エントリー

2023年03月17日の記事は以下のとおりです。

法の順守は、実例で証明の通り、不要と、警察、司法テロ事実

  • 2023/03/17 15:51

犯罪者と結託して、犯罪者が手を汚す犯罪を、警察、司法が共謀犯罪、権力悪用犯罪に走り、犯罪が正しい、とでっち上げて、強引に犯罪を正当化して居ます。

×城と、共謀犯東京海上日動、中島桂太朗辯護士、警察、検事検察庁、裁判官裁判所が、犯罪者同士で結託、悪事を山のように重ねて、逃げられて居ます。

この類いの犯罪は「詭弁をその場しのぎで駆使して、更に事態を悪化させてしまい、国家権力を悪用させて、犯罪が証明されたら、次々犯罪隠蔽工作、証拠隠滅、隠匿、犯罪証拠を闇に葬る、警察、司法テロが重ねられるのです」

その一端が「×城と共謀犯犯罪隠蔽目論見、×城の身を隠させて居る、東京海上日動、中島弁護士、警察、司法テロの現実です、×城に、共謀犯罪集団が、どの犯罪を指示したか、共謀犯罪に走って来たか、自供される恐れを、こいつの身を隠させて、消しに走って居る訳です、東京海上日動、中島弁護士、警察、検事検察庁、裁判官裁判所ぐるみの、国家権力犯罪事実です、司法犯罪が暴かれると、この手も良く使われています、特に左の弁護士集団が、犯罪指揮を、検事検察庁、裁判官裁判所、警察に対し執って居る場合、この犯罪者隠蔽工作も、定番となって居ます」

×城が、東京海上日動、中島弁護士、長縄信雄税理士と共謀犯で、手を汚している犯罪、警察、司法権力も共謀犯で、犯罪の隠蔽工作して貰えている犯罪は、多数表に出されている通りです、この事実、証明が果たされて、このテロ犯罪集団、己らの権力悪用犯罪責任を、権力テロ、犯罪により、犯罪は正しいとでっち上げて、犯罪事実証拠抹殺も、に暴走を重ねて居るんです。

×城の身を隠させて、犯罪の共謀行為も含めた自白をさせない、警察、司法、東京海上日動共謀犯罪、何時も通りの、司法ぐるみテロ犯罪の最終段階、のような、さて、テロ攻撃が、又も降って来ますか?

言い訳にもならず

  • 2023/03/17 12:35

@昨日付け、札幌市長、市議会、上部官庁、道警本部、検察庁への訴え、国保の求償、環境局による、不法な事業系物品投棄、不法残置共に、犯罪を行使して、札幌市の公務遂行妨害、言い掛かり脅迫、恐喝、犯人隠匿、証拠隠滅、犯罪への共謀による、公務執行妨害、警察等による測建濫用など事実を、上級官庁、道警、札幌地検へ上げて対応等答えを得る、告発するようにとの訴え、本日札幌市役所で面談した内容、概略伝達

                                   令和5年3月17日

                            本件訴え者、不法行為被害者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

上村昌通札幌高検検事長、恒川由理子地検検事正、二階堂郁美検事
FAX011-222-7357
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 訴訟当事者的確、正しく理解せよ
鈴木信弘道警本部長、監察課、各捜査課長
TEL,FAX011-251-0110
東京海上日動社長、札幌支店長、損害サービス第4課
FAX011-271-73279 共犯昌城共々、多数の犯罪行為

1,札幌市国保、求償部署とのやり取り重要部分。

山本ー既に訴訟証拠でも証明した通り、×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償、弁護士特約適用不可能、札幌市として、何故東海伴、木村課長補佐、中島弁護士、横領資金で違法受任辯護士と接触して、横領資金提供協議や、恐喝、脅迫による、××が負った債務踏み倒し目的、恐喝、脅迫を受けて、上級官庁、警察、検察に、違法行為被害事実、犯罪行為を受けた事実を持ち、国の対応を求める、犯罪被害の今後の防止等も、対応策を講じる等しない、犯罪に与した札幌市、責任は重大です。

担当ーあの時期には、東京海上日動の損害保険が適用出来ないと知らなくて、関りを。

山本ー私は一昨年3月29日、重過失傷害事件被害で重傷を負った身で、対応が有り退院して来てから、一昨年4月22日過ぎからずっと”山本×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険と、被害者の私は一切無関係、東海が接触する事が違法”山本×樹が、被害者の私に、対人賠償金を払い、支払い証拠を添えて、東海に請求するならすれば良い、被害者の私、医療費立て替え国保事業は、×樹から債権回収、×樹が東海と、金の請求、支払いする事は、こちらは無関係、札幌市国保事業は、伴、木村課長補佐、中島弁護士と、私の国保使用、医療費立て替えの件で、過失割合を認めて呉れ、横領資金を渡す、示談書は偽造だ、何故昌城に、国保建て替え医療費請求した、等脅された等で情報違法やり取り、違法行為協議等しており、知らなかった、は通りません、今後山のように、同様の犯罪への、国保事業の違法関与が出続けます、要求官庁、市議会、道警本部、地検に訴えるべきです。

2、札幌市事業廃棄物課、末永課長他とのやり取り、概要。

末永課長-山本さん、焼却炉は初め、×樹さんから頼まれて置いて上げたのですから、不法投棄にはならないと。

山本ー1930号、被告準備書面、ワイエ×解散済み謄本を主体で見れば”×城らは、×樹が自己資金で購入、所持、ワイエ×に、違法手続きで資産登録証拠””山田警部補が×城に電話で、×城の相続遺産で引き取るよう”被告準備書面記載の通り、刑事事件捜査で、正しい事実を把握の上、×城の相続遺産で引き取るように、指示も出して居ます、ワイエ×資金で購入、所持、リースで貸した、と嘘を吐き、嘘と自分で証拠も出して居ます”故意に妻所有地に、不法投棄、不動産侵奪犯罪で残置は立証されています、不法行為です。

末永課長ー焼却炉に土地が侵奪された事で、被害金請求して居るので、不法投棄等にならないと。

山本ー妻の土地所有権を、犯罪により侵害されているから、請求して居る、当たり前の事です、不法残置、不法投棄犯罪とはから、法律の適用から、全く異なって居ます。

末永課長ー不法行為に付いて、お金を請求して居るのだから、不法投棄等にならないのでは?

山本ーあのね、じゃあ”札幌市の駐車場に、不要な車を置いて逃げたら、不動産不法侵奪、被害金発生、不法行為者を探して、不法行為被害額請求”として居ないんですか?被害者の当然の権利、不法侵奪、不法投棄などの犯罪被害を受けて、実行犯が分かれば、被害額を算定して、加害者に、風法行為被害金支払い請求出来ますよ、憲法、法律で認められた、別々の権利です”きちんと法の組み立て、適用を理解してください。

山本ー青山警部補、情報保護だから、犯罪を多数手がけている×城の潜伏先、連絡方法等教えない、×城らに違法は無い、と言い張って居るが、捜査機関、犯罪の疑義があるから捜査件が発動出来る、犯罪事実証拠は、山田警部補の発言記載等でも明らか、犯罪事実、根拠無いなら青山警部補、何故×城の潜伏先、連絡方法等、知っているのですか、何故違法、犯罪無しで、隠匿させて居るんですか?警察が犯罪に組、行政公務執行不法に妨害、職権濫用、公務執行妨害他が適用です、上級官庁、市議会に上げて対応策協議、道警本部、地検に訴えが必要です、明白な犯罪共謀他です。

3、国保、環境局にも言いました、行政、警察、司法には、100パーセントの合法証明が求められます、犯罪者と接触、犯罪者と共謀、犯罪者に、違法に守秘情報漏洩等、法を犯して、知らなかった、は通りません、この訴え事実、我々であれば、一発で逮捕されて、行政脅迫、恐喝で報道される犯罪でしょう。

犯罪者を匿い、共謀犯罪を重ねて居る警察、司法、東海

  • 2023/03/17 07:55

今日送って居る、札幌市役所、国保企画課、環境局に対する、犯罪事実を文書に纏めて、今後の対応策も含めて、上級官庁に通報、対応策伝授、協議実施の求め、犯罪行為、公務執行妨害も含めて「どうせ共謀犯、道警本部、札幌地検に告発せよ、要求文書提出、内容」

れっきとした「行政による、公務の執行妨害です、三権分立から、本当に理解以前、犯罪への禁忌自体無い故、幾らでも犯罪に走り、犯罪者と共謀犯罪を重ねられて、犯罪者を匿い、犯人隠避、犯罪証明潰しも出来て居るんです」

こいつ等、警察、司法は独裁権力者だから、行政の公務執行も、犯罪で妨害できると、本気で錯覚しての蛮行です。

場当たりだけの、東京海上日動、中島弁護士が今も指揮、警察、司法ぐるみ犯罪、行政への公務執行妨害も

  • 2023/03/17 07:37

×城の身を隠させて、国税相手に巨額脱税複数犯罪実行、札幌市国保事業相手に、重過失傷害事件加害者が、支払い誓約書も出して居る、相続遺産国保建て替え医療費に関して、冤罪捏造を武器とさせて、市を脅迫、恐喝等を重ねて、公的資金合法回収も妨害し続けている。

虚言と、自分達で証拠も出して「焼却炉は、解散済みを隠したワイエ×商会所有だ、裁判官も共謀犯で、この虚言を事実と、職権悪用で通そうとまで、訴訟詐欺に与して謀って、嘘、犯罪が、自爆でもばれている」

この犯罪者連中、犯罪を重ねて居る責任逃れ目論見で「犯罪当事者に身を隠させて、国税、札幌市国保、環境局、私と連絡が取れないように、警察ぐるみで共謀犯罪までして居ます。犯罪に関して、証拠も揃って居て、言い訳不可能な状況なのにです」

親族と司法、就学前の子の、身代金目的も含めた、警察、司法が主犯誘拐、司法テロ事件の時と同種の「警察、司法が、裁判官、裁判所が主犯の犯罪、テロと、行政も合法に動き、暴かれたあの時と似ています」

こいつ等、犯罪者を逃がして、身を隠させる手口に走る時って「裁判官、裁判所が、犯罪の頭だと暴かれ、証明されて、言い逃れ出来なくなった時の常套犯罪です」

全て裁判だ、裁判官が、合憲、合法を蹂躙して、犯罪が正しいと判決、決定すれば、合憲、合法が犯罪に変わるんだ、この司法テロが、裁判官テロが暴かれて、逃げ道を失えば、犯罪者を隠匿、自白させないように、警察、司法テロに走るんですよね、弁護士ぐるみ、犯罪者隠蔽等に走る訳です。

同様の事態が、×城の多数の犯罪、東海、中島弁護士、警察官犯罪が暴かれて、裁判官裁判所、検事検察庁ぐるみの犯罪が暴かれて、×城を匿い、犯罪を重ねて居る、行政相手でも、を、犯罪者への調査でも暴かれぬよう、犯罪者を匿い、行政が公務遂行も妨害し続け、に走っている今の事態です。

keisatu、司法犯罪、行政に対する公務執行妨害、脅迫、詐欺行為他

  • 2023/03/17 06:41

@札幌市国保企画課、環境局事業廃棄物課に対し、国保医療費債務、山本×樹が支払い誓約、山本×城、共犯者が嘘、事実捏造を持って脅し行為等で踏み倒し目論見犯罪、事件原因焼却炉、購入、所有者をでっち上げて、合法賠償踏み倒し目論見、詐欺裁判展開他、事実証明が果たされているが、東京海上日動、中島桂太郎弁護士、東警察署刑事一課強行犯、生活安全課警部補らで、山本×城の犯罪隠蔽等目論見で身を隠させ、国保事業、環境局による、山本×城に対しての、脅し、違法不払い、不法残置、不法投棄調査、上記公務執行を妨害し続けに関し、国保、環境局に、公務執行妨害行為他、上級官庁、道警、地検に訴え提起要求を出しました

                                  令和5年3月17日

                               訴え提起者
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

戸倉三郎最高裁長官 
FAX03-4233-5312
※長官、訴訟当事者的確、訴訟参加手続きも不知法曹、証拠も?
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 どの憲法、法の規定で上記が通る
※犯罪に手を染め、行政職権公務妨害は、れっきとした公務執行妨害
金融庁保険課、損保係三浦課長他
FAX03-3506-6699 損保は横領、詐欺、脅迫恐喝等公認
斎藤鉄夫国土交通大臣、補償制度参事官室西村専門官他
FAX03-5253-1638損保は自賠責事業も丸受け、横領等特権も
札幌自賠責調査事務所 浜村担当窓口
TEL011-709-1231,FAX011-709-1175
FAX03-3349-1875 損保ジャパン社長、十和田労基恐喝も
FAX011-231-8973三井住友社長、貸金業等規制法違反も理解を
※東海、弁護士、警察で犯罪行為者主犯隠匿、国税、国保、環境局公務も妨害
FAX011-261-6548 道新司法記者クラブ記者
FAX011-221-4139 共同通信社司法記者クラブ記者
FAX011-232-5190 NHK報道部
FAX011-271-1535 STV報道部
FAX011-221-6807 HBC報道部
FAX011-233-6008 HTB報道部
FAX011-261-5649 UHB報道部

1,別紙訴え文に記載の通り「国税相手の巨額脱税目論見犯罪、当事者隠蔽、札幌市国保相手に、山本×樹が負った対人賠償債務、×樹支払い誓約等も出して有る、札幌市国保への医療費債務を、東海、相続人×城、中島弁護士ら共謀で、国保相手で、言い掛かりで脅迫、恐喝、犯罪を重ねて回収妨害続行中、国税、国保に対して、東京海上日動、中島弁護士、警察ぐるみ、×城隠匿、連絡させず公務執行妨害、犯罪共助等実行中、市環境局による、山本あつ子所有地に不法残置、事件原因焼却炉問題、山本×城への事実調査実施も、身を隠させて、東海、中島弁護士、東署刑事一課強行犯山田、生活安全課、青木警部補以外(相続遺産は立証、確定済み、不法行為が廃掃法違反か否か調査)電話に出さぬよう指示もして、公務の執行妨害も」

2、これ等事実、証拠を持ち、別紙の通り札幌市国保企画課、環境局事業廃棄物課に対し、市長、市議会への上程、会計検査院、厚労省、環境省等、上級官庁への、事実を添えた訴え提起、今後の同様の、公務執行妨害への対策の協議、回答の求め手続きを求める事の要求、公務執行妨害による、道警本部、札幌地検への告発等を、文書で要求しました。

3,役人、警察、法曹権力、検察庁等は”刑事罰則適用の可否は、事実、証拠、法に拠らず、警察官、検事、裁判官、弁護士が(独善で)決める、よって行政は、公務の執行に付いても、警察、法曹権力が、刑事罰則適用と決めなければ、行政として、所管法律に関する調査等拒否”等答えているが、行政の職責は、三権分立から踏襲して、所管法律規定に、公務で調べる事項の違反、違法が存在するか、しないか等、公務遂行権限を持つ、です、訴え記載事実は、明確な行政の公務執行妨害、犯人隠避、共謀犯罪、東京海上日動、中島弁護士、警察官等による、公務執行妨害、職権濫用他違法、犯罪行為です、でっち上げと承知で、刑事、民事手続きで、検察、裁判官、裁判所ぐるみ詐欺他冤罪捏造も、公務執行妨害用に凶行、テロでしょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年03月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391201
ユニークアクセス:6544073
今日
ページビュー:171
ユニークアクセス:170
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed