エントリー

2023年03月13日の記事は以下のとおりです。

犯罪を、犯罪資金を使い、隠蔽工作他、損保、司法、警察犯罪

  • 2023/03/13 15:24

江別警察署の陣容?は、今日までで次の通りです、電話で話した警察官、窃盗事件で逮捕、東警察署交通一課、西尾将希巡査部長の事件に絡んでの、電話でのやり取り相手です。

;江別警察警務課、菅田警部(すがるは間違いでした)

;刑事三課盗犯、岩崎巡査部長、担当刑事の一人。

東警察署の陣容?は、次のメンバーです。

;交通一課、西尾巡査部長の上司、早坂警部

;地域課、鈴木警部

;刑事一課強行犯山田警部補

;刑事二課知能犯、小林警部補

;刑事三課、盗犯枡谷警部補

;生活安全課、青木警部補

この警察官等で「東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士、札幌地検二階堂検事、検察上層部、札幌地裁、三人の裁判官が、虚偽との証拠も揃って居る上で、重過失傷害事件に関して、事件原因焼却炉の所有者を、違法手続きで解散済み、違法な代表取締役に就任、×城の会社、ワイエ×商会(株)が自己資金で購入、所持、リースで貸した機器だ!との、公開しての、証拠で虚偽と知った上でのでっち上げによる事実捏造に、刑事、民事手続き共に謀りました」

で「この、証拠を揃えており、嘘と承知の上で、焼却炉はワイエ×が所有者だ、と、刑事、民事共嘘を吐き、焼却炉強奪、窃盗に走り、この犯罪事実、証拠も揃って居ます、ですから”江別での窃盗事件も、同様の扱いが正しいとしなければ、法による整合性は、全く取れないのです”警察、司法が、東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士から、ワイエ×が焼却炉購入、所持者、リースで貸した機器との言い訳は嘘、示談書偽造も嘘、×樹らに加害者責任無し、も嘘と、証拠も出して、手に入れた上での、犯罪指揮を執り、受けてのでっち上げですから」

良くもまあ、損保東京海上日動、×城、中島桂太朗辯護士方、嘘との証拠も得ながら、ここまでの民業犯罪用、権力犯罪を重ねられる物です、これで警察、司法の通常公務犯罪と言う。

損保犯罪は、損保が国家権力、国家資格者、報道等に対し、必要な犯罪を指揮、指揮通り悪事で成立

  • 2023/03/13 10:16

損保による犯罪各種は、国家権力ぐるみの極悪犯罪です、多くの国家権力、公的機関、職員、構成員が、損保の下っ端職員から、国から与えられている国家権力、国家資格を悪事に用いて、各々に手を汚させる、犯罪を指揮して、指揮下の国家権力、国家資格者等は、唯々諾々と、損保が指揮する犯罪を受け入れて、犯罪に走ります。

この犯罪行為国家機関、国家資格者の筆頭は、法曹資格者、検察庁、裁判所です、司法独裁権力、日本国憲法、法律には無い、合憲、合法蹂躙を日常化させて、通せて居る、テロ特権を凶行させて、損保下っ端職員が指揮、犯罪を指示された通り、詳細は闇で談合して、司法犯罪も日常化させて居ます。

損保は、事業資金の背任拠出、犯罪に使用特権も「昭和40年代から、大蔵省、法務省、運輸省、労働省、厚生省、警察庁、都道府県警察等の共謀加担を得られており、事業資金背任、犯罪拠出、犯罪に悪用し捲れて来て居ます」

損保の、背任事業資金拠出、悪事に使用資金源は、自賠責強制保険事業と、民間の損保加入者から得ている、損害保険加入金員が資金源です。

ある意味無尽蔵の、損保が背任拠出し捲り、犯罪の資金で悪用、この資金ですから、一般人の損害賠償債権者を、国家権力、司法テロ権力に犯罪を指示して、常時従わせられて居て、犯罪が正しいと、合憲、合法根拠無しで決定、判決が、常時下る訳ですから、損保が指揮した通りの犯罪に、指揮下の国家権力、国家資格者が従い、権力悪の限りを尽くして、損保が狙う、反x材適法、損害賠償金不法に踏み倒し!を成功させられて居るのです。

司法テロの手、犯罪、犯罪者を逃がす定番の犯罪が「債権者は訴えに根拠は無い、理由は無しで、債務者は、債務は無い事が証明されている、根拠は無いが、よって損害賠償支払いは却下!根拠は無いが、こうです」

つまり「合憲、合法に背いている損保、司法犯罪、と立証しても、損保が指揮する権力への犯罪指揮通り以外、絶対に通されない、闇談合でこれだけで通す、と、合憲、合法破壊で、事前に常時でっち上げで決めて有る訳です、犯罪判決以外下さない、これを闇談合で、日常的に判決に記載して、下すだけなのです、犯罪で構成させて有る、損保が指揮、司法ぐるみの犯罪賠償制度他、の実際です」

そして「事業資金背任拠出、犯罪用に拠出、損保が司法、警察、行政、国家資格者を犯罪指揮、言うがまま、損保の指揮通り犯罪凶行、判決、決定、合憲、合法根拠は無しで、公開証明している事実です」

損保が認められて居る、これ等の犯罪を、他の事業者も踏襲すべき、事業資金も私的使用も出来る訳で

  • 2023/03/13 07:46

損保が犯罪を指揮出来て居る、損保の事業資金は、犯罪用に、不法と承知で自由拠出も出来ているし。

損保は、背任と承知で、犯罪で合法賠償を潰す目論見で、損害保険適用不可の、損害賠償事件でも、違法に事業資金を拠出出来て、損保と無関係の損害賠償債務者に、損保東海背任行為で資金を違法拠出もして、弁護士費用を違法に提供して、違法受任辯護士が損保の傀儡fで、損保と無関係な債務者も、損害賠償債務を、言い掛かり、でっち上げた、口頭で法螺を吐き、法螺だとの証拠を合わせて警察、検事検察庁、民亊、刑事裁判等に出しながら。

自分で出した証拠と真逆の虚言、でっち上げを事実だと、法螺を吐くと、警察、検事検察庁、裁判所、刑事民亊担当裁判官、時には相手方設定弁護士も「犯罪を成功させる、と事前に決めて有る事の確認談合に走り」

犯罪が正しいと、事前の談合取り決め通り、でっち上げだとの証拠を公開しながら「談合ででっちあげた決定、判決のみ、常に下して居ます、憲法第76条3項から、強制不適用を常とさせてです」

ここまでの、損保が指揮、警察、法曹資格者、検察庁、裁判所、金融庁、国交省、法務省ら共謀犯罪が、制度だと合憲、合法根拠ゼロで、国家権力が共謀犯で、強制的に常時成功させて有る訳です。

この損保犯罪資金が、背任で拠出、犯罪用に、犯罪者に提供されて、今までは認められて通って来た訳です、愛人手当拠出でも、背任横領で法人資金取得でも、この損保が指揮犯罪事実、実例証拠が揃って居る、刑事、民事訴訟法手続きででも、の現実の通りで。

ようやく国税が、ここまで極悪非道を超えた、損保指揮犯罪、東京海上日動による、事業資金何度も背任拠出、犯罪者に違法提供に異を唱え出した、訴訟詐欺資金、国保債権脅迫、恐喝で踏み倒し用資金、脱税を成功させる為の犯罪資金、焼却炉強奪、窃盗を成功させる為の背任事業資金拠出、ですからね。

もうどの法人、役員も職員も部外者も、法人資金背任、横領で抜いて違法取得、違法使用して通ります、脱税もやり放題で通ります。

今まで誰も、損保、弁護士が共謀犯、違法な弁護士代理行為糾弾もせず

  • 2023/03/13 07:22

事業者が事業資金を、事業遂行以外で、違法に拠出は認められて居ません、法人”も”法律規定上、人格を備えています、法人は、法人が営む事業の為に、事業資金を拠出する事が認められて居ます。

一方、営む事業遂行に当たり、事業実施の規定外で、事業資金を役員連中ぐるみ、拠出は背任行為であり、認められて居ません、犯罪行為です、よって、東京海上日動実例も出ているような「法人に納品、資産登録した、事件原因焼却炉が原因の、重過失傷害事件で”加害責任者個人、法人と無関係の人間が加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約を、違法に稼働させて、違法に事業資金を、被保険者と捏造した×城に、違法委任する弁護士費用を提供、調査事務所らにも、違法に稼働させた自家用自動車保険から、との捏造設定で、違法な調査費も拠出して、違法に弁護士と東海、加害者の息子らで結託して、訴訟内外で脅迫、恐喝、詐欺等を働く等、法人税法違反から始まり、法律でも認めていません、只の犯罪の数々です」

又、法人の取締役でも無く、従業員でも無い部外者が、法人の預金通帳を私物化して、自分の金を自由に入金、法人の資本金共々、無関係の個人が振り込む、引き出して資金洗浄、この犯罪事実を、長縄信雄税理士と法人社長、この犯罪行為者と共謀して、法人税申告手続き、決算書偽造して無い犯罪と偽り、法人税脱税、個人が注ぎ込んだ事業所の資金に付いて脱税と、違法に事業所に自己資金を注ぎ込んだ人間が死去、法人への出資金なのに隠蔽工作も実施。

無関係の法人に、個人資金を投じた金員は「投資資金で、法人の借金、返済が必要ですが、法人税申告書、決算書偽造で隠蔽国策、投資した人間が死去、違法に法人解散、贈与税等が掛かる資金ですが、決算書等偽造で隠蔽工作、脱税実施」

犯罪が複数行われています、東京海上日動、中島桂太朗辯護士、×城、札幌地検、検事、上層部、警察、札幌地裁、裁判官複数、上層部等が共謀犯です。

これ等の損保が国家権力を、犯罪を手掛けろ指揮は「国家権力が共謀犯で、法律蹂躙、国家権力犯罪実行、犯罪事実を故意に問わせず、正しい犯罪だと決定、判決を常時下して、犯罪が正しい判決、決定が正しいとなるように、国家権力らぐるみ、犯罪に走り、事実を捏造して、成功させて居ます」

この犯罪成功目論見で「損保、共済事業資金は、背任で拠出し放題、犯罪用に事業資金拠出し放題を認めて有り、犯罪実行を弁護士が、損保の傀儡で、損害賠償債権、債務を負った人間を委任者とでっち上げて、狙う犯罪が正しいと、裁判官、検事、警察を指揮して、行政等も犯罪を手掛けろ指揮して、指揮下の相手も手を汚すので、損保が犯罪指揮を執り、常時国家権力等も従うので、損保は、背任で事業資金拠出から認められており、犯罪事業資金で弁護士が傀儡で、犯罪指揮、警察、行政、司法らが、指揮通り実行する犯罪を武器とさせて、狙う犯罪を成功させて有ります」

国家権力が共謀して、損保指揮、警察、司法犯罪を仕組んで、成功させて来て居る

  • 2023/03/13 07:02

自賠責事業、火災保険には、生命保険もそうですが『弁護士特約等有りません、当たり前です”弁護士特約は、第三者に当たる、損害賠償債権、債務を有する相手に対して、被保険者である賠償債権、債務者に、損害賠償債権、債務の処理を、代理で弁護士に請け負わせる費用を、加入する保険事業者が、弁護士特約を付けている被保険者に対して、弁護士費用、訴訟費用などの費用を拠出する、こう言う設定ですから」

つまり「自賠責保険は、国が強制保険事業を運営しており、人身交通事故が起きた場合、加害者、被害者が被保険者で、請求相手は、自賠責事業、国の強制保険事業となって居ます、損害賠償債権者、債務者間だけで争う構図では無くて、自賠責支払いの範囲までは、加害者が立て替え支払いしても、加害者”も”自賠責事業から、支払った金額を、自賠責支払いの範囲まで、自賠責事業に請求して、自賠責事業から、返金が受けられる仕組みですから」

要するに「自賠責事業の範囲までは、自賠責事業の支払い基準(常軌を逸した詐欺、恐喝の仕組みですが)に沿い、建て前上ですよ、支払いを受けられる、法律規定では、こう言う規定ですから、自賠法の規定上、は、で有り、法の規定破壊が仕組まれていますから、自賠法の規定”も”出鱈目ですけれどね、言い掛かり、犯罪で不払い、が仕組まれていますから、国が仕組んだ犯罪が」

火災保険も「火災保険事業者と、被保険者、加入者側との、支払い請求、支払いです、但し”建設業者が被保険者の建物、構築物等、損壊被害物を、工事を請け負って修復して、代位返済して、債権譲渡を受けて、被保険者加入損保、共済に対し、工事請負業者が、代位返済済み証明を添えて”業者が支払い請求する、この手続きは有りますが”」

色々危険が潜んでおり、罠に落とされる危険性が、請負業者側は高い事を知って居れば、被保険者、工事を頼んだ被保険者、施主に火災保険、特約請求して貰い、請負業者は、工事代金として、施主から工事代金を受け取る、罠に落とされる恐れが大きいので、が、今は通常ですよね。

このように「自賠責事業、火災保険事業には”弁護士特約等有りません”債権者、債務者を当事者と設定して、弁護士費用、法廷内外で違法代理人弁護士活動する費用を、損保が拠出”出来る訳は無いのです、背任行為、違法な弁護士委任、受任、法廷内外での、弁護士代理行為、弁護士法第27条違反、72条で刑事罰適用、刑法第246条詐欺罪、脅迫、恐喝罪適用等、多重犯罪が、日々繰り広げられて居ます”」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年03月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7264048
ユニークアクセス:6418300
今日
ページビュー:1603
ユニークアクセス:1602
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1529

Feed