エントリー

2023年03月22日の記事は以下のとおりです。

法人解散済み手続き、税務申告に関して

  • 2023/03/22 15:54

法人を解散させた場合「解散手続きを取り、税務署に対して”法人を解散させた事の届け出や、法人の債権、債務の処理の申告、法人税申告、納付が必要”と規定されています、つまり」

ワイエ×商会(株)なる、代表取締役は、他の事業所で正規雇用されている人間、この事実を隠蔽して、ワイエ×商会代表取締役に就任、就任後も、法人代表取締役を隠して、他の事業所に正規雇用させて居る上。

違法手続きにより、ワイエ×商会(株)を解散させている事も隠して「ワイエ×商会(株)は、営業している法人だ、と、公式手続きで虚言を吐き、×樹が生きている間は、部外者の×樹が、この法人を違法に、代表印、横版、普通預金口座を、部外者でありながら、違法に社長に就任、×xとの共謀犯罪で、違法に使用、×樹の自己資金を巨額注ぎ込み、×樹が引き出し、振り込み等実施、×xが共謀犯で」

樹が死んだ後、×樹が生前、この法人を解散した、と見せ掛けたかったのか?×x、長縄税理士事務所、東京海上日動、中島桂太朗辯護士が共謀して?×樹が死去後、生前の時期まで遡らせて、この法人を、違法手続きによって、こっそり解散させて居た、こいつらは共謀して。

ワイエ×は解散させて有る、この事実を、警察、検事検察庁、北税務署、民事裁判、裁判官にも隠して居た、まあ「裁判所、裁判官、検事、検察庁は、ワイエ×解散済み、も知って居て共謀犯罪、の可能性も、ですけれど、解散済みと承知で、営業して居る、と公務で嘘で共謀、の可能性も、刑事、民事手続き公務で共謀疑いも」

ワイエ×商会を、遡らせて解散させて有った、この事実を隠蔽して「北税務署への、ワイエ×解散事実隠ぺい、債権、債務清算せず、当然、北税務署への、解散させた以上”ワイエ×に係る、全ての債権、債務の処理が必須ですが、出鱈目な、債権債務処理だった訳ですし、解散自体、故意に隠蔽工作もして居た”営業して居る、と偽って居た事も、はっきりばれている通りです」

当然ですが、この不法行為に関しても「×樹が自分の資金、二年間で約一千五百万円、不法に注ぎ込み、引き出し、振り込み等した事実も、法人税申告手続き、決算書から消して有ったし」

何処かの法人に、数百万円貸付して有るだの、根拠無しで、決算書に記載して居る、×樹からの借り入れ、も一部記載してあるが、×樹資金で購入焼却炉、×樹がワイエ×の償却資産で登録もしてあるが、これ等も、ワイエ×解散済み隠蔽工作して居た訳で、解散したなら、債権債務を正しく処理されて居なければならないのに、当然なされて居ませんでした。

滅茶苦茶を極めている、昌x、長縄税理士事務所、東京海上日動、中島桂太郎弁護士ら共謀、犯罪複数事実、脱税も複数事実です。

ワイエ×を解散させて有ったが、この事実も隠して、営業して居る、と公式に偽って居た、解散済み事実を持ち「ワイエ×の預金記録、法人税申告書、決算書、償却資産登録手続き書が、裁判証拠で出ているので、精査した、北税にも通報したら”この法人、不法な部外者による自己資金注ぎ込み、部外者が私的に引き出す、振り込む等実施、焼却炉の資産登録済み、の扱い全て”解散済み税務申告手続きせずの通り、合法処理も無しでした、脱税もはっきりした訳です」

犯罪が構成出来る要件、破綻した事業所への侵入は?

  • 2023/03/22 14:03

札幌地方裁判所、管財事件担当部署「TEL011-290-2150、細田担当、上司との事、の部署に電話して、次の問いに答えを求めました」

私ーxx担当、等当社で取引して居る法人が”今日中に破綻して、明日午前中位に、裁判所に破綻に関して申し立てを行う”と、取引先金融機関から連絡が来ました、本日中であれば、取引先、破綻した法人、もう誰も居ないから、当社で破綻先に置いてある動産を引き取れる、と言われています、併せて、破綻した法人から預かって居る形の動産が有り、当社で預かっている事は、破綻した先には証拠が無く、もう証明出来ません、この状況なのですが、裁判所としては、破綻先から当社の所有動産を引き取る事と、破綻した法人から預かって居て、破綻先に証拠がない動産の処分等、どう扱うか、知りたいのです。

札幌地裁管財部署ーまだ裁判所に、法人が破綻した事で手続きが取られて居ないのであれば、裁判所は関わりません、自分で判断して下さい。

こう言う答えでした、当然ですが私「分かって確認して居ます”正しい扱いは、破綻先に置いてある、こちらの所有動産との証拠が有れば、所有権証拠を揃えて、実務としては、もう向うに権利者も、正しい管理者も居ないなら、窃盗、住居不法侵入とする相手がおらず、通常持ち帰って通って居ます”」

又「破綻した相手が、こちらに有価動産を預ける、取引の都合で渡して居て、破綻先に証拠が無いのであれば”善意で破産管財人に申し入れする、ないし、黙って貰ってお終いにする”となります」

ワイエ×商会に係る、まあ「ワイエ×自己資金で焼却炉購入、所持、リースで貸した、返せ、全て虚言と証明されていますけれど、只の泥棒、強盗未遂と証明されていますが”法人を清算して居れば”多所に清算した法人の所有動産、財産等が、法律的に存在する訳が有りません、当たり前です」

所でですが「ワイエス商会,こっそり違法を持って解散させて有るが”ここの違法開設、北洋銀行札苗支店、普通預金口座”に入って居るお金、誰が所有権者でしょうか?犯罪で生かし続けて、資金洗浄、脱税に悪用を、こっそり違法を持って解散後も、こう言った、実は清算済みの法人の口座を使って行って居て、ばれたら、こう言った預金口座、入っている預金、どう扱われるんでしょうね?捜査機関、金融機関監督官庁、国税に知らせて、こう言った犯罪がばれて、預金が残って居た場合?」

共栄火災、東京海上日動による、損害保険、特約不法適用、事業資金横領で抜いて、犯罪者に提供、国税の動き

  • 2023/03/22 07:38

共栄火災が主導、苫前町農協、虚偽の、共栄火災が主導、身元信用保険金詐欺、共栄自ら、事業資金を横領して、農協に横流し事件では「苫前町農協の、業務上横領事件で告訴年度と、身元信用保険金不法取得年度、この二年分の”苫前町農協の決算書の開示を、留萌税務署は認めたが、国税庁が、冤罪を掛けられた当事者による開示”を拒みました」

苫前町農協の、この二年度の帳簿、税務申告書、決算書、苫前町農協の事業資金の動き、これ等証拠を取得、刑事事件証拠でも揃えて、擦り合わせて検証されれば「身元信用保険金詐欺の事実も更に立証されたし”農協女性職員が横領したと、でっち上げた刑事告訴が虚偽だとも、正しく立証出来たんです”」

農協「女性職員が、12の休眠状態預金を横領した、このでっち上げでの告訴が”農協が仕組んだ虚偽と、上記証拠を揃えられて、理解出来る頭を備えた捜査担当者、検事、弁護士、裁判官が、ほぼ不可能ですが、居たとすれば”でっち上げた休眠預金横領と、正しい事実が証明出来て居ました」

苫前町農協、預金が消えた一人、元組合長さんの証言「消えた預金に付いて”農協で、勝手に定期預金証券を、新たに偽造して、定期預金期間を5年間延長した証券を持参して来て”消えた定期預金証券と差し替えて行った」

この証言があるように「農協上層部の一部で有ろう、抜いた預金に付いて”複数の契約、定期預金証券偽造して、抜かれた証券と差し替え”も手を染めて居たと、農協の帳簿等を検証されれば、農協と共栄火災共謀犯罪、正しく立証出来た訳です」

一方、東京海上日動、×x、中島弁護士、警察、検事検察庁、札幌地裁、三事件裁判官共謀、自家用自動車保険、特約犯罪稼働、事業資金背任横領、×xに不法横流し、実際は犯罪辯護士、損保リサーチ等にも事件は、高額複合脱税も含め、国税が、不法を認めない、背任横領資金回収せよ指示を出しているし、複合脱税も認めないと、刑事罰則適用部分も調べ上げて、徴税実施をと。

この類いの、損保、司法、監督官庁ら共謀犯罪も、国税が共謀犯となるか、共謀せず、法に拠る徴税実施に動くか、これに成功の可否が掛かって居ると、多くの場合。

法曹談合が日常、扱う事件の合否から、実際にはほぼ理解不可能で、不法な談合で判決でっち上げ

  • 2023/03/22 07:16

共栄火災、東京海上日動、記載してある二の損害保険、特約犯罪と承知で違法稼働、損保が先に立って、不法に損害保険、特約犯罪稼働させて、事業資金を背任で横領して、横領で作った資金を、共犯者に横流し事件、損保、司法、監督官庁、警察、報道が共謀しての、日常化させて有る犯罪です。

この二事件は、共に「共栄火災、東京海上日動から、不法に損害保険、特約を稼働させた証拠が、裁判にも出されているんです”違法な損害保険、特約適用だと、共栄火災、東京海上日動も、自ら証拠も出して居るが”提携弁護士を含む弁護士連中、刑事、民亊担当裁判官、検事誰も、これ等の事実立証証拠も含めて、素養から欠落しており、呆れ果てる事に、理解も出来ない”惨状が実際です」

ここ迄法曹資格者、刑事、監督官庁役人、報道の連中が「実は犯罪です、との動かぬ証拠を、損保が自ら出して居ても”刑事、法曹資格者、監督官庁役人、報道の連中、誰も理解出来ないと熟知して居るから”共栄火災、実際には共栄が指揮、弁護士、東京海上日動、×城代理と不法を重ねて犯罪実行辯護士等、堂々と、損害保険、特約不法適用、損保が自ら不法適用して、事業資金を背任で横領、犯罪者に横流し、証拠も、刑事、民事とも出すんでしょうね」

普通の頭の犯罪者であれば「損害保険、特約の正しい知識も”損保職員からしてですが、刑事、法曹資格者、監督官庁役人、報道の連中揃って欠落と承知”であろうとも、犯罪で作った犯罪資金の流れを正しく追える、正しい法人税、納税申告書、法人決算書、受領側預金記録と突き合せれば、合否が判断出来る、これ等の動かぬ損害保険、特約を、損保が進んで不法適用、背任横領により、事業資金を作り、犯罪者に横流しした、確固たる証拠、刑事、民事手続きに出しませんよね」

それなのに、常時損害保険、特約不法適用、事業資金、背任横領で詐取して作り、犯罪者に横流しして居る、この証拠を、刑事、民事とも出して居る事実は、損保の連中からして、損害保険、特約の正しい適用、不法適用の、正しい判断知識も無い故、警察、法曹資格者、司法機関、監督官庁役人と、犯罪共謀を、おおっぴらに出来て、成功させられて居る、と言う事でしょう「事実を証明して有る証拠も、見ても理解不可能、恐ろしいまでの現実です、冤罪を堂々と、強引に、事実無根との証拠も出した上で、でっち上げで成立させて通されている、事実証拠です」

共栄火災、東京海上日動、弁護士が共謀、損害保険不正適用、事業資金、背任横領で抜いて、犯罪者に提供

  • 2023/03/22 06:56

共栄火災、東京海上日動は共に「共栄火災は、苫前町農協と共謀して”身元信用保険不正稼働、事業資金背任で抜いて、農協に提供”違法と言う証拠を、民事裁判証拠でも出しており、東京海上日動犯罪、×樹加入、自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約違法適用、背任で事業資金横領、弁護士らに横流し、この事件でも、東京海上日動、×x、こいつがダミーの社長だった、闇で不法手続解散済み、ワイエ×商会法人税申告書、決算書、預金履歴等、自家用自動車保険、不法稼動、背任横領で事業資金抜き取り、共謀犯に横領金横流し、証拠等、裁判にも出して居ます」

損害保険事業の正しい知識、損害保険商品毎の正しい知識、税務申告手続き、法人決算書の正しい記載、これを理解出来てりゃ「この二事件共”共栄火災ぐるみの、損害保険不法適用、事業資金を背任横領で抜いて、農協に横流し、事実が理解出来た訳です、が”無知さ故、刑事は当然、関与した掲示、民亊担当弁護士、検事、民亊、刑事担当裁判官連中、見ても理解不可能だった事実が有るんです、で」

共栄火災が仕組んだ「農協女性職員、業務上横領で有罪確定”身元信用保険金詐欺、刑事時効が過ぎるまで投獄、に成功したと”事前に仕組んで有る、共栄火災、委任弁護士、検事、民亊、刑事担当裁判官共謀の冤罪で有罪、投獄成功事件と」

東京海上日動、×x、中島弁護士、札幌地検、二階堂検事、地検上層部、札幌地裁民亊担当三裁判官、道警、東警察署各共謀課、刑事らも、共栄火災、農協同士の、身元信用保険犯罪適用、事業資金背任横領、農協に横流し犯罪、女性職員を、虚偽との証拠も出して、業務上横領冤罪で民事、刑事共、横領犯だとでっち上げて判決、事前に冤罪に落とすと決めて、仕組んだ通り、この司法冤罪と。

東京海上日動、×x、中島弁護士が指揮、×樹加入、東京海上日動自家用自動車保険、日常生活賠償特宅、弁護士特約不法適用、東海事業資金、背任横領で抜いて、犯罪担当弁護士等に横流し事件、事前に「示談書偽造とでっち上げ、焼却炉を、事実証拠でやはり嘘との証拠も出して、ワイエ×資金で購入、営業して居るワイエ×に引き渡させろ裁判官、と犯罪弁護士が指揮、これ等事件も、事前に犯罪を成功させると、虚偽告訴、民事裁判判決共、不法に決めて有った訳でしょう」

司法冤罪、損保、弁護士が捏造常態化、隠されている事実

  • 2023/03/22 06:31

苫前町農協、共栄火災が農協と共謀して(共栄火災は、JAの傘下、つまり下の法人)身元信用保険金詐欺、確信犯で、保険業法違反、事業資金背任横領して、横流し、この事件を、農協職員が、顧客預金12口を横領した事件だと「苫前町農協、山x部長も、民事裁判証拠でも、嘘だと証明されている上で、北大法科大学院教授の弁護士、北海道新聞、旭川地裁、裁判官、札幌高裁、裁判官、留萌ひまわり基金法律事務所、弁護士が共謀犯で」

身元信用保険金詐欺事件だ、業務上横領犯はでっち上げだと、民事裁判記録で、詳細に証明されて居ながら「旭川地裁、札幌高裁裁判官連中は”弁護士も共謀しており”女性職員が横領したんだと”見事なまで根拠無し、出ている証拠で、身元信用保険詐欺、背任横領、犯罪利得隠匿、脱税が証明されている事等を、強引に無い事とさせた、事前にでっち上げで、敗訴させると筋書きを描いた通り」

事実を正しく立証された上で、彼女を横領犯だ、と、冤罪判決を下した訳です、で「旭川検察審査会なる”出された証拠を見ても、やはり理解不可能な、連中が、不起訴処分は不当だと、冤罪に落とせ、決定を下したと”冤罪に落とす筋書き通り、民亊裁判官、検察審査会の審査担当は、操られて動いた訳です、共栄火災が指揮しての、冤罪捏造事件です、よね?」

この事件”でも”苫前町農協の、事件当時の帳簿、決算書と、身元信用保険金受領年度の、農協の帳簿、決算書を検証すれば、法人税申告手続きも検証すれば「身元信用保険の支払い条件は”金属五年以内の職員が、横領に手を染めた場合、五年以内に一件の業務上横領に限り、100万円免責で、これを超えた金額、保険金を支払う”こう言う規定です、が」

この冤罪事件、民事裁判に、証拠も出されている通り「12件の休眠状態預金を、一件の預金だとでっち上げて、12件分合算して、一件の顧客預金横領ですよ、と、証拠で嘘だと自ら証明して、身元信用保険金詐欺、背任行為を働いた訳です、で、冤罪に落としたと言う」

苫前町農協の、業務上横領事件が有った、と言っている年度と、身元信用保険金を、共栄火災共々での、背任横領で作った資金を、共栄が苫前町農協に、旭川の聞いた事も無い信用金庫口座に振り込んだ、決算年度、この二年分の法人税申告書、決算書を精査すれば、身元信用保険不正稼働、横領資金提供、受領の事実も立証出来た訳です、が。

苫前町農協、この二年に関して、決算書非開示として有りました、こう言うからくりです、損保、司法共謀犯罪、冤罪捏造実例の手口の一端は。

東京海上日動、×x、中島弁護士が指揮、自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約不正適用、弁護士費用4件分他、東海職員が、業務上横領で事業資金横領成功、×xに不法提供、実際は、提携弁護士に直接横領して流した、国税が、違法な事業資金提供で有り、東海、×xから先ず回収せよ指示に持って来れた事件と、根本が同じです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年03月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452898
ユニークアクセス:6604599
今日
ページビュー:191
ユニークアクセス:191
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed