エントリー

2023年02月17日の記事は以下のとおりです。

訴訟詐欺と証明した犯罪

  • 2023/02/17 16:37

札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1931,1932号事件、幾つもの裁判所、裁判官も犯罪に手を染めて、詐欺訴訟を適法と偽り、合憲、合法破壊で、犯罪者、犯罪が正しい判決、の類い判決で、弁護士、東海に、裁判官、裁判所が下僕故操られて、犯罪、犯罪者を強引に勝たせる、何時も通りの暴挙が繰り広げられたが。

只の東京海上日動、×城、中島弁護士が犯罪指揮、札幌地裁、複数事件担当裁判官、札幌地検、刑事部、その上が犯罪を承知で犯罪免責、犯罪者を逃亡させる事にも、犯罪の連鎖と、実例証拠で立証されています。

東京海上日動が、背任で弁護士費用他拠出、日常生活賠償特約、弁護士特約、自家用自動車保険の特約を「ワイエ×商会に納品した焼却炉だ、×樹の資金で購入と、東海等、検事検察庁、複数事件裁判官、札幌地裁が、×樹から証拠も得ているから、嘘と承知で詐欺主張に走って来て居ます、私を詐欺冤罪に落として粛清!これを目論んでの蛮行の連鎖です」

背任、法人税法、所得税法違反から、詐欺も当然加わって居る、東京海上日動、中島も含めた多数の弁護士連中、×城が、東京海上日動上層部と共謀して、事業資金背任、詐欺拠出。

背任行為、法人税法違反、所得税法違反他多数から科せられると言う、悪の極み司法が損保の下僕で、ここまでの犯罪を凶行多数、ロシア、中国、朝鮮と同種の、近代民主主義法治国家だ、嘘も極まって居る実例、証拠多数です。

矜持等も「意味自体永遠に理解の端緒にも就く筈が有りません、ネットに書いてある、法曹資格者に社会常識、憲法、法律を正しく理解させる事は、イグアナに因数分解を理解させるより困難、と言うより、生き物の性質が全く異なって居るから、理解に至れる訳が無い、が実際の答えで」

今後東京海上日動、中島桂太朗辯護士、×城、検察庁検事、裁判所裁判官は、東海指揮犯罪共謀をどうする?

  • 2023/02/17 16:20

焼却炉を納品した先は、ワイエ×商会(株)だと、平野巡査部長、×樹から聞いてから私は「であれば、×樹が加入して居る、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約は適用不可能で、詐欺適用だ」と伝え続けて来ている通りです。

津京海上日動、中島提携弁護士、×城ら犯罪者は、札幌地検、二階堂検事、札幌地裁、複数事件担当裁判官等と共謀して、東署も同様の共謀者となって「それでも私を、詐欺冤罪に落とす事に狂奔し続けている通りです」

東京海上日動、×城、中島弁護士は「焼却炉はワイエ×商会所有株を売り、購入した機器だ、×樹が東海等に提供した証拠で、×樹の資金で購入、ワイエ×に資産登録した機器、と知った上でこの嘘を吐いて」

「よって焼却炉は”×樹の相続遺産動産では無くて”違法解散済みを隠して、営業して居る、と嘘を吐いて有る、ワイエ×商会(株)が所有者で、原告にリースで貸した機器だが、証拠も無く、嘘と承知での、違法訴訟当事者扱いを受けての主張だ!長縄税理士も、この事実?を認めて居るんだ、長縄税理士事務所は、そんな事は言って居ない、リース貸出等も言って居ない、と答えても居る上での虚言です」

しかも「×城を私、経営する会社が訴えた3の事件と、札幌市国保に対して、×樹が立て替え医療費支払いします、と第三者後遺障害手続き、誓約書とも提出、札幌市国保企画課相手にも”東京海上日動、中島弁護士は、東海事業資金背任、詐欺で拠出、法人税法違反、所得税法違反!”も4回重ねても居る訳です」

当然ですが「訴訟詐欺にもなって居ます、解散済みワイエ×商会を、営業して居る、と偽り、憲法第76条3項蹂躙裁判官共々、民事訴訟法第47条1,4項と、民事訴訟法第43条違反の、犯罪補助参加を、法令違反、手続き故意に無しで良い補助参加!とも、二事件裁判官、札幌地裁が認めた訴訟詐欺、も加わっているし」

ここ迄いい加減、出鱈目なのですよ、法曹資格者、検察庁裁判所、法務省からして、×城に絡んでの、4件もの違法な東海事業資金、背任、詐欺拠出、東海が回収するか、否かまでの事態で、訴訟詐欺も、正しく証明されても居ると。

多数の損保指揮、昌城、中島弁護士が共謀、実行犯罪が、札幌の司法、警察も直に共謀

  • 2023/02/17 11:23

人間、頭の程度がもう「只の三流カルトを崇め奉るまで凋落すれば”ここまで堕ちてしまうんですね、特に法曹資格者、司法機関、法務省の構成員、警察官等の、恐ろし過ぎるカルト狂信集団事実”狂い切った公権力でしょう」

本日の文書の記載も見て下さい「損保等犯罪を成功させる為”司法犯罪が多数仕組んで有ります”損保、提携弁護士共謀、違法な弁護士費用拠出等、背任、詐欺の蔓延も日常化、じゃあ」

何が正しく統一した根拠で「損保が詐欺被害を受けた、と訴えたら、無条件で詐欺冤罪を、強引に、事実無根だと承知で、強制力行使で、詐欺冤罪に落とせて居るんだ、この冤罪に付いても、どう言う統一根拠で、詐欺冤罪を成立させて有るんだ?ですよね」

ずっと言っているように「損保、提携も含めた辯護士、下僕警察、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判所、裁判官、合憲、合法と証明出来るから”詐欺だの、他者を陥れられる訳です”所が」

損保、共謀犯弁護士、警察、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判所裁判官は、損保と共謀して、背任、詐欺他、冤罪捏造も含めた犯罪常習者です、他者を冤罪と承知で、詐欺に落とせる何物も無いのです。

こんな損保が指揮、違法な自動車保険適用、詐欺で事業資金拠出東海、受領中島弁護士、×城、背任罪、詐欺罪から正しく適用される犯罪が表で証明された上で「どうして東京海上日動、×城、中島犯罪辯護士、共謀警察、札幌地検、検事、札幌地裁刑事、民亊担当裁判官等、正しく犯罪も証明されて居る側、警察、司法が共謀犯!まで証明された上で」

背任、詐欺で損保事業資金拠出、違法受領も承知で、職権悪用テロに狂奔、司法テロに走れて居るんでしょうか、日本国憲法、法律蹂躙を武器とさせて、悪行三昧を損保、提携弁護士等等と重ね捲って通せて居るんでしょうか?

損保は背任、詐欺事業資金拠出も認められて居る、訳が無いのだから、愛人手当、事業資金指摘流用等、認めて居るか、国税庁は?

無知蒙昧、法令遵守の意味すら理解不可能、法曹資格者の実態

  • 2023/02/17 10:53

損保が指揮、司法、警察犯罪「ようやく徴税方向も、のようです、私が徹底的に調べ上げて来て居る、損保、司法、警察等共謀の、国家権力が損保の下僕に堕ち切っての、巨大疑獄犯罪多数!」

内閣にも上げて来ているし、財務局金融通報窓口にも、通報して来て居る巨大犯罪ですからね、ようやく実を結び出したのかも、ですね。

極悪非道を超えた、損保指揮犯罪で有り、背任、詐欺で損保は事業資金拠出も日常、この連中と司法こそ、詐欺等犯罪者ですから。

悪の権化、損保、警察、司法が「損保が詐欺と訴えたから、詐欺だと出鱈目、でっち上げで決めた、詐欺を働いたと吐け!詐欺事実証拠は不要だ!詐欺を働いたと、自白させれば良いし、自白しなくても”損保が、こいつが詐欺を働いた”と訴えたら、それで詐欺犯と確定されたんだ!損保がった得る、詐欺冤罪の常套手段だ」

これで詐欺に落とせて居るんですから「この損保指揮、提携弁護士中島、昌城、警察、司法共謀の冤罪粛清未遂複数、今も継続冤罪事件も、この手口の踏襲事件です」

で「この詐欺冤罪を捏造、詐欺に落とそうとしての、刑事、民事手続き、札幌市国保企画課相手の”違法な東海自家用自動車保険、背任、詐欺と承知で適用で、弁護士費用なども、背任、詐欺で複数拠出事実、証拠の通りで”東京海上日動、×城、中島弁護士らが、正しく背任、詐欺等犯罪行為者と証明されている通りです」

そもそも私「東海自家用自動車保険、×樹が加入損害保険、被保険者不適格だし”ワイエ×商会に納品した焼却炉、×樹資金で購入だけど”ワイエ×は違法解散済みで訴訟詐欺展開」

も立証済みで「私、詐欺冤罪の根本条件から、全く備わって居ないんですよ、杜撰極まる、東京海上日動、×城、中島弁護士が指揮、詐欺他冤罪です、こいつらが犯罪者と立証されている事実をどうするのか」

損保が詐欺の常連

  • 2023/02/17 06:56

@東京海上日動が山本×城と共謀、三井住友は、佐藤××氏と共謀”自家用自動車保険、弁護士特約も違法適用、損保の背任、二個人共で、詐欺損害保険金利得やり取り事件、昨日伝達二事件、東京海上日動、三井住友本社、二個人に対する、背任、詐欺資金提供、受領事件に関して、徴税目的調査から求めます”この資金は犯罪資金、110万円徴税外”規定は不適用、犯罪による資金拠出、提供です

                                  令和5年2月17日

       本件告発者、私を詐欺冤罪に落とすべく、東京海上日動等、上記犯罪実行被害者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-1989
                            FAX011-784-5504

通報先
〒001-0031 札幌市北区北31条西7丁目3番1号
札幌北税務署 資産課税第二部門、菅原学統括国税調査官
TEL011-707-5111
会計検査院
TEL03-3581-3251,FAX03-3593-2530

事実確認、調査先
東京海上日動本社、札幌損害サービス第4課、永井課長、木村課長補佐
TEL011-350-4357,FAX011-271-7379
三井住友本社 札幌損害保険金お支払い第1センター篠原担当他
TEL011-213-3321、FAX011-8973
金融庁保険課、損保係三浦課長他
TEL03-3506-5104,FAX03-3506-6699
※損保、弁護士、損害保険契約、約款契約規定違反拠出合否確認先
上村昌通札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
TEL011-261-9313,FAX011-222-7357
※故意に保険契約書、約款、法人全部事項謄本不提出で刑事、民事手続
綿引真理子札幌高裁長官
FAX011-271-1456
鈴木信弘道警本部長、監察、各捜査課長
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部、生活安全青木警部補
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補
TEL011-704-0110 

1,昨日電話で伝えた”東京海上日動が山本×城、三井住友が佐藤××氏に対し、共に弁護士特約違法適用事実と”東京海上日動、山本×城、中島桂太朗辯護士等が共謀、山本×樹が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約も、弁護士特約と共に違法適用、損保背任、詐欺資金拠出事件の通報を、書面でも行います。

2、札幌高裁令和4年(ネ)第153号、人身交通事故損害賠償関係事件、加害者佐藤××氏、一審判決文(佐藤氏の記載住所、愛知県安城市××町一本木1-×-××)添付、三井住友札幌損害補家の支払い第一、緒方担当が違法行為当事者、退職後、篠原担当引継ぎ、控訴事件、弁護士小寺・松田法律事務所在籍、熊谷建吾辯護士事件で、三井住友、熊谷弁護士は、佐藤氏の意向に拠らず「佐藤××氏は、三井住友と契約、自家用自動車保険に弁護士特約を付けて居なかったが、緒方担当、三井住友上層部が、違法に弁護士費用拠出、熊谷弁護士に違法な弁護士費用拠出、背任拠出、詐欺拠出を行い、強引に須川××氏相手に訴訟を提起した等、篠原担当が証言」

3,佐藤××氏は元々から「この損害賠償不法踏み倒し訴訟提起から求めておらず、三井住友、熊谷弁護士が、佐藤氏は弁護士特約を付けて居ないにも拘らず、背任、詐欺と承知で佐藤氏を原告、須川氏を被告と設定して”三井住友、熊谷弁護士が、裁判提起を行った、佐藤氏は以前から証言”更に三井住友、熊谷弁護士は、違法を重ねて、須川氏の主治医発行医証のコピーを使い、医師法第20条違反、鑑定医による違法鑑定を実施させて、控訴事件で出しているが、この鑑定費用50万円以上も”控訴事件裁判官、須川氏委任、丹羽錬弁護士は、違法に負わせようと謀ったが、須川氏が拒否したので”三井住友が拠出した、と、篠原氏は証言、不法な三井住友上層部ぐるみ、背任、詐欺事業資金拠出です」

4、既に証拠も出揃っている通り「山本×城に、東京海上日動は、中島桂太朗辯護士と共謀して”山本×樹が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約が適用される”と、東海、×城、中島弁護士が共同謀議を働き、×城を被告とした、札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1931,1932号事件で、違法な弁護士費用拠出を重ねて居るし、札幌市国保企画課相手にも、×城の代理人だとして、中島弁護士を、違法な弁護士特約適用、背任、詐欺行為費用拠出して居ます。

5,しかし×樹は、昨年2月3日付け、東海に発行書面と証拠と、捜査機関に対して一昨年7月14日、証拠提出により”焼却炉は×樹資金で購入、息子×城が社長、ワイエ×商会(株)に資産登録”との書面、証拠を出している通りであり、東京海上日動、×城、中島弁護士は、1930,1932号訴訟で”昨年7月5日、3月31日に遡らせて解散済みワイエ×商会が営業している、と故意に偽り、焼却炉はワイエ×所有株売却資金で購入(実際は、×樹所有株を野村證券、カブドットコムで売却した資金と、×城が1932号に、ワイエ×預金履歴、長縄税理士関与決算書で証明済み)等虚言を並べ立てて、×樹に科した、重過失傷害事件の嫌疑は冤罪、×樹、ワイエ×商会、×城に、一切刑事、民事責任は無し、焼却炉はワイエ×資金で購入、所持、リース貸出機器であり、×樹は病等で認識力を失い、自己資金で焼却炉購入と錯覚した、よって当事者間示談書は偽造、ないし、私が×樹を騙して、脅して交わさせた偽造示談書面で、×樹が支払った部分示談金も、詐取、脅し取った金で有る”と、多数の犯罪を重ね、裁判でも公式に、嘘と承知の公式主張している通りです。

6、よって東京海上日動、中島弁護士、山本×城は共謀して”山本×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約(既に4回、損保リサーチに調査依頼)弁護士特約を、背任、詐欺と承知で稼働させ、×城に、東海が背任、詐欺で事業資金を拠出して、中島弁護士も共謀犯で、4件違法な事業資金拠出、詐欺供出した訳で、この二事件で損保が拠出、弁護士費用等は、背任、詐欺事業資金拠出です。

7、従いまして「参考までに、と税務署が言う”贈与金、一時所得は110万円まで非課税”には該当せず、刑法第19,20条から適用となる、背任、詐欺事業資金拠出、受領で有り、全額没収、徴税対象資金です」

8,私を冤罪に落とすべく、東京海上日動、山本×城、中島桂太朗辯護士等が企んだ冤罪は「虚偽との証拠も、彼らも捜査機関も得た上で”被保険者不該当、億前後の資産を一時は持って居て、死去時も5,000万円以上の資産を所有×樹が金に困り、私が購入した焼却炉を、×樹所有と偽り、私が×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償に、詐欺目論見違法請求した、1930,1932号でも、彼らが主張もした、詐欺冤罪”が一つ、×樹、×城、東海提出証拠で、故意による虚偽の詐欺冤罪と立証済

9、×樹死後は、東海、×城、中島弁護士等共謀で「焼却炉はワイエ×所有株売却資金で購入、所持、リースで貸した機器等、よって×樹と私が交わした、複数の示談書は偽造、×樹は病等で、自己資金で焼却炉購入と錯覚しただけ、示談金は私が×樹を騙す、脅して得た金等、1930号では、証拠隠蔽で主張、1932号口頭弁論終結日に、×城、東海、長縄税理士関与証拠提出で、全て虚言と事前に承知で虚偽主張と自分達で立証済みの通りです」

10、東警察署刑事一課強行犯山田警部補は「昨年7月11日に”×樹に焼却炉購入資金は、あんたが出している、×樹が購入と嘘を吐き、東京海上日動相手にあんたが詐欺を働いた事件、×樹はあんたが焼却炉を購入した、購入費を出した、等自供して、調書もある、今読むからな、あれ?おかしいな?そんな供述無いぞ?”あれ、平野からこの内容の詐欺事件で、あんたが詐欺犯で送致と聞いて居たんだけど?あんたが詐欺で重い罪にならないようにと、意見書も付けて有り、重い刑にはならない筈です、×樹提出、一昨年7月14日提出の証拠、示談書、示談金支払い証拠、×樹が東海に、既払い分支払い請求した証拠、保険適用可東海書面、焼却炉をワイエ×に納品証拠等有るので、地検から取得して下さい」等伝えられた事実も、既に公開済みの通りです。

11,これ等事実、提供証拠、佐藤××氏も三井住友ぐるみ、保険業法違反、背任、詐欺で事業資金拠出、弁護士特約、鑑定料違法拠出事件も合わせて通報致します「私を複合的、詐欺冤罪に落とそうと謀り、東海、×城、中島弁護士、札幌地検、地裁、検事、裁判官、東警察署ぐるみで詐欺冤罪抹殺に狂奔して居る、この事実証拠があるのです、東京海上日動、三井住友、中島、熊谷弁護士、山本×城、佐藤××氏が共謀、事業資金背任、詐欺拠出、受益が適法、贈与、一時所得の筈は絶対有りません」

12、当然ですが「山本×城相手に、×樹が私に支払い済み、重過失傷害事件示談済み分金支払い、×樹が東海に一定請求済み分が、東京海上日動から×城に支払われて居れば、当然背任、詐欺支払い、受給で、刑法第19,20条から適用として、全額没収か徴税、東京海上日動への、背任、詐欺事業資金拠出調査等も求めます」

13、以前から損保、共済、提携弁護士は「損害保険契約違反、弁護士特約付与せず等を承知で、こうした背任、詐欺事業資金拠出、需給を重ねて来ており、警察、検察庁、検事、刑事、民亊担当裁判所、裁判官も、この背任、詐欺事業資金拠出、需給を承知なので”当該損保、被保険者?受任辯護士に、損保との契約書、約款を証拠提出不要と扱っています”背任、詐欺を承知故です」

14,札幌地裁事件、ワイエ×商会解散を隠蔽して訴訟参加、主張、要求させ、認めた犯罪、憲法第76条3項(裁判官は、憲法、法律以外に拘束されない規定)民事訴訟法第47条1,4、民事訴訟法第43条、訴訟当事者原告、被告以外が当事者となる手続き、補助参加手続き、書面提出、印紙納付で手続き必須を、1930,1932号で札幌地裁、裁判官が、故意に不要とさせて、違法に訴訟当事者で扱い、主張、要求を違法に認め、判決にも引用事件に絡み、次の地裁に、清算後当事者で違法参加は、札幌地裁以外公式実例は、表向き無し事実も含め、訴訟中、後の清算に付いて調査実施しました、常態化させて有る、法人現在事項謄本不提出を武器とさせた、常態化詐欺裁判と」

15、東京、横浜、札幌、名古屋、京都地裁民事受付への調査、最高裁指示らしい、共通回答から。

(1)各地裁回答統一ー訴訟中、後で当事者法人解散に付いて”法曹資格者、裁判所は、憲法、法律判断する立場に無く”法曹資格者以外の、どれかの法律家にご相談下さい、法曹資格者、裁判所は、責任等は負いません、訴訟前に清算済み、を隠して、法人が営業していると偽り、訴訟当事者で扱い、主張、要求等認める実例は、札幌以外は知りません。

(2)京都地裁ー言われる通り、口頭弁論終結日に、最新の法人現在事項謄本と、法人役員、責任当事者特定させるべきでしょうね。

(3)なお、私、経営法人も×城相手で経験済みですが”法人が訴訟当事者なのに、法人現在事項謄本、法人役員証拠、故意に出させて居ません、私が当社現在事項謄本を出したら、これは何ですか?と受付で謂れ、裁判官は、法人現在事項謄本の意味不明でした”あらかじめ、訴訟詐欺が仕組まれて居ると言う事でしょう。

(4)札幌市国保企画課には”中島弁護士は違法代理”東海は背任、詐欺実施、関わらぬこと、と告げて有ります。

16、添付したのは、今月15日に小樽署刑事二課で受理、小樽で起きている、農水省管理国有地と、民有地で起きている、大量の廃棄物土砂不法投棄関係事件、告発状で”法曹資格者、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判祖裁判官、警察が、廃掃法は行政所管法律で有り、司法が法の規定蹂躙は、三権分立憲法規定上も不可”も知らず、妻所有地に×樹のみ仮置き許可事件に絡む、焼却炉所有者捏造、詐取、窃盗未遂、現在不動産侵奪、事業物不法投棄事件を惹き起こさせて居る事件と、警察、検事、裁判官が、正しく三権分立から遵守し、整合性を取った事件扱いする為”の告発状、妻所有地の事件等も記載告発状です、法曹資格者、警察、司法機関は、行政所管法律(国税徴収法、刑法第19,20条から始まる、も含めた)の破壊、詐欺、窃盗、強盗、脱税も公式実行等に走っており、勝手な行政所管法律出鱈目適用を重ねさせれば、私も妻も、更なる非道な公権力、東海等犯罪被害に落とされますので。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7348343
ユニークアクセス:6501887
今日
ページビュー:487
ユニークアクセス:483
昨日
ページビュー:717
ユニークアクセス:715

Feed