エントリー

2023年05月01日の記事は以下のとおりです。

今後の損保が司法、警察を、脱法、犯罪指揮の変化は?

  • 2023/05/01 16:41

最近までは完全に、損保が事業資金を不法に横流しし放題で、弁護士を操り、この弁護士が、警察、検事検察庁、刑事、民亊担当裁判官,裁判所、法務省等を「損保の命じるまま、合憲、合法蹂躙し放題!で操り放題出来て来ました」

損保が弁護士に、事業資金を横領してでも、不法代理行為者設定、で弁護士に流して、共謀弁護士が表で、損保の傀儡で、損保が指揮する合法破壊、犯罪を、警察、検事、裁判官を指揮して、強引に正当とでっち上げて、通せて来たのです。

一昨年3月29日に起きた、重過失傷害事件後の「東京海上日動、複数の弁護士事務所、所属弁護士、加害者死後息子が共謀犯で、東京海上日動が指揮して、事業資金を横領して抜いた資金を、不法横流しして、犯罪を表に立って凶行弁護士に流して、四件法廷内外犯罪代理行為実行、この犯罪シリーズも」

旧来からの損保、監督官庁、司法、警察ぐるみの、損保が警察、司法、行政を、犯罪を正当とでっち上げるべく、民業損保が、犯罪事業資金横領で詐取資金を、犯罪を表で凶行弁護士に横流し、犯罪を請け負った弁護士が、検事検察庁、裁判官裁判所を、東京海上日動が指示する通りの犯罪正当!決定、判決を出させる為、指揮も執り、極悪確信犯罪を凶行して来た、旧来からの、損保犯罪指揮に沿わせて。

この踏襲犯罪です、犯罪を指揮している訳だから、合法は微塵も、元々ある訳が有りません、只の東京海上が指揮する通り、犯罪を表に立って凶行弁護士、実際は東京海上日動、加害者息子も、が狙う犯罪正当化を成功させるべく、東京海上日動に操られて居る弁護士が指揮する通り、検事検察庁、裁判官裁判所が、犯罪を成功させる目論見で、公権力の悪用に狂奔して居るのが真実です。

これが実際だから「検事も犯罪事実証拠を突き付けられても、犯罪は無い!で押し通そうと暴挙を重ねる一方、東京海上日動が、不法行為が暴かれ、責任逃れで捏造、損害保険詐欺冤罪強制事件とでっち上げる!ここに暴走で走って居るんです」

合憲、合法に沿った、法曹資格者、司法機関による、刑事、民事手続き、合法による結果では全く有りません、司法犯罪はどれもこればかりです、只の損保の傀儡法曹資格者、司法機関、警察共謀のテロ、が実際です。

相続権自体、正しく存在しているのか?

  • 2023/05/01 07:57

国税による、多重犯罪を持っての巨額複合脱税等犯罪への徴税、どう言う結果になるかも有りますが、山本×x、相続権も「こんな居極悪非道な犯罪、複合悪質脱税目論見の犯罪、相続税逃れ、法人税、地方税逃れ目論見と、合法な相続遺産対人賠償債務踏み倒し目論見共謀犯罪を重ね捲ってばれて、国税等から負われて逃亡し続け」

これ等の事実、実例証拠の内容を鑑みて「こいつ、実父の遺産に関して、相続権をまだ持って居るんでしょうか?犯罪を手掛けて、不法に相続遺産を得る、得ようとすれば”相続権は失われる訳ですしね”」

今まで、最近までは司法、警察等が先に立って「正の遺産詐取、窃盗、強奪に成功すれば”犯罪収益は、無税で犯罪に成功したものが手に入れて逃がされる”この司法が頂点犯罪で、遺産は犯罪で手に入れると、相続人が持つ、相続権が強制抹殺されて通って居た」

よって「犯罪によって正の遺産を奪えれば、犯罪者が無税で、奪得た遺産の所有権を得て逃がされて来た、司法ぐるみ犯罪が功を奏して”遺産は相続権の有無無関係で、犯罪によって奪えれば、犯罪利得が無税で得られて逃がされる”のみ通されており」

犯罪によって遺産を奪って暴かれ、刑事事件化されれば、犯罪が証明されれば、相続権を失う、法の規定も強引に無効で通って居たが、今は変わって居る訳ですし。

司法犯罪を武器とさせて、他者の財産権蹂躙を暴かれると、弁護士が検事、裁判官を指揮して、司法犯罪潰し阻止用、冤罪捏造等に

  • 2023/05/01 07:36

司法犯罪が表で暴かれて、犯罪の手法等も、公に公表されて、犯罪を凶行して、犯罪が正しいと、合憲、合法破壊決定、判決を下して、正当な犯罪だ!と強制でっち上げ。

東京海上日動が指揮する多重極悪犯罪も、司法が最後の砦の、極悪多重犯罪が「私に拠って公に暴かれ、犯罪証明されてしまって、責任逃れを目論んでの犯罪続発!警察、検察庁検事、裁判官裁判所が共謀犯罪を重ね捲って、何時も通り、司法犯罪判決で、損保が主犯犯罪合法潰しで適法判決!等で正当化実現、を目論んだ代物です」

重過失傷害事件、加害者が個人加入自家用自動車保険、日常生活賠償特約、弁護士特約を、東京海上日動は稼働させたけれど「事件原因焼却炉は、加害者が自己資金を投じて購入の機器ですが”納品先、購入費貸付先は法人、でも”法人の預金口座に、加害者の個人資金を振り込んで有るが、法人が故人、部外者から、出資を受けた等証拠、決算書等記載事実は無し!”」

これ等事実も、犯罪者連中、東京海上日動も含めた、等から出された証拠で、公式立証されている訳ですが「法人に納品、法人部外者と、長縄信雄税理士事務所が、この焼却炉を、法人に償却資産登録したので”加害者が加入、加害者死後、解散登記隠蔽で、営業している、とも偽って居た法人清算人、元社長、加害者相続人”を、加害者死去後、被保険者と東京海上日動、中島弁護士、裁判官、警察、検事検察庁が共謀してでっち上げ、只の犯罪」

こう言う事実立証も果たされており、東京海上日動が主犯で「重過失傷害事件加害者が加入して居た、自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約を、違法と承知で”合法適用と、故意に偽った東海上層部等が、加害者息子を被保険者、と虚偽設定して”」

共謀犯罪を、東京海上日動、加害者息子、中島弁護士、検事検察庁、裁判官裁判所ぐるみ凶行、犯罪と承知で事業資金横領、犯罪代理と承知で四件受任偽装、横領資金受領、犯罪と承知で法廷内外代理行為、只の犯罪行為凶行。

全て公に、証拠も揃って証明された真実です「東京海上日動、検事検察庁、裁判官裁判所、法務省等は「同様の犯罪を、制度と偽り、過去から現在までずっと、損保事業資金横領、横流し、犯罪代理行為凶行、詐欺裁判、詐欺冤罪根拠無しで告訴告発、受理、詐欺冤罪で投獄等、重ね捲っている事実も暴かれて、ここまでの巨大国家権力ぐるみテロ、犯罪行為者責任逃れの為、犯罪を重ね捲り、合法に向けなくなっている訳です」

全く言い逃れの余地が無い、合否判断出来る資質、思考、知識、人間性が欠落している事が理由、の現実だから。

損保が犯罪資金を横領、弁護士、裁判所に違法指揮に横流し等、損保の誰が、この恒常犯罪を指揮、横領等認めたか

  • 2023/05/01 07:11

東京海上日動に関しては「札幌地裁令和4年(ワ)第1930,1931,1932号、札幌市国保事業相手も含め、都合四件、多重犯罪も証明されている、山本×xを委任者、との設定、被保険者と虚偽設定して、中島弁護士も、犯罪と承知、被保険者資格も無し、只の東京海上日動指揮犯罪、業務上横領で、東京海上日動事業資金詐取、横領資金違法横流し、これを承知で横流しさせて受領、控訴事件も合わせて、五件犯罪代理行為者受任、只の複合犯罪、訴訟詐欺等も」

これが法による、真実とも証明されている通りです、同様の損保、共謀犯弁護士、裁判所、裁判官、刑事、民事共共謀犯罪は「司法、日弁連、弁護士、検察庁、検事、刑事、民亊担当裁判官、裁判所、法務省他、損保、共済監督国の機関が共謀犯となっており、国の強制保険事業、自賠責事業も同様に手を汚している、国家権力が指揮する極悪犯罪です」

この犯罪、司法が関係国の行政機関、警察庁、都道府県警、地方行政機関等と共謀の、国策テロ犯罪も、犯罪によって利得を得る目論見、が主で仕組まれて居ます。

損保が「犯罪代理行為弁護士委任費、訴訟に係る費用等を”合法の有無無関係で”犯罪を成功させる目論見を公言してでも、任意損保事業に契約者が納めた保険料収入、他投資された資金、自賠責事業で強制徴収された公的資金、これ等資金を、犯罪用に横領、弁護士、裁判所等に違法横流し!を日常犯罪として居ます」

この犯罪資金も「犯罪資金が損保の誰により、横領拠出、不法行為目論見横流しを認められ、手掛けられて居て、誰が横領資金横流しを受けたのか、資金を横領出来た経緯、実行責任者を特定して、横領資金は、損保から誰に、どうやって流されたか、横領資金を横流しさせた側は、どう言う理由?で横領資金を横流しさせて受領したのか」

国税、捜査機関共に、洗い出して不法行為資金です、犯罪資金を横流しして貰い、犯罪収益を得た者迄、合否を調べ上げ、横領資金ですから、犯罪利得を得た者から先ず、犯罪利得を没収もしなければなりません、当然ですが。

この犯罪に手を染めた理由、犯意の証明も必須、同様の損保が指揮、司法ぐるみ業務上横領資金が横流しされ、訴訟詐欺等常態化、この国の裁判制度犯罪も、徹底して調べ上げ、犯罪資金回収、犯罪行為当事者、共謀犯に対する、告発と刑事罰適用も必須です。

どの司法ぐるみ犯罪に付いて、何処をどう調べるべきか、損保が指揮しての、業務上横領で詐取資金、損保の誰が指揮した犯罪か、共謀犯被保険者、偽装の被保険者、共謀犯弁護士が得た、横領資金回収、犯罪行為事実による刑事罰則適用も、方法はつまびらかになっている訳ですから、この犯罪資金、国税が指揮して回収実例も。

資金の流れの証明

  • 2023/05/01 06:53

犯罪による不正利得取得が目論見の、司法が頂点で合法破壊決定、判決を武器とさせた、司法他者の財産詐取、窃盗、強盗制度も「犯罪資金が、誰の資金で、何処をどう流されたか、犯罪に関与、共謀する弁護士が得た、犯罪者代理行為着手金、犯罪適法決定、判決を金科玉条としての、被害者の所有財産、資金強奪成功報酬も、誰が、どう流したか、国税が徴税目的の調査を行うか否か」

この合法徴税公務の実施、の可否が、司法が頂点に立っての、他者の所有財産、犯罪を持って詐取、窃盗、強盗を、公の司法手続き、を最上位とさせて、成功させる為の必須条件です。

司法犯罪経済事犯犯罪、合法破壊決定、判決を武器とさせて「犯罪者等が、犯罪によって他社、他者の財産を強奪、詐取、窃盗した後”資金の流れを正しく調査、証明して、合法を持ち、徴税を行う事を、国税が正しく実施”すれば、犯罪収益の性質により、全額没収、刑法第19条適用を持ち全額没収か、刑法第20条適用により、国税、地方税を、時効7年、課徴金、罰金等を科して徴収、多分犯罪収益の75パーセントくらい徴税される筈(;´Д`)」

この、合法を持った徴税手続き実施、を行えば「これらの法律合法手続きにより、犯罪は割に合わない、罰金も科せられる可能性もある、懲役刑と合わせて、と出来るのです、例え司法犯罪で有ろうとも」

東京海上日動、山本×Ⅹが、共謀犯罪者と承知で加担、中島弁護士犯罪行為代理違法受任四件、東京海上日動から、どう中島弁護士に横領資金が渡ったのでしょうか?山本×x、山本×xは、被保険者不適格で、自家用自動車保険自体、適用不可能なのですしね。

東京海上日動が主犯、山本×x、中島弁護士(1930,1831,1932号裁判官も)が共謀犯罪者、この犯罪委任費用は、違法な損害保険稼働、只の犯罪行為、事業資金横領、犯罪者間で横流し、犯罪と承知で代理行為実施、裁判官三名も共謀、訴訟詐欺凶行が事実です。

東京海上日動は、この損保の誰が、犯罪に事業資金を拠出せよ、指揮を出したかが一番重要です、本社取締役が、この犯罪への加担、横領で事業資金詐取、犯罪者に提供等を指揮したのであれば、で無くてもですが、この損保にも、法に照らし合わせれば、強制捜査も必要です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452860
ユニークアクセス:6604561
今日
ページビュー:153
ユニークアクセス:153
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed