エントリー

2023年02月26日の記事は以下のとおりです。

司法冤罪成立手法は、刑事、検事が虚偽自供調書を録る故、が全ては嘘

  • 2023/02/26 16:58

実体験も有り「冤罪捏造の手口に、刑事、検事が、冤罪成立用に、冤罪証拠で、虚偽自白調書を、嫌疑を掛けた人を騙す等して録る、この手が有る事も承知して居ます、が」

この手口が、冤罪を成功させる、最大で大半の手とは思って居ません、損保が指揮、警察、検事検察庁、民亊、刑事裁判担当裁判官、裁判所犯罪「損保、弁護士が、虚偽を事実とでっち上げて、裁判官が従い、出鱈目な決定、判決を常に下す手口、これが冤罪創出の、最大の武器ですしね」

この損保指揮、司法冤罪成立手法は「正しい事実、証拠が揃った上で”揃っている事実、証拠も、呆れ果てる事に、法曹資格者、検察庁捜査官、裁判所書記官ぐるみ、何も理解不可能”が実際で」

損保、提携弁護士が、詐欺冤罪などをでっち上げて有る通り、事実、証拠の逆の決定、判決を、検事、刑事、民事担当裁判官が、日常的に下して居る実例、証拠多数が有る通り野、司法テロ冤罪成立が、冤罪を故意に生み出して、冤罪に落とし捲れている、事実証明です。

私も「公式には数度、司法冤罪粛清目論見、テロ攻撃も受けて居ます「犯罪者と共謀弁護士が、冤罪でっち上げ告訴すれば”特に左の弁護士連中が、虚偽告訴すれば、ほぼでっち上げ告訴が受理されて”冤罪粛清用、警察、検事検察庁、刑事担当裁判官、裁判所テロ攻撃が降って来ます」

一昨年3月29日、高温焼却炉転倒下敷き、重過失傷害事件を「被害者の私を、加害者×樹が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、被保険者不適格の私、法人に納品焼却炉なので、自家用自動車保険は、そもそも適用不可能と合わせた、東京海上日動、中島冤罪捏造共謀、実行辯護士、×城、警察、検事検察庁、民事札幌地裁、担当3裁判官共謀での、私を詐欺冤罪で粛清目論見テロ!も、この構図と言う事」

極左弁護士連中が、犯罪損保東海、犯罪多数正城と共謀の結果でしょう。

医療機関、顧問弁護士も共謀犯、国税の動きにより、共謀事実責任等を

  • 2023/02/26 10:21

今後、国税が掌を返して、損保、司法共謀の「刑事、民事手続き、詐欺訴訟手続きも含めての、損保事業資金の背任、詐欺拠出、受領、この資金を悪事、司法ぐるみ犯罪資金で活用、法人税法違反、国税徴収法違反、刑法第19,20条適用の悪行他、違法な損保による、事業資金背任拠出、詐欺受領、悪用の糾弾を」

国税が「やっぱり止めるよ、とでも、掌を返さない限り、動き出した、公式な、東京海上日動、三井住友の実例から、損保事業資金、背任、詐欺拠出、受領、悪用実例への、合法徴税等に付いての動きは、山のように現出し続けるでしょうね」

元々この損保、司法他共謀の犯罪、事業資金犯罪拠出、悪用を、故意に見逃して来て居る事が「自賠責事業、金融公庫、フラット35火災保険事業では”弁護士特約なぞ、元々無いのに”背任で弁護士費用、訴訟に係る資金を、違法に、被保険者への保険金支払い、との形も取らず、出鱈目支出、使用”も認めて来た事が、会計検査院、国税庁ぐるみの犯罪、司法も直接共謀の、権力犯罪です」

この国家権力等、国税、会計検査院の職員等も「商業簿記を多少かじった、ちゃんと事業に係る、資金の正しい扱い、支出項目の正しい扱い等を理解出来る人間であれば、損保、司法ら犯罪、事業資金犯罪支出、受領、悪事三昧に活用は、背任支出、詐欺受領体、と分かる程度の犯罪だから」

ファイナンスリース、購入資金の融資を受けて、分割で支払う貸金事業なのに「物品リースだ!と、法螺を吐いて、貸金は、物品を購入して居ないし、所持して居ないし、貸し出しても居ない、償却資産税納付事実も当然無し、契約は”貸金契約と、販売店との二重契約で”物品リース契約は無し、当たり前です、購入物の資金、貸金契約だから」

この事実、証拠が揃って居ても、意味も何も分からない頭故「ファイナンスリースと言う、貸金は、金を貸しただけで、物品購入無し、リース機器所持無し、貸出事実無し、これでリースだ!判決を下し捲って来て居る、あれと変わらない、行政、司法カルトテロです、損保、司法共謀の多重犯罪も」

損保、司法共謀、犯罪賠償、詐欺冤罪等も、違法な損保資金流用が武器

  • 2023/02/26 10:01

損保が指揮、司法ぐるみの多重犯罪は、損保が集めている資金を「背任横領、詐欺と承知で、犯罪で拠出し放題出来て、自賠責事業、フラット35火災保険事業であれば”会計検査院も、犯罪公的資金拠出で、違法な弁護士費用、訴訟費用等拠出”等を承知で、この多重公的資金背任横領、詐欺他を認めて来た、事実、実例が武器で成功させて来れた訳です」

この犯罪、この手で訴訟詐欺、損害保険金詐欺冤罪捏造すれば、成功させられて来ているし、警察、司法、報道が共謀しての成功が常で。

合法な損害賠償対人常時叩き潰しも「この、損保用犯罪事業資金悪事用拠出、必要な犯罪を、犯罪資金受領弁護士が指揮して、強引に成功させられて来て居る、警察、行政、司法、報道、政治が共謀犯、損保に指揮されて、言いなりの公権力犯罪凶行、木偶人形、傀儡だから、民業の犯罪損保の下僕で、言われるまま公権力悪用テロを、日常的に凶行し捲って」

損保が指揮する、損害保険詐欺冤罪も、強引に、事実無根どころか”虚偽の詐欺冤罪です”との証拠も、公に揃って居て、詐欺は冤罪との証拠も、公開して居る上ででも「損保が指揮する通り、詐欺冤罪も、強制力行使で詐欺だ!判決、決定だけ下し捲って居る訳です」

そして「偽造医証他、只の損保、提携弁護士、警察、司法共謀恐喝を武器とさせて”合法な賠償叩き潰しも、常時合法無し、只の脅迫、恐喝で成功させて、通す蛮行を重ねて居ます”美しい国日本、完全な法螺だと、事実証拠が証明して居ます」

これ等の事実、実例証拠の通り「損保は、国家権力を木偶人形故、言うがまま操れる特権を持てて居て、この権力指揮、テロ犯罪は、背任行為で、事業資金を違法拠出して、共謀犯弁護士を動かして、被保険者、ですら無くても、誰かを当事者とでっち上げて、違法拠出損保資金を、被保険者、ですら無い×城の実例もある通り、犯罪資金が弁護士に渡され、損保指揮、捜査機関、行政、医師、政治、公的保険事業等を、損保の傀儡弁護士が」

損保が求める答えが正しいとなるように、犯罪を、公権力に実行させる為に、弁護士が、犯罪指揮等を重ねて、通されて居ます、ようやく国税が、東京海上日動による、事業資金背任、法人税法違反、被保険者詐欺、国税徴収法違反!を持ち、違法資金回収から、国税は東海に、指示して居る訳です。

他にも東海、×城、中島犯罪辯護士等は「札幌市国保事業に対しても、言い掛り恐喝に走って居ます、第三者求償手続きを取り、息子に支払い請求が来た事を、法螺で潰そうと、東京海上日動、×城、東海が、共謀犯、犯罪指揮事業所が指揮して共謀して、暴走して居る、この事件でも、恐喝脅迫、詐欺等が繰り広げられて、通されて居ます、司法、警察、行政ぐるみのテロ、犯罪ですから」

損保が指揮、司法共謀の国家犯罪、訴訟詐欺も

  • 2023/02/26 09:36

損保が指揮しての、恒常的訴訟詐欺、民亊も刑事も同様が実際、損保が集めている事業資金、保険料収入、投資家を「正業に勤しむ損保事業、と騙して得ている資金、これ等の”他者から騙して集めて、犯罪に活用し捲れている資金”を、詐欺犯罪刑事、民事裁判、訴訟手続き等にも、国家権力が共謀犯で、悪用し放題が通って来て居ます、が」

電通の巨大、国家三大権力共謀、報道も加わっており、四大国家権力共謀の、巨大犯罪ですら、ようやく手が入り出して居るこの時代ですから?損保、司法共謀の、事業資金犯罪流用、詐欺裁判、裁判手続き、捜査も加えてでっち上げ、出鱈目な司法共謀犯罪、詐欺裁判用にも「損保が集める資金を、背任、詐欺、法人税法、国税徴収法違反で拠出、違法取得、訴訟詐欺も常態化されて通されている、違法な損保事業資金支出、詐取、悪用が武器です」

この、昭和40年代、50年代からの、常套損保、司法共謀犯罪、事業資金背任拠出、詐欺取得、刑事、民事手続きも、損保、司法共謀、詐欺冤罪創出に悪用や、合法賠償金支払いを、警察、司法、医師、公的保険事業等と共謀犯罪を武器とさせて、損保が犯罪を指揮して、手を汚させられて居る故、公権力、意志、公的保険事業、国税も会計検査院も、損保の下僕、犯罪指揮下で悪の限りを、権力悪用で常時凶行。

損保が事業資金を、悪事に流用し捲り、通されて来たから、ここまでの公権力テロ、犯罪が、国中で公にも、展開し放題で来れた訳です、損保の事業資金の、犯罪拠出、受領公認が、大きな損保指揮、公権力犯罪を凶行させられて公が従う故、常時損保指揮犯罪が成功させられて来て居る、この現実が、公の犯罪事実、の現実、刑事、民事訴訟法手続き事件記録、証拠で証明される真実にも。

ようやく「損保による、違法な事業資金拠出、背任行為で事業資金拠出、東京海上日動、昌城に違法拠出した、事業資金を回収せよ、法人税法違反、国税徴収法違反で、重大な違法事業資金拠出で有る、との動き他が出て来ました」

何時までもこんな、公の損保用、司法他を下僕で支配して、損保が指揮する通り、詐欺冤罪捏造成功、賠償金犯罪で踏み倒し常時成功、損保が集めている資金を、これ等悪事に自由流用公認、が武器で成功させて来た訳ですが。

ようやく国税も、会計検査院は”自賠責事業や、フラット35火災保険事業による、同種の犯罪事業資金拠出”故意に見逃しですが、国税は、損保の違法な事業資金拠出を認めず、に動き出した訳です、マフィアと変わらない、損保、司法の現実に、メスがようやく。

損保、司法共謀の極悪犯罪にも

  • 2023/02/26 07:25

@訴訟詐欺の横行、損保、提携弁護士、司法の現実です”ようやく違法な”被保険者を当事者と仕立てての、契約外の弁護士費用拠出、違法な保険金支払い”に、国税が手を入れ出しました、現在の実例は、東京海上日動、三井住友による、違法な損害保険適用、違法な弁護士費用拠出等に対する、法人税法、国税徴収法違反による手入れ実例が出来て居ます”背任、横領他犯罪です”自賠事業、火災保険は、元々弁護士特約は無いが、違法な被保険者への、弁護士費用拠出等犯罪が常態化している通りです、違法な損保弁護士費用等拠出、違法な弁護士委任、言い掛かり脅迫行為が有れば、国税局、担当税務署に通報願う、との事

                                  令和5年2月26日

上記、国税による、損保、提携弁護士等事業資金違法拠出等、国税に、背任、法人税法、国税徴収法違反により告発した者、東京海上日動、中島桂太朗辯護士等が、札幌地裁3事件裁判官、札幌地検上層部らと共謀、違法に自家用自動車保険稼働に走り、私を詐欺冤罪に落とそうと謀った
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

整形外科札幌北新病院院長、勤務医各位、事務
FAX011-792-1220
中村記念病院院長、勤務医各位、事務
FAX011-231-8385
禎心会病院院長、勤務医各位、事務
FAX011-751-0239
手稲渓仁会クリニック院長、勤務医各位、事務
FAX011-685-3817
会計検査院
TEL03-3581-3251、FAX03-3593-2530
秋元札幌市長、市議会、国保企画課
TEL011-211-2341,FAX011-218-5182公金詐欺禁止
※医療機関各位、貴医院顧問弁護士も、上記背任等犯罪と組み、損保、提携弁護士との共謀による、第三者行為医療費詐欺、診療記録偽造が武器で共謀、東海は札幌市国保恐喝中
弁護士法人佐々木法律事務所、北新病院顧問
TEL011-261-8455,FAX011-261-9188
おおがゆ法律事務所、禎心会顧問
TEL011-271-8255,FAX011-271-1386
廣部・八木法律事務所、東京海上日動顧問、初め東海と記載犯罪共謀
TEL011-271-9669,FAX011-271-0796
小寺・松田法律事務所、三井住友顧問
TEL011-281-5011,FAX011-281-5060
岩本・佐藤法律事務所、損保ジャパン顧問
TEL011-281-3001,FAX011-281-4139

1,一件目の”国税が公式に動いて居る、東京海上日動による、適用不可損害保険不法事業資金拠出による、支払保険金回収指示事件が”重過失傷害事件、事件原因焼却炉に付いて、購入費は×樹資金だが、法人に納品、資産登録焼却炉の事件、この事件で東海は、×樹加入、自家用自動車保険日常生活賠償、弁護士特約を、×樹死去後の昨年5月18日以降、息子×城も共謀して、損害保険金背任拠出して、訴訟詐欺にも走っている事件で、国税は東海に、違法拠出保険金、弁護士費用等回収を指示して居ます。

2,この犯罪は、東署刑事、地検検事、東海が、焼却炉購入費は×樹、納品は息子がダミー社長のワイエ×商会、×樹加入自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約適用不可、被害者の私は、この損害保険、特約被保険者不適格、私を詐欺請求犯設定も、成立不可能等、私から指摘されて、×樹から、私の指摘が事実との(一部証拠添付)証拠を得たが、私を詐欺冤罪粛清と、東海、警察、検事検察、札幌地裁、3民事事件裁判官等で闇談合で決めた故、この証拠を隠蔽の上”東海は、×樹が昨年5月18日死去後、息子×城も、この詐欺冤罪等に加担、×樹加入東海自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約から、保険金違法拠出、私が×城を提訴3民事事件、札幌市国保に、×樹が求償に応じる手続き書面、誓約書提出も潰すべく、違法弁護費用脅迫用拠出、国税が、法人税法、国税徴収法違反故倒壊は、山本×城から、この違法、背任事業資金を先ず回収せよ、と指示が出て居ます、裁判官ぐるみ、訴訟詐欺でも有る訳です。

3,この多重損保、司法共謀犯罪は、令和3年3月29日発生、被害者私の重過失傷害事件で”山本×樹が自己資金で購入焼却炉の事件で、×樹資金で焼却炉購入、息子×城を、他の事業所に正規雇用(社長を隠し)させて、ワイエ×商会代表取締役社長に、ダミーで据えて、この法人設立、×城は、一定期間で退職、雇用保険詐欺等を重ねて来て居る,この法人に、×樹、長縄税理士が、焼却炉資産登録、証拠の通り。

4,東京海上日動、札幌東署刑事一課強行犯山田、平野刑事、札幌地検、二階堂郁美検事、検察上層部は、私を、東海が次の虚言で、詐欺犯と告訴して居る事を通すべく、私が購入した焼却炉を、金に困った×樹が購入と偽り、山本×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、私が違法請求した詐欺事件(被保険者不適格の私、請求権自体無し、とも無知で知らず)だと冤罪に落とすべく暴走を重ねたのが途中まで。

5,この虚偽の詐欺冤罪が、添付証拠(一部ですが)で不成立に陥った東海、捜査機関でしたが、×樹死去後息子×城が共謀に加わり、東海札幌損害サービス第4課、永井課長、伴主任、×樹死後は木村課長補佐、廣部・八木法律事務所が逃げた後は、向井諭法律事務所、中島弁護士が、警察、地検、札幌地裁民事3事件裁判官を、向井諭法律事務所中島桂太朗辯護士を、×城代理に仕立て、実際は東海が、今度の虚言は、当事者間示談書、部分毎複数示談交わし、既払い示談金支払い共嘘、焼却炉は、営業して居ないワイエ×資金で購入、所持、リースで私に貸した機器、×樹、ワイエ×、×城に刑事、民事責任無し、私が東海に、この犯罪を行い、詐欺請求した事件、とすり替えた訳です、証拠隠匿によって。

6、国税はこの、多数の違法な自家用自動車保険、特約適用との証拠が揃っての、違法な自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約稼働に走って来た,初めは廣部・八木法律事務所が、東海指揮で、×樹が当事者設定で、違法な弁護士代理に動いた、背任資金拠出に付いて”違法な弁護士費用4件分、×城らに支払った分も返還させよ、法人税法違反、国税徴収法違反故、と指示を出した訳です。

7、廣部・八木法律事務所もですが”この証拠で有れば、ワイエ×商会が、第三者相手の損害行為に付いて、損害保険に加入、保険金拠出が必須”法律上当然です、なお×樹は、億前後の資産、遺産が有り、私は×樹から、賠償金を貰うだけでしたが、東海等が不法に、東海自家用自動車保険が適用、私が詐欺請求した詐欺事件”とでっち上げに走り”×樹死後、息子×城共々、高額の遺産隠匿、脱税にも共に走る暴挙も重ねて居ました、×樹が金に困り、私に詐欺を働かせた、設定が正しくなるように、との犯罪と、中島弁護士は、法廷でも、裁判官共謀で嘯き、通されて居ます、×城に身を隠させて居る、東海ぐるみの犯人隠避、巨額脱税共謀、国税が徴税に動いている犯罪事実、も認めています”3事件裁判官も、無知故この虚言に乗り、訴訟提起前に違法解散済み、ワイエ×商会が営業して居る、焼却炉はワイエ×資金で購入、所持の機器と、証拠隠匿ででっちあげて、民亊で私を敗訴させて、詐欺冤罪の動かぬ証拠作り”も行った訳です、東警察署、地検、上層部も共謀してです。

8、この、損保指揮、警察、司法、金融庁等犯罪”東海、×城は、中島弁護士を違法に立てて、札幌市国保企画課も、示談書は偽造、既払い示談金は詐取、脅し取った金、国保が×城に、×樹が支払い誓約した故と、二百数十万円支払い請求して来たが、偽造示談書での違法請求だ”等、じかに脅迫、恐喝も重ねて居ます、会計検査院、札幌市国保課に対して、令和3年3月29日、加害者山本×樹、×樹は国保に、国保建て替え医療費支払いを約した誓約書等提出済み”この事件の、上記事実、証拠が揃って居る上での、東海、×城、中島違法代理人弁護士恐喝ですから、札幌市国保事業から、事実調査を求めます、公金恐喝踏み倒し”は、損保、弁護士、司法も認められません。

9,他の、国税が被保険者から、違法拠出弁護士費用他、被保険者、加害者への拠出資金返還を、の事件は「人身交通事故事件、札幌高裁令和4年(ネ)第153号事件、加害者佐藤××氏、三井住友が加害側任意損保、弁護士特約無しで、一審から違法弁護士費用拠出、印紙、郵券費用、鑑定費用等違法に三井が拠出、小寺・松田法律事務所、熊谷建吾辯護士が違法代理、被害者須川××氏、代理人が丹羽錬弁護士事件」この事件でも、三井住友は、佐藤××氏は、弁護士特約を付けていないのに、違法に弁護士費用他を、保険金支払いで拠出故三井住友が佐藤氏から、背任、法人税法、国税徴収法違反、詐欺行為資金返却させるべく動いて居ます」

10、この事件では”三井住友札幌保険金お支払い第一、篠原担当、熊谷弁護士、丹羽弁護士”が、次の証言を発して居ます。

篠原担当、熊谷弁護士ー一審で須川氏は、本人訴訟だったので、裁判官と談合して、請求却下判決を下した、控訴事件では、ある程度支払う予定でいるので、法廷外で協議して支払いたい。

丹羽錬弁護士ー控訴事件で自分は、須川氏から二十万円程貰って居る、熊谷弁護士、高裁裁判官とは”不払い判決を、弁論二回以内で終わらせて、採算を取る、との判決を下す談合が決めて有る、談合を潰して、一定額支払う為の法定外協議など、応じる気は無い”拒否する。

※、他にも、自賠責事業、火災保険事業等も、弁護士特約無しで、違法に被保険者を当事者に仕立てて、弁護士費用拠出等の状態化されている通り、保険者相手も同様の、損保背任、法人税法違反、被保険者国税徴収法違反、詐欺行為です、国税は、これ等は委任、法人税法違反等が有れば、どんどん訴えを出すよう求めて居ます”法人資金を個人に法拠出、昭和の時代でも、愛人手当等と同じ、こう言った違法な個人への、法人資金提供は”背任行為、法人税法、国税徴収法違反等が科せられて居ました、損保、司法共謀、大規模疑獄犯罪に、ようやく国税のメスが入り出しました。

11,ワイエ×商会を、訴訟前に違法解散させた事実を隠蔽して、訴訟参加手続きも無しで当事者とさせて、訴訟詐欺を働き、私を敗訴させて、詐欺冤罪証拠捏造事件”これを軸とさせ、東京、札幌、横浜、名古屋、京都地裁民事受付に”敗訴前に法人解散させ、責任逃れに付いて、札幌以外、解散済み法人が稼働と偽る訴訟詐欺は、表向き行わせて居ないとの事で”憲法第76条3項、裁判官は、憲法、法律以外に拘束されない、憲法、法律の正しい遵守が必須条項の遵守無し、を問い質して、統一で得た裁判所の答え”法務省、最高裁が統一で回答させて有る答えは、法曹資格者、裁判所は、憲法、法律で判断する立場に無く”法曹資格者以外の法律家にご相談下さい、で統一されて居ました、法曹資格者、裁判所自ら、憲法第76条3項他違反、を認めています、合憲、合法遵守が無い法曹、司法と、現実認識はある訳ですね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391181
ユニークアクセス:6544053
今日
ページビュー:151
ユニークアクセス:150
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed