、詐欺と自白させただけ?報道はこう言う設定の、損害保険とは、どの損害保険で、どっちの車が掛けて居た損害保険なのか?損害保険の種別は何なのか?搭乗者、人身傷害特約、自賠責、対人、事故車両に掛けて有る損害保険以外、どれが、何故詐欺対象なのか?」

この手の報道を見る限り、多分こう言った、詐欺被害対象の損害保険、生命保険も有るけれど、商品によって?を、正しく網羅して、正しく詐欺の嫌疑の有無等、捜査もして居ないでしょうね?刑事ら、知らなかったし、損保の連中も、まともに知らないし。

ページ移動

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508806
ユニークアクセス:6660060
今日
ページビュー:346
ユニークアクセス:346
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed