エントリー

2023年05月07日の記事は以下のとおりです。

東京海上日動の犯罪発覚隠蔽工作、弁護士、検事検察庁、裁判官裁判所共謀

  • 2023/05/07 17:34

山本×Ⅹには、ここまでの規模の極悪犯罪凶行の知識も能力?も備わって居ません、第一「東京海上日動が手を汚した、自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約違法稼働、詐欺と承知で、山本×x、東京海上日動共謀での不正請求、業務上横領、詐欺事業費拠出、共謀犯中島桂太朗辯護士に、犯罪代理用横流し等にしても」

山本×Ⅹには「単独でこの犯罪を成功させる事は出来ないです、東京海上日動、札幌検察庁、二階堂検事、道警、札幌東警察署、複数の課刑事達”東京海上日動が、違法に自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約を不正稼働させて、先ず廣部・八木法律事務所を動かした、損保リサーチも複数回動かした、損害保険不正稼働、事業資金詐欺、背任拠出横流し”事実、証拠を揃って取得している訳だから」

当然ですが「東京海上日動が、山本×Ⅹに”不法な自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約に、不法と承知で請求させた訳です”中島桂太朗辯護士も共謀犯でです」

こんな極悪で、警察、司法、金融庁、法務省ぐるみの極悪な損害保険、特約不正稼働、違法な事業資金詐取、横領して横流し、弁護士も共謀犯で、違法資金と承知で取得、法廷内外で犯罪代理行為凶行、山本×Ⅹが、単独で行える訳は無いのです、当然ですが。

東京海上日動だけで、この犯罪行為、損害保険不法稼動、事業資金詐欺、横領拠出、共謀犯弁護士にも横流し、法廷内外で犯罪代理行為凶行、東京海上日動、山本×Ⅹ、中島桂太朗辯護士、札幌検察庁、検事、札幌の裁判所、裁判官確信犯で共謀犯罪次々凶行、を指揮して、共謀犯を操れる筈も有りません。

元々警察、検事検察庁、裁判官裁判所、金融庁等「東京海上日動犯罪に組みして居た、のが実際でしょう、通常通りの、損保犯罪を処断せず、犯罪に手を貸して、合法破壊、犯罪を成功させると、警察、司法、金融庁は共謀して居たんでしょうね」

ですが「東京海上日動が指揮した犯罪、詐欺冤罪も含めた犯罪”根本から自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約等適用不可能だった”上で、被害者と加入者、加害者を、完全なでっち上げの、自家用自動車保険、日常生活賠償特約への詐欺請求事件をでっち上げて告訴!”にも走って居て、全く言い逃れも出来ないまでしくじり、責任を問われるのが確実だから、どうにかして責任回避を」

と、違法でも保険金支払いで逃げようと狙ったが、恐らく本社が「詐欺事件だろ?支払えるか!」とかで支払わせる事拒否、困り果てて居たら、加入者、加害者死去。

この状況に、加害者息子、犯罪を他にも凶行息子、中島桂太朗辯護士、札幌検察庁、検事は、詐欺冤罪告訴に乗った責任逃れの為共謀、これに札幌の裁判所、裁判官も乗って共謀犯罪!の先が今です。

犯罪を他にも、の息子「複合巨額脱税に手を染めて居るわ、父親と共謀して、息子が社長だった会社の預金口座を悪用して、父親の資金を注ぎ込み、息子も含めて、法人帳簿、決算書不記載で入金、抜き取って私物化!犯罪による資金洗浄、悪質複合脱税をこの犯罪でも、等の犯罪も手を染めて居たが、もう犯罪全て、闇に葬ろうと司法、警察テロまで」

で「国税は、脱税は認めない、と動いたと言う、犯罪資金を見逃して、悪質複合脱税を成功させるべく、司法、警察ぐるみの権力犯罪凶行!国税はこれらを認めない!国税対、司法、警察、金融庁、国家権力が対峙迄、凄まじいまでの、国家権力の一端ぐるみのテロ、犯罪状況です」

公になって居る、司法、警察、金融庁が東京海上日動、山本×Ⅹ、中島桂太朗辯護士、長縄信雄税理士、事務所共謀複合犯罪、犯罪資金見逃しと、悪質複合脱税、司法他国家権力による徴税潰しと、遺産動産詐取、強奪支援等による、合法対人賠償踏み倒し成功目論見も、の現実です。

今も犯罪者と闇談合

  • 2023/05/07 08:19

札幌高裁令和5年(ネ)第77号民事裁判、令和4年(ワ)第1932号事件控訴事件裁判でも、国税庁は東京海上日動、損害保険金詐欺請求行為者、共犯者ですがに「業務上横領で詐取した、東京海上日動事業資金を全額、東京海上日動は、山本×xから回収せよ、所得税法違反、法人税法違反等の違法資金拠出、横流しだから」

との指示も出して有ります「当然ですよね”法人に納品、資産登録焼却炉だと、東京海上日動、加入者被相続人、加害責任者、死去故息子山本×x、違法請求者のこいつ、向井・中島法律事務所、中島弁護士、札幌の裁判所、裁判官等、警察、二階堂検事他札幌の検事検察庁、証拠も手に入れて、熟知した上で”」

この横領行為で抜いた資金、中島弁護士らに「犯罪で抜いた資金だと、揃って承知の上で横流し、取得して居るのですから”詐欺請求だのでっち上げた一方で東京海上日動、警察、法曹権力が共謀犯で、東京海上日動ぐるみの自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約不法稼動、詐欺請求共謀実行、事業資金背任横領、犯罪共謀犯間で横流し、犯罪資金と承知で受領、犯罪代理行為法廷内外で凶行、この犯罪代理行為内容も犯罪の嵐!”」

これ等真実も、公表済みの事ですから、極悪非道を超えた、民と官が共謀しての極悪巨大多重犯罪です、犯罪との事実証拠は、十分すぎるだけ出揃った上での、ここまでの公開民が官、警察、司法を犯罪実行指揮、犯罪指揮を受けて、法曹資格者、司法機関が犯罪凶行です。

この犯罪民が指揮法曹資格者、司法機関共謀極悪犯罪「東京海上日動、法曹資格者、検事検察庁、裁判官裁判所には、自己責任で極悪犯罪を止めて、合憲、合法実現に切り替え動くのは無理でしょうね」

だって「東京海上日動、山本×xは、自分達が警察、法曹資格者、司法機関を騙して操って居る事等知って居るが、法曹資格者、司法機関職員、自分達が素人にいいように踊らされている、司法犯罪指揮に沿って操られて居る等、無知過ぎて理解に至れないから」

国会議員事務所の政治資金収支報告書を取得して「ノンバンクとの違法貸金契約を、物品リースと虚偽記載処理、この動かぬ犯罪証拠で告発、も検事等が”無知故偉そうに潰した”確固たる虚偽記載、違法なノンバンクとの詐欺貸金契約証拠共々”も有る通り、犯罪との証拠を添え、犯罪だと説明、証明しても、理解不可能が実際ですから。

司法犯罪、司法が頭を張る、経済事犯犯罪成功は、詐欺、窃盗、強盗を成功させれば、司法が犯罪正当決定、判決のみ下す

  • 2023/05/07 07:55

東京海上日動が手を汚した、損保が実行犯犯罪「自家用自動車保険不正稼働で、弁護士特約、日常生活賠償特約適用偽装、実際は東海が事業資金業務上横領で詐取、犯罪者に横流し!」

この、損保、共謀弁護士、検事検察庁、裁判官裁判所、金融庁等ぐるみの犯罪も「司法が頂点で、只の損害保険不正稼働、損保事業資金背任横領、犯罪共犯弁護士、裁判所に横流し、横領資金と承知で受領!刑事、民事粗相法手続き名目、詐欺事件扱い、闇談合ででっち上げた決定、判決だけ常時下している!この犯罪の踏襲が、東京海上日動が指揮して、手を汚した事実を、司法共々隠蔽工作狙いで、虚偽告訴内容を変えて複数凶行、被保険者と虚偽で設定者と共謀して、業務上横領、訴訟詐欺敢行!も」

共謀犯と組み、共謀犯が狙う、高額相続遺産資金隠蔽、高額相続税脱税目論見共謀犯罪を重ね続けている、共謀犯が社長だった法人、解散登記済みを隠して、営業している法人、脱税等目論見犯罪者が社長とも偽り、この法人に係る、被相続人がこの法人に「部外者が法人に資金注ぎ込みなら、株式に変えて、出資者を株主とする、この手続き無し、じゃあ”出資資金で扱っているのか?”と言うと、これもされて居ない」

「要するに、故人が法人口座に、合法出資手続き無しで資金巨額注ぎ込み、決算書等から除外を故意に、この不正入金資金、やはり合法処理されず、何処かに振り込み、脱税等犯罪者が、自分で使う為でしょうけれど、高額抜き取って合法処理せず、脱税も手を染めて有る証拠です」

この悪質犯罪も「東京海上日動と、共謀犯罪者ら、向井・中島法律事務所、弁護士、長縄信雄税理士、事務所、道警、札幌東署、札幌検察庁上層部、検事、札幌の裁判所、上層部、裁判官等ぐるみ凶行して来ているし」

被相続人、重過失傷害事件原因焼却炉、自己資金で購入所持の加害者、被相続人加害者、と証拠も揃っている焼却炉を「嘘との確固たる証拠も持った上でこの実行犯、共謀犯が共犯で”焼却炉購入費出費は、脱是他犯罪者が社長の法人資金で購入所持、リースで被害者か経営法人に貸した、裁判官、この法螺を事実とでっち上げで認めて、法廷外で焼却炉を詐取、強奪させる指揮を執れ!と犯罪者要求、裁判官、犯罪指揮に唯々諾々と従うが拒否された”」

この法螺を他の裁判でも嬉々として、嘘との証拠も出して吐いて「裁判官に”この法螺を事実と、嘘との証拠も出された上で認めて、示談書を無効、既払い示談金も、詐取、強奪資金と判決を下せ、と要求、裁判官、一定受け入れ”」

これ等の「嘘との証拠も持って、隠蔽して来て、最後に出した事実証拠に背かせた判決要求を通せて居れば”損害保険金詐欺冤罪成功、対人賠償恐喝、詐欺冤罪成功”と出来たと言う」

虚言だとの証拠も出した上で、ここまでの損保、共謀犯弁護士等指揮、司法ぐるみテロ、犯罪が、当たり前に凶行され、嘘との証拠も持った上で、虚偽が正しいと決定、判決が下され捲って居ます、前時代的な真実です。

実際には東京海上日動、表向きは中島桂太朗辯護士が指揮、定番の司法冤罪他

  • 2023/05/07 07:31

山本×Ⅹには、ここ迄大掛かりな「東京海上日動が手を汚してばれた、自家用自動車保険、弁護士特約、日常生活賠償特約違法稼働隠蔽目論見、初めはこの不法行為に気付かず、重過失傷害事件被害者と、加入者加害者を、損害保険詐欺請求冤罪!でっち上げて告訴告発!」

「金に困った加害者が、被害者を唆して”重過失傷害事件原因焼却炉は、被害者が購入した機器だが、加害者が購入の機器”と嘘を吐いて、被害者が東京海上日動、加害者加入の自家用自動車保険、日常生活賠償特約に、詐欺狙いで不正請求した詐欺事件、との虚偽、でっち上げた詐欺冤罪でした」

この虚偽告訴、被害者は加害者、と言うか、上記虚偽設定であれば、加害者では無いし、被害者でも無い訳で寿司、加害者加入、東海自家用自動車保険、日常生活賠償特約、被害者は無関係で請求権など無い訳だし、詐欺冤罪でっち上げの設定が、出鱈目を極めて居るんです。

この虚言告訴告発を、二階堂検事、札幌東警察署刑事壱課強行犯山田、平野刑事は「裏付け証拠、法律による事実証明無しで”詐欺請求事件だ!”と、根拠無しで決めて、詐欺冤罪との証拠を、加害者から捜査機関、東京海上日動、民亊裁判官等は得て居る上で、冤罪との根拠証拠、法律による事実立証を、東京海上日動は、承知で虚偽の詐欺冤罪設定でっち上げ、初めと違う詐欺請求冤罪に切り替えるわ、これも虚偽ですよ、当然」

公表された証拠、事実に、私が正しく法の適用、合法を持った適用による、事実解説証明と、でっち上げた詐欺冤罪で、東京海上日動、加害者息子山本×x、中島桂太朗辯護士、検事検察庁、道警、東警察署、刑事らは、詐欺冤罪を捏造しているだけ、等証明したし。

山本×x個人による、加害者実父の高額遺産隠蔽、巨額悪質脱税行為と、上記が共謀犯罪!も証明して有る訳だし、息子が社長だった法人、営業している、と公に虚言を吐いているが、実は解散登記済みを隠蔽、脱税も目論んでの犯罪に、重過失傷害事件原因焼却炉、被相続人が自己資金で購入との事実証拠を、息子、東海等共謀で隠蔽?公表した証拠で嘘と証明の上、息子が現在も社長と偽った、解散法人が購入、所持、リース貸出機器と偽り。

詐欺リース犯罪の手「リースと口頭で言うと、正しくリースとなり、リース契約解除と口頭で言うと、ロース契約は解除と決められて、リースで貸したと偽っただけの機器?法廷外でしか限定で、強奪に走り、拒否されれば、強奪失敗!只の詐欺、窃盗、強盗だから、これの踏襲にも走り、しくじった通りですが」

この一連の、東京海上日動、長縄信雄税理士、事務所、向井・中島法律事務所、中島弁護士、道警、東署、札幌検察庁、上層部、二階堂他検事、札幌の裁判所、上層部、裁判官共謀の犯罪多数「山本×xを主犯、実行犯と設定ですが、あの屑に、ここ迄大掛かりな警察、司法共謀テロ犯罪多数、出来ないですよ、只の傀儡極悪犯罪実行主犯、でしょうね」

前時代の司法テロ、事実証拠に意味無しで、裏ででっち上げた判決のみ下して通す

  • 2023/05/07 07:06

司法犯罪は、刑事も民事も共に「公表されている事実、証拠も無視して、正確に言うと”公表されている、事実を証明して有る証拠を見ても、理解に至れない強み!”を、弁護士、検事、裁判官が共に発揮?して、闇談合ででっち上げた決定、判決のみ、強引に下して成立が常」

司法犯罪決定、判決成功は、これで成り立たせて有るだけです、殆どの人は「裁判官が下した決定、判決、事実証拠と法に則って居るか居ないか、検証しないからうまく成功させて来れたに過ぎません」

工藤倫弁護士や、佐藤弁護士等も言っているように『弁護士、刑事、民亊担当裁判官、検事”扱っている事件、合否も含めて実は、ほぼ何が何だか理解出来ないで、裁判ごっこに興じているに過ぎません”法曹談合だけで、決定、判決をでっち上げて、下しているに過ぎないのです」

苫前町農協、虚偽と農協も承知だった業務上横領冤罪事件でも「農協からして”業務上横領は冤罪、損保から損害保険金を貰う為には、業務上横領犯が必要だったから、実は横領犯では無い女性職員を、横領犯とでっち上げで決めて、横領犯では無いから、証拠を隠滅した上で、業務上横領犯と言う事で告訴した”何故こんな大事に発展してしまったのかと、農協部長が答えて居た通りですし」

実際、不起訴決定後、民事裁判で虚偽の横領犯設定者を「農協が訴えた設定の民事裁判の、証言、証拠等によっても”農協と共栄火災が共謀しての、身元信用保険金詐欺事件”との証拠も出ているし、冤罪に落とされた女性が、お金を負横領したのを見た、と証言した、証拠隠滅も見た、とも証言した女性職員二名、自分達で残って居た証拠を破棄して、刑事にも伝えた、等証言もして居ました」

この業務上横領冤罪事件”も”実際には、共栄火災と弁護士、道新、旭川地裁、地検、検事、札幌高検、裁判所、裁判官等共謀による、冤罪との証拠も公表して居て、見ても理解不可能!で、闇設定通り、横領犯とでっち上げで決めて陥れた事件、が、公表されてる証拠で証明されている事実です。

厚生労働省村木局長と、石井一議員を、虚共謀して、障碍者団体認定捏造冤罪で陥れに走った、有名な冤罪事件でも「村木局長、石井一議員共に、偽の障碍者団体認定など共謀して居ないし、行って居ない証拠も、捜査で揃えた上でと、石井議員自身が作って有った証拠で、共に揃って居る上で」

冤罪に落とそうと謀られ、村木局長、石井議員自身で冤罪を晴らしましたよね、弘中弁護士、自分の手柄のように吹聴ですけれど。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2023年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452849
ユニークアクセス:6604550
今日
ページビュー:142
ユニークアクセス:142
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed