エントリー

2023年02月20日の記事は以下のとおりです。

法曹資格者、検察庁、裁判所、法務省職員等、記載事項等全く理解も不可能

  • 2023/02/20 11:53

警察官等、弁護士、検事、検察庁職員、裁判官、裁判所職員等「損保事業の多重犯罪も理解不可能が実際、背任、横領、法人税脱税、被保険者へ背任詐取資金提供、弁護士に、違法に弁護士委任費、被保険者が委任偽装で横流し、裁判費用も詐取して横流し等、微塵も理解不可能、が実際の、頭の程度です」

こう言った犯罪も、まるで素養、基本知識以前の、正しい常識から備わってもおらず、理解の端緒にも就く事から出来ません、だから「只の荒っぽいだけの犯罪事業者、損保、犯罪職員、共謀犯弁護士等犯罪も、まるで理解も出来ないで、公権力を損保犯罪者指揮を受け、損保が指揮する犯罪凶行、公権力の悪用犯罪!に、日常的に狂奔して通そうと謀る訳です」

カルト犯罪を、共に凶行三昧、只の組織テロ犯罪集団の所業を、損保共々嬉々として凶行し捲り、公権力職権悪用を武器とさせ、強引に冤罪を成立、背任で事業資金詐取、犯罪辯護士、裁判所に横流し、刑事民事共、訴訟詐欺も日常的に凶行、損保が指揮、犯罪適法判決のみ下して、冤罪で投獄、合法賠償恐喝踏み倒し三昧、を日常のテロとさせて居られるんです。

虚偽と承知での、損害保険詐欺冤罪、詐欺冤罪がでっち上げと暴かれれば、別の冤罪を捏造して、公然と出鱈目な冤罪でっち上げを重ねると、警察、検事検察庁、刑事、民事担当裁判官、裁判所ぐるみ、損保の意向を、合憲、合法蹂躙を、公権力悪用テロで果たして。

損保、提携弁護士が指揮、冤罪成立テロ、合法賠償踏み倒し等の未決定、判決を「職権悪用を持ち、合憲、合法破壊によってのみ、下してだけ居ます、事件の正しい理解不可能、事件の正しい構成、要件意味不明、事件事実の正しい合理的、物的証明が出ても、意味不明で握り潰し!冤罪にも到達出来ません」

損保事業資金、自賠責事業資金を、これ等犯罪用資金と、横領、詐取を常とさせて、犯罪で抜いて、弁護士、裁判所に差し出しても居る、極悪非道さが、尋常の範囲を超えてしまって居るが、損保が指揮、警察、司法、法務省等犯罪を、合憲、合法によって叩き潰す公権力、政治、行政権力も含めて、より無知無能、遵法など意味も不明故、テロの加速以外、無い事態が悪化の一途を辿るばかり、の現実を。

損保事業犯罪、自賠責事業も同様の、事業資金背任拠出から事件、税理士、公認会計士も、司法とぐるで、直接実行犯

  • 2023/02/20 11:30

損保、司法ぐるみの極悪犯罪、損保、自賠責事業資金を、背任横領、法人税法違反、国税徴収法違反、保険業法違反、詐欺等の犯罪を重ねて、弁護士に犯罪資金提供して、印紙費用も郵券費用も違法に詐取、横領して。

被保険者を原告、被告とでっち上げで設定して、訴訟内外で詐欺、恐喝等を、犯罪受任辯護士を頭に立てて、凶行し捲って居る、この犯罪の責任は、損保顧問税理士、監査法人、委任公認会計士も共謀の犯罪です。

長縄信雄税理士に限らず、税理士も、公認会計士、監査法人も「確信犯で共謀犯です、国家資格を悪用して”決算書、法人税申告等を、合法な手続きだった”と、虚偽で証明して、犯罪を成功させて居る訳です、当然、損保、犯罪被保険者委任弁護士等、と検事、裁判官では、合否等と言う、高等数学を超えるまで難しい((´∀`*))ヶラヶラ問題、事件は、理解の端緒にも付ける訳がそもそも(;'∀')」

ここまで無知無能、遵法等理解不可能な資質?の独裁公権力集団なのだから「刑事も民事事件も”合憲、合法による扱い、決定、判決と、合理的に証明した事実も、決定、判決文に記載が必須”を果たせる道理が、そもそも無い訳です」

こう言う現実だ、とは一定気付くから「損保、訴訟当事者とでっち上げて有る被保険者、弁護士特約の被保険者では全く無い、訴訟詐欺当事者と陥れられた、訴訟当事者と設定でされた被保険者らも含めて”訴訟詐欺、背任行為共犯、被保険者が書面に署名押印して、違法な弁護士費用詐取!が、損保、提携弁護士、警察、裁判官、裁判所、検事等の罠!”と仕組んで有る、損保、司法、警察テロ、訴訟詐欺日常損保、法曹資格者による”」

被保険者も罠を仕掛け、司法が不都合となれば、生贄とさせる設定まで、が真実と、狂い方がもう。

法曹権力は、談合でしか神様ごっこも出来ない現実

  • 2023/02/20 10:12

法曹資格者、法曹三者弁護士、検事、裁判官は、談合でしか、裁判ごっこも、法廷外の事件の扱い偽装も出来ません、時代錯誤を超えた、司法、法曹談合三兄弟(団子”う)三兄弟、、と(;'∀')、まあ、これが真実と言う。

何もかも、事件の理解はできる資質、知識、方法論も何も無い故「法曹三者談合を常とさせて”間違いがばれたら、責任逃れする、出来るように企んで有る”これが真実なのです」

公判前整理手続きって「要するに、法曹三者間の談合で”弁護士、検事、裁判官が間違ったとばれても、責任を三者誰も負わず逃げられるように”仕組まれた代物と言う事です」

扱う事件どれも、損保絡みの事件は特に「無知無能、無責任がほぼ故、何が何かも分からないで”全能の神ごっこに興じて居ます”が、何の事件か?も含めて、なにも実は、理解も不可能が真実です」

現人神だ、とでっち上げの”神話?”を事実と、平民の愚かさを承知で狂信させて有る設定で、現人神三者が、神域で神達で、神の託宣を下して通して居る、ごっこに興じているだけですから「憲法第76条3項、裁判官は、憲法法律以外に拘束されない、逆に言うと、憲法、法律の徹底遵守による決定、判決、神の託宣、これを合理的に立証してしか、決定、判決は下せない憲法規定です、が」

そんな憲法規定も何も、知らないで現人神ごっこに興じて、法曹三者が集い、現人神の自分達は全能だ!ごっこを絶対で押し通せて居る訳です「故に”絶対に弁護士を、自賠法第15,16条適用加害者、被害者が被保険者、弁護士費用を保険金で受領して、弁護士を委任出来る被保険者だ!とでっち上げで自賠責、任意自動車保険資金背任横領、詐欺供与等に狂奔出来て居て。

自賠責保険被保険者、加害者と被害者が、弁護士費用を自動車保険から、合法支払い受け出来る被保険者、訴訟でも訴訟当事者と偽って、弁護士費用も訴訟費用も、損保が違法拠出して、被保険者が弁護士委任者、訴訟当事者だ、との法螺で、背任横領、詐欺、法人税、保険業法違反、国税徴収法違反、犯罪事業資金供与、受領犯罪も、日常的に凶行し捲り、犯罪と承知で、成功させて来て居るんです」

只の損保事業、自賠責事業による、事業資金背任横領で詐取して、違法提供して弁護士を潤して居て、訴訟詐欺凶行犯罪です。

時代錯誤を極めた、損保が指揮、司法他共謀犯罪の現実

  • 2023/02/20 09:52

法人の事業資金、まして「金融、保険事業の資金は、公的な性質が極めて高い資金で有り、ある意味、楽して、公権力との共謀度合いにより、濡れ手で粟、で手に入れた資金ですから、背任横領、違法な事業資金に流用も、痛くも痒くも有りません、詐欺で集めた資金、の類いと言えるので」

この現実があるから「各種年金事業資金、健康保険、労災保険料資金、雇用保険事業資金、自賠責事業資金に、国税資金、地方税資金は、保健事業目的に合法を証明して、使用が鉄則、の逆で、私利私欲用に流用され放題去れている、のと損保事業資金は、事業資金法を犯して背任、横領、詐欺に流用し放題と、根本から同様の状況を生み出して居ます」

特に悪質な、損保事業資金の違法横流し常態化が『弁護士に、違法を重ねて損保事業資金背任横領で提供”名目は、被保険者に弁護士費用を拠出”損害保険金の支払い、を、形も取らず、設定してあるが、形さえ取って居ない証拠が」

元々被保険者に、弁護士費用を拠出できない、自賠責事業もそうですし、火災保険も基本こうです、又『弁護士特約加入せず、も、弁護士費用を損保が出せる訳が有りません、更に「法人に絡む加害責任事件で、加害側、加害者の、自家用自動車保険、特約、個人が加入、損害保険、対人、対物用損害保険は、絶対に適用不可能です、契約損害保険が違うので」

こう言った真実、損害保険の法律(保険業法、商法、法人税法、刑法詐欺、背任横領、19,20条、背任、横領、国税徴収法等で合否判断が必須、詐欺冤罪常態化もしかり)に沿った適用の可否から、法務省、金融庁、国交省、財務省、検察庁、裁判所ぐるみ、故意に正しく法を適用せず、法で判断せず、させず。

損保、弁護士が「公権力、監督官庁、検事検察庁、裁判官刑事、民事共、裁判所、警察を”犯罪を成功させる目論見での違法指揮を、常に取れて、通している現実による、巨大国家権力ぐるみの、損保、弁護士が指揮、テロ、犯罪の現実なのです」

冤罪捏造も日常のテロ、捜査機関、司法が損保の下僕故、完全な言い掛かりで「詐欺を働いたと自白しろ!事実無根だが吐け!吐かないだと、しぶとい奴だ、長い懲役刑を科してやったぞ、初めから事実無根で、詐欺で有罪と決めて有るから、虚偽自白すれば、刑期を多少短くしてやるが、虚偽自白しないなら、思いっきり長期刑を科して居る!が実際だから」

訴訟詐欺

  • 2023/02/20 07:30

@損保、法曹三者、司法機関、法務省、警察、金融庁、国交省自賠責事業で共謀”損害保険契約書約款”を、裁判内外とも故意に証拠提出させず、背任、法人税法、保険業法、国税徴収法他違反を隠して弁護士費用、印紙、郵券、鑑定料等拠出、訴訟詐欺常態化、自賠事業、火災保険契約に至っては、弁護士特約等無し、国家権力共謀、損保、司法背任、訴訟も含む詐欺、背任資金、違法な弁護士費用保険金支払い共、違法支出受領金員、犯罪利得に対する脱税等犯罪です”損保が原告被告、補助参加の場合”のみ、上記外で、損保が弁護士費用拠出可、違法故被保険者を訴訟当事者捏造、上訴理由書に詳細記載

                                  令和5年2月20日

       東京海上日動、中島桂太朗辯護士、×城、捜査機関、裁判所、裁判官犯罪被害者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504
※道警本部生活経済刑事複数、中央署相談小林巡査長、小樽署刑事二課河瀬警部補、東署刑事二課小林警部補、刑事一課強行犯山田警部補、杉原巡査部長他”損害保険契約で弁護士特約無しの場合、自賠事業はこの特約自体無し、火災保険は損保と加入者、第三者相手支払いは基本除外故、弁護士特約無し”これ等で弁護士費用、損保が拠出、被保険者を当事者と設定で訴訟、法廷外辯護士代理行為は、事業資金背任、詐欺拠出からの犯罪、理解出来ず

戸倉三郎最高裁長官
FAX03-4233-5312 損保、被保険者に約款提出させずから故意
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456法人謄本故意に不提出、訴訟参加手続き潰し故意
斎藤健法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 記載犯罪、弁護士への違法資金供与目論見
上村昌通札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正
FAX011-222-7357 損保事業資金、背任、詐欺用拠出等承知で公認
鈴木信弘道警本部長、監察課、各捜査課長
TEL,FAX011-251-0110 背任、詐欺、脱税等違法操作制度化
札幌方面東警察署長、地域課鈴木警部、生活安全青木警部補
刑事一課強行犯山田、刑事二課知能犯小林、刑事三課盗犯枡谷警部補
TEL011-704-0110
金融庁保険課、損保係三浦加藤他
FAX03-3506-6699背任で弁護士費用他拠出、訴訟詐欺等状態化指揮
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村専門官、平川係長他
FAX03-5253-1638 自賠事業に弁護士特約無し、国が背任詐欺
FAX011-218-5182札幌市国保企画課 東海、中島弁護士犯罪組不可
FAX011-218-5105 札幌市環境局、焼却炉所有者法で特定から
FAX011-261-6548 道新報道センター記者 背任、詐欺、脱税不可
FAX011-221-6807共同通信記者 契約約款、法人謄本故意に不提出
FAX011-232-5190NHK報道部 損保背任、訴訟他詐欺、証拠の山
FAX011-271-1535 STV報道部
FAX011-221-6807 HBC報道部
FAX011-233-6008 HTB報道部
FAX011-261-5649 UHB報道部

1、ようやくメスが入り出した”損保、弁護士、刑事、民事訴訟法手続き、国の公務、法曹資格三者談合(だんごう三兄弟?)による、背任横領、法人税法違反、国税徴収法違反(被保険者違法保険金、弁護士費用、印紙費用、郵券費、鑑定、調査費用利得取得)訴訟詐欺も含む詐欺、法廷外でも違法な損保事業資金拠出、違法代理行為弁護士による、言い掛かり脅迫恐喝、冤罪捏造も損保と共謀実行等等”この国家権力ぐるみのテロ行為、犯罪は”保険契約約款、保険金拠出証明”を先ず、刑事(損保、弁護士共謀、詐欺冤罪等捏造告訴告発等)民事共故意に提出させず、上記犯罪を成功させて有ります、自賠事業、火災保険、特約に至っては、弁護士特約自体、損保と契約者間の損害補家夏買いが鉄則故、基本無いが、脱法弁護士委任、受任、脅迫恐喝、詐欺冤罪訴え犯罪で不払い活動常態化が実際です。

2,札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1931,1932号事件では”東京海上日動、中島桂太朗辯護士、×城が訴訟詐欺を指揮、裁判官、裁判所が従い、違法解散済みワイエ×商会(株)と承知故”法人謄本不提出、東京海上日動自家用自動車保険契約約款共、犯罪隠蔽目論見で、故意に不提出とさせ、違法なワイエ×訴訟当事者扱い、違法な自家用自動車保険、日常生活賠償特約(調査費等拠出)弁護士特約での、東海事業資金背任、詐欺拠出、法人税法、国税徴収法違反、違法な×城への保険金詐欺拠出による、訴訟詐欺実行、合法対人賠償踏み倒し等に走って来たし。

3、警察、検察庁、検事等も共謀して、東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士の虚言に、嘘と承知で詐欺冤罪を成立目論見で”ワイエ×謄本、違法解散が証明出来ぬよう故意に揃えず、×樹が捜査機関に提出、東海、×樹加入自家用自動車保険適用可東海書面、約款、ワイエ×に焼却炉納品証拠、×樹が東海に、既払い証拠も添えて支払い請求共証拠も証拠提出済み、東海、捜査機関は、×樹が東海、捜査機関に”自分の株を売った資金で焼却炉購入書面、ワイエ×預金履歴、ワイエ×に焼却炉を、部外者の×樹と共犯長縄税理士で資産登録証拠も得ながら”東海の冤罪告訴、私を詐欺冤罪で警察、検察に訴え、虚偽と証拠も得て承知で、言い掛かり詐欺を、はじめと×樹死後変えてまで、私を詐欺冤罪粛清等に走っているのです、背任、横領、法人税法、国税庁手法違反東海による、事業資金犯罪拠出資金で。 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7508780
ユニークアクセス:6660034
今日
ページビュー:320
ユニークアクセス:320
昨日
ページビュー:1487
ユニークアクセス:1475

Feed