エントリー

2023年05月04日の記事は以下のとおりです。

住宅解体工事費、警備、保安員配置、仮設トイレ設置、近隣対策費は見ないようで

  • 2023/05/04 15:58

住宅解体工事、過去の解体工事を参考とした、見積金額、見積り項目を検索して見ました、本当に住宅解体工事、保安要員、警備要員を見て居ませんね。

そして「仮設トイレ設置も、先ず行わないようです、とても前近代的ですね、解体工事と、交通と、通行人、住人の安全対策も、作業員の待遇も、想定無しが通常と言う、まあ」

解体工事を頼む建物所有者「安く解体撤去出来れば、保安要員、警備要員等居ない方が良い訳だし、作業員のトイレ対策も、金を掛けて行う必要は、自分には有りませんしね」

又、多くの解体工事に付いて「土地建物所有者”家を解体撤去して、土地を不動産業者に、売却の為託す”場合が多いから、近隣対策も、所有者にはもう不要でしょうから」

こう言った、住宅解体工事の現状の是正、改善も必要です「解体工事費の目安、必要な工事、作業費用を省いて、安く工事が出来るように、だけ考えています、最近割と”道路使用許可取得、最低人数の警備要員、保安要員配置”した、住宅解体工事も見受けられ出して来てはいます」

ですが「仮設トイレ設置の、住宅解体工事現場は、先ず見ないですね、警備要員、保安要員にしても、仮設トイレ設置されて居なければ、困るんですけれどね」

こう言う現状です「作業に従事する職人、作業員さん、集めるのも苦労するでしょう、唯でさえ、危険で汚くて、重労働なのに」

公共事業、短期道路関係土木工事では、大分警備要員、保安要員の人数適正化と、仮設トイレ設置、トラックの荷台に、仮設トイレを積んで有る工事が、私がこれらを正しく果たすように、労働局、労働基準監督署、警察交通一課、二課、公共自治体等に働き掛けて、実現させて来て居るのですけれど。

住宅解体工事現場では、まだまだ「保安要員、警備要員適正配置、仮設トイレ設置等、無しが通常です、近隣対策も、多くの場合、しないですね」

こうなって居る一番の要因は「不動産業者が、住宅解体工事元請け!が多数!が一番では?彼らの頭に”正しく法に沿わせ、正しく安全対策も取り、正しく作業員の健康等に配慮した”住宅解体工事実施、これを持った工事費用算出意識等、無いから」

家財の違法業者による処理、も同様ですし、不動産業者が仕切って居るから余計、不法、合法排除工事、作業のまま、が業界体質でも有るけれど。

ロシア、北朝鮮、中国の手法と同じ

  • 2023/05/04 07:58

弁護士を担ぎ出しての司法テロ、犯罪を、事実無根で有る上で、検事、裁判官ぐるみ、合法破壊で正当と決定、判決が常、の手口は「ロシア、北朝鮮、中国と同様の”嘘を承知で、嘘が正しい!と公然と喧伝”これを始めとさせて、嘘が正しいと、事実証拠隠蔽、嘘が正しいとの、偽造捏造証拠を持ち出して、異論を強引に、司法テロで排除して」

弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事の闇談合で「嘘が正しいとの決定、判決のみ下す!と決めて有り、正しい事実、証拠の強制排除、抹殺と、嘘を正当とでっち上げる為の、虚偽喧伝、偽造証拠?作成、行使を重ね続けて」

嘘が正しいんだと「司法テロで”何処にも正しいとの法律、事実根拠無しで、嘘は正しい決定、判決のみ下すだけ”これを通せるまで、司法独裁テロ犯罪!を重ね続けて、強引に嘘、犯罪正当!を押し通しに狂奔します」

これを実現させる為に、関係する公的機関、士、師国家資格者等に、国家権力、国家資格を悪用させた「司法犯罪が正しい、と捏造正当化!偽造、でっち上げ証拠、証言等をさせても居ます」

当たり前ですが「元が嘘だから、こう言う司法独裁テロ犯罪正当化用、犯罪を指揮して手を汚させて居ても、司法テロ、犯罪が正しいと”合理的な事実証拠証明、法理論で”なる筈は、全く無い訳です」

対人賠償踏み倒し、公的資金詐欺拠出毎成功は「被害患者の主治医に、医証を偽造させる!これで司法テロが正しい!とでっち上げて通す手口ですし」

他者の財産詐取、強盗略奪司法テロ犯罪成功は「遺産強奪なら、強奪出来た遺産を、遺産目録偽造、行使、裁判官が共謀犯だから、強奪に成功した遺産は、国税も共謀して、無税で泥棒が所有権を得た、裁判官決定で正当な犯罪と強引に捏造」

ファイナンスリース、ノンバンクとの融資契約を、物品リースと偽装、司法ぐるみ暴利取得、債務者顧客購入動産も強奪、詐取も犯罪は「貸金契約通り、一回でも支払いが滞ったのだから、出資法、利息制限法違反で全額支払え!定番犯罪正当判決を下すのが常!」

で「詐欺リース物品は?当然ですが、貸金契約だから”詐欺成功主犯裁判官、判決に何も明記せず”ですが”犯罪者代理辯護士、敗訴した、物品を引き渡せ!と脅して従わせようと”只の強盗です」

東京海上日動、山本×x、中島桂太朗辯護士、札幌検察庁、検事、上層部、札幌の裁判所、裁判官複数が共謀、現在進行形の犯罪、の一端でも有ります。

憲法第11,29,76条3項、この三つの憲法規定も、完全に司法テロで蹂躙して居ます。

人間個々の勝手な思い込み、現実と向き合える資質から無いから、勝手な思い込みを現実だと、どれだけ不当な被害を生もうとも

  • 2023/05/04 07:36

野生動物を殺すな!人間が野生動物の住処を奪ったのが悪いんだ!と「空調完備、買い物も便利、交通網も完備な”都会に住み”不便とは無縁の輩が大騒ぎします」

こう言う輩は「オウム、統一教会、エホバの証人等の教祖、信者と同種の、あの主義も有りますし、この間”教祖?”が突然死した、あれも有りますが、同種の手合いで」

同様と言える手合いには「司法テロ犯罪の制度化を、司法独裁国家権力を凶行して”決定、判決を下したら、合憲、合法、正しい常識を破壊して、司法でっち上げ、犯罪正当化制度が構築出来る!”これを常とさせて、強行突破で通して居る、あの独裁国家権力集団!も」

何しろこう言う手合いは「どれだけ事実、証拠を揃えられても”現実と正しく向き合う事が無い、自分達に不都合な事実、証拠、現実全てを、無い現実”と常に自分達の狂った世界ででっち上げで作り変えて、司法テロ決定、判決を下して、正当化実現、を日常とさせて居ます」

嘘を吐く、事実を隠蔽、抹殺、嘘が正しいとなるように、司法テロ権力凶行に走り、強引に嘘を正当化する。

自分達が、でっち上げ、虚言、事実証拠隠蔽、自分達がでっち上げた嘘が正しいとなるように、偽造捏造、法螺を行使、これ等を片っ端から「司法が仕切るテロ、犯罪、でっち上げた犯罪正当化!只のテロ、犯罪、と公にも証明されて、言い逃れが不可能となれば」

司法、警察冤罪粛清!にも走るのが常です「自分達の所業を、只のテロ、犯罪だと、逃げ道なく証明されて、逆上、逆恨みを募らせた警察、司法は”共謀犯罪者と共に、冤罪をでっち上げて、事実無根、冤罪だから当然”で、不都合な人間を粛正しても居ます」

事実無根を、司法テロ独裁決定、判決で「嘘、犯罪が正しい!合憲、合法は犯罪だ!これを常に下して、関係公的機関等が、司法犯罪正当決定、判決が正しいとなるように、現実を作り変えて、犯罪正当決定、判決が正しいと強引に捏造して居る」

これと「司法テロ、犯罪合法無しで適法決定、判決!が正しいとなるように、現実を犯罪で作り変えて正当化!も犯罪と証明されると、更なるでっち上げ、詭弁を吐き、何処にも合憲無しで、犯罪が正しい決定、判決を下し続けます」

司法犯罪制度は「インターネットの普及等想定出来もせず、半世紀以上昔にでっち上げただけ、の代物だから”国内で成功しても、国際的な犯罪”を正当化でっち上げ、は不可能です」

人間の勝手な思い込みだけで、現実がその通りになる訳が無い事すら

  • 2023/05/04 07:04

ユーチューブで「人間が家畜化出来なかった野生動物の中に、コヨーテも入って居ました、何故か?に付いて、次の理由が語られて居ます」

;コヨーテはとても臆病な”肉食獣”で、人間がコヨーテを家畜化する為に取った手法は、他の野生動物の家畜化の手法に倣った、と言う。

;コヨーテを捕獲して、飼育下に置き、その中の個体、繁殖し続ける個体の中から、おとなしい個体を選び、繁殖させる。

;こうして次々、人間を恐れず、人間に慣れるコヨーテの個体を、人工的に次々産ませ続けて、人間を恐れないコヨーテの個体を生み出した。

;その結果”コヨーテは肉食獣で、狩りをして獲物を得る野生動物”なので、人間を”畏れる必要の無い獲物”と認識して、人間を襲う個体になった、人間を狩る個体を生み出させた。

;この結果により”コヨーテの家畜化は失敗に終わった”との事でした、当たり前ですよね。

何を言って居るかと言うと「野生動物は、野生で長い年月、生存競争の中で勝ち抜いて来て、今野生で生きている、当たり前を真っ先に置けば”人間がどう思おうとも、熊が人間を襲うのは、人間が悪いからである、人間が熊を怒らせる等しなければ、熊は人間を襲わない”等の戯言に、自分勝手な空想世界を、現実だと勝手に信じ込み、他者に押し付けるばかり、クマに襲われる人間が出れば、人間が悪い!熊を殺すな!と騒ぐ等の言動には至りません」

肉食獣の狩りは、弱い獲物を襲って食う、が原則です、人間は永の年月「熊を狩って、人間は熊に取って、熊の命を危機に晒す生き物だ、と教え込んで来たから、熊は滅多に人を襲わず来ただけです、熊に取って人は、通常であれば、楽に狩れる獲物ですから、火薬の怖さ、ですよね、近代熊に人を襲わせない為に、人が取って来た対策の最上位は」

所が「空想世界と現実と、全く区別の付けられない輩が、おかしな権力?をどんどん備えて来て”熊の駆除反対!可哀そうな熊を殺すな、熊はおとなしい動物で、人が悪いから襲われる”等と報道カルト共々大喧伝、熊の駆除も出来なくなり続けて、熊は人を恐れる必要が無くなり、が加速の一途、この先どうなるか」

言える事は「もう生まれ育った田舎には、恐くて住めないな、と言う現実です、子供の頃は、羆が初夏~秋口まで、家の周り等うろついて居たけれど、人は襲わなかった、羊は襲ったけれど、今では羆、牛も馬も平気で襲って殺して食します、人に銃殺されないから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452774
ユニークアクセス:6604475
今日
ページビュー:67
ユニークアクセス:67
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed