エントリー

2023年01月05日の記事は以下のとおりです。

行方を眩ませたまま、東京海上日動、弁護士が、逃亡も指揮?

  • 2023/01/05 14:59

正城は、昨年8月13日頃から、恐らく「嘘を重ねて、×樹が負った対人賠償支払いを踏み倒す為の、損保、提携弁護士が指揮、警察、司法を下僕で従えて、損保、提携弁護士が指示する犯罪を、犯罪と承知で、国家権力の悪用犯罪に狂奔させて、合法賠償潰しも、常に成功させて来ている、この犯罪当事者となる為、東海、提携弁護士が指揮、警察、司法ぐるみ犯罪に不都合な自白、証言をさせない為、行方を眩ませるよう指示も?」

恐らくこう言った、が裏で、により、行方を眩ませ続けて居るんでしょう、事実証拠で見える、推測を超えた。

×城は、山田警部補からの電話に対して「私の支払い請求に応じるし、焼却炉も、父が自分の為に購入してくれた機器だから、ちゃんと引き取ります」

等答えて居たと、山田警部補は、私に伝えて来て居ました、その後、東京海上日動に×城は「刑事から電話が来た」等を告げて、提携弁護士緊急委任!に走り、自宅を捨てて、逃亡生活に入った訳です。

この逃亡生活、もうじき5カ月を超えます、最近は、一カ月近く、全く自宅に戻る事もせず、郵便物も増え続けていると。

玄関前、車庫前は、除雪車が除けて行った雪の塊やらで、埋まり続けている状況です、×城は元から、除雪もせずだったから、×樹が透析に車で行くのに、除雪して居ただけですから、こいつだけになれば当然、家に至って同様の状況だったでしょうけれどね。

この頃の札幌は、雪を踏んで歩くと、きゅっきゅっ、と鳴る寒さが続いて居ます、全く家の中で、暖房も付けて居ない訳だから、水道管やボイラー等、凍結して居るでしょうね?

当然ですが、風呂も台所も、トイレも使用出来なくなって来て居るでしょう、もうあの家、まともに居住も出来なくなって来て居ると思います。

親が折角、立派な家と土地と、結構な金額のお金と、会社を遺してくれたのに、この愚かな人間は、何もかもを失う悪行を重ねて居て、それにより、自宅から逃げ出し続けて、家も居住出来ない状態にして行っても居ます、馬鹿を超えて居ますよね、犯罪等に与しなければ、家に住んで、安心して暮らせただろうに、こんな生活を続けて居るのでは、すぐ行き詰るのも目に見えて居ますし、病気も悪化が加速するばかりでしょう。

幾つもの犯罪を手掛けて、告訴告発されて居ますし、脱税問題も有るし、違法にワイエ×解散の絡みの犯罪も有るし、こいつ、自滅まっしぐらでは?毎日こいつ、何処に身を潜めて居るんでしょうね?じき税金の申告、相続税申告期限も来る訳だし、違法、犯罪が発覚、証明しており、出鱈目相続では、逃げられないだろうから、長縄勝雄税理士も含めて、東警察署、刑事も、東海も、×城の犯罪を指揮、共謀してばれた責任、逃がして貰えるやら、も有りますしね。

損保犯罪への、合憲、合法破壊追従が、破綻し続けに

  • 2023/01/05 13:53

損保が「詐欺請求だ」と、詐欺の正しい事実、証拠も無しで、詐欺事件だ、と訴えれば、詐欺だと訴えて居る根拠、証拠も分からず、警察、検事、検察庁、刑事、民亊担当裁判官、裁判所は。

「損保が詐欺と言うから、が根拠で、詐欺罪適用と確定だ!詐欺冤罪で逮捕して、詐欺に手を染めたと、事実無根でも自白させて、投獄と決まった!」

これを、今も変わらず、詐欺冤罪捏造で粛清、投獄を繰り返している日本です、近代法治国家のなりすまし、ですら無い現実です。

損保、提携弁護士が、この詐欺冤罪でっち上げ告訴、嘘の詐欺事件で投獄が常、を、警察、司法に指示して、成功させて通って居る日本故、×城、東海、提携弁護士共謀、警察ぐるみの、一連の極悪権力が損保東海、×城、提携弁護士犯罪を、損保、提携弁護士の、犯罪指揮が正しい!と偽り、指揮下で権力犯罪に狂奔!の現実も生み出させて居る訳です。

損保、提携弁護士が指揮、権力が指揮下で犯罪を重ねて、犯罪で損保テロが正しいと、強引に決定、判決を下すのみ、を成功させ続けている、法律無効化が、現実とされて居る日本です。

ここまでの、損保、提携弁護士が、警察、司法、行政、医師を、犯罪指揮下に置いて、従わせて通って居る日本の現実、ですが。

いくばくかずつ、この損保、提携弁護士が、警察、司法、行政、医師等を配下に置けて、損保犯罪指揮を執り、犯罪が正しいと、公権力悪用で、捏造と承知で決定、判決を下す以外しない現実が、破綻して来ても居るようです。

この損保、提携弁護士が指揮、犯罪を成功させられて居る、公権力犯罪が武器で、成功させられて居る、極悪犯罪、テロは、誰でも条件を満たせれば、同様の、犯罪恩恵に預かれるんです、犯罪を行った者が、この犯罪により、正しい犯罪行為者だ、と、強引に捏造されて逃がされている、悪は常に勝って、犯罪者が様々な利を得られている日本、損保、提携弁護士が、警察、医師、司法、行政を、犯罪指揮権発動で、命じた通り、犯罪が行われ、通される現実に拠って居ます。

損保、提携弁護士の極悪非道振りと、公権力を傀儡で、下僕で従えて居て、犯罪を命じて、手を汚させて、より支配力を、の連鎖が。

さて、これ等の損保、提携弁護士が指揮、公権力を下僕で指揮下に置いて、公権力に犯罪を行わせ、適法犯罪だ、と法螺で強制決定!妻所有地に不法投棄されている焼却炉の問題でも、強引に成功させられるのでしょうか?今後の同様犯罪雛形実例、ですからねえ、不法投棄も適法化されるでしょうか?

判決も、何時も通り、情報操作、隠蔽、偽造等で違法に下させるべく

  • 2023/01/05 13:25

東京海上日動は、何時もの事として、自賠責事業”も”合法を飛ばして、犯罪を手掛けられる特権、も、実際持てて、犯罪し放題出来ている、この犯罪特権を、無限に拡大させ捲って通されて居るから。

刑事、民事事件の構成から、合法賠償を潰す目論見で、犯罪を重ねて、加害者の刑事、民事責任違法軽減、抹殺を、警察、検事、刑事、民亊担当裁判官を支配下に置いて居る権限、現実としてこれが実態、特権を悪用して、×樹の資金で購入して、ワイエ×7商会に納品した焼却炉、この事実、証拠を隠蔽、でっち上げた、ワイエ×資金で購入の焼却炉で、私か、経営会社にリースで貸した機器だ!よって、×樹、ワイエ×、×城には、刑事、民事責任共無い!リース契約を、口頭で解除した、警察、民亊担当、1930号、1932号裁判官、被告のこの、嘘で塗り固めただけ、の主張を、正しいと認めて、嘘が正しいとなったと、指揮を執り、犯罪を成功させろ!

ここまでの、法で律せられるのが憲法、法律の規定の日本国憲法、法律もろともでの、根こそぎ合憲、合法破壊、損保、提携弁護士が指揮、犯罪が正しいと、虚偽決定、判決を下させられて居る、日本国の現実を、公式犯罪事実、証拠で公に、事実であると証明を重ねて居る訳です。

しかも「最後にちゃんと?自分達の手で”全部嘘、虚言だった、警察、検事、刑事、民亊担当裁判官、何時も通り、嘘と承知で、損保、提携弁護士の、犯罪を勝たせる決定、判決を下せ!との要求に関しても、全部嘘だよ((´∀`*))ヶラヶラと、動かぬ自爆決定証拠を、乙号証で、口頭弁論終結寸前に出したと言う”」

多分ですが「こいつら無知過ぎて、隠蔽室受けて来て、最後に乙号証で出した、一連の、×城他が自爆した証拠の数々、見ても意味不明だったん、でしょうね、経緯を見て思う事ですが」

余りの、こいつらが自分で招いた、己らが重ねて来ている犯罪に関して、決定的証拠を揃えて出して、思う通り、嘘が正しい、との判決を下せ要求まで!の現実を鑑みれば、自分達が何をして居るかも含めて、無知過ぎて、無能が際立ちまくって居て、何を見ても、聞いても、指摘されても、理解等不可能の極み、が真実だと?

告発手続きも、本日行って有ります

  • 2023/01/05 13:02

今日付の、事業廃棄物不法投棄での刑事告発、札幌市への訴え手続きも、本日、三か所に出して有ります。

これでもう、×城らも焼却炉違法投棄事実からも、言い逃れ、責任逃れは出来ないと思います、いいだけ嘘を重ねて、焼却炉購入費拠出を偽り、×樹、ワイエ×、×城の刑事、民事責任を、犯罪を重ねて湮滅、隠蔽に走って来たが、自爆して居ますからね。

何しろ×城、東京海上日動、中島提携弁護士、警察も、長縄税理士も「焼却炉の不法投棄だけに限定しても、もう絶対に、不法投棄事実、行為責任逃れも出来ませんから」

あれだけずっと「複数の民事裁判、刑事事件手続きでも”焼却炉はワイエ×商会が所有する、他法人の公開株を売り、作った資金で購入した機器だ、×樹の資金で購入して居ない、焼却炉は、何の証拠も無いが、リースで私、経営法人に貸したんだ、長縄勝雄税理士も、認めて証明して居るんだ!」

焼却炉のリース契約は、口頭で解除した、警察、1930号事件担当裁判官、焼却炉を、法定外でワイエ×に引き渡すよう、職権行使しろ!

等等、虚言を公に、公式書面にも記載して、主張し続けて、警察、裁判官も、虚言主張に沿い、違法指揮を執れ!でっち上げただけの、私による、東京海上日動自家用自動車保険への詐欺請求冤罪での、刑事罰を科せ!示談書は偽造だ、既払い示談金も嘘だ、騙して、脅して出させた金だと、警察、裁判官、検事、でっち上げだが決定、判決を出せ!この犯罪行為、犯罪による指揮も重ねて来た通りですが。

自分達で、全て虚言だと、証拠を揃えて、1930号事件では隠蔽して、判決を違法に下させようと謀ったが、1932号、口頭弁論終結寸前に、乙号証証拠で出して、全部嘘、捏造、でっち上げだ!と自供した訳です。

で「焼却炉もそのままで、×樹がワイエ×に注ぎ込んだ貸付金、×樹が流した資金、これ等も無い事と偽り、ワイエ×商会闇で解散して居ると、焼却炉は、間違い無く事業廃棄物不法投棄、犯罪と自分達で立証して居ます」

この犯罪者連中、現実として、物凄くうましか、なのでしょうね、本当に自分達が、何の悪行、犯罪を手掛けて居るか等も何も、理解不能の結果でしょうから。

刑事告発

  • 2023/01/05 10:02

×城はもう、逃亡生活開始からだと、じき5カ月経過しますよね(;^ω^)で、ここ一カ月弱は、自宅に一旦戻る事も出来ず、郵便物も溜まり続ける状況です、本格的逃亡者ですよね。

もうこいつ等には、嘘で塗り固めての、焼却炉はワイエ×が自己資金で購入した機器だ、×樹の資金で購入した、×樹の相続遺産動産では無いし、ハウスリメイクか個人に、リースで貸し出した焼却炉だ、×樹、ワイエ×、×城には、刑事、民事責任も無い、焼却炉購入費に付いてと、リース貸出に付いては、長縄税理士も、事実と証明している、との大嘘も、自分達で隠して居て、堕した乙号証で、嘘と立証もされている通りです。

大嘘を吐き続けて、合法による、対人賠償金支払い逃れも成功させて、私を、東京海上日動自家用自動車保険金詐欺請求者だとも、警察ぐるみで、冤罪に落としにも走って来て、自分達で、全て嘘だと、乙号証も出して立証した訳です。

この、こいつらの嘘を、嘘と立証して有る証拠を隠匿して、民事事件も、刑事事件も、嘘が正しいと、決定、判決を捻じ曲げさせようとも謀って来た、極悪非道の限りが尽くされて来て居ます、東京海上日動、中島ら提携弁護士犯罪に、×城も乗り、自爆した訳で、逃亡生活をもっと本格的に、の理由と。

嘘で塗り固めて来た、焼却炉購入費拠出者はワイエ×だ、もばれているし、リースで貸し出した、この嘘もばれて居ます、長縄税理士も共犯に引き込んだけれど、嘘が自分の手でばれた訳です。

ここまで極悪で、公権力ぐるみで、東京海上日動、提携弁護士共謀の犯罪です、個人では、この巨大権力ぐるみ犯罪に付いて、詳細な事実証明は不可能です、手を汚して来ている権力が、捜査機関であり、東京海上日動、提携弁護士と共謀犯罪も、ですから。

長縄税理士、司法書士も今日防犯ですからね、商法違反、違法な法人解散も、犯罪の規模が凄まじ過ぎて、個人では手に負えないし、昌城には、もうどうにも逃げ道も無いでしょう。

権力も加担、組織犯罪

  • 2023/01/05 07:44

@事業廃棄物不法投棄事件の告発を行います、被疑者は長期逃亡しており、捜査機関、札幌市環境局らによる捜査、調査が無ければ、この事件解決、該当不法投棄物処理は不可能です

                                   令和5年1月5日

告発先
〒065-0016 札幌市東区北16条東1丁目3番16号
札幌方面東警察署長 殿
事件に関係している、東署部署、担当
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補
地域課鈴木警部
TEL011-704-0110
〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目
札幌地方検察庁、恒川由理子検事正、二階堂郁美検事
TEL011-261-9313,FAX011-222-7357
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市環境局事業廃棄物課
清水部長、末永課長 殿
TEL011-211-2927,FAX011-218-5105

告発者
〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
有限会社 エッチエイハウスリメイク
     取締役 山本弘明
携帯080-6092-xxxx,FAX011-784-5504
〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
山本xxx
TEL011-784-xxxx

告発相手
〒007-0829 札幌市東区xxxxxx丁目x番xx号
山本xx
携帯00-1881-xxxx,FAX011-791-xxxx

告発する罰条
@廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条、事業廃棄物不法投棄
 ;刑事罰則、1項により、個人は1,000万円以下、法人は3億円以下の罰金、5年以下の懲役刑、併合もある。

1、告発に至る経緯概略、詳細は、上記札幌方面東警察署各担当、札幌地検検事正、検事が、経緯証拠を所持の上把握。

2,上記告発相手は、実父が死去した、令和4年5月18日以降、告発者との連絡を全て絶ち、死去した実父、山本×樹が、自身の資金を、告発相手が社長を務める、ワイエ×商会(株)同住所地法人に、平成30年5月に資金を貸し付け、同法人に購入させた高温焼却炉に付いて、次の違法行為を重ね、自身は身を隠す等もして、不法投棄に至った経緯が有ります。

3,告発相手は、事件物焼却炉に関して、告発者山本弘明から、民事裁判で訴えられた、令和4年(ワ)第1930号事件と、1932号事件で共に「この焼却炉は、ワイエス商会が所有する、他社公開株を売り、作った資金で購入した機器であり、山本×樹の資金で購入した、山本×樹の相続遺産動産では無い、この焼却炉は(証拠は一切無いが)長縄勝男税理士も認めている通り、証拠は無いが、ワイエ×商会が、山本弘明か、ハウスリメイクにリース貸出した焼却炉であるから、焼却炉は、山本xxx所有地、札幌市東区xxxxxxxxxxx土地に置かれて居るのである、よって、山本×樹、ワイエ×商会、山本×城には、焼却炉が転倒して、山本弘明が下敷きになり、重傷を負った重過失傷害事件に関して、一切刑事、民事責任は存在して居ない、焼却炉は、ワイエ×商会が口頭で、リース契約を解除したので、東警察署刑事一課強行犯、1930号、1932号事件担当裁判官は、被告のこの主張を認めるよう求める。

4,1930号担当裁判官は(判決日である、昨年12月8日まで、この被告主張が虚偽である、動かぬ証拠を隠蔽した上で)職権を行使して、事件原因焼却炉を、原告が被告に引き渡すよう、訴訟指揮を執る事も求める。

5、山本弘明は、この被告主張と、裁判官による「事実無根の上で、被告の主張を正しいと認めて、法定外で焼却炉を引き渡す意思は無いか?」との問いを却下、窃盗への加担は同罪故「この経緯が有り、昨年12月8日に下った、1930号判決は、添付の通りで、被告の虚言は認められず、被害者である山本xxxが、被害に関して、被害金額等を証明して、行為者に請求すれば良い、と言った判決です」

6,告発相手は、1930号事件判決の翌日、昨年12月9日、1932号口頭弁論最終日に、口頭弁論開始時間、午後1時30分の寸前、12時10分頃、原告山本弘明自宅に、多数の乙号証を届ける卑劣な手を打ちました、1932号事件でも被告は、上記虚偽主張を重ねて、事実を捻じ曲げた判決誘導に走りましたが、提出した乙号証で証明された真実、次の事実も物を言い、被告の虚偽主張は破綻しました。

7、乙号証で証明された事実の概略は「山本xxは生前、昨年2月3日、自身が加入して居た、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償からの、焼却炉購入の経緯調査への回答と、証拠を出して有った、焼却炉は自身の資金をワイエス商会に貸して購入の機器、証拠も添付等、乙号証です。

8、この東海からの調査実施は、山本弘明が、令和3年12月3日に、重過失傷害事件担当、刑事一課強行犯平野巡査部長に、数度目の伝達、焼却炉は×樹の資金で購入の機器、等を伝えた、4年1月11日、平野巡査部長は山本弘明に”焼却炉購入資金は、×樹の自己資金で購入の機器だった、焼却炉は、ワイエ×商会に納品として有った、等、捜査事実を回答)に対して、自家用自動車保険を違法適用させている東京海上日動、×樹が重過失傷害事件、対人賠償金既払い分支払い請求手続きを取って居る関係と、山本弘明を、この損害保険に、山本弘明所有焼却炉を、金に困った×樹に頼まれて、×樹所有と偽り、山本弘明は、東京海上日動に、詐欺目論見で不正請求して居る、山本弘明を詐欺犯とでっち上げた、詐欺事件告発を、山田警部補の班に出して、この捏造詐欺事件捜査に動かした故、山本弘明から、平野巡査部長の回答記載文を受け取った、東京海上日動は、昨年12月9日に証拠提出させた、東海取得乙号証などの隠蔽工作にも走って居ました。

9、乙号証で証明された事実の概略は「×樹は昨年2月3日付け文書の記載、焼却炉は、自身の資金をワイエ×商会に貸付した資金で購入した機器、証拠も添付、つまり東京海上日動、東署、地検は共に”焼却炉購入費は、×樹の自己資金で購入されて、ワイエ×商会に納品、等を、証拠も揃えて知悉した上で、告発相手山本×城名の訴訟等で、昨年2月3日、東海が取得証拠も含めて、事実立証証拠を隠匿に走り、焼却炉はワイエ×自己資金で購入の機器、×樹の相続遺産動産では無い、等の虚偽主張と、判決私的虚偽が正しい、と下させる誘導などを重ねていた、×樹が示談書も交わして支払い約束した、重過失傷害事件、対人賠償金支払いを、ここまでの犯罪で潰す目論見”に拠っての、裁判官も騙すまで手を染めた、重大犯罪が行われて来ました。

10,1932号事件に、口頭弁論終結後、乙号証を持ち、山本弘明が調査した内容記載、1932号事件に提出書面の記載の通り、長縄税理士事務所は「焼却炉がワイエス自己資金で購入など証明して居ない(決算書証拠で嘘と立証)焼却炉を、ハウスリメイク、山本弘明にリース貸出なども証明等して居ない、ワイエ×商会は、×樹の貸付金処理、焼却炉処理等せず、違法に解散手続きを取らせた、等、山本×城らの虚言を、嘘と認めて居ます」

11、山本xxは、昨年8月13日頃、山田警部補からの電話を受けて”8月末の、山本弘明から提起された、3つの民事裁判居出廷して、山本弘明と話し合い、支払いを求められて居るお金を支払うし、焼却炉は、父が自分の為に購入してくれた機器なので、引き取ります”と答えた(山田警部補が、山本弘明に告げた内容)後、東京海上日動、中島提携弁護士の指示らしく、自宅から逃亡して、現在も逃亡生活を続けており、ここ一カ月近くは、郵便物回収等の帰宅も無くなり、山本弘明等は、完全に連絡を取る事不可能となって居ます、これ等経緯、証拠による限りでは、山本×城名の主張も、実際には東京海上日動、提携弁護士によると推認されるし、長期逃亡生活も、同様と推察されるのでは無いでしょうか?

12、現在も今後も、山本××子所有地に(×樹に頼まれて仮置きした事が始まり)違法に投棄された焼却炉、山本×城に拠る、二事件も含めての、虚偽と承知での主張、虚偽と立証されて、逃亡生活が加速、の現状の通り、事件原因焼却炉は、不法に投棄された事業系産廃と、事実により証明されており、事件原因、経緯に、警察、検察庁、東京海上日動、長縄勝男税理士、司法書士(虚偽証明書で、ワイエ×商会解散手続き)の犯罪が絡んでおり、山本×城の逃亡事実も含めて、捜査機関、札幌市環境局が、捜査、調査実施に動かなければ、この不法投棄事件も、解決は不可能であり、札幌市環境局に、高額の機器処理責任を取って貰う等に至る(岩内町が、類似の違法相続、古物商死去後、相続人い、古物等処理せず理だけ相続を闇で認め、この場所が、処理場手前だったので、どんどん不法に物品が置かれた、に組、結果、高額処理費拠出に陥った)今後同様の手口で、事業系廃棄物不法投棄も続発する呼び水ともなる、重大な事件、山本×城は、裁判主張、証拠で立証の通りと、ワイエ×違法解散済み、合法相続せず、の通りで有り、焼却炉不法投棄は証明されて居ますので、本告発を提起します。

添付証拠 一部、一昨年7月14日、山本×樹東署提出証拠は、山田警部補、地検が所有。

;札幌地裁令和4年(ワ)第1930号訴状、被告準備書面、判決文、1932号事件、被告主張準備書面、乙号証抜粋、原告作成書面二部。                            

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年01月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744748
ユニークアクセス:5908250
今日
ページビュー:1113
ユニークアクセス:1030
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed