エントリー

2023年01月11日の記事は以下のとおりです。

ここ迄の、民業損保、提携弁護士指揮、公権力が実行犯犯罪は、どう着地させるのか?

  • 2023/01/11 16:43

札幌地検特別刑事部は「私が出した、被害届け出、告発状に付いて、札幌方面東警察署刑事課の答え”二階堂郁美検事が、そうした訴え、被害届等には、何らの効力も無いので、捜査は不要です、山本×樹に対しての、重過失傷害事件捜査は、被疑者死亡により不起訴で処理済み、関係するすべての、被害届け出、告発事件の捜査は、届け出に効力も無い故不要”」

こう、東署刑事課が、数度答えを出している事実を、改めて否定しており「札幌地検、二階堂検事が、届け出が出ている事件全て届け出が無効で、重過失傷害事件は、被疑者死亡で不起訴で終わっており、係累事件全て訴えは無効であるから、捜査の必要は無い、等指示した事実は有りません、東警察署も、事件の届け出による捜査を行って居る、事となって居る、再度道警本部、東警察署捜査課に確認して下さい”」

このように、今日改めて答えを出して居ます、では「札幌方面東警察署刑事一課今日後半、山田警部補による、上記、札幌地検、二階堂検事からの、事件の訴え全て無効だから、捜査は不要との、捜査指揮が出ているので、一切捜査しない」

こう言い張り、×城の逃亡幇助も、東京海上日動、中島弁護士共々行い、犯罪の嫌疑、証拠毎隠蔽事実等と合わせての、捜査は不要と、札幌地検、二階堂検事が指揮している、との答え事実は、どうなって居るのでしょうか?実際×城は、逃がして貰えて居て、多数の犯罪事実、証拠共々、犯罪行為者責任逃れ出来て居ますから。

又、×城が主犯の、一連の犯罪の手口、実際には東京海上日動、中島提携弁護士、長縄税理士ら犯罪、でしょうけれど、この犯罪の手口は「新しい”複数の、法で禁じられて居て、刑事罰則も付与されている犯罪”を、表で凶行して、犯罪責任を抹殺させられて居る、新しい損保東京海上日動、弁護士、検事、警察ぐるみの、公然たる犯罪、の手法が行使されて居ます」

損保東京海上日動が、提携弁護士、税理士、司法書を指揮して居る形が執られて居て「士資格者等に、資格を悪用させて、虚偽の証明書を作成、行使実行、虚言を事実で有ると、東京海上日動の指示を受けた、中島弁護士が、嘘と承知で、他の士資格者、長縄税理士も、東京海上日動、×城、弁護士共謀の嘘が正しい、と認めている等虚言主張を、刑事、民事手続き事件で主張して、警察、検事、刑事、民亊担当裁判官に、合法が犯罪と、判断を誤らせようとも謀って居る、国税も騙しているし」

等の、公権力が、損保東京海上日動の、犯罪指揮下で権力悪用犯罪実行、と言う、新しい、表に出された、疑獄犯罪事件ですから。

善悪判断も何も出来ない、公権力構成員の実態が

  • 2023/01/11 09:34

公権力構成員らが、只の民業損保、共済職員、提携を含めた弁護士連中、只の民間事業者、構成員の下僕に凋落し切っており、損保、提携弁護士等の指揮下に無条件で入り、損保、弁護士が指揮する、冤罪成立人権犯罪や、賠償を、犯罪によって踏み倒して成功させる、悪行の追従や、犯罪者が手を汚した、犯罪が正しく証明されている事件の犯罪責任から抹殺!等の、公権力を悪用させた、テロ行為に狂奔し捲って居るのです。

先日報道された、メキシコの麻薬組織のトップの息子の逮捕で、麻薬組織は、ロケットランチャーや重機関銃、爆薬等も持ち出して、メキシコの警察と銃撃戦を展開して、数十人の死傷者を出した、と報じられた事件が有りましたが、日本の公権力も、同様の近未来の日本!を目指しているのでは?

民業が、公権力を、犯罪を成功させる為に、好きなように操れる国家制度、これの確立目指してまっしぐら、損保、弁護士らが、公権力を犯罪を成功させるべく、操れる国家制度確立、公権力が、民業損保、弁護士の、完全な下僕に堕ち切り、損保等が命じる通りだけ、憲法、法律規定破壊テロ!に暴走して。

公権力特権凶行を最終の武器とさせて、損保等が命じる、犯罪強制適法成功、これを常に成功させる

損保、提携弁護士が、警察、司法を独裁支配、自由に操り放題の現実

  • 2023/01/11 08:37

政治も含めてもう、カルトに乗っ取られ切っている現実が、山上徹也氏により、国際的に公とされて居ます。

同様の、公が、民に独裁支配され切って居る現実として、もう公式事実、実例証拠が揃い切って居る、民による、公の支配事実が、損保、提携を含めた弁護士らによる、警察、行政、司法犯罪い命令に従わせられて居る、テロ支配事実です。

公でありながら、民業でしかない、損保、共済、提携を含めた弁護士による、公権力を独裁支配出来ている事で、冤罪粛清を好きなように成功させられて居る、損害賠償も、犯罪を武器で行使し放題出来て、公権力が支配下なので、犯罪責任を抹殺出来ているし、犯罪を武器と出来る特権も得ており、悪事を武器とさせて、損が賠償踏み倒しも、好き放題出来て、犯罪で成功事実毎、免責で逃げられて居るのです。

ここまでの、損保、提携を含めた弁護士による、公権力独裁支配、民業に公権力が、犯罪指揮下に入り、民からの犯罪指揮を受けて、犯罪免責、冤罪粛清、犯罪を、民の指揮を受けた公ぐるみ、共謀で犯罪の限りを尽くし捲って、通して居る、実例証拠の山の現実により。

今後もう「公的機関、警察も行政も司法も、憲法、法律に等、既に従って居ない事実が、確固たる公式事実に昇格して居る訳だから、国民ももう、憲法、法律等に従って生活して居たって、守られる訳が無い現実にも、気付いて、同様の犯罪を活用する、損保、弁護士が指揮して、警察、行政、司法が、民業の犯罪指揮に、無条件に従い、権力犯罪に狂奔し捲って」

民業が目論む、公権力を指揮しての、犯罪成功、犯罪者責任免責の状態化の現実を、正しく見て、理解して、憲法、法律規定は、現実として無効化されている事実を踏まえて、どうやって身を護るべきか、各々、考えて、対抗策を構築して置かなければならないと言う、日本の現実です。

今ではもう、犯罪指揮を損保、提携を含めた弁護士が、警察、司法、行政を独裁支配下に置いて居る特権で、損保、弁護士が指揮する、冤罪抹殺、犯罪成功実現、犯罪責任強制抹殺成功、これを常時成功させて、公権力が通している現実、実例証拠は、現実で、言い逃れられない状況だとなって居るのだから、民業が、公権力を、現実の事実証拠の通り、独裁犯罪支配出来て、損保が求める、犯罪成功指揮を受けて、悪の限りに公が暴走している、損保が功を、ここまでの悪で操れている日本なのだから。

犯罪の山、東海が警察、司法を指揮して犯罪抹殺他

  • 2023/01/11 08:08

@一昨年起きた、公印焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件”でも”損保、提携弁護士、東京海上日動、中島提携弁護士が、警察、司法を、詐欺冤罪捏造、当事者間示談虚言で叩き潰し、合法賠償不当踏み倒し等に、警察、司法を下僕で従え、走って居ます、証拠も添えて、テレビ局にも発信しました

                                  令和5年1月11日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

斎藤健法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
金融庁保険課、損保係三浦課長他
FAX03-3506-6699
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室、西村専門官他
FAX03-5253-1638
FAX03-3349-1875 損保ジャパン社長
FAX011-231-8973 三井住友社長
FAX011-218-5105 環境局清水部長、末永課長
FAX011-218-5182 国保企画課求償担当
FAX011-210-5592 道新報道センター記者
FAX011-221-4139 共同通信社記者

1,各テレビ局にも、損保東海、提携弁護士、×城が、警察、司法を犯罪抹殺、冤罪粛清、示談犯罪で破壊等実現と、焼却炉不法投棄等に走られており、情報発信して有ります、個人では、ここまでの民業が公を犯罪指揮、に対抗不可能ですから。

2、札幌地検特別刑事部、担当捜査官から道警本部,東署捜査担当各課へ、確認事項伝達を求められて居ます”私が被害者の、重過失傷害事件に絡み、現出して居る、私が被害届け出、告発した全ての事件に付いて、東警察署関係各課が捜査している”事に、検察庁で放っており、二階堂検事が、捜査全て不要、捜査不要と指示した事実は無い”改めて道警、東各部署に、この事実を伝え、捜査の有無確認願う、との言伝も伝えます。

捜査機関は

  • 2023/01/11 06:49

@一昨年発生、山本×樹の資金で購入、管理等焼却炉転倒による、重過失傷害事件を”加害者加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約を稼働させた東京海上日動が、被害者が詐欺請求の事件”と、完全なでっち上げで、東署刑事一課強行犯、山田警部補の班に告訴の事件、東署刑事一課強行犯は、添付証拠の通り、一昨年7月14日付けで被疑者から、この詐欺告訴は虚偽証拠を得て居ながら、東海は、詐欺冤罪成立と、支払いの可能性ともに動き、警察は、詐欺冤罪成立に暴走して来ました

                                  令和5年1月11日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504
※事件原因焼却炉は、長縄税理士、司法書士が、山本×城らと共謀して、焼却炉を妻所有地に投棄したまま、×樹がワイエ×に1,500万円位注ぎ込み、引き出し等事実毎隠蔽も含めて、ワイエ×違法清算、社長×城を、東海、弁護士、警察、検察で身柄隠匿、告発等捜査せず故、札幌市環境局に、民業東海指揮による、公権力共謀疑獄犯罪と見做し、個人がどうこう出来ないが、妻にも私にも、何らの責任は無い故、公費で処理を求めて有ります

東京海上日動社長、札幌損害サービス第4課、永井課長他
TEL011-350-4357,FAX011-271-7379
NHK札幌、報道部
TEL011-221-5097,FAX011-232-5190
STV報道部
TEL011-272-8296,FAX011-271-1535
HBC報道部
TEL011-232-5876,FAX011-221-6807
HTB報道部
TEL011-233-6600,FAX011-233-6008
UHB報道部
TEL011-232-1117、FAX011-261-2185
札幌地検恒川由理子検事正、二階堂郁美検事
FAX011-222-7357
鈴木信弘道警本部長、生活経済岡田警部補、各捜査課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部、生活安全課不法投棄
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補

1、一昨年3月29日に起きた、山本×樹の資金で購入、×樹息子×城が、実際にはダミーの社長、ワイエ×商会(株)に納品焼却炉、妻所有調整区域土地に仮置き機器が転倒して、私が下敷きになり、障害者となった等、重過失傷害事件は「×樹が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に関して、被害者は被保険者不適格、東海と無関係、この事実を、一昨年4月22日、私から、東海伴、損保リサーチ轟調査人、東署に告げて、東海、轟調査人は、私と無関係故手を引きましたが、東署は、東海が、私が詐欺を働いた、との告訴提起が有るからと、東海が詐欺で捜査を指揮しており、詐欺は確かと、裏付け等取らず、詐欺冤罪成立に走って来た訳です」

2,私は、山本×樹は資産家で、元々は億前後の資産を持っており、賠償金は×樹に払って貰う、東京海上日動、自家用自動車保険と無関係、関わる事は違法、等伝え続けて、東海、調査員は、私と直接接触出来ず居ました。

3、添付証拠の通り、札幌方面東警察署は、一昨年7月14日に、山本×樹から「焼却炉はワイエ×商会に納品証拠、東海自家用自動車保険が適用、との東海発行書面、一部示談書による、示談金支払い証拠、既払い分示談金を、山本×樹から、東京海上日動に支払い請求証拠書面を取り付けて居ましたが、東署山田警部補、平野巡査部長は、これ等証拠の裏取りせず、意味も分からず”東京海上日動、伴主任に捜査を仕切らせ、私が、山本×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、詐欺狙いで違法請求した、私を詐欺犯意落とす捜査を行って居た”との答えを出して居ます」

4,この一連の証拠の通り「事件原因の焼却炉は、山本×樹が購入、ワイエ×商会に納品されており、一昨年7月14日には、この東海自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約は、適用不可能と立証されて居た訳ですが、東海は既に、損保リサーチを動かしたし、弁護士特約も動かした(廣部・八木法律事務所を、この年5月、違法に使った)事実が有り、後に引けなくなったので、東署を、私が詐欺請求した詐欺事件、このでっち上げのまま、捜査指揮(山田、平野刑事証言)し続けた、と推察出来ます」

5,東署平野巡査部長は「私から伝えられて居た、山本×樹が、自己資金で焼却炉を購入、ワイエ×商会に納品した証拠を、捜査機関に出す、と言って居ると、数度告げられ、一昨年12月3日~昨年1月10日の間に、東京海上日動が、×樹から昨年2月3日付けで取得、×樹がワイエ×に資金を流し、焼却炉購入証拠等を取得済み、と、昨年1月11日に、私に伝えて居ます、東海共々、東海自家用自動車保険稼働は、完全な違法行為で、違法な当事者間示談への介入、焼却炉はワイエ×資金で購入の機器、この機器は、長縄税理士も認める通り、山本弘明、経営法人にリースで貸した機器であり、山本×樹の資金で購入では無く、ワイエ×商会、山本×城も、山本×樹同様、重過失傷害事件に、刑事、民事責任無し、こう、東京海上日動が、中島弁護士、山本×城を、言い掛かり、でっち上げ、犯罪を持ち指揮して、合法示談潰し等に走った、と言う事です」

6、昨年6月後半に、札幌市国保企画課、この重過失傷害事件の医療費7割を立て替えて居て、山本×樹が、第三者行為傷害届け出と、支払い誓約書を発行している国保事業に対し、山本×城、東京海上日動代理と、口頭で名乗った中島弁護士から国保に「当事者間示談書は偽造だ、偽造の示談書で、何故支払い請求書を寄越した、既払い金も、示談金支払いは嘘で、貸付金だ、事件当事者は親戚だから、金を貸す事は当然有る事だ、示談書が偽造と思わなかったのか」等文言で、脅しが入ったと情報を得た私は、昨年7月、東京海上日動に電話を掛けて、次の答えを得て居ます。

7、電話の相手は、東京海上日動札幌損害サービス第4課、木村課長補佐です、木村課長補佐の答え概略。

木村課長補佐-山本×樹さんの相続人である×城さんとは、中島弁護士と当社三者で数度協議して居ます、損保は、示談書は偽造と扱う事として居ますので、当事者間示談書を偽造と扱いました、×城さんも、示談書は偽造と言って居ますので、中島弁護士を、当社と×城さんの代理人として、札幌市国保にも、示談書は偽造で有り、偽造示談書で支払い請求した等告げさせました。

木村課長補佐-この事件は、示談金支払い事件も、山本×樹さん相手の、山本弘明さんが経営する法人からの、工事代金請求事件も全て、損害賠償請求事件と扱い、当社の、山本×樹さんが加入の、自家用自動車保険、日常生活賠償特約と、弁護士特約を、相続人の×城さんが被保険者で適用させて居ます。

木村課長補佐-今後、これら関連事件は全て、当社が山本×城さんを被保険者として、弁護士特約も適用させて、示談書は偽造等証明して行きます(この時既に東海、警察、検察は、この木村課長補佐、中島弁護士、山本×城の、この主張は嘘だとの、確固たる証拠を握った上で、示談書偽造、詐欺冤罪等成立に走った訳です)

※この答えを得て、東署刑事一課、山田警部補に、7月11日に電話をして、東海指揮で、未だ私を詐欺冤罪に落とすと走って居る等聞いて、添付証拠の存在も知らされました、証拠は詐欺が冤罪と証明の上で、詐欺冤罪等成立に東海指揮で暴走して居た、との事。

8、札幌地裁令和4年(ワ)第1930号、一部示談金支払い請求事件、被告は×城事件、口頭弁論最終日に、乙号証で出た証拠には「ワイエ×商会の預金履歴、平成28年3月~平成30年3月末迄の預金履歴も有り、×樹がこの法人の預金口座に、自己資金一千五百万円位を注ぎ込んでは、送金、引き出す等した履歴が記載されており、又、平成30年度決算書も証拠で出ており、×樹がワイエ×に、一千万円位貸し付けた、等記載が有ります、この事実、証拠を見ても、ワイエ×解散は違法手続きですし、×城はこの時期も含め、他事業所に、労働者偽装で正規雇用され、厚生年金、組合健保、雇用保険等を、雇用者半額保険料負担で違法加入して、辞める都度、雇用保険詐欺、厚労省再就職支援、職業訓練受講で雇用保険同額詐取、等して居た、との事です、×樹による、法人口座私物化他、長縄税理士による、違法と承知での、決算、会社清算等も、非常に悪質です」

9,ここまでの、東京海上日動が警察,検事等を違法指揮、警察、検事等が従い、犯罪共助等なので、山本×城への刑事告発等を握り潰して、×城をかくまい、犯罪責任等も科さず逃がして居る状況、と言う事でしょう「妻所有地に、証拠ではっきりしている、山本×城が主犯、焼却炉不法投棄犯罪物品は、ここまでの、民業東海が、警察、司法を違法を通すべく指揮、捜査機関が従っている、×城をかくまい、責任逃れさせている事実が有るので、不法投棄焼却炉は、札幌市環境局に、廃棄物で処理を求めて有ります、前代未聞の、民業が警察、司法を犯罪で指揮事件、妻にも私にも、何の責任も有りませんので」今後同様の、多重犯罪が、損保等指揮で起きるでしょう、窃盗、詐欺、損保が詐欺の実行犯での詐欺とも、脱税、不法投棄、法人口座私物悪用、雇用保険詐欺等々、犯罪の内容、件数、犯罪免責事実が武器です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年01月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6744743
ユニークアクセス:5908245
今日
ページビュー:1108
ユニークアクセス:1025
昨日
ページビュー:1315
ユニークアクセス:1292

Feed